天国と地獄のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > テ行
 > 天国と地獄
 > (レビュー・クチコミ)

天国と地獄

[テンゴクトジゴク]
HIGH AND LOW
1963年【日】 上映時間:143分
平均点:8.23 / 10(Review 215人) (点数分布表示)
公開開始日(1963-03-01)
ドラマサスペンスモノクロ映画犯罪ものミステリー刑事もの小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2020-07-04)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督黒澤明
助監督森谷司郎
松江陽一
出目昌伸
大森健次郎
キャスト三船敏郎(男優)権藤金吾
仲代達矢(男優)戸倉警部
香川京子(女優)権藤伶子
山崎努(男優)竹内銀次郎
三橋達也(男優)権藤の秘書・河西
佐田豊(男優)権藤の運転手・青木
木村功(男優)荒井刑事
志村喬(男優)捜査本部長
藤田進(男優)捜査一課長
東野英治郎(男優)年配の工員
石山健二郎(男優)田口部長刑事
土屋嘉男(男優)村田刑事
加藤武(男優)中尾刑事
伊藤雄之助(男優)馬場専務
中村伸郎(男優)重役・石丸
田崎潤(男優)重役・神谷
江木俊夫(男優)権藤純(ノンクレジット)
沢村いき雄(男優)横浜駅の乗務員
千秋実(男優)新聞記者A
菅井きん(女優)阿片窟の女
田島義文(男優)監守長
山茶花究(男優)債権者A
西村晃(男優)債権者B
浜村純(男優)債権者C
織田政雄(男優)税務署執行使A
名古屋章(男優)山本刑事
清水元(男優)内科医長
三井弘次(男優)新聞記者B
北村和夫(男優)新聞記者C
藤原釜足(男優)病院の火夫
島津雅彦(男優)青木進一(ノンクジット)
清水将夫(男優)刑務所長
松下猛夫(男優)税務署執行使B
野村浩三(男優)刑事
大村千吉(男優)病院の外来患者
大滝秀治(男優)新聞記者(ノンクレジット)
常田富士男(男優)麻薬街の男(ノンクレジット)
古谷敏(男優)
加藤和夫【俳優】(男優)鑑識課員
堤康久(男優)(ノンクレジット)
橘正晃(男優)
清村耕次(男優)魚市場の事務員
鈴木和夫(男優)(ノンクレジット)
梅野泰靖(男優)新聞記者(ノンクレジット)
熊倉一雄魚市場の事務員
原作エド・マクベイン「キングの身代金」(早川書房刊)
脚本小国英雄
菊島隆三
黒澤明
久板栄二郎
音楽佐藤勝
撮影中井朝一
斎藤孝雄
原一民(撮影助手)
加藤雄大(撮影助手)
玉井正夫(応援撮影)
上田正治(撮影助手)
製作菊島隆三
田中友幸
東宝
配給東宝
美術村木与四郎
録音下永尚(整音)
矢野口文雄
照明森弘充
その他野上照代(記録)
キヌタ・ラボラトリー(現像)
あらすじ
製靴会社ナショナルシューズの専務・権藤金吾(三船敏郎)が会社の持株買収を画策していた所に舞い込んだ一本の脅迫電話。ソレは「お前の息子を誘拐した。返して欲しくば3000万円用意しろ」という内容であった。果たして息子の純は無事だったのでイタズラかと思われたが、お抱え運転手の息子が同時に行方不明となっていた。犯人は間違えて誘拐してしまったのだ。しかし犯人は不敵にも「人違いだろうと構わない、お前が身代金を払え」と権藤に迫る。果たして誘拐犯は何者なのか??
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
215.《ネタバレ》 私事で恐縮。50年前雨で高校の野球部の午後の練習がなくなり友人たちと二本立ての映画館に行った。黒い煙幕をあけて入った画面を見た瞬間白黒からカラーに変わり、トランペットが大きく鳴り響き「パパ、きれいな煙が出てるよ」と少年が叫んだ。緊迫した場内の雰囲気で思わず立ちすくんだ。他の客に迷惑にならないようにそっと着席し訳も分からず最後まで映画を見た。そして二本目の椿三十郎を面白く見て、もういちど最初から天国と地獄を見、コロンボのように犯人が分かった状態で映画を堪能した。そして案の定、黒澤のファンになり、映画そのもののとりこになった。爾来50年、映画を趣味として、さまざまな映画を見てきましたが、邦画では天国と地獄を超えるものはないと思います。あの日あの時あの場所でピンクの煙が立ち上る名場面をあんなタイミングで見れたことは、誠に奇跡であり自分にとっては幸せな映画入門であったなあと思うのです。
黒部の太陽さん [映画館(邦画)] 10点(2021-01-17 16:01:53)(良:1票)
214.久しぶりの鑑賞です。
やはり面白いことは間違いないです。上映長さ長いことに関してマイナス評を出してしておられる方がいましたが、時間を空けてもう一度見てください、そうは感じ無いと思います。ここまでスクリプトがしっかりしている作品は無いですよ。ストーリーの中で警察がマスコミを動かして偽情報を出す行為も今ではありえないかもしれませんがここでは正解です。そしてラストの近くの元町あたりの靴屋の店の前でショーケースを見ている権藤氏にタバコの火を借りに行く容疑者をまた車の中で見ている刑事という設定に今更ながら驚きました。今回気がついたこと。権藤氏の自宅はこの時代ですでに土足で居間まで入れる住宅です。香川京子は和服に草履履き、取締役員は革靴だった。まだ一般の道路は舗装されてない時代に土足だよ。それと丘の上の住宅であそこまでガラス面積が大きいところで空調が効いている居間のカーテンだけの断熱は熱効率は厳しいと思います。それと7cmのかばんをトイレの窓から投げたら拾われる前に落下したときにかばんが破壊されキューブリックの現ナマには・・のときのように紙幣は舞い上がってしまわないのでしょうか?
仙台のチップさん [DVD(邦画)] 9点(2020-12-27 21:23:09)(良:2票)
213.随分、昔に観ているのですが、今一度鑑賞
いや、面白いですね。
1963年と言えば、半世紀以上前の作品
しかし、今観ても古くない。
上映時間143分は、現在なら長尺の部類に入ると思いますが、最初から最後まで一瞬たりとも目が離せない緊張感に包まれています。
煙突から上がるピンク色の煙
当時の観客は、さぞかし驚いたことと思います。
三船敏郎の重厚な演技
仲代達矢の緻密で執念深い刑事、狂気を帯びた山崎努の演技も素晴らしいです。
TerenParenさん [DVD(邦画)] 9点(2020-09-23 00:50:51)
212.《ネタバレ》 学生時分に観ているものの内容を全て忘れています。会社権力争いものではなく営利目的未成年者略取ものだったとは。毛色が変わっているのが攫われたのが運転手の子だった点。葛藤の末に身代金3000万円(昭和38年時の!)を払い、無事だったしんいちに全速力で駆け寄り抱きしめる後姿は私も泣けてしまう。竹内にたどり着くまでの警察ワンチームの使命感溢れる理詰めな捜査模様は鑑賞歴中最上で頭が下がる思い。なので、監督の主張であったとしてもその後身柄確保に至るまでのやり口に無理筋を感じるところ。ラストの面会は圧巻。どん底に落ちても前を向く権藤と拗ねるだけの竹内のそもそも器の違いをまざまざと見せつける二人の名演が忘れ難い。
The Grey Heronさん [DVD(邦画)] 7点(2020-06-11 01:52:40)
211.《ネタバレ》 凄いなぁ、黒澤監督は・・

最初、会社の経営権をめぐる場面で、三船演じる権藤が自分がしっかりしてて、
頭のいい、喧嘩の強い人物だと描く。
そこで、誘拐事件。しかも自分の子どもと間違えて、運転手の子どもが・・
ここで権藤がどう動くか。見せ場はそこである。
そして権藤が魅力的な男だと分かる。
(三船を黒澤さんが捕まえて離さないのも分かる)

それから警察の捜査で話を見せていく。
犯人が絞られていくとこは圧巻である。
警察もまた、権藤の魅力に引っ張られてか、この犯人をただでは
捕まえないと、魅力的に描かれる。

犯人の山崎努。
この男は徹底して悪である。
2時間の映画なので、この犯人像を深堀り出来る余裕はなかったろう。
それでも十分、娯楽映画として完璧である。

黒澤さんの映画は、とにかく飽きさせない。
最後まであっという間である。
人間を描いてる映画ではないが、娯楽映画とは何かを考えさせられる。
トントさん [DVD(邦画)] 8点(2020-05-23 12:05:44)
210.《ネタバレ》 時代劇っぽいタイトルとは違い、サスペンスもの。山崎努、この頃はへんちくりんな奴だ。犯人役になったのも頷ける。また三船のシャツ姿、あんまり似合わない気が・・・先入観のせいか。この頃の黒沢映画は、何でも三船だな~。
festivaljapanさん [ビデオ(邦画)] 6点(2020-03-10 20:50:15)
209.韓国映画の「パラサイト」がアカデミー作品賞などを受賞し、インド映画がパクリ元の名乗りを上げ、思わず「こちらこそがパクリ元ではないか?」とSNS上に投稿したので数年、もしかしたら十年以上の時を隔ててもう一度鑑賞することと相成りました。ただしこちらは「パラ」のポン・ジュノ監督が黒澤明監督の影響を受けたことを隠しもしていないしまた本作品が娯楽作品(推理作品、あるいは警察もの)として押しも押されもしない作品なので当事者によるパクリ元の主張はあり得ないでしょう。「パラ」と本作品に共通するのは高台と下町に象徴される富者と貧者の格差、そして小道具などにも神経を行き届かせている緊密な構成です。ただし、両作品の世界観や社会観は非常に異なっています。本作品に於いては富は勤勉と献身の対価として与えられるものであり、「パラ」の富豪はなぜか裕福、また本作品での貧者は正当な努力を拒む異常者、「パラ」の半地下一家は社会の波に乗り切れずに凋落した社会の犠牲者です。社会における人間についてこれだけリアルに描きながら他の黒澤明作品ほど人間性の奥底に切り込んでいるわけではない本作品にはわたしが娯楽作品につけることにしている最高点の8点しかつけられないのですが、本作品と韓国映画「パラ」を比較することは高度経済成長期の入口に立っている日本の倫理観とイギリスのEU離脱になぞらえてKOREXITとも呼ばれる韓国の自由主義陣営からの離脱を予見させる社会観や正義観を対比させてみると面白いかもしれません。
かわまりさん [DVD(邦画)] 8点(2020-03-08 09:36:42)
208.《ネタバレ》 創作も含まれているだろうが、黄金町の阿片窟のような様子、外国語で書かれたメニュー、あの雰囲気には圧倒された。
巻玉火薬の銃で昔よく遊んだっけ・・・
チェブ大王さん [地上波(邦画)] 7点(2020-01-02 22:07:49)
207.《ネタバレ》 浅くないエンターテインメント映画として見事に完成されている映画。
ケチを付けようと思っても付けようがない点で黒澤作品の懐の深さを体現している。
浅田荷葉さん [DVD(邦画)] 6点(2019-03-18 09:01:56)
206.黒沢の全盛期の作品なので、ダイナミックで面白いのだが、黒沢映画の悪い面の説教臭さが出ている。(良い面は、活劇のダイナミズム)犯人を追い詰める際、わざと罪を重くするのは如何なものか。また、ラストの犯人(山崎努)の独白はやりすぎと思う。香川京子良し。
にけさん [映画館(邦画)] 6点(2018-12-24 19:02:28)
205.《ネタバレ》 ほんとに面白い映画だな、と毎回見るたびにつくづく感心してしまう。

間違って誘拐された子供を助けるべきかの心理的葛藤、現金を詰めたかばんを持って特急こだまに乗れ、7cm開く洗面所の窓…。

冒頭から息詰まる展開の連続、後半で犯人が割れてからは警察の狂気さえ感ずるような執念の捜査、モノクロ画面に浮かぶ唯一のカラー。
名場面・名演出のオンパレードだ。誘拐罪の刑の軽さに対する黒澤の怒りが本作の大きなテーマだというが、それが映画全編を通じて伝わってくる。

皮肉なのは、名声名誉の象徴である高台の住人を憎悪して犯行に及んだ犯人だが、その被害者である大富豪権藤も、かつては貧しい靴屋であり、高圧的ではあっても仕事には熱心で、善良な男であったことだ。
要は犯人は、自分と似たような境遇にあった人間に対して罪を働いてしまい、もっといえば、未来の自分がなりうるだろう立場の人間に罪を働いたともいえる。
犯人は医師の資格もあり、それなりの教養もあったのだろうから、高台に対する屈折した憎悪など抱かずに、善良さを持ち、仕事には熱心に励んでいればよかったのに・・・。そう思わずにはいられなかった。
黒澤映画が偉大なのは、娯楽性が十二分にありながら、こうした人間性や善良さについて深く考えさせてくれるところだ。
nakashiさん [DVD(邦画)] 10点(2018-08-18 15:19:45)
204.《ネタバレ》 まずサスペンスものとして十分に面白い。子供が返ってくるまでの展開は本当にドキドキして引き込まれた。犯人の顔が映ってからは(子供が返ってきた安心感もあったのだろう)少々緊張感が薄れてしまったが、それでも警察の捜査の様子は中々面白かった。
最後のシーンはあまりスカッとしないが、監督が描きたかったテーマはこれなのだろうか。「天国」に住む権藤に地獄を見せてやろうと犯行に及んだものの、結局の所地獄を見たのは自分自身だった、と言った所か。犯人が強がる様があまりにも滑稽で憐れみすら感じてしまった。それすらも監督の狙いなのだろう。
alianさん [DVD(邦画)] 8点(2017-12-03 16:18:37)
203.大画面で観られる事を計算しつくして映像と音を作り上げた大傑作。20数年ぶりに劇場観賞したが、映画を観る快楽に酔いしれた。
三船が自宅の窓を開けると街の音がわーっと入ってくるシーン、すごく良かった。
爆裂ダンゴ虫さん [映画館(邦画)] 10点(2017-11-08 20:28:59)
202.《ネタバレ》 圧倒的。前半の密室劇も、特急のシーンのスピード感も、後半の捜査の描写も全部素晴らしい。登場人物たちのなんと魅力的なことか。仲代達矢のカッコ良さ。ラストシーンの山崎努の迫力。そして何より三船敏郎!彼が身代金を払うことを決め、自らカバンに細工をするシーンが素敵すぎる。大富豪である彼も、かつてはしがない一職工に過ぎなかったわけだ。なんの前知識もなく観た一回目も感動したが、色々と撮影の裏話を知ってからもう一回観てまた感動した。
すらりんさん [CS・衛星(邦画)] 10点(2017-10-14 23:20:11)
201.《ネタバレ》 今回約20年ぶりの2回目の鑑賞、
いやストーリーを結構覚えていたので、ひょっとしたら間にもう一回見ているかもしれない。
とにかく10点、今回も10点、初見時も10点。文句無しの10点。

以下は今回の感想。
前半と後半ではテンポが違う。
上映時間の情報が無かったら、後半は間延び感を感じるかもしれないが、
見始める前から140分と知っていたので大丈夫。
また、後半の映像は土地勘のあるところが多くて、あー昔はこんな街だったのか?
と個人的に楽しめる場面多数あり。そういう楽しみもできた。

最後のシーン、ガラスに映り込む双方の表情にも引き込まれる。

何故、犯人はこんなに卑劣な犯行に及んだのか?
恐らくは、誘拐自体は単純なイタズラ感覚なのだと思う。
中毒者に対する非人道的な振る舞いは、ひょっとしたら劇中存在が明らかになっていない父親が・・・なのかもしれない。
また、手に大きな怪我をしていたが、これにより目指していた外科医の道が閉ざされ
瞬時の自暴自棄になってしまったのかもしれない。
動機は後付けでいくらでも想像できるほど伏線はたくさんある。ただ
映画自体を、役者たちの表情をバンバン楽しめる、そんな作品だ。

サスペンスには、動機づけが一番重要と考えながら見てしまう私だが、(特に殺人は)
これはその大黒柱を無視できる稀有な作品。
yoshi1900olololさん [DVD(邦画)] 10点(2017-08-21 12:22:25)
200.割と長いが、展開が早く内容が濃いので、退屈する事がない。捜査の過程が非常によく出来ており、面白い。ただホシが判明してからの中だるみ感が残念。邦題の意味がよく解らなかったが最後の権藤との対面のシーンでなるほどと。地獄を見せてやろうと思いきや、前向きな権藤に逮捕された自分。上手い邦題だと感心だ。非常に面白い作品。
SUPISUTAさん [DVD(邦画)] 9点(2017-05-08 16:05:34)
199.誘拐犯を追い詰めていくサスペンス感は素晴らしいけど、主犯を泳がせてからラストまでがしっくりこない。天国と地獄の格差社会が動機っていうのも分からなくはないけど、インターンがリスクを犯してまで駆り立てられる行動なのかな?黒沢作品を見る度に、問題提起のために心情リアリティをスル―しているような気がしてならない。
ProPaceさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2017-05-06 19:53:05)
198.リメイクしたドラマを観ていたので話の筋がおおよそ分かっていたが、知らずに観たらもっとインパクトあったと思う。
密度濃く、出来が良い映画。このぐらいの作品が現代にもっと登場してもいいのだが、今だと評価は違うのだろうか。
simpleさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2017-04-22 22:16:12)
197.《ネタバレ》 面白い映画を作りたければ前半部分を色濃くしたのかもしれない。しかし黒澤監督はそうはせず、当時の社会についてのメッセージ性のある監督の主張を織り交ぜた作品に仕上げた。
ラストは印象的だった。再起していく明日を見ている印象の権藤に対して、取り返しのつかないことをして死刑になるだろう犯人の対照性。そして印象的だったのは、権藤は犯人にまるで興味が無い様子のカット。これは権藤が工場作業員からのたたき上げで多くの経験を重ねてきた人間の深みを感じさせる。反対に平静を装いながら最後には大声で喚いてしまう犯人には、若さから来る浅はかさを感じてしまった。
黒澤監督のこういった犯罪に対しての見識が垣間見えた気がする。

ともかく、面白みは半減したので、前半の屋敷内でのやり取りをメインとした作品も見たかった気はしました。
さわきさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2017-04-17 23:54:40)
196.普通に面白くて退屈しない展開。極上のサスペンスと言っても過言じゃない。
誘拐事件が多発した昭和中期、アナログな捜査がまたなんとも言えない味が出てる。三船は鉄板だが仲代がまたなんとも名演技で際立つ。
mighty guardさん [CS・衛星(邦画)] 9点(2017-01-12 19:42:19)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 215人
平均点数 8.23点
000.00%
100.00%
210.47%
310.47%
441.86%
583.72%
6177.91%
72210.23%
85626.05%
95626.05%
105023.26%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.40点 Review20人
2 ストーリー評価 8.57点 Review28人
3 鑑賞後の後味 7.30点 Review26人
4 音楽評価 6.75点 Review16人
5 感泣評価 4.31点 Review16人
chart

【ゴールデングローブ賞 情報】

1963年 21回
外国語映画賞 候補(ノミネート)(外国映画賞として)

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS