スモーキン・エース/暗殺者がいっぱいのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい
 > (レビュー・クチコミ)

スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい

[スモーキンエースアンサツシャガイッパイ ]
Smokin' Aces
2006年【米】 上映時間:108分
平均点:5.63 / 10(Review 35人) (点数分布表示)
公開開始日(2007-05-12)
アクションサスペンスコメディバイオレンス
新規登録(2007-04-25)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2010-01-25)【マーク・ハント】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョー・カーナハン
助監督ラリー・ブランフォード(第二班監督)
キャストライアン・レイノルズ(男優)リチャード・メスナー
レイ・リオッタ(男優)ドナルド・カラザーズ
ジェレミー・ピヴェン(男優)バディ・“エース”・イズラエル
ベン・アフレック(男優)ジャック・デュプリー
ピーター・バーグ(男優)“ピストル”・ピート・ディークス
マーティン・ヘンダーソン〔男優・1974年生〕(男優)ホリス・エルモア
アンディ・ガルシア(男優)スタンリー・ロック
アリシア・キーズ(女優)ジョージア・サイクス
クリス・パイン(男優)ダーウィン・トレモア
タラジ・P・ヘンソン(女優)シャリス・ワッターズ
トミー・フラナガン(男優)ラズロ・スート
カーティス・アームストロング(男優)モリス
ジョエル・エドガートン(男優)ヒューゴ・クループ
ジェイソン・ベイトマン(男優)ルパート・“リップ”・リード
クレア・ケアリー(女優)ラヴァルヌ
マシュー・フォックス〔1966年生〕(男優)ビル
アレックス・ロッコ(男優)
コモン(男優)サー・アイビー
ローナ・スコット(女優)ホテル受付
ケヴィン・デュランド(男優)ジーブス・トレモア
脚本ジョー・カーナハン
音楽クリント・マンセル
挿入曲モーターヘッド"Ace Of Spades"
ジョン・ケイル"Big White Cloud"
撮影マウロ・フィオーレ
ラリー・ブランフォード(第二班撮影監督)
製作ジョー・カーナハン
ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
リザ・チェイシン
ワーキング・タイトル・フィルムズ
ユニバーサル・ピクチャーズ
配給UIP
特殊メイクトニー・ガードナー[メイク]
衣装メアリー・ゾフレス
スタントリック・エイヴリー
ジミー・オルテガ
ダグ・コールマン
あらすじ
手品師あがりのマフィア、エース。この成り上がりを連れて行けばビッグ・ボスから100万ドルが! …というわけで集まった集まった、タホのリゾートホテルにスナイパーがわんさと集まった。情報をキャッチしたFBIも動く。エースの保釈保証人も身柄確保のために元刑事を送り込む。無駄に銃弾が飛び交い、戦場と化してしまったペントハウスで、エースの運命やいかに…ってコラ、手品なんかしてる場合じゃねえよ!
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
35.派手な銃撃戦が見ものでしたが見物がそれだけというか、ラストでこうなんだよと説明してるんだけどそれでも追いつけず話が意味不明な状態で見終わった。
ラスウェルさん [DVD(字幕)] 5点(2016-08-12 00:06:44)
34.《ネタバレ》 本作は、ときどき出くわす「途中からテイストが変わって別の映画みたいになっちゃう」迷作のひとつだと思います。だいたいタッチからしてソダーバーグ・スタイルとタランティーノ風味をごった煮にした様な感じで、そこに登場人物たちの複雑怪奇な相関関係がプラスされるので、訳が判らんという感じです。要はこの監督、気持ちばかりが前に出過ぎて腕が追い付いていないということなんです。あのホテルに殺し屋たちが集まって来たらFBIがホテルを完全に封鎖しちゃって、それこそ『ザ・レイド』の雑居ビル状態になってみんなで殺し合う、という展開の方が面白かったんじゃないでしょうか。けっこう渋くてなおかつ派手なキャスティングですけど、この中でも知名度の高いベン・アフレックとレイ・リオッタが割とあっさりフェイドアウトしてしまうのはちょっと捻っていて面白かったです。まあレイ・リオッタはこの手の映画に出てくるとたいてい死にますけどね(笑)。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-04-23 23:35:05)
33.《ネタバレ》 本作の面白いシーンは女殺し屋から、冷酷な殺し屋、マッドマックス風と、多様な殺し屋達の紹介と登場シーンから一人一人現場でどのような立ち振る舞いをするかを見るところ。それ以外はとにかく次から次へとキャラクターが移り変わるので結構追いつくのにも大変だったりするし、結構湿っぽい話なので外見が派手な殺し屋たちも結構アッサリやられたりする。
話もシンプルというよりは結構ややこしく、オチは「そーなのか」と思いつつ、もっと派手な所を見せて欲しかったなぁ〜とか思っちゃう映画でしたね。う〜ん。
えすえふさん [DVD(吹替)] 5点(2015-11-24 21:47:34)
32.『NARC/ナーク』で注目を集めたジョー・カーナハンの初メジャー作品。カーナハンは『NARC/ナーク』を気に入ったトム・クルーズ直々の指名を受けて『ミッション・インポッシブル3』の監督に抜擢されるも、作品を完璧にコントロールしたがるトム・クルーズと馬が合わずに途中で降板。その時に受けたストレスをぶつけるかの如く「俺はこんな映画が撮りたかったんだぁ!」と暴走したのが本作なのですが、訳の分からん登場人物が入り乱れる内容を器用にまとめており、相変わらず抜群の構成力を披露しています。また、コメディを基調としながらも湿っぽいドラマが同時進行しており、引くほどのグロテスクな暴力描写も含まれるというおかしな味わいの内容なのですが、そんな無茶な内容を不思議な統一感でまとめてみせた手腕も見事なものです。同時期にトニー・スコットが『ドミノ』で同様の試みをして失敗しており、カーナハンが本作で披露した技って実はかなり高度な芸当だと思います。こんな映画を撮れる監督は世界に10人もいないのではないでしょうか。。。
とまぁ監督の技見せとしては素晴らしい作品なのですが、観客が楽しめる作品かと聞かれれば、正直微妙なところです。後の『特攻野郎Aチーム』もそうだったのですが、この監督は娯楽的な盛り上�げというものを不得意としています。見せ場の作り込みは良いもののそれを見せるタイミングが今一つで、本質的には娯楽映画に向かない監督さんだと思います。カーナハンを切って、後にヒットメーカーとなるJJエイブラムス(当時はテレビドラマのプロデューサーという印象が強かった)を『ミッション・インポッシブル3』の後任に据えたトム・クルーズの判断は正解だったようです
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 6点(2012-08-03 01:06:18)
31.《ネタバレ》 脚本段階でアホな映画にならざるを得ないのは判っていた筈なのに、半端に真面目にやってしまっているのが残念なところ。いっぱいおっぱいが出る点は素晴らしい。なお暗殺者がいっぱいというタイトルだが、暗殺者らしい奴は皆無。どいつもこいつも自己主張が強すぎるわ!
民朗さん [DVD(字幕)] 5点(2012-02-12 20:55:41)
30.オシャレな映像で魅せるバイオレンス(?)映画。もう少し突き抜ける事が出来たらもっと面白かったろうに...。勿体無い。所々、面白い箇所は在るんですがね。
キノコ頭さん [DVD(字幕)] 4点(2011-12-09 22:47:54)
29.センスもいいし、殺し屋さんたちが殺し合うのは楽しいんだけど、バカに徹しきれてないし、色々惜しい。しかし、ここでの失敗要素は「特攻野郎Aチーム」で修正されている気がする。
すべからさん [DVD(字幕)] 5点(2011-09-23 09:48:03)
28.良かった。
導入部はとっつきにくい映画かと思ったけど、チョットはまっちゃった。あまり考えずに見るおバカ映画なんだろうけど、なにも考えないとなんだかわからない映画でもありますね。ラストだけ妙にシリアス。
とにかく好きな1本が増えました。
フラミンゴさん [DVD(字幕)] 6点(2011-09-12 19:23:21)
27.《ネタバレ》 うーん、いったい何をみせたかったのかが分からんなあ。バカかマジメかどっちにかはっきりしてくんないと。
長谷川アーリオ・オーリオさん [DVD(吹替)] 5点(2011-01-21 06:49:24)
26.暗殺者、FBI、ターゲットが否応なしに巻き込まれるバトル・ロイヤルは鍋を突っつくと何が取れるか分からない闇鍋的な楽しさがあり、予想外の食材が出てくることもあるのですが、その後の食後のデザートがティラミスで、そのアンバランスさに戸惑ってしまいました。もっとテンポ良く撮れそうなのにと思うと非常に惜しいです。まぁ事件や各キャラの説明もしなければならないので、ある程度はしょうがない部分もあるとは思います。ここまでの不満なら5点か6点くらいなんですけど、もう一つ点数を下げる要因になったのが、他の方も書かれている例の少年です。ここだけは本当に何を出されたのか分かりません。いや食べ物ですらないのかも。メイキングで監督が爆笑しているのを見て、この人何か変なもんでも食べたんじゃないかと心配になってしまいました。
ゴリラの住む丘さん [DVD(吹替)] 4点(2010-05-17 16:36:19)
25.《ネタバレ》 けっこう面白かったス。出てくる人間、どいつもこいつも主役になれそう、というか誰が主役かわからんのは確信犯か。誰もが映画の中で我を張りながら殺される駒としての可能性を秘めているのがこの映画の面白いところであり怖いところである。映画はそのことをまずベン・アフレックを使って宣言するのだ。あとはかっこいい女二人組に感情を移入させようが、非情な殺し屋が最後まで残るというお約束を信じようが、いやいやFBIもなかなか見せてくれるような展開だとか思ってみたところで、どこか疑わしくもあり、そしてやっぱり微妙に裏切ってくれるのである。漫画チックにすら見えるかっこいい構図も荒唐無稽なストーリーによく合っている。惜しむらくは狙われているご本人が影が薄く作品内の駒として一人だけ蚊帳の外にいること。それとオチ。カラクリはまあアレでよいとしてもダラダラと描きすぎ。
R&Aさん [DVD(字幕)] 6点(2009-07-09 14:23:30)(良:1票)
24.《ネタバレ》 これだけ豪華なキャストを集めたのに、何にも残らない映画も凄い思う。
個人的に容赦なく人が死ぬバイオレンスは悪くないと思うんだけど、本題に入るのが遅いかったるい話の進み方と、主役だと思ったB・アフレックがさっさと死ぬので序盤からガッカリ度が大きい。
スカっとしたバイオレンスがやりたいのか、ソダーバーグのようにスタイリッシュでコメディタッチの犯罪ものがやりたいのか、タランティーノのように濃いキャラのごちゃごちゃと管を巻く台詞回しがしたいのか、よくわからないテイストで人物相関を理解するのもめんどくさくなってくる。
A・キーズみたいなかっこいいお姉ちゃんが銃をぶっ放して血まみれになったりとか所々がかっこいいのに、ストーリーがどうでもいいのが致命的。
最期はスカっと終わるのかと思いきや、ドーンと重い雰囲気でラストのやたらと激しいドンパチを無駄にしている。
筋と無関係な空手ボーイなども不快で、ライアン・レイノルズみたいな田舎くさい俳優を主役にしてフレッシュな刑事を演じさせるなど、どこまでもバランスの悪い作品であった。
さん [DVD(字幕)] 4点(2008-12-24 03:35:02)
23.《ネタバレ》 もう少しスッキリ見せてくれたらもっと面白かったのにと思いました。おしゃれにしたいのか、笑わせたいのか、シリアスにしたいのか、その辺のバランスも悪い気がしました・・・。
よりさん [DVD(字幕)] 5点(2008-11-23 23:00:34)
22.馬鹿で派手な映画を期待していたので、がっかり。前半では色々とタメを作っていたので、後半でよーいドンでお互い派手にやるのかと思ってましたが・・・

馬鹿映画好きは、邦題にだまされずにスルーがいいかも!?
みーちゃんさん [DVD(字幕)] 3点(2008-05-18 12:08:23)
21.《ネタバレ》 もっと激しく爽快にぶっ放してくれるのかと思っていたけど、意外と地味目で残念。もっと面白い作品にできたはずであろうに・・・。てかあの「しんみりとしめてみました」的なラストが残念すぎる・・・。アリシアキーズが個人的にはグレートだった!娼婦変装シーンの時にアリシアの腕に毛が生えていたのは「さすがUSA」と思ったけど笑ベンアフレックは個人的にすきじゃないから、早く死んでくれて嬉しかったd(´∀`*)
たいがーさん [DVD(字幕)] 6点(2008-04-13 14:11:19)
20.ベン・アフレックあれで終わり?主役だと思ってた。
ベルガーさん [DVD(字幕)] 7点(2008-02-10 14:22:56)
19.《ネタバレ》 2回目の鑑賞。1度目は映画館で見たが、テンポいい展開と楽しいカメラワーク、そして濃いキャラのオンパレードに満足させられました。2度目では新たな発見がなかったため、1度目ほどの満足は得られず。ノリのいい映画が好きな人は楽しめます。
カワウソの聞耳さん [DVD(字幕)] 7点(2008-02-07 17:01:35)
18.《ネタバレ》 ともかく空手を使う少年のくだりで吐き気がする程スベり倒していた記憶。の割に全体的な突き抜け感が無く、そのシーンの寒さがより際立っていた様に思います。
HIRABAYASHIさん [DVD(吹替)] 5点(2008-01-31 04:46:49)
17.もっとスピード感があるのを期待してたんだけど・・・
ラストはありきたり・・・
何の印象も残らなかったから、見たことさえ忘れてた
さらさん [DVD(字幕)] 6点(2008-01-30 13:29:18)
16.《ネタバレ》 暗殺者がいっぱいいるのだから、もっとお互いの得意技、技術を生かした全軍入り乱れてのバトルを期待していたのに少し残念。それにラストが最低である。なんとFBIの危機管理能力の無さ、無能さ、不甲斐なさ。しかし女殺し屋がカッコイイ。一人は死んだ様に思えるが、銃声のみでそのシーンは無かった。きっと切り抜けて生きているに違いない。そんなこんなで、彼女たちのスピンアウトが見たい。
リニアさん [DVD(字幕)] 7点(2007-12-16 02:37:56)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 35人
平均点数 5.63点
000.00%
112.86%
200.00%
312.86%
4411.43%
51234.29%
6617.14%
7925.71%
800.00%
925.71%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review3人
2 ストーリー評価 6.25点 Review4人
3 鑑賞後の後味 5.33点 Review3人
4 音楽評価 6.75点 Review4人
5 感泣評価 5.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS