Menu
 >
 >
 > トレマーズ

トレマーズ

Tremors
1989年【米】 上映時間:96分
平均点: / 10(Review 191人) (点数分布表示)
アクションホラーSFシリーズものパニックものモンスター映画
[トレマーズ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-06-12)【イニシャルK】さん
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ロン・アンダーウッド
助監督S・S・ウィルソン(第二班監督)
キャストケヴィン・ベーコン(男優)バレンタイン・マッキー
フレッド・ウォード(男優)アール・バセット
フィン・カーター(女優)ロンダ・ルヴェック
マイケル・グロス(男優)バート・ガンマー
アリアナ・リチャーズ(女優)ミンディ・スタングッド
ヴィクター・ウォン[男優](男優)ウォルター
安原義人バレンタイン・マッキー(日本語吹き替え版【VHS/BD】)
内海賢二アール・バセット(日本語吹き替え版【VHS/BD】)
勝生真沙子ロンダ・ルヴェック(日本語吹き替え版【VHS/BD】)
小林清志バート・ガンマー(日本語吹き替え版【VHS/BD】)
谷育子(日本語吹き替え版【VHS/BD】)
辻村真人ウォルター(日本語吹き替え版【VHS/BD】)
加藤正之(日本語吹き替え版【VHS/BD】)
池田勝(日本語吹き替え版【VHS/BD】)
松本保典(日本語吹き替え版【VHS/BD】)
岸野一彦(日本語吹き替え版【VHS/BD】)
辻親八(日本語吹き替え版【VHS/BD】)/(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
井上和彦バレンタイン・マッキー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
田中信夫アール・バセット(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
佐々木優子ロンダ・ルヴェック(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
小林勝彦バート・ガンマー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
吉田理保子(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
久米明ウォルター(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
峰恵研(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
小島敏彦(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
石田彰(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
川島千代子(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
藤本譲(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
原作S・S・ウィルソン(原案)
ブレント・マドック(原案)
ロン・アンダーウッド(原案)
脚本S・S・ウィルソン
ブレント・マドック
音楽アーネスト・トルースト
ロバート・フォーク(追加音楽〔ノンクレジット〕)
編曲ランディ・ミラー[音楽]
撮影アレクサンダー・グラジンスキー
製作S・S・ウィルソン
ブレント・マドック
ユニバーサル・ピクチャーズ
製作総指揮ゲイル・アン・ハード
配給UIP
特撮ハワード・バーガー(クリーチャー効果クルー)
ロバート・カーツマン(クリーチャー効果クルー)
トム・ウッドラフ・Jr(クリチャー・エフェクト・デザイナー)
美術ニール・トンプソン〔タイトル〕(タイトル・デザイン)
録音スティーブン・ハンター・フリック
ケヴィン・オコンネル[録音]
字幕翻訳菊地浩司
スーツアクタートム・ウッドラフ・Jrグラボイド(ノンクレジット)
その他アーネスト・トルースト(指揮)
あらすじ
アメリカの荒野にある小さな、小さな、本当に小さな田舎町パーフェクション(人口14人!)。この都市で便利屋を営むバルとアールのコンビは最近変な微震が続くと言う女子大生ロンダと出会う。そのころ、町には少しずつ“奴ら”の恐怖がせまっていた・・・。 シリーズ4まで出来たカルト怪獣映画「トレマーズ」の第一弾!
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
191.私は正直、この手の「バカな?」(失礼だが)作品は苦手ですぐに飽きてしまうのだが、本作は不要な部分がなく、荒野に突如現れた謎の生物とそこに居着いている人間の対決のみであるのが、非常に良い。馬鹿げてるが面白いし、飽きることなくラストを迎えることが出来る。優秀な作品だと思う。
SUPISUTAさん [DVD(字幕)] 8点(2017-05-20 08:13:26)(良:1票)
190.《ネタバレ》 荒野の地中を驀進する巨大生物「グラボイズ」。軽妙な掛け合いの心地よさ。舞台はアメリカ西部の小さな田舎町。そこでは最近小規模な地震が多発していた。何でも屋のバルとアールは、調査に来た地質学者のロンダと謎を探ることに。そして体長10メートルのワーム型モンスターが、次々と住人たちを餌食にしていることを突き止める。予想外に知能の発達したモンスターに通信手段を断たれ、孤立した町の住人と未知のモンスターとの生き残りを掛けた戦いが始まる...。まず、主役モンスター「グラボイズ」の存在感が凄い。「太いミミズ型の体」「硬い体表」「鉤状の口」「口中から生える触手」が合理的に機能し、醜悪ながらも現実に存在するかのようだ。加えて銃や手製爆弾程度の攻撃でも倒せるという弱点が設定されることで、よりリアル感が増している。地表のすぐ下を驀進する巨大生物がが、モグラのようにボコボコと地面を盛上げながら迫って来る映像は圧巻。また、地中に生息する「グラボイズ」は振動を感じる能力が発達しており、「音を立てずに地面を歩く」ことが重要になってくる設定が秀逸。家の屋根などに避難した住人たちが、「どうやって別の場所に移動するか」が重要になり、知恵を絞って窮地を乗り越える展開が緊張感を高め、面白さを増幅させる。また、暗くなりがちなモンスターパニックものにしてはコメディ感が強く、住人たちの掛け合いが楽しい。町の住人たちはヘンな人ばかりで、特にバルとアールのコンビの掛け合いとアクションが予想外に面白い。更に住人の中でも銃オタクのガンマー夫妻が大量の重火器をコレクションしており、非常に良いアクセントになっている。夫妻の活躍は凄まじく、コレクションの銃や手製爆弾を駆使して大型モンスターを駆逐するシーンが燃える。最後の最後まで彼らが知恵を絞ってグラボイズに対抗する展開が非常に好みだ。続編は未見だが、観たくなってきた。ハナマル!
しぇんみんさん [DVD(吹替)] 8点(2017-02-11 14:58:55)
189.《ネタバレ》 B級映画の名作として誉れ高い本作を今更ながら観てみました!確かに面白かったけど、自分はそこまで嵌まらなかったっす!!
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2016-09-16 23:04:11)
188.《ネタバレ》 B級テイストがプンプン。なんか観たことある作品風も。ケビンベーコンが必死なのが可笑しい。地面はまずいけど岩ならいいとかなどの基本設定というかルールが面白いね。その縛りの中でどう逃げ切れるかみたいな。
タッチッチさん [DVD(字幕)] 6点(2015-11-28 14:13:03)
187.《ネタバレ》 隔離されたようなド田舎で謎の地下生物が人を襲い始める。
助けを求めることも出来ず残された人達で化け物退治を開始する。
B級のパニックアクションだがシナリオは良く出来てます。
面白かった。
SASUKEさん [DVD(字幕)] 6点(2015-06-25 00:07:28)
186.《ネタバレ》 これぞB級馬鹿映画の傑作。
町に嫌気がさして出て行こうと思った矢先に得たいの知れない巨大オナホールの地下生物と戦う事になってしまうという映画。
金が無いのでありとあらゆる箇所が計算尽くで作られた緻密性、あまりに上手すぎてシリアスな笑いが溢れる領域だ。
製作に「ターミネーター」や「エイリアン2」「ウォーキング・デッド」の製作を指揮したゲイル・アン・ハード女史!計算された演出は彼女の力もデカい。
襲い来る化物に「何て名前付けようかな」なんて言っている場合じゃない。
化物が床板をパタタタタとさせて迫るシーンの恐怖!
殺る気満々のバート&フェザー夫妻が頼もしすぎて爆笑。死亡フラグブレイカーすぎる。
「倒したぞ!」じゃねーよwww
象殺しの銃(ホーランド&ホーランド)がある時点でギャグです。
ケヴィン・ベーコンは最高に笑える&カッコイイ。
「飛べるもんなら飛んで見ろ化け物ー!」あれで空飛んでたらアカデミー賞あげてしまいたい。
「2」のシュリーカーは可愛い。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2014-12-20 20:12:22)(良:1票)
185.ここでの評価が良かったので観賞しましたが、当たりです。新鮮なハラハラドキドキ感を味わえる面白い映画でした。続編が4作まであるようですが、鮮度に期待できそうにないのでとりあえず1作で止めておきます。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-09-17 19:42:44)
184.B級映画の中でも指折りの傑作との評判高い作品。期待通りの面白さ。
この安っぽいB級映画が、何故かパイレーツ・オブ・カリビアンより面白く、記憶に残り、200年後の人々も
そう感じるのではないかと思うことが不思議である。
映画が面白いというのは自分がその場所に立つことが想像できるかも重要なのだろう。
cogitoさん [映画館(字幕)] 8点(2014-08-03 23:19:07)
183.《ネタバレ》 最初に劇場で字幕版を鑑賞したときは、ただのモンスター映画って感じで、あまり印象的ではなかった作品でした。が、後年レンタルビデオの吹替え版を見てハマリました。
ポイントは、地中の巨大生物との対決というパニック映画なのにコメディ仕立てだというところ。ギャグやパロディではなく、登場人物の明るくて人間くさいキャラクター設定やテンポのいい会話が楽しく、ラストまで実に爽快に見せ切ってくれます。
吹替版の声優は、主人公の2人を内海賢二(ロード・オブ・ザ・リングのギムリ役)と安原義人(キャッツ・アイの内海刑事役)。さらに、シリーズ化された本作のレギュラーとなる武器マニアのオヤジを小林清志(ルパン三世の次元大介役)が演じています。他のキャラクターも芸達者な声優さんばかりで賑やかです。
洋画は何でも吹替えがいいとは言いませんが、これに限っては、Blu-rayの日本語吹替えで見ることを強くおススメします。
※DVDには日本語吹替え音声が未収録なのでご注意ください。
墨石亜乱さん [ブルーレイ(吹替)] 8点(2014-04-07 22:13:59)
182.B級モンスターパニック映画だが、それなりに楽しめる。
人が次々に襲われて殺されてるんだけど、登場人物に能天気なところがあり、田舎のどこかのほほんとした雰囲気の中で物語が進むので重苦しくない。
パニック映画なのに怖くなく、コミカルな軽さとユーモアがあって冒険活劇に近い。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 5点(2014-02-25 19:14:55)
181.《ネタバレ》 小さいころに見て怖かった記憶がよみがえりました。
そんなこと全く忘れての鑑賞です。
この映画がモンスターパニックの良作たらしめるのは
エンターテイメント性の高さと登場人物のキャラクター性の豊かさだと思います。
キャラクターが豊かだとどのキャラクターもがその物語の主人公であるかのごとく重要な役割を果たします。
皆そこに暮らす人間としての意地を見せつけるので誰でも殺されるのが惜しいほどです。
独特のテンションがあってホラー映画とは思えない明るさです。
西部の雰囲気とファンタジーな雰囲気がほのかに感じられ、
家族向けな映画とさえ感じます。
若きケビンベーコンがサイコーに魅力的な演技を見せています。
砂漠の辺境の雰囲気はそこに住んでみたいと思うほど魅力的でした。
当時のアメリカの若いカップルが映画館に見に行く映画という感じで、
その当時のモンスターパニックの勢いを感じさせる怪物は見ものでした。
ゴシックヘッドさん [DVD(字幕)] 7点(2014-02-09 23:08:56)
180.B級だけど、まじめに作ってる感じでいいと思います。モンスターからの逃げ方が結構オリジナル感があって良い。
nojiさん [地上波(字幕)] 5点(2013-11-02 09:20:36)
179.これはあれだ。小学生の頃、帰り道でやった、道路の白線や日陰以外歩いたら鮫に喰われて死ぬというたぐいのごっご遊びの延長線みたいだ。モンスター映画ながら牧歌的で面白い
よいしょさん [DVD(字幕)] 6点(2013-09-21 16:21:36)
178.《ネタバレ》 ○そこそこの被害者こそ出るものの、モンスターパニックコメディとして十分面白い出来。○それぞれのキャラも立っており、テンポも良い。テレビでやってたら見たい作品。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-03-30 18:21:19)
177.ド田舎、登場人物、地下モグラ怪物、K.ベーコンの顔?、、それぞれの設定が上手くマッチして終始ほのぼのとして見られるB級モンスターパニック映画の快作!
狂童さん [DVD(字幕)] 6点(2012-12-30 12:12:52)
176.これはおもしろい。
B級映画と言われるものにもいろいろあるけど、トレマーズはバカなものを真剣に作ってる映画で、取り扱ってるものはあれなんだけど、映画として超A級といったおももち。
なんならアホなことを真剣に、有り得ないものをさもそれっぽく、かつジョークまじりに作ってて、娯楽映画としてこの上ないものになっていると思う。
 
なので、ほげたら映画のお手本だと思う。
あと、劇中出てくる「じゃあプランBでいこう」という台詞は意味もわからず「PLAN B」と書かれたTシャツを着ていた僕にはたいそう勉強になり、また感慨深いものでした。
おでんの卵さん [ビデオ(字幕)] 10点(2012-12-08 21:42:46)(良:1票)
175.今みると設定的には新しくない。三匹いるんだからもってその三匹性格というか体格というか違いを見せてほしかった。
とまさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-10-27 19:26:45)
174.《ネタバレ》 バダの砂漠地帯で異常な振動が観測され、地震学者や付近の住民たちが現地に赴くが、その振動の正体は、なんと地底に生息する謎のモンスターの仕業であった。低予算で作られた映画なので、CG等はまったく使っておらず(というかこの頃はまだCG自体が普及していないと思うけど…)、クリーチャーがちょっと陳腐な感じです。でもそこが逆に今のモンスター映画にはない、いい味を出しています。地中に潜んで襲うという設定が斬新で、ちょっと地面に足が着いただけで、一気に寄ってきてパックリと喰われてしまうので、見ていてハラハラします。
nyarameroさん [DVD(字幕)] 7点(2012-04-25 18:50:43)
173.人間も化け物もどこか抜けているところが実にいい。
たこちゅうさん [DVD(字幕)] 8点(2012-03-26 23:51:04)
172.いかにも外しそうなB級モンスター映画だが、
これが意外にも面白かった。閉塞的な状況設定が感情移入し易いこと、
さらに劇中に出てくるモンスターが実際にいそうなリアル感があること、
このモンスターの特徴が、その後のストーリー展開に心地いい緊迫感を与え、
まるで「ジョーズ」を観ているときのような感覚を覚えた。本作のほうが軽いけどね。
B級モンスター・パニック映画のお手本のような作品。
MAHITOさん [ビデオ(字幕)] 6点(2011-07-31 06:14:03)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 191人
平均点数 7.41点
000.00%
121.05%
221.05%
321.05%
463.14%
594.71%
62613.61%
74624.08%
84925.65%
92513.09%
102412.57%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review11人
2 ストーリー評価 6.78点 Review14人
3 鑑賞後の後味 7.50点 Review14人
4 音楽評価 5.71点 Review7人
5 感泣評価 5.14点 Review7人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS