デス・プルーフ in グラインドハウスのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > テ行
 > デス・プルーフ in グラインドハウス
 > (レビュー・クチコミ)

デス・プルーフ in グラインドハウス

[デスプルーフイングラインドハウス]
Death Proof
(Quentin Tarantino's Death Proof)
2007年【米】 上映時間:113分
平均点:6.25 / 10(Review 102人) (点数分布表示)
公開開始日(2007-09-01)
アクションホラーアドベンチャーハードボイルド漫画の映画化バイオレンス
新規登録(2007-07-24)【ポール婆宝勉(わいけー)】さん
タイトル情報更新(2015-02-14)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督クエンティン・タランティーノ
キャストカート・ラッセル(男優)スタントマン・マイク
ロザリオ・ドーソン(女優)アバナシー
ローズ・マッゴーワン(女優)パム
マイケル・パークス〔男優・1940年生〕(男優)アール・マクグロー
ゾーイ・ベル(女優)ゾーイ
メアリー・エリザベス・ウィンステッド(女優)リー
バネッサ・フェルリト(女優)アーリーン
ジョーダン・ラッド(女優)シャナ
トレイシー・トムズ(女優)キム
マーリー・シェルトン(女優)Dr.ダコタ・ブロック
ニッキー・カット(男優)サークルAの店員
イーライ・ロス(男優)ドヴ
クエンティン・タランティーノ(男優)バーテンダー
オマー・ドゥーム(男優)ネイト
シドニー・タミーア・ポワチエ(女優)ジャングル・ジュリア
ジョナサン・ローラン〔男優〕(男優)ジャスパー
菅生隆之スタントマン・マイク(日本語吹き替え版)
渡辺明乃アーリーン(日本語吹き替え版)
唐沢潤ゾーイ(日本語吹き替え版)
高乃麗キム(日本語吹き替え版)
岡本麻弥パム(日本語吹き替え版)
佐古真弓ジャングル・ジュリア(日本語吹き替え版)
青山穣バーテンダー(日本語吹き替え版)
脚本クエンティン・タランティーノ
挿入曲ジャック・ニッチェ"The Last Race"
バート・バカラック"Baby It's You"
マック・デイヴィッド"Baby It's You"
エンニオ・モリコーネ"Paranoia Prima""Violenza in attesa"
ピノ・ドナッジオ"Sally & Jack"「ミッドナイトクロス」より
バーナード・ハーマン"Introduction"「密室の恐怖実験」より
グイド・デ・アンジェリス"Gangster Story"「死神の骨をしゃぶれ」より
マウリツィオ・デ・アンジェリス"Gangster Story"「死神の骨をしゃぶれ」より
フランコ・ミカリッツィ"Italia a mano armata"「特攻警察」より
チョウ・フーリャン"Score"「五爪十八翻」より
ステルヴィオ・チプリアーニ"La polizia sta a guardare"(ノンクレジット)
セルジュ・ゲンズブール"Chick Habit""Laisse Tomber Les Filles"
撮影クエンティン・タランティーノ
製作エリザベス・アヴェラン
クエンティン・タランティーノ
ロバート・ロドリゲス
ディメンション・フィルムズ
製作総指揮ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
特殊メイクハワード・バーガー
グレゴリー・ニコテロ
衣装ニナ・プロクター
編集サリー・メンケ
録音マイケル・ミンクラー
ワイリー・ステイトマン
字幕翻訳松浦美奈
スタントバディ・ジョー・フッカー
テリー・J・レナード〔スタント〕
ゾーイ・ベル(ノン・クレジット)
その他ダリオ・アルジェント(サンクス)
バーバラ・ブーシェ(サンクス)
ロジャー・コーマン(サンクス)
ウンベルト・レンツィ(サンクス)
リチャード・リンクレイター(サンクス)
ジョン・ハフ(サンクス)
ラス・メイヤー(サンクス)
ジョージ・ミラー〔1945年生・豪州出身〕(サンクス)
サム・ペキンパー(サンクス)
ショーン・ペン(サンクス)
ミッキー・ローク(サンクス)
リチャード・ラッシュ(サンクス)
リチャード・C・サラフィアン(サンクス)
ブライアン・トレンチャード=スミス(サンクス)
あらすじ
とある田舎町。地元ラジオ局の人気DJ・ジュリアは、女友達と別荘に出掛ける途中、行きつけの酒場に寄ることに。しかし、彼女たちを追う不気味なカスタムカーが…運転するのはスタントマン・マイク。彼はジュリアたちに近付きながらも、別の女の子を乗せ酒場を後に。しかし実は…。14ヶ月後、別の田舎町。女友達のキムたちは新車の試乗中。そこに再びマイクが現れる…。60~70年代のインディーズ系人気映画・グラインドハウス映画へのオマージュとして、タランティーノとロドリゲスが設立した企画「グラインドハウス」のタランティーノ版。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
102.《ネタバレ》 『レザボア・ドッグス』『パルプ・フィクション』あたりはシナリオにもチャンと内容・アイデアが在って、だからそれと絡む長い会話にもその意味からの「実」のある面白みが出せていた。翻って本作、こっちはシナリオになんの内容も無いので、必然的に長い会話にもなんの内容も無く、その意味ではこれは(撮りたいアクションにキレを出すための)緩急の「緩」でしかないのだ。

その肝心なラストのアクションのキレ・爽快感はと言えばコレは大いに認められるトコロだが(率直に大爆笑したのを告白します)、これが映画として大手を振って正しいと言えるのか、と問われれば、個人的にはまあ大いに微妙だというしかない。タラちゃん、初心に帰ってもっと本気出してくれ。『ワンハリ』も結局今作と大して変わらないよーな話だったし(映画自体の規模は違えど)。
Yuki2Invyさん [DVD(字幕)] 5点(2020-11-13 00:52:04)(良:1票)
101.《ネタバレ》 殺人鬼を成敗した、というだけ。
ガールズトークは退屈ということを言いたかったのかな?
最後のカーチェイスは、ボンネットに乗りながらキャーキャー言っているが、止まれば良いだけのこと。
チェブ大王さん [インターネット(字幕)] 2点(2020-05-02 14:54:10)
100.途中の会話のシーンは長すぎて、退屈だった。けど、最後に大爆笑して全部取り返した。
センブリーヌさん [インターネット(字幕)] 6点(2020-01-30 23:13:36)
99.《ネタバレ》  2時間近くある尺のほとんどが、女の子たちの会話劇。最初のグループのときはまだ飽きずに面白く見ていたのですが、そのグループが瞬殺されて次のグループへ。また同じような会話劇がとりとめもなく続くものだから、もういいよっていう気持ちでいっぱいになりました。
 最初のグループが、あれだけ人物紹介でひっぱっておきながら、わずか数十秒で全員まとめて瞬殺しちゃうものだから開いた口が塞がりません。潔いというか何というか。ぼーぜんとしちゃいました。そして真相に気付いた警官親子も、何の伏線にもなっていません。え?これがいいの?これが『味』なの?
 次のグループは何度も車を停めるチャンスがあったのにそうしなかったのは不自然すぎ。更には意表をついて逆にカート・ラッセルがボコボコにK・O。確かにこーゆーサスペンス、バイオレンスは見たことがありません。・・・ですが、新鮮ではあったけれど好きにはなれないのです。
 もっとオーソドックスなサスペンスやホラーやバイオレンスが好き。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2020-01-02 02:01:50)(良:1票)
98.《ネタバレ》 メアリー・エリザベス・ウィンスティッドが観たくて鑑賞。
2回目なんだけど、1回目はメアリーの存在を知らなかったからね。
彼女は人間以外のものと闘う役が多いんだけど、今回はなんとチアガール。
これは正直似合い過ぎで大満足。
ゾーイもカッコよくて、女子を観る映画だな。
カートおじさんも若くて強い女子には形無しってことだよね。
同感。
roadster316さん [インターネット(字幕)] 6点(2019-12-31 10:36:05)
97.《ネタバレ》 タランティーノ監督の映画は数本しか見てません。ニュートラルな感情で鑑賞。バーの会話で約40分ですか…、ある意味凄いです(面白くない訳ではないのが救いだが長いです)。突然の白黒など、意味がわからない演出が多い。ただただ頭のおかしい男と女の話。試乗車どうすんの…。
はりねずみさん [DVD(字幕)] 5点(2019-11-03 13:07:35)
96.タランティーノ好きなら絶対に抑えておきたい1本。何度観ても後半の怒涛の展開は面白く、スカッ!とさせてくれます。日常を忘れて笑いながら作品に没頭してしまう、これぞ映画の醍醐味。劇中に流れるBGMの選曲も相変わらずセンスが良い!
たけたんさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2019-09-16 05:56:15)
95.《ネタバレ》 タランティーノ作品とは知らずに見たのですが
所々面白いシーンがあるのですが
最後のカーチェイスシーンはもう一つでした
草のつるぎさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2019-09-13 17:52:51)
94.《ネタバレ》 ブッ飛んだ作品でしたねぇ。
悪趣味な内容だけど、なんですか、この魅力は?
女子のツマラナイ会話とワケわからんおっさんの暴走劇。
猛スピードで蛇行しながらどこなたどり着くのかと思ったら、
まさかのかかと落としとは!
お見事でした。

吹き替えで観たのですが、凄くよくできてたと思います。
ろにまささん [CS・衛星(吹替)] 7点(2017-07-01 02:41:08)
93.《ネタバレ》 個人的には退屈な映画でございました。タランティーノさんの映画だからって期待していたのですが、真のタランティーノ好きしか楽しめない映画なのではないでしょうか。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2017-04-16 13:45:47)
92.《ネタバレ》 前半のトークがとにかく退屈。初期のような会話の面白さがもう出せないのか、意図的につまらないものにしたのか。見ている間、ナチョスを汚さそうに食べるシーンで食欲が沸いたり、ラップダンスが印象的だったリ、「実際に正面衝突したらああなっちゃうのかな……」とゾッとしたり、そういうどうでも良いところがこの作品のキモかもしれません。だからこそ、終盤のカーチェイスの爆発力は相当なものです。いきなりテンションが最高潮になったところで"THE END"。笑わせて頂きました。本国同様、『プラネット・テラー』と併せて一本の映画として見たかった。
Cinecdockeさん [映画館(字幕)] 7点(2014-12-21 11:31:09)
91.《ネタバレ》 ロドリゲスの『プラネット・テラー』は終始アクションとグロ満載で全く気の抜けないB級ホラーだったが、こちらも気の抜けないという点においては前者を上回っている。
しかし、ガールズトークが無駄に長く、少々退屈な事も確かである。タランティーノマニアにはそれがいいんじゃない!とか言われそうだが。
『プラネット・テラー』は70年代風B級テイスト満載で、およそ現実ではありえない恐怖を味わうものだったが、本作はもしかしたらこんな奴居るかもという恐怖があるので、現実的なホラーと言えるだろう。舞台も現代だし。
わざとフィルムに傷を付けたり、リール消失したりと遊びも徹底しており、チープな画作りに成功しているのが確信犯であり、後半の怒涛のごときカーチェイスのシーンに生きてくる。恐らく命綱をCGで消しているのだろうが、ここまでの徹底したアナログっぽさが逆に本当にガチのスタントを行っているのではないかと観客に信じ込ませているのである。予算もCGも豊富に使えるのにあえて安っぽく"見せかけて"いる所がこの映画の憎い所だろう。
ヴレアさん [映画館(字幕)] 7点(2014-11-05 16:36:40)(良:1票)
90.《ネタバレ》 この映画はマジで映画館で見ないと楽しめない。
最初の1時間はうっかり寝てしまっても、ラスト30分の射精しそうなぐらいの盛り上がりで他の観客に叩き起こされる!
それで「盛り上がるまでを見たいな」とレンタル店に行ったりネットで注文したりして楽しむワケよ。
あのクライマックスのカーチェイスはタランティーノの映画を含めても最高すぎる。
髪おろしたゾーイの姉貴に惚れねえ男はホモ野郎だぜ。
何ぃ?女なんて怖くて嫌い?るせえっ!ホモはホモ同士でファ●クしてオナッてやがれ!

だが、上記で述べたように前半30分に及ぶダベりからタランティーノに殺意を抱いた人間は“まとも”です。
同時上映だったロバート・ロドリゲス兄貴の「プラネット・テラー」の方が総合的には面白いよ。あれこそ真のB級的感覚で撮られた超A級の映画です。

でも、俺にとってはところどころに危ない匂いが潜む楽しい楽しいガールズトークですよ。
黒髪の姉ちゃんのセクシーダンスにもドキッとする。やっぱタラちゃんはダベるよりもダンスとかアクションやっている時が一番面白い。
70年代のB級的感覚を“装った”この映画。
フィルムのザラ付きやカットが飛んでいる感じ、上映時間も確かにB級的感覚ではあるよ。
だが、何故中盤の“虐殺”シーンをあれだけ待たせるのか。
確かに流れがガラッと変わり「そういう事か」と思わずニヤリ。
でもそれまでが長ーんだよこの野郎!
あんなもんせいぜい開始5分で「ハイドカーンッ!実は俺様殺人鬼でしたっーダハハッ」とか殺れんだろーがっ!
ヒッチコックの「サイコ」気取りか?あ?オイ?テメエぶち殺されてえのかタランティーノゴラアアアッッ!!!!!・・・・・・・・・と思っていたら後半の盛り上がりで今まで起きたすべてを水に流せるほどの神展開が待ち構えているんですよ。
白黒になったりカラーになったり、
物騒なガールズトークで“詰む”殺人鬼、
白昼堂々写真を撮る変態振り、
アンジェリーナ「表に出ろブス共」、
田舎者=「怒りの葡萄」⇒ジョン・フォード「訴訟も辞さない」、
人身御供にされるチアガールはジョン・マクレーンの娘(「ダイハード4.0」でブルース・ウィリスと共演)、
スタントやるアホウに絡むアホウ、
ダッチVSダッチ、
フルボッコで涙目で最高にスカッとしたぜえっー!!!
・・・という映画です。スタントはスタントにしか倒せない。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 8点(2014-10-23 19:06:00)(良:1票)
89.これは完全に好みじゃない。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 3点(2014-09-27 00:33:37)
88.《ネタバレ》 タイヤで顔面ズリッと擦られた女子の安否が気になってしまいましたが、安心しました ちゃんとお亡くなりになってしまわれたようですね よかった そうでなくっちゃあんまりですもんね でも死因はなんとなるのでしょうか ズリ死 タイヤ死 顔面死? なんでもいいけど、前半、すごく忍耐力を必要としましたね 一時間近くも我慢した結果やっと与えられたご褒美に やんややんやの大喝采。 そして後半の部に突入、再び意味不明なおしゃべり始まってしまったけれど、今度は目の保養をちゃんと用意されてましたね だから飽きない チアガール子の功績大。でもMVPは間違いなくキムだったと思う。あの涙ボロボロ流しながらも、ずっと馬鹿のようにアクセル踏み続けてたアホな姿あってこそのラストだった そして笑えて終われた素敵なジ・エンドだ。そしてしつこく繰り返したい思いなんだけども、チアガール子の功績かなり大。
3737さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2014-04-29 23:59:40)
87.《ネタバレ》 アメリカ映画の良さが出た一本。
広大な荒野にはしる一本の道。
この道を車が疾走する。
この疾走感がたまらない!
アメリカ映画の醍醐味が感じられる。
それと同時に、タランティーノ作品としての個性も存分に感じられる点も良い。

リーを演じたメアリー・エリザベス・ウィンステッド。
いやぁ、ため息の出るスタイルとキュートな顔。
本作の雰囲気の中で浮いているだけに、余計にその魅力が引き立つ!

後半、殺人犯が容易に追い詰められてしまうところは残念。
ここはアメリカ映画としての悪い面が出た。
ワルモンがカカト落としでTHE END。
まあ爽快感はあるけど、ちと安易かな。
にじばぶさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-07-12 23:06:12)
86.《ネタバレ》 クレイジーなぶっとびカーアクション。異常なドライバーのイカれた運転。最終盤のカーアクションやバイオレンスシーンは迫力あったけど、それまでのヤンキー娘たちによるオゲレツ会話がかったるすぎます。クレイジーなED曲。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2013-01-06 23:44:19)
85.くっっっっっっっっっっっそ、おもろいやないかーーーーー!!!!!ケツ、吹き飛ぶてっかてかのエロい足、女子パンチ、女子後ろ回し蹴りに、女子美脚踵落とし!序盤のガールズトークの不毛さゆえにラッセルに肩入れしてしまったが、2幕でも繰り返されるガールズトークでは女子たちのステキさに肩入れし、「またしても…嫌だ」って思わせてからのハイパーカタルシス!こんな馬鹿でエロクてグロい映画は法律で規制されるべき麻薬映画だ。観賞後、即座に二度目を観たのは言うまでもないわ。
ボビーさん [DVD(吹替)] 9点(2012-12-17 23:44:05)
84.すてき~!完全に「プレイガール」ワールド!「THE END」テロップのタイミングとエンドロールのチープなインサートがサイコーです(これで一気に5点上昇)。
460さん [DVD(字幕)] 7点(2012-09-03 04:57:57)
83.これ前半は最悪だけど、終盤の面白さはぶっ飛んでますなw 
あなたのドS心を揺さぶります。 前半2点の後半8点。 
個人的にはいい点数つけたいけどトータルとしてみるとやっぱり5点ぐらいが妥当かな。
映画大好きっ子さん [DVD(字幕)] 5点(2012-07-16 15:46:01)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 102人
平均点数 6.25点
010.98%
110.98%
243.92%
365.88%
487.84%
51514.71%
61211.76%
72120.59%
82322.55%
9109.80%
1010.98%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.71点 Review7人
2 ストーリー評価 5.91点 Review12人
3 鑑賞後の後味 7.76点 Review13人
4 音楽評価 8.50点 Review14人
5 感泣評価 4.00点 Review7人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS