虹をつかむ男(1996)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ニ行
 > 虹をつかむ男(1996)
 > (レビュー・クチコミ)

虹をつかむ男(1996)

[ニジヲツカムオトコ]
1996年【日】 上映時間:120分
平均点:6.07 / 10(Review 15人) (点数分布表示)
ドラマコメディシリーズもの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2016-06-10)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督山田洋次
助監督阿部勉【監督】
平松恵美子
キャスト西田敏行(男優)白銀活男
田中裕子(女優)十成八重子
吉岡秀隆(男優)平山亮
田中邦衛(男優)常さん
神戸浩(男優)
柳沢慎吾(男優)赤羽
松金よね子(女優)鏡子
鶴田忍(男優)吉井巡査
高原駿雄(男優)
すまけい(男優)和尚
笹野高史(男優)十成修次郎
宮下順子(女優)十成かおり
佐藤仁美(女優)平山咲枝
柄本明(男優)斉藤課長
永瀬正敏(男優)安徳先生
佐藤蛾次郎(男優)
下條正巳(男優)村長
三崎千恵子(女優)親族代表
前田吟(男優)平山章
倍賞千恵子(女優)平山春子
出演フィリップ・ノワレ(劇中映画「ニュー・シネマ・パラダイス」より)
サルバトーレ・カシオ(劇中映画「ニュー・シネマ・パラダイス」より)
田中晋二(劇中映画「野菊の如き君なりき」より)
有田紀子(劇中映画「野菊の如き君なりき」より)
アリダ・ヴァリ(劇中映画「かくも長き不在」より)
ジョルジュ・ウィルソン(劇中映画「かくも長き不在」より)
ジーン・ケリー(劇中映画「雨に唄えば」より)
原節子(劇中映画「東京物語」より)
笠智衆(劇中映画「東京物語」より)
渥美清(劇中映画「男はつらいよ」より)
津坂匡章(劇中映画「男はつらいよ」より)
倍賞千恵子(劇中映画「男はつらいよ」より)
森川信(劇中映画「男はつらいよ」より)
三崎千恵子(劇中映画「男はつらいよ」より)
前田吟(劇中映画「男はつらいよ」より)
太宰久雄(劇中映画「男はつらいよ」より)
光本幸子(劇中映画「男はつらいよ」より)
淀川長治(劇中テレビ映像)
原作山田洋次
脚本山田洋次
朝間義隆
音楽山本直純
山本純ノ介
作詞星野哲郎「男はつらいよ」(ノンクレジット)
作曲山本直純「男はつらいよ」(ノンクレジット)
挿入曲渥美清「男はつらいよ」(ノンクレジット)
撮影長沼六男
製作中川滋弘
プロデューサー本木克英
深澤宏
配給松竹
美術出川三男
編集石井巌
録音松本隆司(調音)
鈴木功
照明熊谷秀夫
川辺隆之(照明助手)
その他松岡錠司(劇中映画「トイレの花子さん」(1995 松竹)監督)
ジュゼッペ・トルナトーレ(劇中映画「ニュー・シネマ・パラダイス」(1989 イタリア)監督)
大曾根辰夫(劇中映画「鞍馬天狗・天狗廻状」(1952 松竹)監督)
木下恵介(劇中映画「野菊の如き君なりき」(1955 松竹)監督)
アンリ・コルピ(劇中映画「かくも長き不在」(1960 フランス)監督)
スタンリー・ドーネン(劇中映画「雨に唄えば」(1952 アメリカ)監督)
ジーン・ケリー(劇中映画「雨に唄えば」(1952 アメリカ)監督)
ルネ・クレマン(劇中映画「禁じられた遊び」(1952 フランス)監督)
小津安二郎(劇中映画「東京物語」(1953 松竹)監督)
山田洋次(劇中映画「男はつらいよ」(1969 松竹)監督)
渥美清(献辞)
東京現像所(現像)
大映(写真提供)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
15.「陽はまた昇る」と勘違いして 鑑賞..ゆる~い リアリティーのないヒューマンドラマだった..観ていて退屈..残念...
コナンが一番さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2019-03-09 08:44:26)★《新規》★
14.《ネタバレ》 満男がまた家出をするのか。就職していたはずなのにクビにでもなったのかな。口うるさい博とケンカをしてさくらが止めるのも聞かずに旅に出る。何回見たことか、相変わらず学習しない奴らだ。でも、なぜか妹が居る。そこは深く追求しない。行き先もワンパターンの南国の四国。そこで夢ばかり追いかける甘ちゃんな割にはガサツでイモっぽい男と、今回のマドンナで蛍子ちゃん似の美人と出会う。この八重子ちゃんは幸せ薄い女だ。病気の舅の看病がやっと終わったと思った途端に旦那に死に別れ、実家に戻ったものの、早く嫁に行けと兄が口うるさく攻め立てる。やがて、一人味方だった父が亡くなる。ここで八重子ちゃんを密かに愛するガサツなイモ男の活男に運が巡ってくるか、と思いきやさにあらず。見事に振られる。しかも、唐突に登場した何の取り柄もないダサいサラリーマンに、サッと持って行かれる。そんな活男がどうなろうが知ったこっちゃないと、満男は無事実家に戻り美味しいすき焼きを突っつくのであった。めでたしめでたし。あ、何だこれは夢か。ふあー、夢だったのか。今回はやたらと長い夢だったなぁ。さてと、バスはまだ来ないかな。
パセリセージさん [DVD(邦画)] 8点(2018-08-12 10:48:50)
13.《ネタバレ》 素晴らしき哉、映画!ってな感じですね。渥美さんが亡くなられて、山田監督は映画監督はもうできないと思ったのでしょうか?自分への映画への想いをこれでもか!ってスクリーンに叩き込んでます。もしこれが『「男はつらいよ」を送る映画』ではなく、一本の独立した映画だったなら、最後に流れる映画は「カサブランカ」だったはずなんですね。「男はつらいよ番外編」みたくなってるのが、勿体ないとも思いますし、山田監督らしいとも思います。山田監督はきちんとした人で、2010年代の今は、もう自分の映画人生を「送る」映画を立て続けに撮ってらっしゃる。そこが彼らしく、2時間のなかできちんと物事をおさめる手法を自分の人生にまで当てはめていらっしゃる。でも彼の後にも山田洋次に振り回された作家がいるはずで、余韻も残しておいてほしいなぁと思う、この頃です。寂しいです。あまりきちんと完結されると・・。
トントさん [DVD(邦画)] 8点(2017-04-02 19:18:03)
12.《ネタバレ》 これは「映画とは何か?」に対する、山田洋次のひとつの答えとなる作品ですね。ストーリー的にはイマイチで、台詞回し等は渥美清を意識していると思われる部分は多々あるものの、やはり西田敏行では代役は務まらないという事を証明してしまっただけで、逆に渥美清の偉大さがわかるという結果になってしまったような。追悼作品としてはそれでよいのかもしれないけど。西田敏行では美しさや華がないので、振られるシーンなんかはただの悲劇になってしまってるし。
喜劇ってのはホント難しいものだなと思い知らされた。
ラストはこみ上げてくるものはある。
東京50km圏道路地図さん [DVD(邦画)] 7点(2014-02-09 16:08:58)(良:1票)
11.個人的に、今まで所々しか観ていなかった『男はつらいよ』のシリーズを、去年から今年にかけてWOWOWで全48作を制覇致しまして、ようやく初めてこの作品に目が向きました。渥美さんが亡くなって慌てて作った作品らしく、出演者がオールキャストでびっくりしながらも、なんだか嬉しかった。手塚治虫方式といいますか、馴染みの顔ぶれなのに違う役なのがちょっと新鮮で。でも渥美さんがいない。そしたらあんな形で。なるほど、監督、やりましたね、なーんて思いながらも映画的にはこの点数で。
movie海馬さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2013-10-06 03:34:58)
10.寅さんシリーズも終わって、釣りバカシリーズも遂に終わってしまって凄く寂しく感じる中で、初めて観るこのシリーズの第1作を観て、改めて渥美清という存在の大きさを感じずにはいられない。出演者の顔ぶれを見ると、渥美清が居ないというだけで、寅さんシリーズの常連さん、さくら(倍賞千恵子)に博(前田吟)に満男(吉岡秀隆)においちゃん(下条正巳)に、おばちゃんに(三崎千恵子)、寅さんシリーズ幻の作品となってしまった作品に出ていた筈の西田敏行だったり、寅さんシリーズでマドンナを演じたこともあり、幻の49作目のマドンナであった田中裕子やら、その他、松竹映画、山田洋次監督作品にも何度も出ている俳優がいたりと、見ていて寅さんが、居ないことの寂しさばかりが先に立ってしまう。映画好きな山田洋次監督の映画への愛情、寅さんファンに向けての、そして、何よりもこの映画が封切られる前に亡くなってしまった渥美清へのオマージュが感じられるという意味では見ていて、何だか複雑ながらも山田洋次監督って、やっぱり優しい。渥美清はもうこの世に居なくても映画の中で渥美清の姿を見せているという優しさ、それは画面を通して、出演者の顔付きからも見られるという意味でも見て良かった。出来ることなら映画館で見たかったと映画館へ行かなかったことを悔やむ。それにてもこれだけ寅さんファンを意識しているような、意識するなという方が絶対無理な顔ぶれと人情ものであるだけに渥美清が居ないことの空しさ、作品的にも大して面白味のある映画じゃない。寅さんシリーズ程に笑って泣けるわけでもないし、不満の方が多い。見終わった後、あれだけ長い間、車寅次郎という日本を代表する名人物を演じつづけてきた渥美清という俳優の偉大さを改めて思い知らされると共に、渥美清がまだ元気でいたらと思うとそれでけで何だか泣けてきて仕方ない。
青観さん [ビデオ(邦画)] 6点(2010-02-14 19:25:16)(良:1票)
9.当時、映画館で2回連続で観た作品です。
当時は入替制とかじゃなかったのかなぁ?
というか、今でも映画館によっては連続鑑賞が可能なのかな??
よく分からないが、冒頭のオノデンで働く吉岡秀隆のシーンが印象に残っています。
終り方もいいですね。
にじばぶさん [映画館(邦画)] 7点(2007-10-14 17:36:13)
8.渥美清の死去により、「男はつらいよ」シリーズが突然打ち切られ、急遽代わりに作られた映画。主演はこの年も作られるはずだった新作「寅次郎花遍路」に出演予定だった西田敏行、ヒロイン役も同作でマドンナを演じる予定だった田中裕子。そのほかのキャスティングもかなり寅さんと被る。倍賞千恵子、前田吟、吉岡秀隆の三人に至ってはこの映画でも親子役であり、製作決定から公開まで日がなかったことをうかがわせる。肝心の出来はというと、やはり急いで作られたが故にあまりよくない。が、ラストはちょっと感動した。しかしこういうのを見ると、巨匠と呼ばれながらも「男はつらいよ」という国民的映画シリーズを30年近くにわたって作り続け、それが終焉を迎えた後もこうやってお仕着せのプログラム・ピクチャーを作らされる山田監督がちょっと哀れに思えてくるのだ。
イニシャルKさん [地上波(邦画)] 5点(2005-05-11 23:34:12)(良:1票)
7.「男はつらいよ」の”その後”的なお話に感じたけど、そうなのかな?
まあ、とにかくコレを見た後「男はつらいよ」が無性に見たくなった。

カズゥー柔術さん [地上波(字幕)] 6点(2005-05-11 21:59:16)
6.山田洋次による渥美清へのオマージュ映画ということで、ちょっとコメントに困りますね。ただ、「男がつらいよ」のファンの一人としては満足のできるものでした。
koziさん 7点(2004-06-28 09:45:42)
5.こんな映画館があったら働いてみたいなあ、と思った。
静かでのどかな町で、映画をゆっくり見たい人たちのために、何かしてあげたいなあ、と思った。
まるこさん 6点(2004-03-13 20:18:25)
4.ストーリーと設定はすっごく好きなんだけどな・・・。わずか4ヶ月で、ロケハン、脚本、撮影と汗ぶるぶるかいて、駆け足で作った弊害がそこここに出ている。見てて監督が可哀相だった。「雨に歌えば」よろしく、雨の中で踊るところも、変にうまいのが、かえって仇になってる。もっと下手に踊らないと、主人公がどんなに映画を愛してるかが出ないと思う。
ひろみつさん 6点(2003-06-27 20:45:32)
3.けっこうおもしろかった。笑えたし。北の国からにでてる男の子が好きです
yuki☆さん 7点(2002-07-12 21:18:01)
2.実は、ポスト「男はつらいよ」だった筈のこの作品、でも失敗だったなぁ。「蒲田行進曲」の様にもっと舞台劇の様なテンポのある撮り方をしてたら良かったのかもしれない
奥州亭三景さん 5点(2001-09-27 20:12:20)
1.名画を上映するのが負担になるなら営利目的で上映しなければ良いじゃないかと思いました。そりゃ映画館で見るのが好い事は決まっていますが、それにこだわり過ぎていて好感が持てません。
出木松博士さん 3点(2001-01-06 01:34:57)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 15人
平均点数 6.07点
000.00%
100.00%
200.00%
316.67%
400.00%
5426.67%
6426.67%
7426.67%
8213.33%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS