リング0 バースデイのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > リ行
 > リング0 バースデイ
 > (レビュー・クチコミ)

リング0 バースデイ

[リングゼロバースデイ]
Ring 0
2000年【日】 上映時間:99分
平均点:4.09 / 10(Review 101人) (点数分布表示)
公開開始日(2000-01-22)
ホラーサスペンスシリーズものミステリー小説の映画化オカルト映画
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-11-19)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督鶴田法男
助監督片島章三
キャスト仲間由紀恵(女優)山村貞子
田辺誠一(男優)遠山博
田中好子(女優)宮地彰子
麻生久美子(女優)立原悦子
奥貫薫(女優)葉月愛子
高畑淳子(女優)有馬薫
角替和枝(女優)須藤
森下能幸(男優)大久保
大場真人(男優)山村敬
田中要次(男優)男性教師
伴大介(男優)伊熊平八郎
原作鈴木光司『レモンハート』
脚本高橋洋〔脚本・監督〕
主題歌L'Arc~en~Ciel「finale」/「hole」
撮影柴主高秀
製作アスミック・エース(製作プロダクション/「リング0~バースデイ~」製作委員会)
東宝(「リング0~バースデイ~」製作委員会)
IMAGICA(「リング0~バースデイ~」製作委員会)
プロデューサー一瀬隆重
小川真司〔プロデューサー〕
原正人(エクゼクティブ・プロデューサー)
配給東宝
特撮松本肇(ビジュアル・エフェクト)
美術山口修
原口智生(特殊造形)
録音藤丸和徳(録音助手)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
101.《ネタバレ》 なんつーか、日本版『キャリー』てな感じ。ただ、展開運びにはかなり無理繰りな感があるのと、前半が矢鱈と内容が薄くて退屈なのと、ショック描写がこれも非常に地味なのがとにかく大きな減点要素。仲間由紀恵はビジュアル的にはこれ以上無い程に適役だが、意図的な演出とは言えいくら何でも「貞子」感(霊的な感じつーか)が無さすぎて、個人的にはイマイチ。
Yuki2Invyさん [DVD(邦画)] 4点(2020-04-10 00:25:03)★《更新》★
100.初めて見たときはよかったかも。
なんか納得しっちゃったし。

でも2回目はダメだな。

主人公はきれいだから、仲間由紀恵ちゃん。まぁいいかな。
新しい生物さん [地上波(邦画)] 6点(2016-08-10 02:46:44)
99.《ネタバレ》 話の性質上それほど派手な場面はないが、イヤな場所感は要所でほどよく出ており、また小物や役者で前作との連続性も感じられる。ストーリーは原作とかなり違っているが、これはこれで悲恋物語になっており、劇団にまつわる性的に不道徳な雰囲気も出ている。また個別の場面としては、楽屋の鏡が割れた時の腹に響くような大音響が印象的だった。
そのほかこの映画最大の独自性は、当初は貞子が邪悪な存在とばかり思っていたのが途中から反転し、後半は貞子の方に共感する作りになっていることで、その決定的なポイントは車椅子の老人が立ち上がったところだろう。一人をわざわざ二人に分けたのも、片方をちゃんと人間として扱ってやるためだったと思われる。後に松嶋菜々子が共感したのは仲間由紀恵の心情であり、また真田広之を殺したのはもう片方だったと考えればいいのではないか(理屈が通らないところもあるが)。 

ところで序盤で死んだ女優のほかに、年長の先輩女優もかつては団長のお手付きだったらしく、これが貞子討伐に率先参加していたのは見苦しい。しかしそれより劇中最悪の人物は何といっても新聞社の女であり、婚約者だったという下司な記者が自業自得で死んだからといって逆恨みしたこの女が愚かな情熱を燃やしたことで手が付けられなくなってしまい、それが後世の悲劇の拡大につながったということらしい。
こういう結果を引き起こした馬鹿には自決などさせず、どうせなら最高度に無残な殺し方をしてもらいたかった(顔に穴が開いて下顎の歯列が見えるなど)が、せめてもの救いは同行した劇団員が一人残らず全員ぶち殺されたことであり、ここはちゃんと正義が貫かれたストーリーになっている。音響係(音効)の男だけは巻き添えだろうが、本人もこれで満足だろう。 

そのようなことで、とにかく貞子が哀れで悲しく切ない映画だった。ちなみに仲間由紀恵は特に好きな女優ということはないので、この人のせいで劇中の貞子に肩入れしているわけではない。
くるきまきさん [DVD(邦画)] 6点(2015-01-03 21:29:10)
98.《ネタバレ》 リング以降のシリーズの中では一番よく出来てると思った ホラーとしてはさほど怖くはないが不気味さは十分ある なによりもそれほど怖さを追求してはいない作りである 仲間由紀恵の貞子は微妙 芝居ははっきり言って大根である 仲間はこれ以降この大根な感じが受けているのかもしれないと思った 昭和43年の話だが時代がちょっと古い感じがよく出ていて、他のリングに比べて作り手がちゃんとちょい古な昭和という時代を作り込もうとしてるのがわかって好印象だった 貞子は二人いて仲間はヒーラーとしての力を持っているようなので井戸の中に落ちた時に死ななかったのか 貞子がいろんな人に憎まれるが貞子狩りに合うほど嫌われる不気味さが薄い 冒頭に出て来る女子高生の存在が不必要 終盤二人目の貞子に追い込まれる人達の恐怖演出が今ひとつ 二人目の貞子の正体がほとんど判らないのはかなり不満だ 廃屋に逃げ込む過程で麻生久美子が不快な程ぎゃーぎゃー言う感じとか、ようやく貞子が現れるタメた感じはなかなかうまいと思った エンディングは仲間のとぼけた芝居で今ひとつ貞子の怨念が伝わらなかった しかしシリーズの他作品よりも十分面白くておすすめできる
にょろぞうさん [DVD(邦画)] 7点(2013-12-27 18:21:33)
97.《ネタバレ》 仲間さんなら呪いのビデオ観ても良いかなって気になります、ちゃんと観ていなかったせいかもしれませんが、スーちゃんが執着する理由が全くもって不可解だったんだけど、恋人の復讐だったんですね、あとから調べて分かりました。貞子そのものよりも人の暗部が怖い感じですかね。
ないとれいんさん [地上波(邦画)] 5点(2013-08-26 07:45:12)
96.《ネタバレ》 メッチャクチャ。最初のほうだけはワクワクさせるものがありましたが、ストーリーはグダグダもいいところです。仲間由紀恵もまだ下手ですねえ。
コウモリさん [CS・衛星(邦画)] 2点(2011-10-04 00:41:02)
95.《ネタバレ》  中盤までなかなか面白かったんですが、後半話が破綻しています。強引に人を殺しすぎでした。
海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2011-06-18 16:24:39)
94.《ネタバレ》 仲間由紀恵さんが貞子とはミスキャスト。(当時はわかんなかったでしょうけど)ホラー要素がまた、激減。
たこちゅうさん [地上波(邦画)] 5点(2011-05-05 00:18:51)
93.《ネタバレ》 それほどまでに酷いストーリーではなかったけど、何の変哲もない普通のストーリーでした。キャスティングは豪華なのかな?ただ、ずっと目を離さず見てたのに話が途切れ途切れのように感じるのはなぜだろう?まぁ、そんなこともあんまり気にならないけどね。
いっちぃさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2009-12-14 00:57:31)
92.《ネタバレ》 「2」に比べればよっぽどマシでした。なるほど「予言」の監督さんですね。「予言」は悪くなかったです。
たぶん…監督さんは…仲間由紀恵を使わなければいけないことにさんざん苦しんだでしょうねえ。彼女もがんばっていたし、撮るほうも工夫をしていましたけど、しょせん「仲間由紀恵」ですから。
こういうホラーの主役に「仲間由紀恵」。よりによって、明るい日本元気な日本の旗印となっている彼女です。どういう配役じゃ。
どっちかといったら、麻生久美子でしょう。暗さは充分だし、全国的にはまだメジャーとはいえないし。ただし、受け口で顔が細いため長髪が似合わないという致命的な欠点が。
全体的には悪くなかったです。努力のあとがうかがえます。
しかし、貞子=仲間由紀恵。やっぱり無理です。
あとなあ、スーちゃんが拳銃を握って走っているほどミスマッチな画もないですよね。
スーちゃんのような純日本人体型の女性にはこの役はムリ…。スーちゃんにダークカラーのパンツスーツはダメです。スーちゃんが紋切り口調で話すのもダメ。なぜここにスーちゃんをもってきたのでせう。
ラストの一工夫も良かったと思います。努力賞、でもキャスティングがダメで賞。
パブロン中毒さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2009-09-24 13:47:19)
91.《ネタバレ》 ホラー映画とか見る習慣無いんで仲間さん目当てで。

あれだけの大美人でも若い頃の方が魅力的なんですね。
あと麻生久美子さんが結構地味な感じで、でてたのも意外で嬉しかったです。
5点は全てこの二人に

ただ、内容は?
まず貞子に感情移入して観たんで、全然怖くなかった。劇団員とか女新聞記者とか殺されても、自業自得。ざまあみろって感じでした。
怖いのは、むしろ復讐かなんかわからないけど超心理学的なことを何の疑いもなく信じて、狂信的に行動する女新聞記者と集団心理でリンチ殺人する劇団員達の方がよほど。
貞子は絶対実在しないけど、この女新聞記者みたいな人間は、存在する可能性があるんでほんと怖いですね。(むしろそういう人間の恐ろしさを描きたかったか?)

ところで、劇団の稽古中や芝居の公演中に不審な死亡事故が発生したら、絶対警察が動くと思うんだけど、そういうことをこういう映画でつっこむのは野暮なんでしょうか?
rhforeverさん [地上波(邦画)] 5点(2009-07-30 13:00:23)
90.小説のリング三部作は読んでいるが、本作の原作は未読のまま鑑賞。小説リングじゃ、井戸にはおとっつあんに落とされたんじゃなかったよなあ…まあ、原作はいずれ読むとして。
この映画は貞子の青春秘話と井戸に落とされた経緯、ということでシリーズの種明かし的位置づけになるようなんだが、ふーむ。貞子が2つに分かれたってのがよく解らないし(何で分かれたの?時々2つに分かれるの?それともずっと分かれているの?説明がない!)、かわいい方の貞子も劇団員にリンチで殺された後生き返りーの、おとっつあんに頭をかち割られた後井戸の中で生き返りーの、ジェイソン的不死身状態になっているのはどういうこと??種明かしになっとらん。仲間由紀恵はかわいいけど大根だしさ。
あっかっかさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2009-02-19 13:05:14)
89.リングシリーズはもう限界です。1作目だけにしとけばよかったって感じです。でも、リングファンは映画館へ行ってしまうのでした。
ぽじっこさん [映画館(邦画)] 3点(2006-08-04 10:49:28)
88.駄作のリング2ではなく、リング1寄りの作品だったので、取り敢えず良かったが..作品としては、平凡..
コナンが一番さん [ビデオ(邦画)] 4点(2006-04-04 12:34:00)
87.貞子の生い立ちか~・・・。感想は、わかるようで、わかんなかったです。日本のホラーはこの類が多いですけどね。まぁ普通でした。
はりねずみさん [地上波(字幕)] 5点(2006-01-15 16:22:23)
86.貞子が瞬間移動で追ってきて"先回り"のシーンで、会場中「ひゃ~!」という悲鳴が響き渡った。それだけでも観た甲斐があった。
Monochrome Setさん [映画館(吹替)] 6点(2005-11-27 02:59:03)
85.今更、貞子改善ピーアールをされてもねえ。今となれば”つまらない”という事で仲間由紀恵に貞子のイメージが付かなくて良かった、ただそれだけ。
まさサイトーさん [ビデオ(字幕)] 1点(2005-11-21 01:03:52)
84.《ネタバレ》 なかなか良いと思うのですよ。この映画。なんかホラーというよりも水戸黄門的勧善懲悪モノに思えなくもないですが、必殺貞子ダンスはたくさん見れたし。海外版のろくに踊らずに瞬間移動するサマラよりも満足です。
Mum,theSanChrysさん [ビデオ(字幕)] 6点(2005-11-18 21:37:34)
83.へぇ~、貞子の正体は仲間由紀恵だったのか。でもこれって単なる後付けの種明かし映画であり、驚きも何もない。そもそも種明かしの必要なんてあるのか?
とかげ12号さん [地上波(吹替)] 1点(2005-11-03 15:33:33)
82.今だから言いますが「仲間由紀恵目当て」で映画館に行ったよね(爆)。結構、先見の明でしょ? ホラー嫌いの僕が、「仲間由紀恵を観るために」映画館まで行ったのさ。今はさあ、なんか大女優みたいになっちゃってさ。声が好きなんですよねえ~、仲間さんの。癒されます。なんかみなさんの点数低いんで、今になって観返すと、おもしろくないのかもしれない…。あの頃、映画館で観たときはそんなふうには思わなかったんですけど…
ようすけさん [映画館(字幕)] 5点(2005-10-26 00:26:17)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 101人
平均点数 4.09点
032.97%
11413.86%
298.91%
31817.82%
41110.89%
52019.80%
61110.89%
787.92%
832.97%
932.97%
1010.99%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.25点 Review4人
2 ストーリー評価 4.28点 Review7人
3 鑑賞後の後味 3.42点 Review7人
4 音楽評価 5.25点 Review4人
5 感泣評価 5.40点 Review5人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS