スキヤキ・ウエスタン ジャンゴのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ
 > (レビュー・クチコミ)

スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ

[スキヤキウエスタンジャンゴ]
SUKIYAKI WESTERN DJANGO
2007年【日】 上映時間:121分
平均点:4.91 / 10(Review 47人) (点数分布表示)
公開開始日(2007-09-15)
アクションウエスタン
新規登録(2007-09-10)【+】さん
タイトル情報更新(2017-09-01)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督三池崇史
キャスト伊藤英明(男優)ガンマン
佐藤浩市(男優)平清盛
伊勢谷友介(男優)源義経
安藤政信(男優)与一
堺雅人(男優)平重盛
小栗旬(男優)アキラ
田中要次(男優)平宗盛
石橋貴明(男優)弁慶
木村佳乃(女優)
溝口琢矢(男優)
米山善吉(男優)
山口祥行(男優)
やべきょうすけ(男優)
香取慎吾(男優)リッチ
クエンティン・タランティーノ(男優)ピリンゴ
石橋蓮司(男優)村長
塩見三省(男優)伝七
松重豊(男優)トシオ
香川照之(男優)保安官
桃井かおり(女優)ルリ子
宇野祥平(男優)
伊藤英明ガンマン(日本語吹き替え版)
佐藤浩市平清盛(日本語吹き替え版)
伊勢谷友介源義経(日本語吹き替え版)
安藤政信与一(日本語吹き替え版)
堺雅人平重盛(日本語吹き替え版)
小栗旬アキラ(日本語吹き替え版)
田中要次平宗盛(日本語吹き替え版)
石橋貴明弁慶(日本語吹き替え版)
木村佳乃静(日本語吹き替え版)
溝口琢矢(日本語吹き替え版)
山口祥行(日本語吹き替え版)
米山善吉(日本語吹き替え版)
やべきょうすけ(日本語吹き替え版)
香取慎吾リッチ(日本語吹き替え版)
三池崇史ビリンゴ(日本語吹き替え版)
石橋蓮司村長(日本語吹き替え版)
塩見三省伝七(日本語吹き替え版)
松重豊トシオ(日本語吹き替え版)
香川照之保安官(日本語吹き替え版)
桃井かおりルリ子(日本語吹き替え版)
脚本三池崇史
NAKA雅MURA
音楽遠藤浩二
主題歌北島三郎「ジャンゴ~さすらい~」
撮影栗田豊通(撮影監督)
製作島本雄二
小学館(「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」製作委員会)
テレビ朝日(「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」製作委員会)
ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント(「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」製作委員会)
ジェネオンエンタテインメント(「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」製作委員会)
電通(「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」製作委員会)
企画中沢敏明
プロデューサー遠谷信幸(エグゼクティブプロデューサー)
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
特撮坂美佐子(CGIプロデューサー)
OLM(CGI)
美術佐々木尚
衣装北村道子
編集島村泰司
録音柴崎憲治(音響効果)
照明鈴木秀幸〔照明〕
あらすじ
とある宿場町に、埋蔵金の噂を聞きつけた男たちが集まってくる。住民は駆逐され、男たちは血で血を洗う抗争を繰り広げる。それは、数百年の時を経て再開された「源平の戦い」であった。そして、やがて現れる1人のガンマン。それをきっかけに、源平の戦いはクライマックスを迎える。果たして勝者はいずれに? 三池崇史監督が贈る、全編英語による異色時代劇。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
47.《ネタバレ》 凡作。下品で、面白くない。
にけさん [映画館(邦画)] 5点(2019-01-13 23:15:00)
46.かなり興味津々で始まったのです。
これほど贅沢な布陣にもかかわらずB級臭いやC級臭が漂うという稀に見る個性的な雰囲気・・・注目せずにはいられませんでした。
それなのに、どこかテンポが悪く乗り切れない。一言でいうとツマラナイ。
結局は著名監督のお遊びなのか、悪ふさげなのか、色物企画で終わってしまった感じです。
いや、悪ふざけというほど弾けてすらいません。
スキヤキというよりは弱火のゴタ煮。
どうせなら最後はカメハメ波使うとか、いきなり背中からバズーカ出すくらいの思い切りが欲しかったです。
牛若丸さん [DVD(字幕)] 2点(2014-08-11 07:16:44)
45.《ネタバレ》 マカロニ・ウェスタンの日本版という発想は面白いのだが、色々詰め込みすぎて、西部劇で重要な要素の爽快感が薄れてしまっている。いくつかの有名な西部劇のカメラワークやアイデアなどを取り入れて遊ぶという手法は嫌いじゃないが、源平の合戦をダブらせる脚本は余りにもつまらないし、それ故、笑いを取ろうとしている部分が、浮いてしまってて楽しめない。そもそも、桃井かおりを伝説の女ガンマンにすべきだったのだろうか。単純に伊藤英明ひとりだけを、マカロニ・ウェスタンのクリント・イーストウッドやジュリアーノ・ジェンマのように徹底的なヒーローとして描いた方が面白くなったと思う。それと、本人による吹き替え版は余りにお粗末。聞くに堪えないので、字幕版で鑑賞したが、日本の俳優って何であんなに吹き替えがヘタなんだろうか。
へろへろさん [DVD(字幕)] 3点(2014-04-12 16:34:41)
44.《ネタバレ》 そうか、「マカロニ」じゃなくて「スキヤキ」なんですね。観るまで分かっていなかったです。それにしても、変な映画を作ったものです。褒め言葉です。
出演者本人が日本語を当てている吹替え版を鑑賞。声の芝居がプラスアルファの演出要素になっていて面白かったです。上手い人も、そうでない人もいるんですけどね。個人的には木村佳乃さんに見どころが多かったです。北島御大もナイスキャスティングでした。
この種の亜流ウエスタンを見ると、ジュリアーノ・ジェンマではなくて「キイハンター」を思い出します。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(吹替)] 5点(2014-03-11 01:34:59)
43.日本人がカタナと拳銃の世界で、西部劇でバチバチとアクションしちゃおうというコンセプトの映画。想像より、アクションシーンは良かった。ストーリーは当然無いも同然だけど、悪くは無かった。でも、何も印象に残らなかったかな。
ぬーとんさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-01-03 04:11:06)
42.人を選ぶ作品。以下、一人の三池ファンとしての感想。
三池監督の最高傑作だと思う。

豪華な俳優人たちが、妖艶な演技をこれでもか!と見せつけてくるし、人は容赦なく死んでゆくし、血は飛ぶ。

この胸をえぐられるような生々しさ。ここが好みが分かれるところだと思うが、生々しさも必要だと思う。世の中キレイ事だけではない。

胸をえぐられる覚悟がある方は是非。
Sugarbetterさん [映画館(邦画)] 10点(2011-01-21 20:06:38)(良:1票)
41.日本版マカロニウエスタン→スキヤキ・ウエスタンっていう発想はよかった。
平家物語の序文とマカロニウエスタンの物悲しげな雰囲気を重ね合わせている部分には非凡なものを感じたし細かい演出やアクションも結構楽しめた。
しかしそれに比べて話の筋がイマイチ!
テンポも悪い気がする。
視覚的には刺激的なんやけど、話の筋に刺激が無さすぎ。
この二つが両立できてたら発想自体はいいんだからかなりの良作が生まれたろうに。
残念。
ウリである全セリフ(厳密には違うけど)英語っていうのは別にどっちでもいいかなという印象。
あと、もうこういった作品にタランティーノをいちいち絡めんとって欲しい。
ファンは嬉しいのかもしれないけど毎度、毎度やるとダレる。
もう彼のネタでは笑えない。
CBパークビューさん [DVD(邦画)] 5点(2009-07-25 10:28:48)
40.日本映画の一番嫌いな面を見せられた感じ。
下品で低劣で救いようがない。
タックスマン4さん [CS・衛星(邦画)] 3点(2009-04-14 16:07:48)
39.B級映画の匂いを漂わせながらも、キャストやらセットやらでなんとも金がかかってそうな印象。日本で作ったら絶対失敗するようなジャンルをあえて作ってるとこに好感がもてます。三池監督なので銃撃戦も迫力があって、異色アクション映画としてみればそれなりにおもしろいです。
しっぽりさん [DVD(邦画)] 6点(2009-02-01 05:52:46)
38.北斗の拳のような世界観
フッと猿死体さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2009-01-14 12:33:31)
37.《ネタバレ》 セットや衣装などビジュアル的には、監督の目指していた世界観は伝わってきました。しかしながら、英語が分からない人から見ても分かる英語力の低さ、英語をしゃべる事に一生懸命な役者達を見ても楽しめません。よって伊勢谷の存在感が際立ってしまうのは必然でしょう。豪華キャストもいいけど皆に見せ場を作ろうとするから、話が希薄になるばかり。それぞれ俳優の見せ場と見せ場を無理矢理繋げたようなストーリー、後半はちょっとお腹いっぱいでした。
ポテサラ頂戴さん [CS・衛星(吹替)] 5点(2008-12-12 16:56:28)
36.《ネタバレ》 主演である伊藤さんに魅力を全く感じないのがマズい。伊勢谷さんも佐藤さんも映画の世界観に良くも悪くもハマってるのに、彼だけ浮いてる。ついでに木村さんも浮いてる。踊るなよ、いきなり。エロいのか汚いのかはっきりしてくれ。松重さんと桃井さんのラブストーリーだけは好きなので、それにこの点数。
がんなさん [DVD(邦画)] 3点(2008-11-11 21:22:53)
35.観る人、選びますね~!でも、これはこれで面白いんじゃないかな?二度と同じ手は使えないだろうけどね。
全体として、「喜劇」として作られた「喜劇」よりもよっぽど笑える。その実、とんでもない悲劇ではあるけれど…。
ま、おふざけワルノリ作品と割り切れば、昨今の数多送り出されている型にはまった邦画に比べりゃ出色の出来栄えと言っていいかも。
強いて言わせてもらうなら、もっともっと、これでもかって言うぐらいワルノリして欲しかったな。
ぽこたさん [DVD(字幕)] 7点(2008-10-15 00:50:42)
34.予告を通じての奇抜な雰囲気とはうってかわって内容は意外とありふれたドラマでした。映像のテンションの高さもそんなにふっきれてないので、そのへんを期待すると肩透かしかも。まー、基本は二つの対立組織に一人の男が登場で全て倒すって例のやつです。新鮮味はまったくなし。それを変なギャグをちょこちょこ入れつつ、ダラダラ長くした感じです。ガンファイトもそない全編にわたってに多くはありません。要所要所。みんなで今度はウェウスタン祭りしよーや、脚本は面倒やからよくある用心棒でえーやん、後はみんなガンマンごっこ楽しんでな~って雰囲気がアリアリ。真面目な映画ファンにもおバカ大好き映画ファンにもたたかれるのは納得な中途半端さ。ただ、俺は普通に楽しめました。日本風味のアレンジがなんかかっちょよく、桃井かおりもかっちょいーし、不人気な木村佳乃も俺には十分色っぽっかったし、その他の役者もみなさん、楽しんでる雰囲気があっていーんじゃないでしょうか。ただタランティーノだけはいらんかった。顔がくどい。ちなみに俺は吹き替えで観ました。日本人が英語しゃべってるのをあまり聞きたくなかったので。だから口と台詞があってなくて、変なかんじでしたけど。しかしいつも思うが、ほんと三池さんて期待したイメージを外すよね。てゆーか「極道恐怖大劇場 牛頭」を撮った人に変な期待は禁物。
なにわ君さん [DVD(吹替)] 7点(2008-08-25 00:44:52)
33.三池崇史の作品に、今さらストーリーの面白さとか整合性なんぞハナっから期待しておりませんので、個人的にはそのデタラメな世界観が楽しめたらそれでOK。で、どこか遠慮気味に思えた『妖怪大戦争』よりは遥かに弾けまくってやりたい放題やれているように思えたので一応満足です(でも5点)。
とかげ12号さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2008-08-06 22:40:48)
32.《ネタバレ》 木村佳乃はいろんなところでよく見かけるが、この人の魅力がわからない。この映画でも、まあ汚れ役なんだが、それは衣装や顔が汚れてるだけで、生身はがっちりガード。これっぽっちの色気も感じられない。主役の伊藤英明も印象に残らんし、伊勢谷は口臭が気になってしょうがない。安藤政信は伸び悩みだし、香川照之は一人で楽しんでた。佐藤浩市もうれしそうだったが。桃井かおりは、おだてられてがんばってやったんだろうな。きっと飲み屋で自慢したんだろね、タランティーノとからむのよ、って。字幕を読むのがしんどかったけど、なんとかかんとか最後まで観られたんで5点です。
SAS30さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2008-07-14 13:07:07)
31.何も考えなければ単純に面白いんだろうが、やっぱり桃井かおりはなぜ最後まで戦わなかったんだろうかとか、木村佳乃は突然踊り出すのかとか、つじつまが合わなすぎるのが残念。いや、踊ってもいいんだけどちょっと下手すぎ。正直見てる方がつらい。桃井かおりはミスキャストでしょ。伝説のわりに見た目が最初から若すぎる。最初はおばあさんらしくしないと。でも、個人的には面白かったので。
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2008-06-29 22:17:50)
30.バカバカしそうで、敬遠していたが、思い立って観ることに..最初っから、「用心棒」がベースか..とがっかり..それでも我慢して観たが..笑えない..「キル・ビル」系のゴミ映画でした..「キル・ビル」より面白かったけどね...
コナンが一番さん [DVD(吹替)] 3点(2008-05-26 13:03:31)
29.《ネタバレ》 三池という監督はある一定のキャラに入れ込んで誰が主役か分からなくなる場合がある、「殺し屋1」と同じである。主役は伊藤英明という事もあり全く魅力を感じない、3番手か4番手の印象である。目立っていたのは、窪塚に似た役者。ストーリーにおいては桃井かおりの役どころが問題、期待の裏切りは必要だがそれによって”やるせなさ”ばかりが残る。要は息子夫婦が惨殺されていくのを唯見ていただけなのである、助ける力は十分にあったにも関わらず。あのセットは「座頭市」を思い出すが、娯楽アクションとしては足元にも及ばない。英語を使うのはいいが、アメリカ人から見たらハリウッドで良く見るエセ日本人みたいに感じるんだろうな。
まさサイトーさん [DVD(字幕)] 3点(2008-05-18 17:06:26)
28.《ネタバレ》 単純に桃井がもっと早くやっちゃってれば、こんな大ごとになってなかったんじゃないの?子供殺されて嫁さん拉致られてんだから。おバカ映画って似たような作品なのに、楽しめるのと許せないのがありますね。何でだろ?これ許せないつまらなさだわ。金かけてる割につまらない日本映画が増えてきて不安です。石橋ウザい。
パンダ侍さん [DVD(字幕)] 3点(2008-05-10 22:42:43)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 47人
平均点数 4.91点
000.00%
112.13%
212.13%
31021.28%
436.38%
52042.55%
636.38%
7612.77%
824.26%
900.00%
1012.13%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.66点 Review6人
2 ストーリー評価 3.77点 Review9人
3 鑑賞後の後味 4.36点 Review11人
4 音楽評価 5.66点 Review9人
5 感泣評価 1.66点 Review6人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS