Menu
 >
 >
 > ALWAYS 続・三丁目の夕日

ALWAYS 続・三丁目の夕日

Always - Sunset on Third Street2
2007年【日】 上映時間:146分
平均点: / 10(Review 124人) (点数分布表示)
ドラマコメディシリーズものファミリー漫画の映画化
[オールウェイズゾクサンチョウメノユウヒ]
新規登録(2007-09-10)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2017-05-11)【イニシャルK】さん
公開開始日(2007-11-03
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督山崎貴
助監督川村直紀
キャスト吉岡秀隆(男優)茶川竜之介
小雪(女優)石崎ヒロミ
須賀健太(男優)古行淳之介
堤真一(男優)鈴木則文
薬師丸ひろ子(女優)鈴木トモエ
小清水一揮(男優)鈴木一平
堀北真希(女優)星野六子
小池彩夢(女優)鈴木美加
もたいまさこ(女優)大田キン
飯田基祐(男優)中島巡査
三浦友和(男優)宅間史郎(特別出演)
東貴博(男優)新聞記者
羽鳥慎一(男優)新聞記者
マギー(1972年生まれ)(男優)精肉店・丸山
温水洋一(男優)自転車屋・吉田
吹石一恵(女優)山村先生
ピエール瀧(男優)アイスキャンデー売り
神戸浩(男優)郵便配達
小日向文世(男優)川渕康成
小木茂光(男優)秘書・佐竹幸弘
貫地谷しほり(女優)踊り子・メリー
浅野和之(男優)松下忠信
浅利陽介(男優)中山武雄
平田満(男優)鈴木大作
渡辺いっけい(男優)大橋
上川隆也(男優)山本信夫
手塚理美(女優)踊り子・梅子
北山雅康(男優)
福士誠治(男優)牛島
原作西岸良平『三丁目の夕日』(小学館ビッグコミックオリジナル連載)
脚本山崎貴
古沢良太
音楽佐藤直紀
作詞藤原基央「花の名」
作曲藤原基央「花の名」
伊福部昭「ゴジラ・タイトル」
編曲BUMP OF CHICKEN「花の名」
主題歌BUMP OF CHICKEN「花の名」
撮影柴崎幸三
製作亀井修
島谷能成
島本雄二
西垣慎一郎
島村達雄
日本テレビ(「ALWAYS 続・三丁目の夕日」製作委員会)
ROBOT(「ALWAYS 続・三丁目の夕日」製作委員会)
小学館(「ALWAYS 続・三丁目の夕日」製作委員会)
東宝(「ALWAYS 続・三丁目の夕日」製作委員会)
電通(「ALWAYS 続・三丁目の夕日」製作委員会)
白組(「ALWAYS 続・三丁目の夕日」製作委員会)
IMAGICA(「ALWAYS 続・三丁目の夕日」製作委員会)
読売テレビ(「ALWAYS 続・三丁目の夕日」製作委員会)
市川南〔製作〕(「ALWAYS 続・三丁目の夕日」製作委員会)
山内章弘(「ALWAYS 続・三丁目の夕日」製作委員会)
企画ROBOT
プロデューサー阿部秀司〔製作〕(エグゼクティブプロデューサー)
奥田誠治(エグゼクティブプロデューサー)
久保雅一(共同プロデューサー)
制作ROBOT(制作プロダクション)
配給東宝
特殊メイク藤原カクセイ
特撮山崎貴(VFX)
渋谷紀世子(VFXディレクター)
白組(VFXプロダクション)
美術上條安里
龍田哲児(装飾)
大坂和美(装飾応援)
編集宮島竜治
録音鶴巻仁
柴崎憲治(音響効果)
照明水野研一
その他日活(劇中ポスター協力)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
124.前作同様大好きです。
小学生の恥じらいがいいですね〜。
へまちさん [DVD(字幕)] 8点(2017-12-06 22:15:37)
123.《ネタバレ》  とても良いです。大好きです。今作は『茶川、ヒロミ、淳之介』がメインのようです。ただその3人に、周りの人々が絶妙な匙加減でからんでくるので、ヒューマンドラマとして実に味わい深いです。それに、3人がお互いを思いやる気持ちが切ないくらいに伝わってくるのがたまらないですね。そんな中、一番心にぐっときたのは、茶川が本音を吐露するシーン。『でも俺は男としてお前達を・・・』って、ついに言っちゃうんですよね。最後まで言い切らないところがまた泣ける。
 3人のエピソードがメインなのは間違いないと思いますが、その次にこの作品の核となっているのは、やはり鈴木ファミリー。今作では鈴木家に親戚の女の子が参加。早くに母親を亡くし、父親は事業に失敗。そのため預けられることになったのですが、この娘と鈴木家の関係が凄く良い。どちらかというと鈴木家はコメディパート、茶川家はシリアスパートといった感じ。ですが、親戚の女の子と鈴木ママの触れ合いだけは、なんだか心に染み入るものがあります。また、この娘と一平君の、小学生ならではの恋模様からも目が話せません。
 そして前作でお医者さんのエピソードがあったように、今作でも戦争の影が描かれています。
 鈴木ママの実らなかった恋。戦争で音信不通になっていた恋人は、かの有名な『シベリア抑留』で戦後シベリアで強制労働させられていた。生きて再会できたのはまさに偶然。でも時は流れ、二人はそれぞれの家庭を築き、それぞれ別の道を歩いていた。こーゆーことが当時は当たり前のようにあったんでしょーねー。
 戦友たちとの同窓会に参加するのを臆する鈴木パパ。その理由は仲間の戦死を知ることが怖かったから。今の時代からは到底考えられないですね。映画の雰囲気を壊さない程度に、でもしっかりとした反戦メッセージ。
 このシリーズは、とにかくたくさんのエピソードをつなぎ合わせている作品。悪く言えば、『NHK朝の連ドラ9話分』という意地悪な見方もできるでしょうが、これで良いんです。ちょっと笑えて、少し考えさせられて、しっかり感動できる素晴らしい映画ですから。
 
たきたてさん [ブルーレイ(邦画)] 8点(2017-07-05 03:03:57)(良:1票)
122.2012.05/26 鑑賞。私の時代、懐かしいの一言。
ご自由さんさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2017-02-05 20:45:50)
121.ちょっと哀しいような嬉しいような泣ける場面が散りばめられている。
後から考えると、上手く泣かされているのだが、それも映画としてはありだと思う。細かいことを考えずに雰囲気に浸ってしまいたいという作品。
simpleさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2014-11-09 18:14:52)
120.べつにリアルでもないし深くもないけど、なんかおもしろい。夕日に染まった東京下町の異空間。まるまる作られたものだけど嫌味じゃない。自分が子供時代を生きてきたころを思い出そうとすると、なぜかこういうふうになってしまう、という気もする。だからなんか良い評価をしたくなる、そういう作品。
さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2014-09-12 20:50:06)
119.前作の方が印象的かな。でもそれぞれのエピソードは良かった。
nojiさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2013-09-30 14:35:25)
118.私も前作よりダウンでした。本当の意味での続編でした。もともとが漫画の読み切りエピソードのつなぎ合わせではあるけれど、相変わらずうまく足してある。が、1とあまり変わり映えしない印象であった。
movie海馬さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2013-06-17 15:31:54)
117.《ネタバレ》 お母さんの思いやりに泣いた
osamuraiさん [DVD(邦画)] 7点(2013-05-12 22:12:12)
116.《ネタバレ》 前作に比べパワーダウン。茶川のエピソードが好評だったのでそれを中心にしたのでしょうが、おかげでバランスが悪くなりました。全体的に何となくしめっぽく、笑いの要素が少ない。肝心のクライマックスもかなり強引に感じました。また、シリアスな話と“茶川竜之介”、“古行淳之介”というふざけた名前がアンバランス。そんな中で、もたいまさこのみ安定感があります。
アングロファイルさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2012-11-27 20:36:56)
115.《ネタバレ》 前回と話は違うけどスタンスほぼ同じ。
観客のニーズを完璧につかんで「観たがってるモノを見せきっている」映画。
詐欺のエピソードがちょっとうまかったなくらい。
それでも比較的天邪鬼な私をちょっぴり感動させ(製作者の想定の範囲内だろうけど)たんだからたいしたもんです(なんかえらそうな文章になってしまった・・・)
そっと・・・チタラダさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2012-11-15 19:32:36)(良:1票)
114.《ネタバレ》 シリーズ第2作。先に3作目を見てしまったので、2作目も取りあえずという感じで見たのだが、なんというか1作目の後始末という感じで流れは1作目とそんなに変わらないように思い、先に見た3作目のほうが面白かったと思う。そもそもが大ヒット作の2作目なのでどうやっても1作目の後日談的内容になってしまうのは致し方ないところか。今回は社長が戦友と再会するエピソードや、社長の奥さんが昔の恋人とバッタリ再会するシーンとか原作で読んだことがあるエピソードがいくつか盛り込まれているのに気づけたのが嬉しかったが、やはり原作のほうが良かったかな。主題歌はけっこう好きだったりするけど。それにしても冒頭のゴジラが三丁目を襲うシーンはかなりよく出来ていて、既に何人かの方が書かれているとおり、このクオリティーで新作のゴジラ映画が見てみたい。はっきり言って本作はこのシーンさえ見ればあとの本編はおまけみたいなもの。またいつかゴジラ映画が復活する際には東宝は是非に山崎貴監督に依頼するべきだろう。
イニシャルKさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2012-11-08 14:45:02)
113.このシリーズ観てると 苦手だった小雪が苦手じゃなくなる 
嫌いだった堤真一が嫌いじゃなくなっていたりする 
好きじゃなかった堀北真希のことが少し好きになっていたりする 
どうでもよかった温水さんは やはりどうでもよいまんまで終わっていたりする 
逆に
薬師丸ひろ子っていいなって今まで以上に思ってしまっていたりもする 
産後の8mmモノクロムービーがほがらかだった。あのシーン良かった 上手く撮れていた。
3737さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2012-06-22 21:00:47)(笑:1票)
112.前作程ではないが、なかなか面白かった
N.Y.L.Lさん [地上波(邦画)] 7点(2012-02-10 16:42:03)
111.《ネタバレ》 前作に引き続き、相変わらずベタで良い。
2作目で多少、捻ることも覚悟したが、もうベッタベタの良さが潔くて良い。
昭和という時代の話なのだから、妙な捻りはいらないよね。
女の子可愛かったのに、その後見掛けないな。
子役として売れるよりは、一時期休養挟んで大人になってから、女優に戻った方が良いとか、よく聞く気がするが、そのパターンなんかな?
演者も前作に引き続き良い。唯一、須賀健太が成長しすぎて10歳に見えない点だけ、アレだが入れ替えはできないし、仕方ない。
近い将来、「昭和の日本」という資料として小学校の社会の教材として使える。
っていうか、授業でもう使っている先生とかいるんだろうな。
バニーボーイさん [地上波(邦画)] 8点(2012-02-05 09:57:28)
110.《ネタバレ》 『おかあさん』で、決壊。おセンチなんでしょうか?いわゆる『泣ける』って指標の映画には懐疑的なんですが、ノスタルジーもの、家族愛ものは例外なのかもしれません。
ろにまささん [映画館(邦画)] 8点(2012-02-01 01:48:26)(良:1票)
109.こういうベタな作品がいい。
たこちゅうさん [地上波(邦画)] 8点(2012-01-29 12:14:59)
108.《ネタバレ》 あーあ、前作に続きまた泣かされちまったなぁ…(涙)まあ、作品が軽妙な味付けだから泣き笑いってな感じかな。小説のようにはうまくいかないってなことを金持ちの社長が言っていたのに小雪が帰ってきたのは本当に良かった。「映画」はやっぱこうでなくっちゃね♪あと鈴木オートの居候の女の子が遠くへ行ってしまう場面はアタシの少年時代の同じような経験を思い出して号泣してしまいました。ちなみにその女の子とは高校で偶然再会しましたがお互い気まずくて3年間何も会話しませんでした。いや~現実は厳しいですなぁ~(苦笑)
イサオマンさん [地上波(邦画)] 10点(2012-01-21 19:40:01)
107.《ネタバレ》 鈴木オートに笑わされ、茶川、淳之介とヒロミにグッとくる。前作同様の展開ですが、このシリーズは、本当に、だだ漏れの感情に身を任せて観ることができる貴重なシリーズです。
なたねさん [地上波(邦画)] 8点(2012-01-20 23:50:54)(良:1票)
106.《ネタバレ》 前作では描ききれなかった銭湯などの描写や、映画や若者のファッションなど当時の流行のナビゲートに取り組んでおり、それをつなぐストーリーが、お前それ羽田空港出したかっただけやろ!!と思わずツッコミたくなるような、ただでさえベタであった前作以上に強引で予定調和的になってしまっていることがたまに苦笑を誘い、まとまり自体は前作のほうが良かった印象ではある。しかしあえて三種の神器に感動する家族、長嶋の真似をする子供や、テレビに集まり力道山に熱狂する民衆といったある意味ではステレオタイプとも言える昭和人感を映像化し、語り草から体感的なモノへと昇華させたのが前作の魅力であるのは間違く、進行していく時代とそこに生きる臨場感はそのままに、前作の続き、昭和人として、日本国民としての「人生の続き」を体験できるまさしく続編映画になっているという点では期待を裏切らない。特に昭和人情の描写という点は前作よりも強化されており、「純文学なんて」と引いて見ていたが、思いがけずそれに感動してしまった3丁目の人々のような体験をまさに自分がしてしまうようなストーリーに仕上がっていて、茶川が自信を滲ませながらも「これまでで一番の駄作かもしれない」と言った小説が人々の心の琴線に触れたように、確かにストーリー的には駄作であるのかもしれないが、なぜかそのストーリーは(日本人の)心の琴線に触れノスタルジーを想起する。なんとも騙されたような気分にもさせられるが、こういうのが名作というものなのであろう。
Arufuさん [DVD(邦画)] 9点(2012-01-17 08:32:20)(良:2票)
105.前作の感動を再び、今回もまた東京タワーを背に夕日が赤々と・・・。続編ながら前回と同様にすばらしい。
茶川と芥川賞と紛らわしいのが気になるが・・・。古行淳之介、川渕康成も同様
ESPERANZAさん [映画館(邦画)] 8点(2011-12-26 22:42:54)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 124人
平均点数 7.14点
000.00%
100.00%
210.81%
321.61%
432.42%
51310.48%
61612.90%
73326.61%
83629.03%
91512.10%
1054.03%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.60点 Review15人
2 ストーリー評価 6.95点 Review24人
3 鑑賞後の後味 8.30点 Review23人
4 音楽評価 7.70点 Review20人
5 感泣評価 8.03点 Review26人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS