ボビーZのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ホ行
 > ボビーZ
 > (レビュー・クチコミ)

ボビーZ

[ボビージー]
The Death and Life of Bobby Z
2007年【米・独】 上映時間:96分
平均点:5.00 / 10(Review 12人) (点数分布表示)
公開開始日(2007-11-17)
公開終了日(2008-04-23)
アクションドラマサスペンス犯罪もの小説の映画化
新規登録(2007-09-18)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2017-05-30)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョン・ハーツフェルド
キャストポール・ウォーカー(男優)ティム・カーニー
ローレンス・フィッシュバーン(男優)クルーズ
ジェイソン・ルイス〔1971生〕(男優)ボビー・Z
キース・キャラダイン(男優)ジョンソン
ヨアキム・デ・アルメイダ(男優)ドン・ワテロ
ジェイソン・フレミング(男優)ブライアン
ジョシュア・レナード(男優)
ジェイコブ・バルガス(男優)
トレイシー・ウォルター(男優)
M・C・ゲイニー(男優)
オレッグ・タクタロフ(男優)
オリヴィア・ワイルド〔女優・1984年生〕(女優)エリザベス
ジョシュ・スチュワート(男優)モンク
チャック・リデル(男優)
ジュリオ・オスカー・メチョソ(男優)
森川智之ティム・カーニー(日本語吹き替え版)
石塚運昇クルーズ(日本語吹き替え版)
佐古真弓エリザベス(日本語吹き替え版)
有本欽隆ドン・ワテロ(日本語吹き替え版)
加瀬康之モンク(日本語吹き替え版)
江川央生(日本語吹き替え版)
浦山迅ジョンソン(日本語吹き替え版)
斎藤志郎(日本語吹き替え版)
原作ドン・ウィンズロウ「ボビーZの気怠く優雅な人生」(角川書店)
音楽ティム・ジョーンズ〔音楽〕
製作ケネス・バーク〔製作〕(ライン・プロデューサー)
ポール・ウォーカー
キース・サンプルズ
ミレニアム・フィルムズ
製作総指揮ボアズ・デヴィッドソン
ダニー・ディムボート
マンフレッド・D・ヘイド
ゲルト・コーチリン
アンドレアス・ティースマイヤー
アヴィ・ラーナー
ダニー・ラーナー
トレヴァー・ショート
ジョセフ・ローテンシュレイガー
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
特撮スコット・コールター(視覚効果プロデューサー)
ワールドワイドFX(特殊効果)
編集ブルース・キャノン
アラン・ヤコボヴィッツ
その他ケネス・バーク〔製作〕(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
12.《ネタバレ》 ボビーZと顔が似てるので替え玉作戦。別人と言うのがエリザベスにバレていて。最後のほうで本物が登場して、何これ? どっちが本物って。男の子が「父さん」。なんじゃこりゃ。というラストの展開は楽しめました。今は亡き、大好きなポール・ウォーカーの作品なので評価は甘め。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 7点(2014-05-04 01:06:28)
11.あらすじだけ聞くと面白そうな話なのに、完成した映画は「なんでこんなことになるの?」と思ってしまうほど残念な仕上がり。「トゥー・デイズ」「15ミニッツ」でも感じたのですが、この監督はとにかく仕事が雑すぎます。基本的な設定や登場人物の背景を描き切らない段階で本筋に突入してしまうので、観客は完全に置いてけぼりとなってしまうのです。本作で言えば、キーパーソンの一人であるエリザベスと失踪前のボビーZとの関係がよくわからないし、ワインセラーを営むブライアンの立ち位置も不明確。主人公カーニーがボビーZの息子を連れて逃げた心理的背景も説明されていないため、「ガントレット」を思わせる逃走劇にも感情移入できません。脚本には矛盾が目立ち、飛行機からの爆撃でカーニーを殺そうとしたかと思いきや、次の場面では「奴を殺すな、生かして捕えろ」と言い出す始末。せっかく良い役者を集めても、この脚本、この演出では台無しです。
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 3点(2012-06-26 00:11:40)
10.ポール・ウォーカーとジェイソン・ルイス。外人の顔の区別がつかないとオイラにゃソックリに見えた…。一人二役でも別に構わないのに、別々の役者を使うとは。この点は侮れない。
真尋さん [DVD(吹替)] 5点(2011-12-30 00:11:22)
9.《ネタバレ》 「やつに瓜二つだぜ!」って全然似てねぇよ!! オイオイ誰が見たって別人って分かるよ(笑)  まぁまぁ面白かっただけに、大変残念(苦笑) 内容うんぬん(ま、正直たいしたことないw)よりも 個人的にはそこに最後の最後に全部持ってかれた感じ   久しぶりな「そりゃぁないぜ~」な感じでゴザイマシタ
Kanameさん [DVD(字幕)] 3点(2011-08-01 10:39:53)
8.内容が非常に薄い作品でした、DEAや元囚人が命を狙うならばもっとスピーディーな展開でも良かったのにちぐはぐな展開に着いていけませんでした。過去にあるような、普通の作品でした。
SATさん [DVD(字幕)] 4点(2010-01-10 22:40:23)
7.ポール好きなので、まぁまぁ楽しめました。確かに皆さん書いてる通りで、無理やり尺に収めた感があります。初めと、終わりのじいさんって、ポールの何年か後じゃないんですかぁ?それにしても内容が軽いですね。
たかちゃんさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2009-06-26 08:02:33)
6.主人公カーニーは極度の悪運のせいで塀の中の人なんだけど、優しくて頭も良くて男前、そのうえ度胸もあってすこぶる強い。んなやつおらんやろ~~。まあいいとしてとにかく強い。格闘のプロ。いつからやねん。フツウっぽいのがそこそこ頑張ってるならいいのだが、ここまでめちゃくちゃに強いならその強さの元を悪運の回想録の中に入れといてほしい。それぞれの思惑を持つ追う者たちの交錯がなかなかに面白いので、追われる者、つまり主人公と子供のコンビにもっと珍道中的なユーモアがあったらもっといいものになったかも。それはさておき、オープニングとエンディングのおっさん、誰やねん。いらんやろ。
R&Aさん [DVD(字幕)] 5点(2009-06-05 12:51:59)
5.《ネタバレ》 普通に見れば、特に見所の無い映画だと思うだろう。
しかしこれは格闘技に興味のある人間にはとても興味深い映画である。

ポール・ウォーカー主演のお気楽犯罪?アクションだが、なんとも監督か何かがMMAマニアなのか、随所に格闘技のネタがちりばめられている。


主人公は伝説のボビーZという麻薬売人に化けるという話なのだが、その過去の話で刑務所内に出てくる伝説の暴走族の親玉として、

”ジ・アイスマン”チャック・リデル

が登場。
チャックは知る人ぞ知る元UFCライトヘビー王者で、勝った時の独特の雄たけびと伸びるストレートは印象的。
その当時の強さから人気を得て現在は新規組みに振るわず翳っている。
空手の何かの流派の名前をタトゥーに入れていたような。

そしてその取り巻きとして、同じくUFC元ヘビー級王者の

”地上最強のでくの坊(これ考えた奴失礼すぎるやろ)”ティム・シルビア

が。

もちろん各人の見せ場はあり、チャックは刑務所内でなぜかサンドバックを蹴ってトレーニングをしている。

そのチャックは主人公に対しナイフで刺そうとするがそれに気が付いた主人公がナンバープレートで逆に返り討ち。首を切られてチャック死亡。

その際、シルビアが反撃に出て倒れた主人公の顔面をサッカーボールキック!
サカボはUFCでは反則技。
シルビアさん、やっちゃぁいけないよwww

あと、その背後には”白鯨”トム・エリクソンらしき姿が。
別のファイターか関係ないデブなのかもしれんが


あと、主人公が追ってから逃げる際、敵に対して飛びつき三角から十字を極めにかかる。
終盤の戦闘では逆に敵が十字から三角へ以降するパターンで落としにかかるが、そこはリアルファイト。目潰し、挙句は敵がガスコンロの上にいたので火をつけて脱出。
そこからムエタイのような打撃戦になった後、倒してからアナコンダチョークのような技(アクション映画らしく派手なものにしてるが)で殺すというシーンが。


・・・マニア過ぎるやろw


あ、格闘技要素以外の映画の内容?
うん、なんかあったような気がするよ
みーちゃんさん [DVD(字幕)] 6点(2009-03-16 00:54:30)
4.《ネタバレ》 まぁまぁだったでしょうか。
本物ボビーZがあまり似てない&情けないのにビックリしました。
あれがカリスマ!?本当!?って感じ。
かずまるさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2009-02-18 10:29:28)
3.《ネタバレ》 ポール・ウォーカー主演作。。。と言っても日本ではネームバリューがありません。
なんともファンとしては悔しい思いをしておりますが、彼やマシュー・マコノヒーがハリウッドで重宝されている(集客率が良い)という事実はしっかり把握しておく必要があるでしょう。
ようはアメリカ人が好きそうなルックスとキャラを演じられるってこと。
特に女性ファンにね。
本作も彼の魅力がたっぷり引き出されていて気軽に楽しめます。
刑務所に入っていても後ろから銃で狙われていても悲壮感が漂わない映画。
すなわちそれが彼の魅力でもあり致命的な部分でもある。
ここ日本ではそういったキャラが敬遠されるので評価が低いのでしょう。
映画の出来は悪くないです。
しかし映画を見ていて悪役のローレンス・フィッシュバーンの出番を待ってしまう。
それが日本人の気質だと思うのです。
ゆたさんさん [DVD(字幕)] 6点(2008-09-12 15:02:24)
2.《ネタバレ》 ポール・ウォーカーに魅力を感じて楽しめるかどうかという作品。別人になりすます緊迫感を感じないので、どうも軽くなってしまっています。
カワウソの聞耳さん [DVD(字幕)] 5点(2008-08-30 22:20:26)
1.《ネタバレ》 軽い感じだけど結構おもしろかったです。最後は無理矢理、尺にはまるようにまとめた感じがしますが、素敵な家族の誕生に乾杯!ということでメデタシ、メデタシ。
よりさん [DVD(字幕)] 6点(2008-06-14 23:12:36)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 12人
平均点数 5.00点
000.00%
100.00%
200.00%
3216.67%
418.33%
5541.67%
6325.00%
718.33%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS