サーフズ・アップのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > サーフズ・アップ
 > (レビュー・クチコミ)

サーフズ・アップ

[サーフズアップ]
Surf's up
2006年【米】 上映時間:85分
平均点:5.43 / 10(Review 7人) (点数分布表示)
公開開始日(2007-12-15)
コメディアドベンチャーアニメファミリー
新規登録(2007-10-05)【キムリン】さん
タイトル情報更新(2018-04-30)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督クリス・バック
アッシュ・ブラノン
シャイア・ラブーフコディ
ジェフ・ブリッジスジーク/ビッグZ
ジェームズ・ウッズレジー
ゾーイ・デシャネルラニ
ジョン・ヘダーチキン・ジョー
ディードリック・ベーダータンク
マリオ・カントーネマイキー
アッシュ・ブラノン映画監督
クリス・バック映画監督
小栗旬コディ(日本語吹き替え版)
山田優ラニ(日本語吹き替え版)
マイク眞木ギーク/ビッグZ(日本語吹き替え版)
清水ミチコエドナ(日本語吹き替え版)
山寺宏一ジー(日本語吹き替え版)
楠大典タンク(日本語吹き替え版)
真殿光昭マイキー(日本語吹き替え版)
松岡文雄(日本語吹き替え版)
諸星すみれ(日本語吹き替え版)
滝口順平(日本語吹き替え版)
浦山迅(日本語吹き替え版)
勝杏里(日本語吹き替え版)
大西健晴(日本語吹き替え版)
細谷佳正(日本語吹き替え版)
朝倉栄介(日本語吹き替え版)
東條加那子(日本語吹き替え版)
脚本アッシュ・ブラノン
クリス・バック
音楽マイケル・ダナ
編曲マイケル・ダナ
ニコラス・ドッド
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
特撮ソニー・ピクチャーズ・イメージワークス(視覚効果)
その他ロジャー・アラーズ(special thanks)
クリス・ミラー 〔男優・監督〕(special thanks)
エロール・モリス(special thanks)
あらすじ
伝説のサーファービッグジーからペンダントを貰って触発された、南極のペンギンサーファーコディーは、ハワイで行われる世界サーフィン大会に挑戦する。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
7.5歳の子供のために見たのだが、このインタビュー形式というのが分かりづらかったようで、途中で子供は見るのをやめてしまった。私は最後まで見たのだが、ペンギンという子供向けキャラを使っている割には、内容的には、若干子供には難解な映画だったかもしれない。ペンギンにする必要はなかったかな。
シネマファン55号さん [インターネット(字幕)] 5点(2015-04-15 14:48:57)
6.《ネタバレ》 まあまあ面白けど、大きな感動も無い感じです。ただ波乗りは気持ち良さそう。
ないとれいんさん [CS・衛星(吹替)] 5点(2011-08-16 18:03:02)
5.《ネタバレ》 南の島の風景の美しさとか、波乗りシーンの臨場感とか、見た目はそれなりにがんばってはいるんだけど、なによりもお話が浅過ぎてね、ストーリーの面白さはほとんどないですよ。例えば主人公のコディは、物語の始めと終わりで何が変わったのかっていったら、勝負に執着しすぎだったのがそうでなくなったことぐらいでしょ。ビッグZは10年も引きこもってた割には素直に表に出てくるし、これといって内面的なトラウマが強いようにも見えない。つまりは、始めはなにかしらの問題がある登場人物が幾多の経験や葛藤を経て成長をするという、そもそもの物語の基本的なラインが成ってない。時折笑えるシーンがあってそれでなんとか最後まで見れたけど、取材映像で展開するというスタイルもあまり功を奏してるようには思えないし、まぁ、とにかくピクサーなんかと比べると雲泥の差があるなというのが正直なところ。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 5点(2009-02-04 20:56:42)
4.サーフィンするペンギンの話。
南の島がとてもきれいでございました。
木の削りカスがすごいリアルだー。
さん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2009-01-25 11:58:41)
3.ディズニーかと勘違いして子ども連れて行ったらソニーだった!どおりで公開初日なのにお客さん少ない訳だ。でも大人的には期待以上に面白かった。終始ドキュメンタリータッチでの構成もニクイし、小栗旬クンの吹き替えに日本語訳の脚本が合っていて、コディのイメージがすぐに固まった。脇キャラも良いし、ペンギンと南の島のジャングルのギャップも面白い。そう、大人的には面白いが、連れて行かれた子どもは…。面白かったかと問えば面白かったと答えるが、はたして意味分かったのかなぁと気の毒になった。
ちゃかさん [映画館(吹替)] 7点(2007-12-18 12:34:39)
2.僕も飛行機の中で観ました。勝手に『ハッピー・フィート』と比べさせてもらうと、こっちの方がペンギンがかわいいし、ストーリーもまともだった。ペンギンに混じって一羽だけニワトリがいたりしたのはなんか微笑ましかった。南国なCGも綺麗だったし。けど「まとも」と言っても、正直面白くはないんだけどね汗そもそもあのMTVなノリがあまり好きじゃない。好きな音楽がかかったりはしたけど。でも軽い気持ちで観る分には悪くないなぁ~。時間も確か90分ないし。まぁ家で観るのがベストだと思う。
たいがーさん [映画館(字幕なし「原語」)] 3点(2007-10-07 13:43:06)
1.《ネタバレ》 飛行機の機内映画で見ました。最初は夏休みでもないのになんで子供映画を上映するんだ、と思っていましたけど、意外と楽しめました。ペンギンを使ったところがみそですね(どこかのサイトの批評で、これが人間の実写だととてもクサくて見られない、と書かれていましたがまさにその通り)。筋とは関係のないアメリカ的なおふざけやギャグも満載でしたが、それほど気になりませんでした。コディとギークとのほのぼのとしたからみや、チキンジョーのおとぼけキャラが気に入りました。ペンギン好きな日本でブレークしそうな予感がします。
キムリンさん [映画館(吹替)] 6点(2007-10-07 12:53:59)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 7人
平均点数 5.43点
000.00%
100.00%
200.00%
3114.29%
400.00%
5342.86%
6114.29%
7228.57%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 7.00点 Review1人
chart

【アカデミー賞 情報】

2007年 80回
長編アニメーション賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS