犯人に告ぐのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > 犯人に告ぐ
 > (レビュー・クチコミ)

犯人に告ぐ

[ハンニンニツグ]
2007年【日】 上映時間:117分
平均点:5.88 / 10(Review 59人) (点数分布表示)
公開開始日(2007-10-27)
ドラマサスペンスミステリー刑事もの小説の映画化
新規登録(2007-11-19)【真夏の42.195キロ】さん
タイトル情報更新(2019-12-28)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督瀧本智行
キャスト豊川悦司(男優)巻島史彦
小澤征悦(男優)植草壮一郎
片岡礼子(女優)杉村未央子
中村育二(男優)村瀬
池内万作(男優)小川かつお
尾上紫(女優)捜査員
笹野高史(男優)津田良仁
柄本佑(男優)村西
小市慢太郎(男優)桜川夕起也
嶋田久作(男優)後藤
中原丈雄(男優)神奈川署員
崔洋一(男優)韮沢五郎
井川遥(女優)早津名奈
根岸季衣(女優)有賀の母
石橋蓮司(男優)迫田和範
松田美由紀(女優)巻島園子
石橋凌(男優)曾根要介
有福正志(男優)
占部房子(女優)桜川麻美
朝倉あき(女優)
山中崇(男優)有賀優二
神尾佑(男優)三宅刑事
大鷹明良(男優)
鈴之助(男優)
原作雫井脩介「犯人に告ぐ」
脚本福田靖
音楽池頼広
撮影柴主高秀
制作東宝
美術若松孝市
照明蒔苗友一郎
あらすじ
6年前、ある児童誘拐事件で最悪の結末を迎えた上に、記者会見で大失態を演じ、今は一線を退いている神奈川県警の巻島警視。そんな彼に、元上司で今は県警本部長を務める曾根からの召集がかかる。その目的は、彼をテレビを巧みに利用した連続児童殺害犯「BADMAN」の捜査責任者に任ずることだった。6年前の悪夢、警察内部の劣悪な人間関係…果たして暴走する巻島の「劇場型」捜査の行き先は? 雫井脩介のベストセラーを完全映画化!
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
59.《ネタバレ》  原作既読。とは言え、読んだのが随分前だったので、映画を見るまで読んだことすら忘れていました。映画を見ているうちに、『これ読んだことあるなー』と気付いた次第です。つまり、かなり原作に忠実に作られているのではないでしょうか。
 だとしたら、原作の完成度は極めて高いものだったのかもしれません。映画用に何かアレンジを加える必要がないくらいに。確かにこの小説は面白かった記憶があります。
 この映画は、ミステリー要素は意外と低めです。どちらかと言えば、『ストーリー展開を楽しむサスペンス』に仕上がっています。よって、取り扱われる事件も『けんじ君誘拐事件』『BADMAN連続殺人事件』といった猟奇的な事件ばかり。その残虐性とサイコパスな犯人像が重々しい緊張感を作り出しています。私の好きなタイプの緊張感です。
 そしてTVを使った犯人への挑発。挑戦。不謹慎ながらも盛り上がります。なんにせよ、ミステリーにしすぎないストーリー展開が、この作品には合っている気がします。6年前の事件にしろ、BADMAN事件にしろ、犯人が知能犯を気取ったコミュ障の若者というのがやけにリアル。好きなシーンは、原作にもあった『手をけがしているので、・・・』のくだり。映画ではすでに犯人がわかっちゃっていますが、原作ではこの時点ではまだわかっていなかったような気がします。ここのくだりと、父親の復讐のエピソードだけはやたら鮮明に記憶が残っていたので、当時衝撃的だったのだと思います。
 唯一個人的好みから一つ不満を。豊川悦司。しゃべってないときの雰囲気は完璧なんですが、しゃべるとなんか原作のイメージとずれます。もっと声に重みや深みがある人のほうが良かったです。唯一良かったのは、『今夜は震えて眠れ』のセリフくらいです。
たきたてさん [DVD(邦画)] 8点(2019-06-20 04:00:18)(良:1票)
58.《ネタバレ》 あれだけ犯人を挑発しておいて、自分の子供に身の危険を感じないのかね。それからいくらなんでも息子を誘拐した人物に手錠も掛けず油断して背中を見せるとか、全くもってベテラン刑事のすることじゃないし、フィクションしすぎでしょ。せっかく面白くなる要素や題材が揃っているのに、はぁ~もったいない。
Dream kerokeroさん [インターネット(邦画)] 4点(2019-05-20 19:16:44)
57.《ネタバレ》  とても真面目に作られた、硬派な一品だと思います。

 ただ、こういった品は「堅苦しくて退屈」という印象に繋がってしまう危険性も孕んでいる訳で……
 残念ながら、本作はそれに該当してしまった気がしますね。
 メディアを使って犯人を挑発、対話というテーマは非常にエンタメ性が高く、コメディタッチな作風と相性が良さそうなのに、あえてシリアスに徹したのが本作の特徴であり、魅力にもなっているのでしょうが、自分には合わなかったみたいです。

 楽しめなかった理由としては、主人公に感情移入出来なかった点も挙げられそう。
 彼は同僚との手柄の奪い合いの為に捜査に最善を尽くさず、結果的に幼い子供の死を招いてしまう。
 そこの件で、観ているこちらとしては決定的に幻滅してしまい、最後まで挽回する事が出来なかったんですよね。

 序盤で妻と息子の死が連想される展開だったのに「結局二人とも生きていました」というオチが付くのは、恐らく「誘拐によって子供が死んだのに、自分の息子は生きている」という主人公の罪悪感を描く為、そして終盤に息子が誘拐されてしまう展開に繋げる為なのでしょうが、その辺りがどうもスムーズに感じられない作りなのも残念。
 これに関しては、いくら終盤に盛り上げる為の伏線とはいえ、序盤で(えっ、結局生きていたの?)と拍子抜けしてしまうデメリットの方が大きかったように思えました。
 犯人の捕まるキッカケが「偶然手紙を落としてしまった」「服の色に関する勘違い」というのも、ちょっとネタとしては弱いかなと。

 ラストに主人公が目を見開いて終わる演出に関しても

1:真犯人が別に存在する事に気付いた。まだ事件は終わっていない。
2:結局、罪滅ぼしする事は叶わなかった為、未だに昔の誘拐事件のトラウマに囚われている。
3:全てが終わった事に安堵したがゆえの死。

 といった具合に、色々解釈の余地があるのですが、どれだったとしてもバッドエンド色が強く、好みとは言い難いですね。

 翻って、良かった点はと言えば……やはり、主演の豊川悦司の魅力に尽きるのではないでしょうか。
 その話し振り、立ち居振る舞いには流石の存在感があったし、カリスマ的な犯人役なんかも似合いそうな、ミステリアスな魅力を備え持っている。
 それだけに、そんな彼があえて刑事役を演じるというのが、絶妙な配役であったように思えます。

 過去の罪を清算する為とはいえ、自分を刺した誘拐犯を庇って逃がそうとする辺りなんかは(警官として、それはマズいんじゃない?)と感じ、賛同するのは難しかったのですが、彼が演じる事により、その選択にもそれなりの説得力が生まれていた気がするんですよね。
 本作のクライマックスである「震えて眠れ」のシーンの迫力と恰好良さも、豊川悦司だからこそ醸し出せたんじゃないかな、と感じました。
ゆきさん [DVD(邦画)] 5点(2017-04-06 12:33:05)(良:1票)
56.《ネタバレ》 まさに淡々と進んでいく展開。
各登場人物も特に掘り下げられることなく、表面的な部分のみの紹介に終わっており、感情移入は不可能。
タイトルから警察と犯人との頭脳戦を期待していただけに、考える余地もなくストーリーを追わされるだけの内容であったのが残念に拍車をかけました。
いっちぃさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2015-04-25 02:01:14)
55.《ネタバレ》 導入の6年前の事件のところで、登場人物全員の造型のステレオタイプぶりと説明台詞固めに呆れてしまったのですが、まさか場面変わって本題に突入してから、そして最後までそのまま行ってしまうとは思いませんでした。とりあえず、主人公の「武器」は何なのか。番組内であのコメントを思いつくに至る、発想力や推理力はあったのか。あるいは、逆に何もなくて、ただ執念や何かの原動力だけが頼りだったのか。その辺の基本すら整理されていないので、主人公が何をやっても、筋書を追っているだけであって人物描写にはなっていないのです。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2015-03-08 01:39:18)
54.《ネタバレ》 原作に忠実に展開されている 複雑な話の流れをほぼ均等に再現したので割愛されているエピソードが多く、原作未読のオーディエンスには優しく無いと思った 特にメインキャラクター達のプロフィールがまったく語られないので、原作の複雑なストーリーを追うのみに終止している 特に最初の誘拐事件の顛末が弱い しかしその分原作の緻密な話は楽しめた 原作キャラクターの再現は見事で、どの役者も原作にピッタリだが崔洋一のみかなりの違和感があった ニュース番組の顔役MCには到底見えない 監督ならば自分が要らない人だって判れよ 自分の作品じゃなきゃどうでもいいのか この映画はまず原作を読んでから見たい 相変わらずマスコミの描き方が画一的で主人公を責めるマスコミ達の対応がリアリティから程遠い いい加減、火サス演出から脱却出来ないのか しかもエンディングはいただけない あれは何だ あのヘンテコなシーンがおもいきりしらけた ヘボすぎる
にょろぞうさん [DVD(邦画)] 7点(2014-08-24 22:46:18)(良:1票)
53.トヨエツの大根は相変わらずだが、ありきたりとは言え、警察内部の抗争等々は見応えはあった。警察不祥事はいろいろありますが、実際どうなんでしょうねえ。組織だし人間だし似たような事はあるのかな?とは思いますが。
東京50km圏道路地図さん [DVD(邦画)] 6点(2014-02-03 11:00:14)
52.《ネタバレ》 ●劇場型犯罪を扱っている時点で興味がわきます。マスコミってホント劇薬だな。●老刑事津田さんの存在にほっとします。この人だけは巻島を裏切らないという安心感があります。●逆に植草の卑怯者ぶりは笑えるほど。●犯人の生活圏域が偶然判明しますが、現実にもこういうことありそうって感じで許せます。●「今夜は震えて眠れ」カッコいい!●巻島~後ろ後ろ!危ないよ、刺されるって!後ろを見ろよもう!ああやっぱり刺されちゃった!馬鹿~!と嘆いた人は多いはずです。
次郎丸三郎さん [DVD(邦画)] 6点(2013-06-26 12:07:47)(良:1票)
51.地味すぎて、今一歩ノレない映画だった。
だって、「子供の誘拐殺人」って警察関係者なら、一番「燃える」事件じゃないかなあ?
警察関係者の正義感が一番発揮されるという意味で。
それが全然見えなくて、出世とか女をくどく方が大事ってなあ。
そんな「動機」で頑張られても、見ているほうはシラけるばかり。
それでも、最後の方は地味ながらも、まずまずの緊張感を持って見られた。
終わりはちょっとあっけなかったけど、まあしょうがないかな。
「子供の誘拐殺人」の犯人なんて、卑怯者の極地だから、こっちが納得できる「動機」があるわけないしね。
まかださん [DVD(邦画)] 5点(2013-01-20 17:44:56)
50.《ネタバレ》 妻投稿■原作未読…というより私の頭で処理できる小説の長さは少年探偵やズッコケ三人組が限界なんです(-_-;)。映画だって見ながらメモを取らないと構成忘れちゃうし(-_-;)。■さて、代休でバイトが早くに上がったので図書館で借りていたDVDを鑑賞。で、この映画の製作者、観客のストーリー予想である「妻に死なれた髭の刑事が、数年後若いボンボン刑事と最初反目しながらも、力を合わせて児童殺害犯人を追いかけるんだけど、その犯人が主人公の子供を誘拐して、2人で力を合わせて捕まえてみれば、数年前に子供を殺された父親だった」という王道展開を裏切り続ければ、サスペンスに求められる「先の読めなさ」「二転三転」を達成できると考えていたんじゃないだろうか。確かに、私も何回か「このボンボン悪いなあ」とか「奥さん生きているよー」とか「息子誘拐したのは犯人だと思ったあ」と言ったミスリードはあったんだけど、その感想は「へえー」「そーだったんだー、へー」というトリビアルな反応しかできなかった(友達が大病抱えていた縁で、奥さんが生きていたのは気分的にうれしかったけど)。なんていうか、ミスリードってのを「単にミステリーの王道を裏切る」事と混同しているだけに見えるんだよね。■ラスト目がかっと見開いたのって、「足柄のおじちゃん刑事の台詞が真犯人にしか知りえないものだった」というオチなのかとも思ったけど、そのままエンドールになっちゃうし。とにかく面白くない。
はち-ご=さん [DVD(邦画)] 5点(2011-09-05 15:34:19)
49.トヨエツが長々と喋っていると眠くなるのは自分だけだろうか…

全編トヨエツ芝居が際立っている作品。
劇場型犯罪を描いた小説を劇場化したというのは、フィールドとしては合っているのかもしれない。

トヨエツ演じる巻島の、酸いも甘いも経験した大人の男と、ボンボンの2世坊ちゃんとの人間性の対比が面白い。

ドラマの核である事件の方も2つとも上手く収束させているなと感じた。

決して名作!というわけではないが、佳作としてよくできている作品。
Sugarbetterさん [DVD(邦画)] 6点(2011-01-27 15:56:58)
48.面白かったです。テレビはほとんど観ない人なのでテレビドラマの世界は知りませんが、活字と映画の警察ものは組織内の足の引っ張り合いという描写が先行している感が強いこの頃です。どうもリアリティを追求すると、そのあたりに行き着くような印象だけど真偽の程はどうなのでしょう? 今作もどちらかというと、犯人探しより警察内のドロドロの方が面白かった。「太陽にほえろ」の時代は遠い過去のものと言うことですな…。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2009-12-29 06:11:00)(良:1票)
47.《ネタバレ》 斬新な展開を期待しましたが、普通の2時間ドラマの作品でした。犯人がなぜ子供を殺さなければならないか、全く描かれたいなかった、映画なのでもっと凝った演出を鑑賞したかったです。この作品の鑑賞後に、アガサクリステーの作品を鑑賞しましたが数十倍楽しく鑑賞できました。
SATさん [DVD(邦画)] 4点(2009-10-11 09:11:39)
46.●犯人を追い込んでいく様が面白い。
●ラストで目を見開くのがよく分からなかった。
●最初のシーンでこりゃ嫁さんは死んだな、と思ってたら全然無事だったのが笑った。普通死ぬだろうああいいう場合(笑)
椎名みかんさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2009-09-21 04:15:35)
45.《ネタバレ》 なかなか楽しめました。

主人公のバックボーンと今回の事件が鍵になっている部分が上手くストーリーの軸になっており、良かった。

uraraさん [映画館(邦画)] 5点(2009-08-17 21:40:28)
44.このジャンルの話はよっぽどのことがないと、新鮮さはないです。これも安心してみれるかんじですが、それだけです。見てる間 レンタル料金分はほんわか楽しめました。
紫電さん [DVD(邦画)] 4点(2009-03-11 21:45:16)
43.この地味さ、真面目さがいい。全体に漂う雰囲気・緊張感も程よく、最後まで集中して楽しく観ることができました。
N.Y.L.Lさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2009-01-25 00:11:52)
42.実に後味の悪い作品でした。
動機のない殺人事件が増えてきているのは確かだけど、それを額面通りに受け取って、動機の部分を描かずに終わってしまったのが残念過ぎる。
犯人逮捕の過程に偶然を介在させたのも手抜きとしか思えない。
遺族の描き方にも疑問が残る。
もとやさん [DVD(邦画)] 4点(2009-01-08 14:34:21)
41.見応えはあります。テレビや映画の刑事モノにありがちな荒唐無稽さは散見されるものの、全編に溢れる緊迫感はそれを忘れさせてくれます。
それもこれも原作の秀逸さの賜物?でも、いかに原作が優れていようと、映画化されれば殆どの場合一人歩きしてしまうもの。やはり、この場合は監督を始めとしたスタッフの作り込みの確かさ故の出来栄えなのでは?
ぽこた(ぺいぺい)さん [地上波(邦画)] 7点(2009-01-02 11:41:03)(良:1票)
40.劇場型犯罪のストーリーだけに話を絞ったのは良かったと思います。でも他に褒める部分が見つからない……、同じく貶す部分も見つからないので悪くは無い映画だったと云う事でしょうか。
民朗さん [地上波(邦画)] 5点(2008-12-31 15:03:12)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 59人
平均点数 5.88点
000.00%
100.00%
223.39%
311.69%
4813.56%
51220.34%
61423.73%
71322.03%
8813.56%
911.69%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.20点 Review5人
2 ストーリー評価 5.00点 Review5人
3 鑑賞後の後味 4.80点 Review5人
4 音楽評価 4.40点 Review5人
5 感泣評価 3.40点 Review5人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS