Menu
 >
 >
 > ベオウルフ/呪われし勇者

ベオウルフ/呪われし勇者

Beowulf
2007年【米】 上映時間:114分
平均点: / 10(Review 53人) (点数分布表示)
アクションドラマラブストーリーファンタジー小説の映画化3D映画
[ベオウルフノロワレシユウシャ]
新規登録(2007-11-26)【放浪紳士チャーリー】さん
タイトル情報更新(2013-04-28)【イニシャルK】さん
公開開始日(2007-12-01
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ロバート・ゼメキス
助監督ジョシュ・マクラグレン
スティーヴ・スターキー(第二班監督)
キャストレイ・ウィンストン(男優)ベオウルフ
アンソニー・ホプキンス(男優)フロースガール
アリソン・ローマン(女優)ウルスラ
クリスピン・グローバー(男優)グレンデル
ブレンダン・グリーソン(男優)ウィグラーフ
アンジェリーナ・ジョリー(女優)グレンデルの母
ロビン・ライト・ペン(女優)ウィールソー
クリス・コッポラ(男優)オラーフ
ジュリアン・レネ(女優)
シェイ・デュフィン(男優)
コスタス・マンディロア(男優)
ジョン・マルコヴィッチ(男優)アンファース
菅原正志ベオウルフ(日本語吹き替え版)
麦人フロースガール(日本語吹き替え版)
中尾隆聖アンファース(日本語吹き替え版)
玉川紗己子ウィールソー(日本語吹き替え版)
高木渉グレンデル(日本語吹き替え版)
深見梨加グレンデルの母(日本語吹き替え版)
稲葉実ウィグラーフ(日本語吹き替え版)
脚本ニール・ゲイマン
ロジャー・エイヴァリー
編曲ジョン・アシュトン・トーマス
撮影ロバート・プレスリー
製作ロバート・ゼメキス
ジョシュ・マクラグレン(製作補)
スティーヴ・スターキー
製作総指揮ニール・ゲイマン
ロジャー・エイヴァリー
配給ワーナー・ブラザース
特殊メイクマシュー・W・マングル
特撮マイケル・ランティエリ(特殊効果コーディネーター)
ソニー・ピクチャーズ・イメージワークス(視覚効果)
スタントJ・J・ペリー
その他ジョシュ・マクラグレン(ユニット・プロダクション・マネージャー)
アラン・シルヴェストリ(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
53.《ネタバレ》 モンスターvsヒーローの原点ともいえる神話(叙事詩?)の映画化。原点と思えば今となっては陳腐なストーリーも納得がいく。CGによる映像はゲームのようで違和感がぬぐえない。魔性のもの=アンジェリーナ・ジョリーはいいかもね。
フラミンゴさん [インターネット(字幕)] 4点(2012-08-02 19:19:06)
52.《ネタバレ》 魔物の母親との戦いで終わるのかと思ったらその後しばらくダラダラとした展開を見せらたのが苦痛でした。けれどドラゴンとの戦いはゲームのワンダと巨像のようなダイナミックさがありなかなか見応えがあったのでトータルとしてはまあまあってとこでしょうか。原作があるみたいなので仕方ないでしょうが、魔物の母親がドラゴンに変身してそのままバトルだったら中だるみもなく8点ぐらいつけても良かったかなと思います。ところで魔物と交わって出来た息子は親の心が投影されるんですかね?最初の王は醜いからゾンビのような感じでベオウルフは勇敢なのでドラゴンって感じなんでしょうか。
映画大好きっ子さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-04-21 23:27:56)
51.《ネタバレ》 原作の英雄叙事詩「ベオウルフ(B)」は、若きBが怪物グレンデルを倒す話と老いてからドラゴンを倒す話の二部構成。これを新解釈で補完し、整合をもたせた脚本は新鮮味がある。Bは怪物の右腕を引きちぎって倒すが、その母である魔女の逆襲に遭い部下を殺される。魔女を倒しに1人で向かったBは、魔女の誘惑に負け取引をしてしまう。魔女を殺したと嘘をつき、交わって魔女に息子を授け、「竜の杯」を魔女の元に置くのを条件に、財宝と永遠の強さをもらい、歴史に名を残す偉大なる王にしてもらう。魔女の言葉に嘘は無く、予言通りにBは王となり、富と名声を得、どんな侵略者も彼の王国を侵略することはできなかった。しかしこれは呪いだった。魔女の息子は成長するとドラゴンとなり、父に復讐しにやってきたのだ。「竜の杯」も戻された。Bはこのとき前王も魔女と取引をし、王の地位を得ていた事を悟った。死闘の結果Bは右腕を失う代わりにドラゴンの心臓をつぶし、相討ちとなる。Bの遺言で王の地位は親友に引き継がれたが、またしても魔女が姿を現す。
◆どんな勇者でも悪魔の誘惑には勝てない心の弱さがある、というのがテーマ。Bも倒した海の怪物の数を水増しするなどの虚栄心を持っていました。美女や王の地位や富や名声は魅力的です、それが一度に手に入るとなると大概の人間は誘惑に負けるでしょう。魔女の呪いは隠されているのですから、誰でも良い取引と思います。怪物の右腕を奪い、自らの右腕を失う、これは呪われた運命の輪の象徴でしょう。自らの蒔いた種を刈らねばならなりません。キリスト教が魔女を否定するまで呪いの輪が続く事が示唆されます。前王は何故自殺したのでしょうか?息子を殺したことへの償い説、老いる前に英雄のままで死にたかった説、魔女の呪い説等が考えられます。2組の親子が同日に死んでいるので、息子が死んだら親も死ぬという呪いかもしれません。親子で殺し合いをし、勝っても負けても死ぬという怖ろしい呪いです。
◆怪物の姿がゾンビで萎えました。ドラゴンと魔女の造形は合格点。Bが裸になるのは勇気を示す意味があるのでしょう。冒頭梁にネズミが走り回り、それを梟が捕まえ、夜空に飛翔して、王国を俯瞰で見せるというシーケンスに美的センスを感じました。やれば出来る監督ですから、エログロに走らないで、美を追求してもらいたいものです。王妃がいつまでも若いのは謎。
よしのぶさん [DVD(吹替)] 7点(2011-09-21 23:04:30)
50.これが全部CGかよっておどろきはあるけとストーリーとしてはかなり普通。
とまさん [映画館(字幕)] 5点(2011-08-27 11:03:27)
49.《ネタバレ》 CGがとにかく不自然。どこまでがCGなのかはわからないが
モンスターだけじゃなく、鎧や衣装、人間の表情までもが
なんか蝋人形のようでのっぺりしてCGっぽくて不自然。
ゲームに入ってるCGムービーをずっと見てる感じに近い。
登場人物全員が人間らしくない。この映画、もしかして100%CG?
ファンタジーの雰囲気は好きだが話もあんまり面白くない。
素っ裸で戦うのはギャグだろう?
虎王さん [DVD(字幕)] 3点(2010-09-16 23:49:55)
48.何がいけないか分からないが、全体的にイマイチだった。
のははすひさん [DVD(吹替)] 4点(2010-07-24 15:17:15)
47.《ネタバレ》  単純明快なストーリー、迫力ある戦闘シーン、エロティックなモンスター。
娯楽映画としては文句のつけようが無いんじゃないですか?
アンジェリーナさん、実はあまり好みじゃないんだけど、この映画だけはCGと分かっててもドキドキしましたw
平成24年4月22日追記
いくら誘われても化け物には手を出したらいかん、と最近結審した裁判の詳細を読むにつけてもしみじみ感じました。
rhforeverさん [DVD(字幕)] 6点(2010-07-19 10:30:29)
46.テラテラ光るジョリ姐がエロい!それだけ!!
民朗さん [映画館(字幕)] 6点(2010-06-28 00:54:07)
45.映像もストーリーもあまりしっくり来なかった。アクションがもう少し多くても良かったのではないか。
Adさん [DVD(字幕)] 5点(2009-11-08 15:41:35)
44.大好きなロバート・ゼメキスの作品だっただけに、落胆ぶりも大きい。
洋物独特のグロテスク感、下品さというものが目立ったし、わざわざ前編CGにした意味が感じられなかった。
役者とCGの違和感を拭い去ろうとしたのだろうが、不気味な仕上がり。
一番残念な点として、肝心のストーリーに魅力を感じられなかった。
これは結構痛い。
タックスマン4さん [映画館(字幕)] 5点(2009-10-21 23:43:10)
43.狙いなのかどことなく(CGを含め)フラッシュゴードンを思い出させる。恐怖感も結構あるし自分としては充分楽しめた。期待せずに見たせいか結構面白かった。
Jane.Yさん [DVD(字幕)] 7点(2009-09-12 09:42:48)
42.「このシーンはCGで。ここもCGだ。ここも、ここも…。」「こんなにCGばっかだと、実写との繋ぎは大変だなぁ、どうしよう?」「めんどくせぇなぁ、そんなら全部CGでいいじゃん。」「そうだ、そうだ。CGだ、CGだ。わーい、わーい。」そんな感じ。
チャップリ君さん [映画館(字幕)] 6点(2009-05-28 16:45:34)
41.確かに他の方も書いている通り、主演以外は全てにおいてイマイチ感があります。それと言葉が汚いのもマイナスですね。いまいちなじみのない題材なだけに思い入れが弱くなってしまいます。
たかちゃんさん [DVD(字幕)] 4点(2009-04-13 15:26:13)
40.かつて『ジュラシック・パーク』や『トイ・ストーリー』はCGの限りない可能性を感じさせてくれたが、これは逆にCGの限界を知らしめるかのような作品だった。一体何をしたかったんだろうか。褒めるとすれば、生身の役者がいかに素晴らしいものか改めて感じさせてくれたことだろう。
ととさん [CS・衛星(字幕)] 2点(2009-02-25 04:14:53)
39.《ネタバレ》 「実写とCGの融合」って・・・、CG比率高くないっすか!?そのせいでCGかリアルかを見極めるのに必死になりすぎて肝心のストーリー把握がおざなりになってしまった。。。あんまり使う必要のないようなシーンまでCG使って欲しくなかったな。ベオウルフは根拠のない強さを持ってる英雄なのかと思いきや、甘い誘惑に負けるような人間性も持ってて、えらく極端な二面性にあんまり共感できませんでした。どうせならスーパーヒーローで通すか、グダグダな三枚目ヒーロー路線のどっちかに統一すれば良かったのに。
なんかCG批判ばっかりですけど、CGを前面に出しているわりには、CGだからこそできることをほとんどしてくれなかったのにはちょっとガッカリでした。何でも使えばいいってもんじゃないですね。

TANTOさん [DVD(字幕)] 3点(2009-02-12 01:00:50)
38.《ネタバレ》 他の方も書かれていますが、ここのレビューを読んでやっと納得ができたという感じです。アニメと言えばセル画、ゲームといえばゲームウォッチしかやったことのない私にとってCGは、あくまでも映画の中の一部の特殊効果として「よーでけてるなぁ」と感心するくらいまでがせいぜい。フルでやってこられては、妙なのっぺり感や不自然な人物の動きに悪酔いしそう。(本物=実写みたいな顔をした人間の腕が変にふらふらと不自然な動きをしているのを見ていると脳が識別に戸惑い、鈍~い嫌悪感を感じずにはいられない)
中盤まではこの感覚が離れず、かなり辛かったです。グレンデルが痛めつけられるシーンは姿だけで悪者にされているみたいで可哀そうだったしなぁ。でもその後くらいからやっと物語に入り込め、最後のドラゴンのシーンも楽しめました。単にCGではなく、3Dって知っていたらもっと寛容に観れたと思う。第一次アニメブームをオタク的に熱狂した私にはハリウッドの最新CGアニメは生理的に受け付けないけど、この映画は3Dでならもう一回は観てみたいです。そうでなければ、実写そのものの映像が再現できて本当に役者も不要なCGが出来るまではフルCGってのはどうも認められないなぁ。
悪役の描写が浅かったのが残念。年老いてからのベオウルフと、聡明な王妃はとても魅力的なキャラクターでした。しかし始めの王様は何で自殺しちゃったのか。あと、最後の王様も誘惑されたのでしょうか。気になるところです。
みーはーふぁんさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2009-01-11 03:15:03)
37.《ネタバレ》 ここのレビューを見るまでは、評価がしづらい作品だった。というのは、良く作りこんであるにしてはストーリーがイマイチ淡白だし、CGを使っていることの意味合いが分からなかったから。バランスが悪い感じ。でも、もともとは3Dで作られていたんですね。3D映画って、ストーリーを重く深くして行くよりは視覚効果を生かす意味でシンプルにまとめる方が良いはずで、この映画はその考え方に沿って作られていたということでしょう。なので、普通の画面で観てしまうと違和感がある。思い返すと、立体に見えるなら効果的と思えるアングルを多用してましたよ。劇場で観るべきでした。
25年ほど前に観た3Dの「ジョーズ3」はシンプルすぎて内容が皆無に近かったけど、この作品はそこまで酷くない。極上のいい女に、私も含めて全てを与えると言われて首を横に振る男はいるのだろうか。少なくとも私は思いっきり縦に振りますな。なので、登場シーンは少なかったけどアンジェリーナ・ジョリーのキャストは成功だと思う。ラストのドラゴンとの一騎打ちは名シーンと言ってもいい出来映えで、平たい画面で観ていてもかなり見入りました。
評価はあくまで普通の画面で観た点数です。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2008-12-18 04:16:50)
36.《ネタバレ》 フルCGでマッチョな英雄が巨人やドラゴンと戦う様は、まるでゲームの「GOW」をプレイしているかのよう。(DVD鑑賞では)確かに重量感は不足がちでしたが、CGならではの流れるカメラワークや臨場感あるカメラアングルなど見所は多かったと思います。ラスト近く、ドラゴンの姿から金ピカスキンヘッド裸人となった息子の肩に手をかけるベオウルフ、何か言いたげな様子の息子。父子の最後の一瞬のやり取りに何とも言えないやり切れなさを感じました。
竹輪さん [DVD(字幕)] 7点(2008-12-12 09:40:05)
35.「どうせなら人間も全部CGにしちゃえよ」と言われてホントにやっちゃったというような。もっと破滅的な内容かと思ったら、意外とそうでもないですね。自分がベオウルフだったら、死ぬ瞬間には「これけっこうオイシイ役回りなんちゃうん」と思ってしまうかも。いやー怖いですねえ。
ゆうろうさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2008-11-10 00:20:53)
34.CG全開の作品にはちょっとウンザリでした。
もう少し実写とCGのバランスがとれている方が、個人的に良かったのですが元々CG向けに作られているようなので、仕方ないです。
ストーリーは古い英文学を基にしたもので壮大な歴史モノ。
原作は決して悪くはないのですから実写版で見てみたいです。
スティーヴン・ジェラードの妻さん [DVD(字幕)] 3点(2008-09-07 21:54:20)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 53人
平均点数 5.57点
000.00%
100.00%
211.89%
359.43%
4611.32%
51324.53%
61426.42%
7815.09%
859.43%
911.89%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.14点 Review7人
2 ストーリー評価 5.88点 Review9人
3 鑑賞後の後味 6.33点 Review9人
4 音楽評価 6.66点 Review6人
5 感泣評価 4.40点 Review5人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS