Menu
 >
 >
 > クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ金矛の勇者

クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ金矛の勇者

2008年【日】 上映時間:93分
平均点: / 10(Review 13人) (点数分布表示)
コメディアドベンチャーファンタジーアニメシリーズものTVの映画化漫画の映画化
[クレヨンシンチャンチョーアラシヲヨブキンポコノユウシャ]
新規登録(2007-12-16)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2017-05-19)【イニシャルK】さん
公開開始日(2008-04-19
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督本郷みつる
演出本郷みつる
矢島晶子しんのすけ
ならはしみきみさえ
藤原啓治ひろし
こおろぎさとみひまわり
堀江由衣マタ・タミ
真柴摩利シロ/風間くん
林玉緒ネネちゃん
一龍斎貞友マサオくん
佐藤智恵ボーちゃん
高田由美よしなが先生
納谷六朗園長先生
茶風林団羅座也
玄田哲章アクション仮面
小桜エツ子ミミ子
郷里大輔部長
大西健晴マタ・タビ
宮本充マック
佐久間レイチタイ
本田貴子プリリン
間宮くるみギンギン
金田朋子キンキン
飯塚昭三国会議員
屋良有作ドウドウ/ナレーション
銀河万丈アセ・ダク・ダーク
小島よしお歌のお兄さん
原作臼井儀人
脚本本郷みつる
音楽荒川敏行
若草恵
作詞綾小路翔「人気者でいこう!」(名義「DJ OZMA」)
ムトウユージ「ユルユルでDE-O!」
本郷みつる「金、金、お金」/「ビバビバズンズン体操」/「小さな鳥の見る夢は」
作曲荒川敏行「金、金、お金」/「ビバビバズンズン体操」
若草恵「小さな鳥の見る夢は」
主題歌綾小路翔「人気者でいこう!」(名義「DJ OZMA」)
矢島晶子「ユルユルでDE-O!」(名義「のはらしんのすけ」)
挿入曲宮本充「金、金、お金」(名義「マック・ラ・クラノスケ」)
堀江由衣「小さな鳥の見る夢は」(名義「マタ・タミ」
小島よしお「ビバビバズンズン体操」(名義「歌のお兄さん」)
撮影梅田俊之(撮影監督)
東京アニメーションフィルム
製作シンエイ動画
テレビ朝日
双葉社
アサツー ディ・ケイ
プロデューサー茂木仁史(チーフプロデューサー)
中島かずき(チーフプロデューサー)(名義「中島一基」)
杉山登(チーフプロデューサー)
配給東宝
特撮堤規至(CGI)
作画本郷みつる(絵コンテ)
橋本昌和(絵コンテ)
湯浅政明(設定デザイン)
高倉佳彦(キャラクターデザイン/原画)
末吉裕一郎(キャラクターデザイン/原画)
高橋英樹[作画](原画)
京都アニメーション(動画)
原勝徳(キャラクターデザイン/作画監督/原画)
美術野中幸子(色彩設計)
石田卓也〔クレイアニメ〕(ねんどアニメ)
京都アニメーション(仕上)
編集小島俊彦
録音大熊昭(音響監督)
西尾昇(デジタル光学録音)(デジタル光学録音)
その他東京現像所(現像)
あらすじ
ある夜、突然しんのすけの元に、プリリンと名乗るナイスバディな女性が現れ、しんのすけにお願いを聞いてほしいと言ってきた。実はその頃、闇の世界“ドン・クラーイ”では、「選ばれし勇者」に地球とドン・クラーイを繋ぐ“闇の扉”を開けさせ、地球を闇で支配する計画が進行しており、しんのすけがその「選ばれし勇者」になってしまったのだ! その日から野原家の周りでは次から次へと異変が起きはじめる。果たして、しんのすけは地球を闇の世界から救うことができるのか!?
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
13.日常パート、CGによる飛行機での戦闘、歌のシーン。尺稼ぎが多すぎる。そして取って付けたよう設定。いいところがない。
たろささん [インターネット(邦画)] 1点(2017-01-23 21:43:59)
12.《ネタバレ》 骨格だけ見ればヘンダーランドに似ている。手下数名つきの悪役(親玉)が最後まできっちり悪役していて、お助けキャラがしんのすけを助けつつ敵を倒すという具合だから。だがなぞっただけのシナリオなんて、専門家でなくても簡単に書けそうだし、そこからはみ出した要素がないからつまらない。
空耳さん [インターネット(字幕)] 3点(2016-06-09 02:54:56)
11.どこかで戦国のクオリティを期待して毎年みてるけど
いい加減我慢の限界に来ている。。
miumichimiaさん [DVD(邦画)] 3点(2014-09-17 00:57:40)
10.《ネタバレ》 ストーリー、キャラクター、絵作りが雑と思った。今までは作り手の熱意を感じていたがここ最近作られてるものはなんか感じてこないな。
みぢこさん [映画館(邦画)] 0点(2010-12-20 19:09:06)
9.《ネタバレ》 散在するギャグや毒はそれなりに笑わせてくれるのだけど、単発で終わって積みあがって行く感じがしない。矛と盾と銅鐸が何たら…ってヒーロー譚っぽいうんちくから始まる。それがストーリーや世界観に活かされているかと云うと、ラスボスとの対決で初めて少しだけ意味を持った程度で、なんだか芯のない映画だった。過去に何作か観たクレしん映画はもう少し日常と非日常が上手く繋がっていてバカバカしさにも説得力があった。本作はファンタジーに振り過ぎてこのシリーズの良さを殺しているような印象です。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2010-09-08 02:18:27)
8.ちょうど『戦国大合戦』を観た直後だったのでテレビで放送されていたのをなんとなく鑑賞。……これはちょっと、褒めるところが見当たらないかな。これを子どもだましといったら子どもに失礼でしょう。

いろいろなものを詰めこんだせいでわけわかんなくなってるし、しかも取り入れているのがまた浅はかな流行ネタばっかり。話の筋がくだらないのに加えて台詞のひとつひとつが薄っぺらくて、ギャグは痛々しいほどすべってる。脚本が完全にやっつけ仕事。

というか、一人称に『僕』を使う女の子を出して、しんちゃんがその胸を触ってドキッとするとか――クレヨンしんちゃんでやることじゃない。はっきり言って気色悪かったです。
no oneさん [地上波(邦画)] 3点(2009-04-22 23:08:35)
7.クレしんで3Dなんか見たくないわ。しかも3流の・・・。ストーリーもやっつけ仕事でやってるんか?ってぐらい力の入ってないダルダルな感じだし、TV放送の方が何倍もマシ。別に毎年、映画にしなければならない訳ではないので、もっとしっかりしたもの作って下さい。クレしんが好きなので、今後も応援していきます。
はりねずみさん [DVD(邦画)] 3点(2009-01-13 23:55:35)
6.本郷みつる氏が監督に復帰したので期待していたのですが・・・
なんかここ最近のと変わらないできばえでした。むかしのクレしん映画はたった1時間半の映画で大冒険が見れたのですが、最近のはただのTVスペシャルを見ているような感覚に陥るんですよ。映画にするほどの内容じゃないな、みたいな。 むかしのだったら個性豊かなキャラたちがいっぱい出てきたのに最近のはキャラクターたちが全然普通で記憶に残らないんですよ!!
ゲストキャラとの友情や絆も全然えがけていないし、てか脚本がクソ!!
のび太さん [DVD(邦画)] 4点(2008-12-17 11:02:26)
5.《ネタバレ》 金矛のキンキン、グロくないですか?大の大人が休日に1人で見る映画じゃないね、これ。
VNTSさん [DVD(邦画)] 5点(2008-12-06 23:06:17)
4.うーーーーーん・・・・・・・。ううううーーーーーん・・・・・・(悩)
no_the_warさん [映画館(邦画)] 6点(2008-05-31 00:32:52)
3.《ネタバレ》 原作品は「オトナ帝国」「戦国大合戦」である意味飽和しちゃったのち、行き先がわからなくなってしまってたような感があったので本郷監督に戻ったと思います。ファンタシーは御免被りたい、その一言ですが… でも初老のおっさんの鑑賞にもにも耐えうる作りだと思いましたよ。個人的によかったのは、空中戦シーンでしんのすけの機種が「震電」ベースだったこと、クルマでの追っかけシーンがタツノコプロへのオマージュとして作られてたことですね。前者はプロペラ機時代の空中戦の作法をちゃんと描いてますしね(私の伯父は陸軍パイロットだったので色々話聞きました)。後者は「マッハGo!Go!Go!」だってありありとわかるし、シーンの締めが「ニャンパラリン(by にゃんこ先生)」なんだもん。そういえばアセ・ダク・ダークって「宇宙エース」のなんとか星人の要素もあったな。カスカベ防衛隊の活躍がなかったのは残念でした。個人的にシリーズベストは「戦国大合戦」次いで「ジャングル」で「オトナ帝国」はちょっとやり過ぎだと思ってます。
shintaxさん [映画館(邦画)] 5点(2008-04-24 17:54:32)
2.《ネタバレ》 わーい、本郷みつるバージョンが帰ってきた・・・と、思わず暗闇の街でしんのすけと一緒に飛び跳ねてしまいました。クレヨンしんちゃんの面白さはサイクロン幼稚園児しんのすけが現実非現実にかかわらず大人の構築した世界観をかき乱すことにあると思います。それをМ16やハマーではなく、魔法のアイテムとシュールな異次元暴走で見せてくれる本郷監督は個人的には原監督より好きです(悪党を殺しちゃう所は除く)。しかしやはり10年以上のブランクは大きく、話的にだれてしまっている部分は中盤なんか特にそうです。それに「夜襲い来る不思議な空間」という面白いシチュエーションにもう少し「不思議なりの臨場感」が欲しかったかなあ。それでも子供のころに見た不思議で怖い夢のような、本郷しんちゃんの独特な世界観に懐かしさを感じたので、今後の期待を込めて・・・。あと、一緒に見た奥さんはマタが女の子だったことに最初に気付いたみたいです。さすが・・。
はち-ご=さん [映画館(邦画)] 7点(2008-04-19 23:26:46)
1.クレしん映画の黎明期、私は「なんでクレしんでファンタジーなのよ? そういうコトは『ドラえもん』でやっててくれよ・・・」と思いました。本郷監督再登板となった今回の作品は、モロに初期のクレしん映画の世界で、初期作品が好きな人にはお薦め、私には全然ダメ。クレしんで選ばれし者とか世界を救うとかね、本当にやめて欲しいと思うんですけど、もう、それは好みの問題としか言い様がない訳で。今回、たとえば作画はとっても丁寧で綺麗です。日常描写をひたすら積み重ねてゆく前半は、少々やり過ぎ?と思いつつも技巧的な演出で魅せます。でも、世界設定や物語は徹底的につまんない。ファンタジー=何やってもいい、みたいな感じになっていて、なんでもアリじゃ、逆に何もないのと同じだよねぇ、って。延々とフルCGで展開するドッグファイトは他人のゲームプレイを横で見ているような遠い遠い距離感ですし、途中で安易にしんのすけに気分の悪い選択をさせるのも、なんだかイライラさせられますし。それに半端に盛り込まれたメッセージが鼻白む感じで、そこを徹底的に描くか、さもなきゃ作品世界から一切抜くか、とにかく作家性みたいなのがジャマしてるような気がして、これもまたイラつきの種。単純に本郷監督の波長が全く私に合わない、それだけなのでしょうけれど。ここ数作の中では作品としての質はかなり高い方だったのであまり悪い点は付けたくないのですが、自分的にはこれが限界。この先、この路線に戻るようなら、もう映画館で見なくていいかな。
あにやんさん [映画館(邦画)] 4点(2008-04-19 20:56:45)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 13人
平均点数 3.62点
017.69%
117.69%
200.00%
3538.46%
4215.38%
5215.38%
617.69%
717.69%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.00点 Review1人
2 ストーリー評価 0.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 0.00点 Review1人
4 音楽評価 4.00点 Review1人
5 感泣評価 0.00点 Review1人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS