3-4X10月のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > 3-4X10月
 > (レビュー・クチコミ)

3-4X10月

[サンタイヨンエックスジュウガツ]
Boiling Point
1990年【日】 上映時間:96分
平均点:6.22 / 10(Review 59人) (点数分布表示)
公開開始日(1990-09-15)
アクションドラマスポーツもの犯罪ものヤクザ・マフィアバイオレンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-02-02)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督北野武
助監督吉川威史
辻裕之
渡辺武〔監督〕
キャスト小野昌彦(男優)雅樹
石田ゆり子(女優)サヤカ
ベンガル(男優)武藤
井川比佐志(男優)大友
ジョニー大倉(男優)南坂
小沢仁志(男優)金井
ビートたけし(男優)上原
飯塚実(男優)和男
井口薫仁(男優)隆志
井手らっきょ(男優)ハジメ(名義「井手博士」)
芦川誠(男優)
布施絵里(女優)美貴
豊川悦司(男優)沖縄連合組長
鶴田忍(男優)スタンドの店長
藤浪晴康(男優)パチンコ店店員
脚本北野武
撮影柳島克己
山本英夫〔撮影〕(撮影助手)
製作奥山和由
片岡公生(製作デスク)
松竹富士
バンダイ
プロデューサー鍋島壽夫
森昌行
吉田多喜男
佐々木麻美子(協力プロデューサー)
配給松竹
特撮納富貴久男(特殊効果)
小林正巳(操演)
美術都築雄二(美術助手)
柴田博英(装飾)
赤松陽構造(タイトルデザイン)
編集谷口登司夫
宮島竜治(編集助手)
録音堀内戦治
照明高屋齋
松岡泰彦(照明助手)
その他吉川威史(キャスティング)
オフィス北野(協力)
東京現像所(協力)
BIG SHOT(協力)
あらすじ
何をやらせても冴えない青年、雅樹(柳ユーレイ)は、些細なことからバイト先で暴力団とのトラブルに巻き込まれてしまう。収拾がつかない程悪化する事態に、自分を変えたいと思う雅樹は、さらに首を突っ込んでしまう。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
59.《ネタバレ》 若き日の石田ゆり子が出ているので観てみたが、中身からっぽ。野球スポコンを期待していたのだが、何とも間の抜けた雰囲気。我らがたけしクンは愛人をイジメてるだけ。ほとんど何言ってるかわかんねえし。特に後半が酷い。これは駄作。
獅子-平常心さん [DVD(邦画)] 5点(2019-06-03 23:34:43)《新規》
58.《ネタバレ》 強く惹きつけられた。あの「ソナチネ」より好きな作品だ。
ナンセンスなバイオレンスはある程度北野武に一貫しているが、この映画ではそれが最も明確に成されている。
特に兄貴分に「指を詰めろ」と迫られ、冗談かと思っていると本当に叩き切られ、それでいてなお関係は変わらず継続していくシーンは、北野映画の全シーンの中で最も優れている。
ラストシーンが、あれだけ上手く機能したのはおそらく意図によるものではないだろう。
映画全体のナンセンスさが、夢のナンセンスさとぴったり合致している。それでいてその生々しさが、けしてそれが「夢オチ」などという安易なものではないという印象を焼き付ける。
この映画を見終えたものが「あの出来事が夢だったとしても、現実だったとしても、全く同じことなのだ」とさえ気がつけば、あのオチに宿る奇跡の意味をおそらく知ることになる。
浅田荷葉さん [DVD(邦画)] 8点(2019-03-12 03:23:53)(良:1票)
57.最初、ガダルカナルタカの役はたけしが1番合うんじゃないかと思ったが、実際のたけしの役柄を観て納得、ここまで得体のしれないクレイジーな役所はたけしにしか無理だった。
ストーリーは賛否分かれる所だと思うがたけし映画のファンなら避けては通れない道。
ヴレアさん [DVD(邦画)] 6点(2017-07-12 19:26:52)
56.《ネタバレ》 惨敗というレッテルが貼られがちだが個人的には非常に面白かった。
セリフが少なく音楽も細いが100分も満たないストーリーに狂気とたけしの魅せ方が凝縮しているように思える。
青年が暴力団に復習を決意していく話で夢落ち。もはや定番となる暴力団の絡みとありきたりな結末がしっくりきて見事融合した粗削りなアート。
賛否両論はわかってる。でもたけし映画の魅力を感じるなら避けては通れない本作品。
Mighty Guardさん [DVD(字幕)] 7点(2016-04-07 22:50:33)
55.《ネタバレ》 北野映画らしいカメラワークや間の取り方、セリフ回しを充分に楽しめる映画 北野映画としては2作目「その男、凶暴につき」で評価されたクリエイティビティをさらに強調した映画になっていて北野表現がもっともわかりやすく、その分鼻につくかもしれない しかし好きな人はこれが一番好きかもしれないな 主人公のセリフはほとんど無く、無表情で棒のようだ 脇を固める人達も身内のたけし軍団で決してうまいとはいえないキャストばかり これはたけしが俳優なんてどうだっていいじゃん的な方向を究極まで突き詰めた結果の様に思えた そう言う意味では自分の才能に自信があってガツンと作った感がある 見ていて安定感がある しかしこのキャストではヒットは見込めない(笑) ヤクザの世界を徹底してカリカチュアしていて怖さを通り越してかなり可笑しい すべてがブラックユーモアで出来ていてほぼファンタジーである 見送りの三振をフルで見せる 何度も繰り返して名前を呼ばせる ビールで殴った後でもう一度ビールで殴る もう止めてやれと言いたくなる程、延々と女を小突く タイトルもジョーク以外の何者でもない この辺のセンスはやはり日本人離れしていると思った その分日本人には受けないだろうなとも思う 前半は非常に面白いが後半はブラックすぎて笑えない 北野映画に共通するがエンディングにカタルシスが無い 毎度のバッドエンドには唖然としてしまう 無関係な恋人の石田ゆり子まで自爆して果てるのはたけしも人が悪すぎる 夢オチ的なラストはまったくピンと来なかった このラストなら何度も何度も繰り返しのギャグが全編に渡っているのでスゴロクの振り出しを思わせる演出、あるいはパラレルワールド的な演出でオチにするべきじゃなかろうか とりあえず北野らしさの見本のような映画である
にょろぞうさん [DVD(邦画)] 7点(2014-07-29 00:09:28)
54.《ネタバレ》 初監督の一作目がインパクトあったので、比較すると微妙な感じに思えるが、個人的に好きな作品の『ソナチネ』等、後々の北野作品独特のカットが垣間見える。

が、私はジェントルマンなんで(ホンマかいな?)、レディの頭を小突いたり蹴ったりするシーンがチョッと目に余ったのがマイナス点。
ぐうたらパパさん [インターネット(字幕)] 5点(2013-11-16 17:06:06)
53.《ネタバレ》 柳ユーレイのボソボソ話すキャラに終始イライラ、作品自体も地味でパッとしない印象だった。率直な感想で言えば、とてもつまらなかった。
afoijwさん [DVD(邦画)] 2点(2013-09-15 11:18:44)
52.《ネタバレ》 ただただ続く日常。その中で偶発的に起こる暴力の発火と終着点。素晴らしい。が、沖縄上陸後は映画として収まる場所を急に探し始めた感じがして自分には合わない。タンクローリーでの突入も「その男凶暴につき」ような美しさはない。「その男~」時にあった『死』を超えて互いに関係性の構築をぶつけ合う様ではなく、単純に、短絡的に『死』で決着を着けようとスイッチが入った若者にしか見えない。このような短絡的な『死』の物語にも美しさはあると思うが本作は描けてはいない。残念。
reitengoさん [DVD(邦画)] 7点(2013-04-19 13:30:50)
51.ソナチネの原型ということか。ストーリーのつながりはあまりうまくない。絵はいいね。
Balrogさん [映画館(邦画)] 6点(2012-09-11 16:14:04)
50.《ネタバレ》 北野武監督作品第二作目も北野武らしい。いや、北野武というよりはビートたけしらしい馬鹿馬鹿しい笑いを描いている。例えばオープニングからしてもそうである。草野球の最中にただ一人だけ仮設のトイレから出てくる冴えない男の登場の仕方といい、やくざに巻き込まれるまでの流れ、更に最初に代打で出てきて一度もバットを振らずに三振の汚名返上とばかりにもう一度代打で今度は大きな逆転ホームランも前のランナーを追い越してアウトで逆転ならずに敗戦。ここらは予想通りではあるが、たけしらしい。更にそんな男が初めてのデート中、二人をからかっている奴等が止まっている車に追突。監督武というよりもビートたけしらしい馬鹿馬鹿しさである。ビートたけしの子分、渡嘉敷の指を詰めるのも将棋の駒ってのも如何にもたけしが思いつきそうな感じである。沖縄での場面、置いてけぼりを喰らう二人のシーンや事務所に乗り込んで銃を撃っても弾が出ず、その後の彼女のデート中の車の中で発射やら空港内で前の乗客の荷物にどさくさに紛れて持ち歩いていた銃を投げ入れるというようなアホらしさ、そうそう、海でのシーンの静けさ、最初から最後まで全く音楽無しなのも新鮮である。うるさい音楽なんて無い方が映画に集中出切るんだぜ!とでも言っているような演出である。最後も草野球の場面で閉める。しかもここでまたトイレから出てくる男、野球とヤクザ、何の関係もないような中でそれぞれの見せ方が面白い。面白い映画なんだけどどうにも女性に対して殴る。蹴るシーンが多過ぎるのが気になる。作品全体の色、静かな中で感じられる殺気やら馬鹿たけど何とも憎めない登場人物、北野武(ビートたけし)は岡本喜八監督の初期の頃の映画に出てくる可笑しな人達の様にこの映画は明らかに岡本喜八監督の「「ダイナマイトどんどん」の影響を受けているそんな映画だと思いました。
青観さん [DVD(邦画)] 7点(2011-12-19 20:00:45)
49.沖縄、ヤクザ、海、砂浜、マシンガン等、次作『ソナチネ』で見事に開花するネタが詰まっています。が、ストーリー、キャラも弱くつなぎの作品のようであり、北野作品たる迫力には欠けます。
さめがいさん [DVD(邦画)] 5点(2011-12-18 13:13:13)
48.設定も悪くないし、演出も北野監督らしいシーンが垣間見えるのだが、
あくまで実験的な作品という印象で、まだこなれていない感じは受けてしまう。
役者としてのたけしは存在感が抜群だけど、石田ゆり子の役柄が不可解だし、
ラストもこれはちょっといただけない。北野監督の初期作品ということで、
「ソナチネ」などにはうまく生かされたのかな?
MAHITOさん [DVD(邦画)] 4点(2011-09-28 05:35:02)
47.未来の巨匠の試作品。一言で言うと荒削り。
しかしその後の作品を知っている人にとっては、その萌芽をこの作品から感じ取ることが出来ます。

仮にこの作品だけを世に問うなたら、無視されて終わったでしょう。
のちの名作の作品群の原点という意味においてのみ価値があると思います。

作品単体としては、ちょっと間延びしてます。

ひであきさん [DVD(邦画)] 4点(2011-07-16 03:25:05)
46.まず撮りたい画があって、それに合わせてストーリーを構築していったような印象で、はっきり言ってストーリーはよく分からないのだが、それでもけっこう面白かった。たけし映画はセリフが少ないのが特徴的だが、この映画では音楽もカラオケでベンガルが歌う曲以外は一切なしという徹底ぶりで「その男、凶暴につき」に続いて独特の雰囲気を持った作品となっていて、沖縄、海、空など「ソナチネ」と通ずるようなところがあるのも偶然ではないだろう。「ソナチネ」でも海や空の青がとにかく印象的だったが、わずか2作目にして既に海や空の映像に対してこだわりが見られ、たけし映画の特徴の一つであるキタノ・ブルーと呼ばれる青を強調した映像がこの映画でも美しく表現されており、「その男、凶暴につき」同様、たけしのお笑い芸人とは全く違う映画監督としての北野武を語る上でとても貴重な作品で、特にのちのたけし映画の芸術性はこの映画が原点なのだと思わずにはいられない。個人的には「その男、凶暴につき」のほうが好みだが、この映画もたけし映画の原点として外せない映画ではないだろうか。たけし本人が出ていて、主役ではないのもこれだけのような気がする。(かなり目立っちゃってるけど。)それにしても無名時代のトヨエツが若いなあ。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 7点(2011-06-02 00:14:36)(良:1票)
45.情景の集まりのような映画。やくざ、野球、海、おねえちゃん。ナンセンスだろうと撮りたい絵をつないで作家性が生まれたら映画として成功なんだろう。
michellさん [DVD(邦画)] 6点(2011-03-26 18:35:55)
44.わずか2作目でその後のたけし作品すべてに通じるものが構築されている。
夏、沖縄、空、海、遊び、ギャグ、冷めた目線、そしてキタノ・ブルー。


キタノ映画の原点。いちキタニストとしてはたまらん作品です。
せかいのこどもさん [DVD(字幕)] 9点(2010-12-12 11:12:36)
43.《ネタバレ》 別に特別面白い映画ではないんだけど、全体に漂う枯れた空気感が、何度も観たくなります。ガソリンスタンドでヤクザがイチャモンつけてくるシーンや、バーでマスターがキレるシーンは凄いです。シュールなジョークも笑えます。ただ、沖縄編の後半から武が主人公になっちゃってるのと、沖縄から帰って来てからの流れがちょっと面白くなかった。
モンチョさん [DVD(邦画)] 7点(2010-11-18 00:23:49)
42.まずやはり目を引くのがタイトル。

僕は「3マイナス4掛ける10月」だと思っていた。
鑑賞後もタイトルの意味だけがさっぱり分からず調べてみたところ、そんなに深い意味は無いのね(笑)
単なる野球のスコアで少しストーリーに引っ掛けてあるぐらい。

北野監督2作目となる本作は、前作のソリッドさからは大きく離れ、後の北野作品の土台となる出来となっている。
死、枯れた笑い、皮肉、沖縄・・・
など「ソナチネ」にかなり通じるものがあるが、個人的には本作の方が好み。

しかしなんなのだろう この初期北野映画の妙な中毒性は。
作品自体の映画としての完成度は一般的に見れば低い部類だろう。
しかしそれ故の「満たされない」独特の雰囲気が、上手く言葉に出来ない感情を僕らに抱かせ、
もう一度観たくなってしまう。

支離滅裂な展開で初めは戸惑いを覚えずにはいられないが、オチで収束される。
この手のオチは個人的にはあまり好きでないやり方なのだが、本作に関してはこの落としかたがベストに思える。

興行収入に恵まれなかったのはむしろ当然と思ってしまう掴み所の無い本作だが、
この感覚を他の映画で味わえるかというと・・。

好き嫌いハッキリ分かれると思う。
好きな人はきっと僕と同じように中毒になってしまっているはず。

前作のファンのことなんか全く考えていないようなぶっ飛び方。
でも色調はやっぱり北野映画。う~ん凄い。
おーるさん [DVD(邦画)] 7点(2009-12-08 17:34:47)(良:1票)
41.《ネタバレ》 ○とりあえず、なんかよく分からない映画だったが、最後までしっかり観てしまった。やはり間の取り方が天才的なんだろう。○夢オチはさすがに・・・ですね。○てか武軍団はクレジットなしですか。たけしの悪戯みたいなもんでしょうが可哀相に。
TOSHIさん [DVD(邦画)] 5点(2009-08-18 13:46:06)
40.最小限の説明と、穏やかなカメラワークの静かで非刺激的なバイオレンス映画。この奇妙で淡白な笑い、残酷さ、気持ち悪さに時折ハッとさせられるも、見ている側にはどうにも蚊帳の外感がある。主演が冴えない顔つきの男(柳ユーレイ)ってこともなんだか居心地の悪さや物足りなさを強調されてるかのようで、それを楽しめるかどうかが評価の分かれどころなのかな。
すべからさん [DVD(字幕)] 6点(2009-03-02 13:01:54)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 59人
平均点数 6.22点
000.00%
123.39%
223.39%
335.08%
446.78%
5813.56%
61016.95%
71525.42%
8711.86%
958.47%
1035.08%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.80点 Review5人
2 ストーリー評価 4.66点 Review6人
3 鑑賞後の後味 5.85点 Review7人
4 音楽評価 5.66点 Review3人
5 感泣評価 2.50点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS