スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師
 > (レビュー・クチコミ)

スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師

[スウィーニートッドフリートガイノアクマノリハツシ]
Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street
2007年【米・英】 上映時間:117分
平均点:5.85 / 10(Review 140人) (点数分布表示)
公開開始日(2008-01-19)
公開終了日(2008-06-11)
サスペンスミュージカル犯罪もの戯曲(舞台劇)の映画化
新規登録(2007-12-25)【rothschild】さん
タイトル情報更新(2019-07-07)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ティム・バートン
キャストジョニー・デップ(男優)スウィーニー・トッド(ミスターT)
ヘレナ・ボナム=カーター(女優)ミセス・ラベット
アラン・リックマン(男優)ターピン判事
ティモシー・スポール(男優)バムフォード
サシャ・バロン・コーエン(男優)アドルフォ・ピレリ(デイビー・コリンズ)
ジェイミー・キャンベル・バウアー(男優)アンソニー・ホープ
ローラ・ミシェル・ケリー(女優)物乞いの女
ジェイン・ワイズナー(女優)ジョアナ
エド・サンダース〔男優〕(男優)トビー
アンソニー・ヘッド(男優)髭剃り競争の後でトッドに声をかける男(ノンクレジット)
原作スティーヴン・ソンドハイム(原作戯曲)
脚本ジョン・ローガン
音楽スティーヴン・ソンドハイム
アレックス・ヘッフェス(追加編曲音楽)
作詞スティーヴン・ソンドハイム挿入歌"No Place Like London"他
作曲スティーヴン・ソンドハイム挿入歌"No Place Like London"他
編曲ジョナサン・チューニック
撮影ダリウス・ウォルスキー〔撮影〕
製作リチャード・D・ザナック
ローリー・マクドナルド
ジョン・ローガン
ウォルター・F・パークス
ドリームワークス
ワーナー・ブラザース
製作総指揮パトリック・マコーミック
配給ワーナー・ブラザース
特殊メイクニール・スキャンラン
特撮ムービング・ピクチャー・カンパニー(視覚効果)
シネサイト社(視覚効果)
美術ダンテ・フェレッティ(プロダクション・デザイン)
フランチェスカ・ロ・スチアーヴォ(セット装飾)
リチャード・モリソン[タイトル](タイトル・デザイン)
衣装コリーン・アトウッド
編集クリス・レベンゾン
字幕翻訳佐藤恵子
その他パトリック・マコーミック(ユニット・プロダクション・マネージャー)
あらすじ
19世紀のロンドン、フリート街。一流の腕を持つ理髪師ベンジャミン・バーカーは、彼の美しい妻に横恋慕した悪徳判事ターピンによる陰謀で、投獄され全てを失ってしまう。15年後、やっとのことでロンドンに戻った彼は、愛妻と愛娘の悲惨な境遇に嘆き、判事への復讐を決意するのだった。ブロードウェイのミュージカルで大ヒットした、実話とも言われる殺人鬼の物語。ティム・バートンとジョニー・デップのコンビが、今再び世に送る。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
140.《ネタバレ》 誰一人として感情移入できない。自分たち家族を陥れた判事への憎悪故に罪のない客をも手をかけていく主人公に、主人公を自分のものにしようと邪魔な妻を彼に知られぬまま殺させる下種な女主人、そして人肉ミートパイ・・・。視覚的にも精神的にもグロテスクな物語を、ティム・バートンならではのゴシックな美術とダークファンタジーなガジェットを詰め込んだミュージカルとして見せるため、辟易の一歩手前で復讐の果ての悲劇を際立たせる手腕は彼の真骨頂だろう。浜辺の妄想シーンで主人公の笑ってない表情がなかなか面白い。救いのない結末の中、残された娘と青年のその後を一切描いていない分、微かな希望は持てる。
Cinecdockeさん [DVD(字幕)] 7点(2021-06-18 11:53:11)★《新規》★
139."量産"し始めたところからドン引き・・・残虐とかグロ以前の問題。
午の若丸さん [DVD(字幕)] 3点(2015-04-04 17:47:45)
138.俳優陣の皆様は、「歌の練習」と、「歌いながら演技をする練習」と、「振付の練習」をもう少しするべきでした。
Oliasさん [DVD(字幕)] 5点(2014-11-03 01:05:00)
137.《ネタバレ》 虫けらの棲家、醜いロンドンでは詩はユーモアに満ちて高らかに?歌声は美しく響く。
芸術とはこういうものなのだと思う。
分かりやすいほどに暗く幻想的な世界観。
ティムバートン監督はこの手のファンタジーの職人といえる。
この作品もまたブラックユーモアに満ちている。
殺人、地下室、拷問器具(のような椅子と精肉器)、ミートパイのネタ、精神病院、
魔女、悲劇、これらはダークファンタジーの極み。

怪奇映画は歪んだ愛というものが大体を支配している。
この映画もそんな感じだけど、
愛の歪み方がユーモラスで面白い。
歪みは大体が悲劇しか生まないようだ。
それを体現するような映画だった。
スプラッタ映画としてのレベルも高く、
”スパッと切れる”のと”グチャってなるの”との両方が繰り返されるところに
変態じみたものを感じる。

スウィーニートッドはブラックジャックみたいだ。
またスウィーニートッドはその髪型がⅩ麺のウルヴァリンみたいだ。
これでシザーハンズみたいに剃刀を鉤爪みたいにつければ完璧にウルヴァリンだったのに、惜しい。
突拍子もないこと言ってスミマセン。
幽閉されたヒロインの少女はラプンツェルがモデルだろうか?
この薄気味悪いロンドンで杖を鞭打ちみたいにしている役人の光景はジキルとハイドを思い出す。
ティムバートンの映画は魔女とか悪女がけっこう出てくるの特徴がある。
青年の愛多きゆえの失態がウザい。
あまりにも憎ったらしい判事への復讐が失敗に終わった瞬間、気が変になりそうだ。

暗く悲しい終わりが美しくて、スリーピーホロウの頃のティムバートンのダークファンタジー復活を思わせる。
ミュージカルの歌が良かった。
ゴシックヘッドさん [DVD(吹替)] 7点(2013-11-26 23:37:03)
136.《ネタバレ》 ◇先日、舞台版のスウィニートッド<市村正親・大竹しのぶ>を鑑賞した後、改めて借りてきました。◇舞台版とストーリーはほとんど同じで、なるほどー、映画だとこうなるのね、と比較しながら楽しんでみました。◇しかしながら、映画版でわざわざ「ザックリ剃刀&血しぶき」を何度も見せるところは無駄と感じた。もっと比喩的に演出してほしかったので、マイナス1点。◇海辺のシーンが一番お気に入りでした♡
ミルアシさん [DVD(字幕)] 5点(2013-08-03 10:57:22)
135.《ネタバレ》 こんな床屋は嫌だ!店のオヤジが殺人鬼。これはヤですねー。こういう一発ネタでも映画になるんですねー。・・・・・・予備知識無く見ていましたが、中盤でようやく「原作は舞台か何かかな?」と気づけました。実際そうなんですね。ティムバートンってのはつくづく個性的な題材を見つけてくるなあと感心します。子供の頃観た怪奇映画を「シザー・ハンズ」などの作品へと昇華させたり、近年ではアリスを映画化したり。皆がよく知っている、けれど漠然として忘れかけていた物語を復活させるのが上手いですね。そういうところはタランティーノと似てるところがあるなあ。おとぎ話を現代風にリメイクする映画はまだまだ流行っているし、その流行の先陣を切っているという意味でも、クリエーターとして衰えてない感じがします。物語の幕引きは絶妙なところで終わっているので、残された人々のその後を想像させられました。そういう部分を映像で観てみたい気もするけれど、描いたら描いたで蛇足になっちゃうのかな。そのへんのモヤモヤで6点。 殺人理容室の真下が人肉パイ屋。この組み合わせもヤですねー。
ゆうろうさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2013-04-25 03:04:06)
134.《ネタバレ》 すみません私こういうのだめだってことがよくわかりました。
床屋行くの怖くなりませんか?
ぺーこさん [DVD(字幕)] 2点(2013-03-03 14:30:46)
133.ティム・バートンらしいダークホラーですが、思っていた以上にグロいです。ていうかエグいです。そして、ティム・バートン作品に珍しく(と私は思うのですが)、登場人物に魅力が感じられません。ティム・バートン作品は、魅力あふれる独特のキャラクターによってブラックな世界をダークファンタジーへと押し上げているのが売りだと思うのですが、今回はそれがないのでエグさがダイレクトに伝わってきます。とはいえ、人間ドラマ自体は悲しく見ごたえありますし、ミュージカル風に仕立ててみたりと娯楽性も多少は演出されていますので、ティム・バートンファンは一見の価値ありではないでしょうか。
デルモゾールG軟膏さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-10-09 23:52:35)
132.ジョニーではなく、個人的にはヘレナにもうお腹いっぱい感がのある大好きなティム作品ですが、久々のダーク作品でなかなか良かったです。
movie海馬さん [DVD(字幕)] 7点(2012-09-09 01:28:44)
131.《ネタバレ》 舞台は19世紀末、硬い石畳に覆われまるで陰鬱とした空気をどんよりと閉じ込めてしまったかのような街、ロンドン。悪徳判事に妻と娘を奪われ、絶海に追放されてしまったスウィーニー・トッドが、血塗られた復讐を果たすために地獄の底からこの街に帰ってきた…。一時期、低迷していたティム・バートンが見事な復活を遂げた前作から、もう自分の進むべき道を見出したかのように作り上げた、ダークホラー&ファンタジー。監督の本当に自分がやりたかったことを体現するかのように、ひたすら人を殺しまくる(間に歌も唄う)ジョニー・デップの怪演は見ていて爽快感すら感じられて良い。途中から、もう復讐なんか忘れてしまったんじゃないかってくらい、なんの罪もない人々の喉を掻っ切る(飛び散る鮮血がとても美しい)彼の店の下で、彼が開業してから何故か急に美味しくなったミートパイをひたすら売りまくるヘレナ・ボナム・カーター…。ちっぽけなモラルや常識を軽く笑い飛ばすような、そんな二人の活躍に僕は心底痺れてしまいました。ティム・バートン&ジョニー・デップ、僕は何処までも付いてゆくので、これからもずっとブレずに我が道を突き進んでもらいたい。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 8点(2012-05-01 12:23:10)
130.うわあぁ こりゃマジ怖じゃないですか。ティム・バートンちょっと線引き間違えてませんか。ぞくぞくする怖さではなく嫌悪感がつのって単に観てるのが苦痛になってくる。ユーモアないんだもん。それにしても海辺の似合わないことNo・1のカップルだったなあ。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-02-11 01:43:03)
129.《ネタバレ》 なんとかハンズの時には お庭で綺麗なアートやらかしちゃってて結構お茶目だったのに、ちょっと見ないうちに悪いヤツになってしもうたのう~  一見、鹿賀丈史っぽくなってきてしまわれましたのう~
3737さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2011-07-22 22:52:06)
128.モノクロームの部屋に飛沫く鮮血がなんとも残酷で美しい。
みぢこさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2011-04-17 15:21:55)
127.ミュージカルは食わず嫌いなのですが、ジョニー・デップが好きなので鑑賞。
異常な殺人鬼を特異なキャラクターで見事に演じています。
画面から臭いが漂ってくるくらい気持ち悪かった。
ゆめやさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2011-02-24 22:33:20)
126.《ネタバレ》 ヘレナボナムカーターがジョニーデップの役もやればジョニーデップ分のギャラが浮くよねー。あ、でもジョニーデップ効果が無いと客足に響くのか。だったらジョニーデップがヘレナボナムカーターの役をやるとちょうどイイじゃん!て、もやーと考えてしまう位似てたね。ティムバートン作品ではいずれもその傾向がありますがこれはそれが顕著。
Peccoさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2011-02-06 01:27:38)
125.《ネタバレ》 あんましグロイのは苦手なんです ほんでもってこれまた苦手なミュージカル仕立てだけど、どうせするなら皆で踊っちゃう ぐらいあってもよかったかも  で、最終的に娘はほったらかし? グロさに走るのは構わないけど、もうちっとその辺を詰めてほしかったかな  まぁ好き嫌いはかなり分かれるだろうけど、ある意味ティム・バートンらしいものであったかと思いマス
Kanameさん [DVD(字幕)] 3点(2011-01-16 08:32:50)
124.《ネタバレ》 ティムバートンの作品はいつも自分の中ではあと一歩。雰囲気とかは好きなのに、どこかが陳腐だったり、辻褄あわせが下手だったり、雰囲気をぶち壊す何かが現れたり…。楽曲はいいと思うし雰囲気もグロめだけれども独特の世界観でいいと思います。ただやっぱり納得できないのは、連続殺人を淡々と行えるくせに復讐には豪く慎重な主人公。そこが気持ち悪くてやっぱりなかなか好きになれないティムバートン。あとパイに集る害虫もトラウマになりそうなぐらい嫌でした。
なこちんさん [DVD(字幕)] 5点(2010-12-19 06:53:59)
123.いや~参りました。
基本的にグロいのは平気なのですが、どうも血が噴き出るのだけはダメですね。何度も目を反らしてしまいました。しかしあのナイフは切れ味抜群ですね。

ミュージカル要素を取り入れた映画は初。このレベルであれば苦手な方でも楽しめます。ストーリが暗い、重いので歌ってちょっと明るくしてバランスがとれていたように感じた。

たこちゅうさん [DVD(字幕)] 6点(2010-12-18 23:35:56)
122.《ネタバレ》 映画を見始めて、え?!……というのがまず最初の感想。これミュージカルだったんだと。
全体的に画面が暗くて重いのは、ティムバートンらしいから納得。
見続けると、まず物乞いの女が出て来た所で一つネタバレしてしまうのが残念。
分からないのは何故彼があんなに人を簡単に殺し続けられるのか。
下の店の為?自分のやり場の無い怒りの発散の為?
それだとちょっと酷すぎる。
娘と青年の駆け落ち話もなんだか唐突だし、最後はうやむや。二人がどうなったのか、彼女がどう感じたかが全く描かれていない所もはっきりしなくて気持ち悪い。
一番リアルに存在感があったのはミセス・ラベットくらいでしょうか。
ラストは、アレはアレでハッピーエンドなのか?と、思いますが、それにしても後味が悪いです。
子供にあそこまでさせてしまうのはねー。

あの時代のロンドンの雰囲気は楽しめました。
衣装とかセットとか。

バートン&ジョニーと期待していた割には今イチ。主役がジョニーだったから、彼の怪演に+1点。
ももりんさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2010-11-10 04:20:46)
121.《ネタバレ》 ブラック世界でブラックなお話。しかしまあ詰まる所、グロがしたいだけの映画です。殺しがしたいのか復讐がしたいのか判らなくなるほどに、延々と人を殺し続けるシーンが続く。いくらなんでも長い。メリハリがあるわけでもなく、本当に延々とただただ人の喉をさっくりと切り裂き続けるシーンに閉口する。皮肉を利かせたつもりだろう死んだはずの妻関連も、顔を合わせても気付かない主人公に「それだけ愛していたならとっとと気付けよ」とツッコミを入れずにはいられない。そう、とっくに観客は気付いている。楽曲は良かったので+1点。
MARK25さん [DVD(字幕)] 4点(2010-07-24 02:43:51)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 140人
平均点数 5.85点
010.71%
100.00%
242.86%
396.43%
4117.86%
52719.29%
63726.43%
72820.00%
82014.29%
932.14%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.11点 Review18人
2 ストーリー評価 5.63点 Review22人
3 鑑賞後の後味 3.96点 Review25人
4 音楽評価 6.92点 Review25人
5 感泣評価 2.41点 Review17人
chart

【アカデミー賞 情報】

2007年 80回
主演男優賞ジョニー・デップ候補(ノミネート) 
美術賞ダンテ・フェレッティ受賞 
美術賞フランチェスカ・ロ・スチアーヴォ受賞 
衣装デザイン賞コリーン・アトウッド候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2007年 65回
作品賞(ミュージカル・コメディ部門) 受賞 
主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)ヘレナ・ボナム=カーター候補(ノミネート) 
主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)ジョニー・デップ受賞 
監督賞ティム・バートン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS