福沢諭吉のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > 福沢諭吉
 > (レビュー・クチコミ)

福沢諭吉

[フクザワユキチ]
1991年【日】 上映時間:123分
平均点:4.25 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
ドラマ時代劇歴史もの伝記もの
新規登録(2008-01-07)【鱗歌】さん
タイトル情報更新(2015-07-20)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督澤井信一郎
キャスト柴田恭兵(男優)福沢諭吉
仲村トオル(男優)篠原小十郎
哀川翔(男優)中条貢
寺杣昌紀(男優)小畑徳次郎
村田雄浩(男優)薩摩藩士
浜田晃(男優)中津藩・重職
鈴木瑞穂(男優)土岐太郎八
草薙幸二郎(男優)黒沢武兵衛
野村宏伸(男優)黒沢竹之介
火野正平(男優)松倉玄斎
勝野洋(男優)岡本周吉
榎木孝明(男優)奥平外記
南野陽子(女優)ノブ
若村麻由美(女優)お錦
円谷浩(男優)天野清四郎
脚本笠原和夫
桂千穂
音楽久石譲
高桑忠男(音楽プロデューサー)
撮影仙元誠三
製作高岩淡
企画岡田裕介
佐藤雅夫
プロデューサー成田尚哉
配給東映
美術井川徳道
編集市田勇
照明渡辺三雄
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.大河ドラマをスーパーダイジェストで見ている感じ。家老とのエピソードは中々よかった。一方、門下生のエピソードがどこまで史実なのかわからんが、ちょっと冗長で福沢に関係ない余計なのが多いような。
東京50km圏道路地図さん [地上波(邦画)] 5点(2013-06-09 20:56:23)
3. まぁ、4点は妥当ですね。
海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 4点(2011-03-31 22:10:19)
2.幕末という時代背景において福沢諭吉を取り上げた根性には敬意を表す。
しかし、悲しいかな大した見所もなく淡々と進んで行くストーリーにガッカリ。
円軌道の幅さん [映画館(邦画)] 2点(2009-12-23 12:25:53)
1.東映が40周年を記念して世に送ったのがこの、“柴田恭兵主演『福沢諭吉』”なのであります。いかにナイスな企画であるかは、そう、キミの財布の中の一万円札の肖像画がもしも柴田恭兵だったら、どれだけイカしているかを想像してみればよいでしょう・・・? なかなかの力作だと思うのですが、いやあ、しかし、福沢諭吉が主人公の映画。舞台は幕末から明治維新なのであるからして、全国8000万人の幕末ファンの血が騒ごうというもの。しかし、その主人公がよりによって“福沢諭吉”とは、少々地味ではないかい? という不安は誰しも感じる、おそらく監督だって脚本家だって、感じるでしょうなあ。というわけで、福沢ひとりではとても映画が盛り上がらんわい、とばかりに、クライマックスは福沢そっちのけ、戊辰戦争ドンパチ大いに盛り上がります。いやまあ、ここは、内乱の世の中と、敢えて学問の道を選んだ福沢諭吉との対比、なんでしょうけども・・・どっちかというとコレ、“リング内で年配レスラーが渋いグラウンド技を延々と繰り広げてしまい、これじゃあプロレスが盛り上がらんと、若手が派手な場外戦で会場を沸かせている構図”に近いものがあります。福沢諭吉、影薄すぎ。仲村トオルとナンノちゃんのエピソードの方が、とおおおっても判り易く、映画を盛り上げてます(キャラ大量投入でとにかく盛り上げる手法)。え?ナンノちゃんよりももっと演技力のある女優を使えって? ま、いいじゃないですか、彼女の独特の演技力のお陰で、かえって印象的なキャラになってますから。そういえば、諭吉の上役である奥平、豪快なところのあるこの役を、榎木孝明が演じているというのが、一見ミスキャストに見えて、これもなかなか味わい深いキャラになってます。端正な顔立ちの男性が泥酔している姿というのは、実際なかなか美しいものだと、わたしゃ思うんですけどね。
鱗歌さん [映画館(邦画)] 6点(2008-01-16 23:17:06)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 4.25点
000.00%
100.00%
2125.00%
300.00%
4125.00%
5125.00%
6125.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS