ウォーター・ホースのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ウ行
 > ウォーター・ホース
 > (レビュー・クチコミ)

ウォーター・ホース

[ウォーターホース]
The Water Horse:Legend of the Deep
(The Water Horse)
2007年【米・英】 上映時間:112分
平均点:5.85 / 10(Review 20人) (点数分布表示)
公開開始日(2008-02-01)
ドラマアドベンチャーファンタジーファミリー小説の映画化
新規登録(2008-01-09)【カラバ侯爵】さん
タイトル情報更新(2014-11-25)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジェイ・ラッセル
キャストアレックス・エテル(男優)アンガス・マクマロウ
エミリー・ワトソン(女優)アン・マクマロウ
ベン・チャップリン(男優)ルイス・モーブリー
デヴィッド・モリッシー(男優)ハミルトン大尉
ブライアン・コックス〔男優・1946年生〕(男優)老齢期のアンガス・マクマロウ(ナレーター)
石田太郎老齢期のアンガス・マクマロウ(ナレーター)(日本語吹き替え版)
山像かおりアン・マクマロウ(日本語吹き替え版)
宮内敦士ルイス・モーブリー(日本語吹き替え版)
森田順平ハミルトン大尉(日本語吹き替え版)
脚本ロバート・ネルソン・ジェイコブス
音楽ジェームズ・ニュートン・ハワード
ダニエル・ラノワテーマ曲"Back Where You Belong"プロデュース
編曲ピート・アンソニー(指揮も)
ジェフ・アトマジアン
ブラッド・デクター
撮影オリヴァー・ステイプルトン
製作バリー・M・オズボーン
製作総指揮ジェイ・ラッセル
チャールズ・ニューワース
特撮ウェタ・デジタル社(視覚効果)
美術トニー・バロウ(プロダクション・デザイン)
ダン・ヘナ(美術監督&セット装飾)
衣装ジョン・ブルームフィールド
編集マーク・ワーナー〔編集〕
日本語翻訳松崎広幸
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
20.《ネタバレ》 全く期待していなかったのだが、進んでいくにつれ段々と良くなってきてきたという意外な作品。あのネス湖の超「有名」な写真もでてきてなかなか面白かったですね。まぁ確かに突っ込みどころは多いような気はしますがwwそこらへん気にするとこのテのものは観れないもんなwww 最後は意外にも感動でした。観るなら気もちを空っぽにして観ていただければ良いと思いますハイ
Kanameさん [DVD(字幕)] 6点(2019-09-01 17:36:22)
19.《ネタバレ》 素直に見れば楽しめるかと思います、なんとなくビッグフィッシュを思い出しました。これでいいのだって感じですね。
ないとれいんさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2012-12-17 14:57:28)
18.ネス湖のネッシー伝説。ネッシーが湖面から首を出しているとされる有名な黒白の写真。子どもの頃、UFOや未確認生物とかの特番でよく取り上げられていたけど、そう言えばこの写真を見るのもその名を見るのも久々な気がします。

戦争、そしてパパが既に戦死しているという背景、反戦のメッセージは小さな子どもには難しいかもしれませんが、家族で見るのにもいい映画だと思います。

冒頭の「これは本当の物語・・・。」という字幕がいいですね。子どもの頃、ネッシーはいると信じていたよなあ・・・。そう、こういう伝説は信じる人、子ども達にとっては本当の物語、これでいいんじゃないでしょうか。クルーソーが無事、生涯を全うしたことをそっと教えてくれるラストも良かったです。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-01-21 20:10:13)
17.《ネタバレ》 まずびっくりするほど怪獣がかわいくない。そして怪獣に掴まる少年が水におぼれない、伏線おいてけぼりなど異様なほど突っ込み部分が多い。これアニメだったらまだ許せたんだけどなぁ。
とまさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2012-01-09 17:38:47)
16.2008年に鑑賞、「ヒックとドラゴン」で思い出して投稿。ストーリーなど、今も鮮明に覚えているので、良い映画だったなーと実感。景色に息をのみました。アンガス役の男の子は「ミリオンズ」に出ていたあの子だったんだ!うまいもんです。
HRM36さん [試写会(字幕)] 8点(2010-09-12 00:19:39)
15.《ネタバレ》 最近はネッシー等という伝説の生き物の事など殆ど聞くことが無かったが、この映画を観て『あぁ~いたねそんな生き物』みたいに思い出した。今更ネッシーを題材に使わなくてもいいものをとも思ったが、その仮説が面白かった。世界中にネッシーは1頭だけ存在し、卵を1つだけ産む。ネッシーは雄にも雌にもなれる・・・誰が調べたん?
以外にもラストの大海原へ飛び出すところはホロリと来ました。
みんてんさん [DVD(吹替)] 7点(2009-09-15 14:00:58)
14.《ネタバレ》 あまり面白くありませんでした。
なんかスッキリしない。
アンガスって何歳位の設定なんでしょうか。
とる行動があまりに幼稚すぎると思います。
生きているのが奇跡です。
ルイスは怪しい感じで登場したけど、ただの良い人でした。
大尉は良い人そうに現れて実は…と思ったけど、結局良い人でした。
拍子抜け連発です。
それと、アンガスママがウザくてしょうがなかったです。
かずまるさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2009-07-02 18:00:55)
13.《ネタバレ》 少年と動物の友情を軸に、その動物を大人達が殺そうとする、、、、という、実によくありがちなパターンのお話なんですけど、今作はその動物がネス湖のネッシーというこれまでにない題材。ネッシーがファンタジー映画として使われるということは、逆に言うとそれだけネッシーという存在が、「いるのかいないのか」から「人間が作り出したUMA」になった証なのかな。でも、自分が子供の頃には、ああいう湖に古代の恐竜がもし生き残ってたら、、、なんてことを考えただけでわくわくしてましたよね。なにかこう、男の子のロマンをくすぐるものがあった。今回の映画化は子供達に向けたよき娯楽作品となることでしょう。CGの出来も視聴に耐えうる出来に仕上がってたと思います。アンガスを背中に乗せたクルーソーは水中をどんどん潜っていきますが、本当にああいうことをしたらアンガスは水圧でおかしくなっちゃいます。でもいいんです。ファンタジー映画ですもの。恐竜の背中に乗って水中を探検するというのは、それこそ「男の子のロマン」なんですから。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 6点(2008-08-11 00:00:42)
12.《ネタバレ》 普通に感動話。子供たちに見せたいです。とゆーか子供の頃に見ていたら、自分的に大きな存在になる作品だと思います。友情の大切さ、家族の大切さ、そして夢見るココロ。必要な要素がたくさん詰まっています。大人的な考えで観ると惜しいです。
西川家さん [試写会(字幕)] 7点(2008-08-02 14:05:23)
11.《ネタバレ》 思わせぶりなルイスは結局何も無かったし、砲撃が止んでるのにクルーソーが外海に出る必要性がわからなかったし、色んなところで伏線がありつつも消化不良で整合性に多少欠けるけれども、普通に家族で楽しめる素晴らしい作品だと思いました。ちなみに私はクルーソーとアンガス少年の絡みよりも、チビアンガスとパパの作業場でのやりとりにホトホトと涙を流しちゃいました。子を持つ年齢の人には分かってもらえるかな? チビアンガス役の子に10点上げたいですね(笑)
DeVanteさん [DVD(字幕)] 6点(2008-05-07 18:40:07)
10.スコットランドの景色が、とてもきれいな映画でした。卵が孵るあたりでストーリーに作り物感が強くなり映画に入れなくなってきました。さらに安達祐実のRexを思い出したり、山に描かれたホワイトホースを思い出したり、映画の最中気が飛んでしまいました。
omutさん [試写会(字幕)] 4点(2008-03-27 06:42:56)
9.昔からよくある少年と動物の心の交流、成長物語ですが、UMA(Unidentified Mysterious Animal=未確認動物)の象徴のような存在であるネス湖のネッシーを題材にし、映像化してくれたのはUMA好きとしては嬉しいし、昨今色んな物の裏がバラされたり科学的に解明されちゃってるだけに意義があったかな。まぁ信じる信じないは別にしてね。 多少造形がイマイチでしたが、「角があった」とか「馬に似ていた」なんて目撃談があるのでそれに合わせたんでしょうか?プレシオサウルス系の首長竜が良いなぁと個人的には思ってます(実際には両方見たこと無いのでなんとも言えませんけどね)。でもプレシオサウルスは爬虫類に属するようなので長い時間潜れません。ほとんど姿を見られることなくアレだけ水中にいられるってコトは実際は…。いや!でも可能な何かがあるんだろう…未知なる生き物だからきっとそうだ!、と無理やり納得(願望?)させてる方が多いんではないだろうかと。 CGで作られたネッシーの動きはリアルでネス湖の神秘的な情景とマッチしてました。水中を泳ぎまわる姿や首だけ湖面にだしている姿はたまらないですね。人物の背景が中途半端だったり色々と突っ込み要素もあり話もベタなんですが、コレ系にしては丁寧な作りで夢に溢れ好感が持てました。今作では伝説の幻獣として扱われてますが、実際はどうなんだろうなぁ。やっぱ私は信じてます。
ロカホリさん [映画館(字幕)] 7点(2008-02-19 01:43:52)
8.《ネタバレ》 神秘的な伝説、「ネス湖のネッシー」を題材にしているので期待して観に行きました。CGはすごくよくできていると思ったけど、ストーリーがいまいちでした。少年との友情物語、戦争の愚かしさを絡めたのはちょっと陳腐。有名なネッシーの写真が偽物だと証明されてからあまり語られなくなったネス湖の伝説ですが、子供の頃わくわくしたあの神秘性を再現してほしかったです。昔のスピルバーグが撮ったら、もっといい映画になっていたかも。
kaaazさん [映画館(字幕)] 6点(2008-02-17 01:11:26)
7.《ネタバレ》 彼女と見てきました。隣の彼女は感動したみたいです。
この映画、ネッシーが題材とあってそれをどう料理していくのか興味津々でした。結論を言いますと、話がうまく練られていない。正直なところストーリーの詰めが甘すぎます。一つ一つのシーンで、「そんなことしてて大丈夫なの?」ってツッコミを入れたくなります。ラストの演出もわかってないですよね。<飛び越えるべきです。>
この映画は子供向けですね。主人公のアンガスとウォーターホースのクルーソーとの触れ合いは心が温まるエピソードばかりなので、ストーリーの粗を気にしなければ楽しめると思います。でもその粗が大きすぎるので、私は全く感動できませんでした。CGの技術も音楽も文句なしなのに、これは非常にもったいない映画でした。
サンスさん [映画館(字幕)] 5点(2008-02-12 16:51:48)
6.《ネタバレ》 シチュエーションが「パンズ・ラビリンス」とよく似てますね。こっちの大尉は結果的によい人だったけど。先がすぐに読めてしまう展開は残念だったけど、まあそれなりにおもしろかった。現実に解明された写真捏造もうまく織り込んであったし。耳の形がシュレックみたいなのは造形の失敗だと思うけど… ただ、エンディングは違った形を取ってほしかったな。友だちのいない子に友人ができてその人が語ってた形とか。そうそう、せっかくクルーソーが外海に出たんだから、70年代に日本のマグロ漁船(だったと記憶してます)が太平洋で釣り上げた正体不明の生物の死骸がそうだったとかだったらおもしろかったのに。これって写真が新聞の1面飾ったんだよね。あまりの臭さに棄ててしまったそうで、いまだになんだったかわからないらしい。最後の、現代の子がたまご見つけるシーンなんか不要。スコットランドの風景と音楽は絶品でした。冒頭からチーフタンズみたいだなと思ってたら、本当にそうでした。エンディングのシネイド・オコナーもよかった。
shintaxさん [映画館(字幕)] 6点(2008-02-09 08:06:05)
5.《ネタバレ》 戦争で亡くなった父親の死を受け入れられない少年が、一日で大人に成長するという
伝説の動物ウォーターホースを出会うことで成長してゆく物語。
ファンタジーの形式をとりつつも、戦争の愚かさを描く映画にもなっています。
ネッシーの偽写真とからめる必要はなかったでしょう。
ウォーターホースが餌を食べる場面も必要なかったでしょう。
ファンタジー色が薄まってしまいます。
ラストで別の少年がウォーターホースの卵を見つけますが、これも不要。
大人になったウォーターホースが巨大すぎて感情移入しにくいです。
とはいえ、少年のこころの成長+ファンタジー+反戦映画の意欲作とみなし7点献上。

よしのぶさん [映画館(字幕)] 7点(2008-02-07 22:13:36)
4.《ネタバレ》 なにしろ、あの題材が、あの「ネッシー」です。ネス湖のネッシー。もう面白くなりそうな気がまったくしないというところを、どうやって裏切ってくれるのかと思っていたのですが、そのままの映画でした。冒頭の「本当の話」という設定を、おじいさんの回顧話にしたことはうまい逃げ方だな、と思いましたが(おじいさんが話をしたのは本当でも、その話の内容が本当だとは限らない)、あとは成長し続けるクルーソーことネッシーと少年でエピソードを盛り込んだだけで、脚本家ストライキの影響かと思うくらいです。感情移入できるところがないので、食事の量と成長の度合いのバランスが悪いなとか、あんなに早く成長したら、寿命が短くて、ほんの数年ごとに卵→孵化→成長→産卵が繰り返されそうだとか、余計なことばかり考えてしまいました。回顧するおじいさんも、最初から名乗る方がよかったでしょうね。それ以外ないのだから、しらじらしすぎる感じがします。ネッシーがほんとうの生き物のように動いていたのは、なかなかよかったです。
mohnoさん [映画館(字幕)] 3点(2008-02-06 02:35:46)
3.《ネタバレ》 エミリー・ワトソンさんら俳優さんたちは素晴らしい演技をしていました。
スコットランドの風景も綺麗で劇場に行って良かったと思いました。
ストーリーは子供にも分かりやすく、微笑ましいシーンもあり安心して観られました。

私だけの意見かもしれませんが、ウォーター・ホースが動きすぎて可愛いと思えなくて・・・
感情移入できなくて、本当に残念。

子供向け作品ですが、大人に対する説得力を持たせられるところまで行っていたのに・・・
もったいない作品だと思いました。

映画というのは言葉や動きを抑えて、雰囲気とか間で観客に考えさせ感じさせてこそ、感動するのでは?と思えました。
良い映画を作るのは難しいものですね。
たんぽぽさん [映画館(字幕)] 4点(2008-02-03 23:01:53)
2.全体としては子鹿物語を思い起こさせるような展開(ベン・チャップリンがグレゴリー・ペックに見えてしまいました。)で、ごくごく単純なストーリー展開ですけど、映像の出来も良いし、ちょっとした小ネタやおきまりのドタバタなどもうまいこと入っていて、退屈することなく楽しんで見ることが出来ました。終盤のシーンは結末がどうなるんだろうと、それなりにドキドキ(子鹿物語を知っていると特に)させられます。
この映画は、何の予備知識もなしに見た方が良いでしょう。
はやぶささん [映画館(字幕)] 7点(2008-02-02 16:13:47)
1.予告編ではのび太の恐竜のパクリだ~と思ったが、ピー助もといクルーソーがとても良く撮れていて、スコットランドの美しい景色も手伝って、結構感動した。ストーリーはとても単純で、ストーリーテラーのおじさんの事もラストのオチも想定内だったが、童心に戻ってウワ~って言いながら最後まで退屈することなく鑑賞できた。試写会の字幕だったのですが、付き合わされた子供にも十分理解できたらしく、感動して泣いてました(笑)
ちゃかさん [試写会(字幕)] 8点(2008-01-25 08:34:33)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 20人
平均点数 5.85点
000.00%
100.00%
200.00%
315.00%
4420.00%
515.00%
6735.00%
7525.00%
8210.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 10.00点 Review1人
4 音楽評価 8.66点 Review3人
5 感泣評価 6.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS