崖の上のポニョのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > カ行
 > 崖の上のポニョ
 > (レビュー・クチコミ)

崖の上のポニョ

[ガケノウエノポニョ]
Ponyo on the Cliff by the Sea
2008年【日】 上映時間:101分
平均点:6.06 / 10(Review 249人) (点数分布表示)
公開開始日(2008-07-19)
ファンタジーアニメ動物もの
新規登録(2008-01-24)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2018-09-05)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督宮崎駿
山口智子リサ
長嶋一茂耕一
所ジョージフジモト
天海祐希グランマンマーレ
吉行和子トキ
奈良岡朋子ヨシエ
矢野顕子ポニョのいもうとたち
柊瑠美赤ちゃんを抱いた婦人
つるの剛士男性
左時枝カヨ
片岡富枝
竹口安芸子
塚本景子
羽鳥慎一アナウンサー
大橋のぞみカレン
佐々木睦
斎藤志郎
ティナ・フェイリサ(英語吹き替え版)
マット・デイモン耕一(英語吹き替え版)
リーアム・ニーソンフジモト(英語吹き替え版)
ケイト・ブランシェットグランマンマーレ(英語吹き替え版)
原作宮崎駿
脚本宮崎駿
音楽久石譲
新日本フィルハーモニー交響楽団(演奏)
麻衣(ヴォイス)
作詞近藤勝也「崖の上のポニョ」
宮崎駿「崖の上のポニョ」(補作詞)/「海のおかあさん」(覚和歌子作「さかな」より翻案)
作曲久石譲「崖の上のポニョ」/「海のおかあさん」
編曲久石譲「崖の上のポニョ」/「海のおかあさん」
主題歌大橋のぞみ「崖の上のポニョ」(「藤岡藤巻と大橋のぞみ」名義)
撮影奥井敦(映像演出)
製作奥田誠治(製作担当)
東宝(「崖の上のポニョ」製作委員会)
電通(「崖の上のポニョ」製作委員会)
日本テレビ(「崖の上のポニョ」製作委員会)
高井英幸(「崖の上のポニョ」製作委員会)
島谷能成(「崖の上のポニョ」製作委員会)
博報堂DYメディアパートナーズ(「崖の上のポニョ」製作委員会)
三菱商事(「崖の上のポニョ」製作委員会)
市川南〔製作〕(「崖の上のポニョ」製作委員会)
プロデューサー鈴木敏夫
制作星野康二
スタジオジブリ
配給東宝
作画近藤勝也(作画監督)
高坂希太郎(作画監督補佐)
GONZO(作画協力)
スタジオカラー(作画協力)
末吉裕一郎(原画)
米林宏昌(原画)
田中敦子〔作画〕(原画)
タツノコプロ(作画協力)
本田雄(原画)
山下明彦(作画監督補)
美術男鹿和雄(背景)
保田道世(色彩設計)
編集瀬山武司
録音井上秀司(整音)
上田太士(光学録音)
西尾昇(デジタル光学録音)(デジタル光学録音)
東京テレビセンター(音響制作協力)
東北新社(音響制作協力)
その他スタジオジブリ(提携)
日本テレビ(提携)
電通(提携)
東宝(提携)
三菱商事(提携)
東京テレビセンター(DBスタジオ)
IMAGICA(現像)
博報堂DYメディアパートナーズ(提携)
鈴木敏夫(キャッチコピー)
久石譲(指揮・ピアノ)
あらすじ
ある日、5歳の子供宗介は動けなくなっていたさかなの子ポニョを助けた。ポニョは宗助に恋し、人間になりたいといいはじめる。裁判でも注目され社会現象化した「鞆の浦」を舞台にした魔法と自然があふれる物語
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910111213
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
249.がっかりしました。大人は楽しめないんじゃないでしょうか。
ポニョはちょっと気持ち悪かったですし。
宗介が、ポニョを見て、「かわいいでしょ」と言ったことに!!?ってなりました。
へまちさん [DVD(邦画)] 5点(2018-01-28 12:33:16)
248.子供を危険にさらす最低な親がでていましたね。
その最低加減に制作側が気付いていないのが痛いとおもいました。
マントタヌキさん [インターネット(邦画)] 0点(2017-12-26 00:23:16)
247.トトロのように 当たるお子様向けの作品をつくりたかったのでしょうか?

でも生理的に無理でした。
ストーリーもいまいち。
主題歌が最悪。
声優もヘタ。
みけらさん [地上波(邦画)] 1点(2016-10-18 00:07:45)
246.僕は職業漫画映画作家だったころの宮崎駿は大好きでした。
1980年ころ、未来少年コナンやカリオストロの城、テレビ版ルパンの死の翼アルバトロスあたりを作ってた頃の宮崎駿です。
そしてアニメ界で名アニメ作家として評価された彼は、アニメージュ誌に風の谷のナウシカで漫画家デビューを果たしたわけですが、そうやって自分の色を出しはじめてからの彼は、僕にとって「これじゃない」作家になってしまったのです。
ラピュタだけは古き良き漫画映画の最高峰という出来ですが、それ以外はどうしても「これじゃない」感が付きまとってしまうのです。
しかも作品を作れば作るほど、宮崎駿が年をとればとるほど「これじゃない」感は高まり、もはやどこをどう楽しんでいいのかわからない作品ばかり作るようになったのです。そんな僕的には、なぜ日本人がこんなにジブリ好きなのかが結構不思議でしょうがないのです。

ただ、このぽにょは、宮崎駿の個人的に嫌いな面があまり出ていなくて、荒唐無稽で脈絡のない、しかし暴走気味な展開が続く実験映画のような作品で、「派手なホラ話」とでも言うんでしょうか、これはこれで一つのアニメーションのあり方だな、と思える映画になっていました。
無駄に元気で妙に頭に残る「ぽーにょぽにょぽにょさっかなのこー!」の唄はこの映画を体現した名主題歌じゃないでしょうか。

なーんてちょっと褒めた風に書きましたが、点数をつければしょせん実験映画の評価なので6点くらいなんですけどね。
あばれて万歳さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2016-08-15 21:54:24)(良:1票)
245.《ネタバレ》 「男の子と女の子が出会って、相思相愛になって良かったね」という内容。
幼児だからキス止まりだが、もし大人ならベッドシーンがある内容。
男の子は元気な少年で、両親が健在。やる気満々の両親だ。
女の子は男の子を上回る元気さで、両親が健在だ。
やる気満々の男女の恋愛ストーリー。
女の子がすごい積極的!

とりあえず私にとって必要な内容じゃない。
古屋勝悟氏の仕事を貶す宮崎駿監督が不愉快。すごく不愉快。

監督が原作と脚本を兼ねている。
誰のために作ったのだろうか。
幼児は楽しめたのだろうか。
私は楽しめなかった。
私は幼児じゃない。

金魚は水道水で死ぬ。海水でも死ぬ。
宮崎駿は死んだのか? 制作当時、すでに死んでいたようだ(作家として)。

誰でも変わる。状況で変わる。金持ちに創作はできない。
金持ちになって十年を過ぎた宮崎監督には…作家の能力が消えたのだろう。
黒澤監督の晩年は悲しかった。宮崎監督の晩年も同じになった。
麦ホップさん [地上波(邦画)] 5点(2016-05-31 14:20:52)
244.宮﨑駿が自らの快楽を追求した結果がこれかよ!昔の映画のほうが遥かに見ていて気持ちよかったし、心に残ったよ。「子どものため」の映画が「子ども向け」の映画に成り下がるとこうなってしまうんですね。宮崎は本作で諦めたんでしょう。もう俺はダメだと。本作がなければ『風立ちぬ』がなかったかもしれないわけで、その点では評価していますが。
カニばさみさん [DVD(邦画)] 3点(2016-03-02 23:57:12)
243.「一緒に見た子供が喜んでいた」という意見もあるけど、大人の方はどう思ったんでしょう?子供なんて適当なアニメを流すだけで喜ぶでしょう。
たろささん [地上波(邦画)] 0点(2016-01-23 14:24:16)
242.《ネタバレ》 始まってすぐ、クラゲの柔らかさ、家の壁や柵などの質感からくる画の暖かさにちょっと感動しました。
風に揺れ動く葉の一枚一枚に至るまで丁寧に描き込まれた画のディティールには目を奪われます。
非常に精巧であるばかりでなく、魔法によって命を吹き込まれた波の妖しさなど、ものの動きの表現が非常に豊かで画面を見るだけでも十分満足させられる程です。
ストーリーの中ごろ、海が荒れて大災害になりましたが、とてもメルヘンチックな描き方だったのが特に印象的で、普通の大人ならニュースでよく目にする被害状況や救助の光景などに着目しがちですが、子供の視点で見る災害は何だかとても穏やかでふわふわした気分になれてしまいました。
また、リサの車の運転が荒いようにも見えますが、窓の外の景色が物凄く速く流れているように描かれていたのも、子供の目にはそう映るからかもしれません。
あらゆる場面で子供の目を意識した箇所が見受けられますが、宗助には海水と淡水の違いくらいはちゃんと分かっていてほしかったです。ポニョは鮭の一種か?(←大人目線でスイマセン)
もっつぁれらさん [地上波(邦画)] 7点(2015-02-22 17:00:57)
241.今さっき鑑賞終わったばっかです。
その瞬間の気持ちは
「ばかじゃねーのこれ…」
物語を通して気になるのは、ソウスケは本当の子供なのか?
両親をなぜ名前で呼ぶのか?
母親がかなりオカシイ。
物語で一番存在感の薄い父親らしい人物がいるがそっくりな人が何人も出てきて分からない。
所ジョージの声優。
ポニョが気持ち悪い。
ダイジョブ?
そしてうってつけはエンディングの「ポニョポニョ」の歌…
宮崎映画の一番の駄作。
これからは対象年齢記入して公開してください。
happy_pinkさん [DVD(邦画)] 2点(2014-10-21 00:01:42)
240.ひどい。ひどすぎる。こんなにイライラする宮崎駿の映画は初めて。
会ってすぐに「好き」と言えるポニョの感情も理解できないし、「リサ」と呼び捨てにする宗介の設定も理解できない。それ意外にも理解できないことばかりで、恐怖すら感じる映画。
miumichimiaさん [DVD(邦画)] 1点(2014-09-30 23:37:46)
239.この映画の登場人物たちは、恐怖心という感情がすっぽりと欠落している。
そんな鈍感な人々のドラマにのめり込める訳がない。そこを除けば及第点といった出来。
勾玉さん [地上波(邦画)] 5点(2014-08-12 16:23:02)
238.可もなく不可もなくです。
ProPaceさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2014-08-11 20:31:02)
237.先日の大災害が示すように、家々が海に呑み込まれたら本作のような状況では無くなるでしょう。そこの考え方は甘いと思いますが、あくまで後付けの意見です。
「千と千尋」や「ハウル」は面白いと思えなかった。色々なことを考え過ぎ、詰め込み過ぎ、迷走していたと思います。でも、本作は良い出来栄えだと思いました。子供たちが観る映画としてです。
正体不明の変な生きものが友達になって行く過程に、子供たちはみんなワクワクしたんじゃないかと思います。そこを大切した作り方だったと思います。劇場用の長編アニメーションって、元々は子供のために作られていたのですよね。
そんな作品を大人目線でとやかく言いたくはありません。
アンドレ・タカシさん [ブルーレイ(邦画)] 8点(2013-05-12 22:23:01)(良:2票)
236.《ネタバレ》 良くも悪くも宮崎駿印の家族みんなで楽しめるほのぼのアニメ。本当にそれだけ。宮崎駿の過去の作品の魅力ってそんななかにも、ちゃんと心に残る印象的なセリフがあったり、社会の残酷さをその片鱗ながらも感じさせる絶妙の演出手法が際立っていたりしたのだけど、このところの宮崎作品ってそんな魅力が顕著に減じているような気がして仕方がない。それでもあのグロテスクな魚たちの大津波のシーンだけは心に残ったので及第点で。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2013-05-02 19:09:51)
235.《ネタバレ》 あ~宮崎駿はこういうコミュニティを理想やと考えてるんやな~というのが第一に来てしまって、なかなか本編に入り込みずらかった。
彼なりのトレンド感と理想とイマジネーションをごちゃまぜにしてぶちまけた感じ。
普通の監督がやると0点やけどさすが宮崎駿。
5点です。
そっと・・・チタラダさん [地上波(邦画)] 5点(2013-04-21 18:25:40)
234.《ネタバレ》 宮崎駿らしからぬ作品。しかし、まるでやがてくる東北の津波をわかっていたのだろうか。風の谷のナウシカで私は環境に対するメッセージ性を感じたのだが、そういう意味で彼は人々の一歩先をいっているように思う。さて、肝心な作品はというと、なんだか全体のストーリーがよくつかめなかった。スタート地点と着地点が非常に曖昧な印象を受けた。
lalalaさん [DVD(字幕)] 5点(2013-03-30 02:08:22)
233.宮崎駿の作品は肌に合わないのに、すいません、これも見ちゃいました。結果、やっぱり肌に合いませんでした。いろいろ批判も書けますが、そんなことする気にもなれないくらい、肌に合いませんでした。
チョコレクターさん [地上波(邦画)] 3点(2013-03-29 16:27:58)
232.『人魚姫』に『クトゥルフ神話』を足して『ワルキューレ』を掛け『いやいやえん』で割るという、老境に入った宮崎駿御大の狂気っぷりがスパークを起こした作品。日常性と神話性の交錯を童話的に表現したアンバランス感は明らかに確信犯であり、大人の常識的観点からあれこれ細かい点を詮索するのは野暮というものだろう。ディティールが崩壊していようがストーリーが破綻していようがタレント声優が棒読みだろうが、全国のお子様方をタケモトピアノのCMばりに理屈抜きで夢中にさせてしまった時点でパヤオの大勝利なのである。ポニョの家族関係にクトルーちゃん(『栞と紙魚子』)へのオマージュを匂わせるあたりにニヤリ。本当に諸星先生の事が大好きなんですね。
オルタナ野郎さん [地上波(邦画)] 7点(2013-01-01 16:56:09)(良:1票)
231.登場人物に現実感がない。何というか観念的で、血の通っている感じがしない。おそらく、子供向けというより、幼児向けのアニメなのだと思う。幼児に現実感はいらない。大人の冷静な注意も、心配も制止もいらない。台風や浸水に対する危機感も不要。ピンクや黄色がきらきらしてたり、ぬばあっとしたのがぷるぷる動いていればそれだけで楽しい。ただおかあさんがいなくなるのだけはやばい。一大事。あとトンネル怖い。そんな感じ。ひたすら幼児の目線に立ち、いらない要素はバッサリ切り捨てて、幼児が楽しめるように特化した映画です。ジブリ印なのでお母様方も安心してお子様にお見せできます。私は幼児ではないのでどうしても点数は低くなりますが、一定のお客様に向け真摯に作られた映画だと思います。
デルモゾールG軟膏さん [映画館(邦画)] 6点(2012-10-10 23:21:24)
230.ポニョのママが、なんか怖い!すごい存在感!
はりねずみさん [地上波(邦画)] 4点(2012-09-16 23:21:49)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910111213
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 249人
平均点数 6.06点
031.20%
131.20%
231.20%
3228.84%
4208.03%
55120.48%
63714.86%
74518.07%
83514.06%
9197.63%
10114.42%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.48点 Review35人
2 ストーリー評価 4.83点 Review49人
3 鑑賞後の後味 6.04点 Review47人
4 音楽評価 6.76点 Review50人
5 感泣評価 4.57点 Review40人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS