ラスト、コーションのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ラ行
 > ラスト、コーション
 > (レビュー・クチコミ)

ラスト、コーション

[ラストコーション]
Lust, Caution
(色・戒/Se, jie)
2007年【中・米・台湾・香】 上映時間:158分
平均点:7.22 / 10(Review 51人) (点数分布表示)
公開開始日(2008-02-02)
ドラマサスペンス戦争ものロマンス小説の映画化スパイもの
新規登録(2008-02-08)【カラバ侯爵】さん
タイトル情報更新(2019-09-07)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アン・リー
キャストトニー・レオン(男優)イー
タン・ウェイ(女優)ワン・チアチー / マイ夫人
ワン・リーホン(男優)クァン・ユイミン
ジョアン・チェン(女優)イー夫人
チン・ガーロウ(男優)ツァオ
クー・ユールン(男優)リャン・ルンション
竹下明子(女優)日本風割烹店の女将
リサ・ルー(女優)チアチーのおばの麻雀相手
藤原啓治イー(日本語吹き替え)
坂本真綾ワン・チアチー / マイ夫人(日本語吹き替え)
高島雅羅イー夫人(日本語吹き替え)
吉田孝(声優)クァン・ユイミン(日本語吹き替え)
出演イングリッド・バーグマン映画「別離」のワンシーン
ケイリー・グラント映画「愛のアルバム」のワンシーン
アイリーン・ダン映画「愛のアルバム」のワンシーン
原作チャン・アイリン「色・戒」(集英社文庫)
脚本ジェームズ・シェイマス
音楽アレクサンドル・デスプラ
撮影ロドリゴ・プリエト
製作ビル・コン
アン・リー
ジェームズ・シェイマス
配給ワイズポリシー
特撮デニス・ベラルディ
編集ティム・スクワイアズ
録音フィリップ・ストックトン
ユージーン・ギーティ
その他レベッカ・パン(スペシャル・サンクス)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
51.《ネタバレ》 冒頭、麻雀に興じる女たちに象徴されるように、相手の心を如何に探り、撫で操るか。孤独と空虚を抱えた男は娘の肉体を求める。娘はそこから心を開かせて破滅へ導く。ところが愛してもいないのに、「逃げて」と言ってしまったのだろう。彼女もまた肉欲に耽るうちに、その孤独に共鳴してしまったのか。いつか訪れる終わりを拒絶した娘には、復讐が形だけのものであることに気付きながら意思が揺らいでしまい、成功後の虚無感を受け入れる覚悟はなかった。ごっこ遊びの域から出られなかった彼女ら活動家は死に、敗戦濃厚な日本を前にした男にも破滅が待っている。「肉欲を戒めよ」。ひとときの愉しみを求めてしまったために、胡蝶の夢のようにただただ虚しかった。
Cinecdockeさん [DVD(字幕)] 6点(2018-04-23 19:17:38)
50.ちょっと・・、ノレなかったんですよ。何人かの方も言ってるけど、私もヒロインの造作が難ありだった。素朴が勝ちすぎて、色恋沙汰を濃い目にこなすのは厳しい顔立ち。劇団仲間の、もう一人の彼女、あっちの方がヒロインに良かったんじゃないですかね。私個人の好みか。
「想い」を描くのに定評のある監督の手腕はいかんなく発揮されているとは思うんですよ。トニー・レオンのラストシーンでの脱兎ぶりも涙目顔も良かったし。ああだから別の女優だったらなあ、この話もっと気持ち入ったのにな。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-02-13 01:03:17)
49.《ネタバレ》 異色のスパイものだが、完成度が高い。
どちらかと言えば恋愛系で、全体的に沈んだ雰囲気が淡々と続いていく。でもその割に飽きない。
最後はやはり悲劇で、この流れからは当然そうなると想像はつくが微妙な後味。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-09-28 12:45:49)
48.《ネタバレ》 スパイが敵を愛する、というのはよくある設定ですが、いわゆる「スパイもの」ではなく、哀しく切ない恋愛映画でした。「逃げて」のあとはもう・・・・・ 他にも見どころはいろいろあるのでしょうが、こういう映画、ちょっと苦手で、この映画の奥深いところにまで目が届いてないかもしれません。でも、見終わったあとに気持ちがどよ~んとしてしまうので、もう一度観ようという気にはならないと思います。
ramoさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2014-06-22 23:15:39)
47.《ネタバレ》 過激な性描写は、「ラスト・タンゴ・イン・パリ」への挑戦ではないのか、と感じています。見ている方は、主人公が死ぬのは予想されるのですが、最後をどう決着つけるか、という興味を観る者を最後まで引っ張っていきます。原題の通り、色と戒、で揺れる主人公の気持ちがよく分かる演出が素晴らしい。ベッドでの目線、ダイヤを見た時の表情、車中苦悩を語る男への眼差し……特に素晴らしいのは、娼婦をさせられるのが分かっていて、自分の気持ちを歌で伝えるシーン。そして、最後、「逃げて」という台詞が出る説得力。殺す相手を好きになるとは古典的なストーリーだが、恋愛というコンセプトのユニバーサルは大道「死と同価の恋」をアジアのテーストで大展開している気合い。「ラスト・タンゴ・イン・パリ」と「覇王別姫」への挑戦。ラストシーン、愛欲のシーツへ頭の影が映るのも、上手でした。
K-Youngさん [DVD(字幕)] 8点(2013-05-12 12:14:13)
46.《ネタバレ》 アジア映画の監督らしく男女間のパワーゲームを非常にねちっこく描きます。スパイものと聞いて普通思い浮かべるクールでソリッドな印象とは程遠い。青春の甘酸っぱさ、男女の感情の機微、潜入捜査モノのサスペンスと、抑えるべき部分は実にキッチリと抑えている作品です。
民朗さん [DVD(字幕)] 6点(2013-02-13 21:27:19)
45.枢軸国の占領地域を舞台とした潜入スパイものであり、過激な性描写をハイライトとし、さらには敵・味方を越えた男女の情念が交錯する物語。ポール・バーホーベン監督の『ブラックブック』と非常に酷似した概要を持ちながら、なぜこうも違うのかという程にまったく別の作品となっています。これが作家性というものなのでしょうか。。。
二転三転するストーリーを畳み掛けるような勢いで繰り出した『ブラックブック』に対して、本作は一直線に進む物語をじっくりと、ひたすらにじっくりと描きます。バーホーベンのやり方と明確に違うのが刺激的な描写を極力抑えているという点で、トニー・レオン演じるイーの日常の姿をまったく映さないということに、アン・リーの個性を感じました。イーは中国人でありながら日本の傀儡政権の重鎮を務め、同胞の拷問や処刑を主な職務とする人物。極端な言い方をすると、人殺しが彼の仕事なのです。イーは職務から相当なプレッシャーを受けているらしく、人格の維持すら困難な状態となっています。普段はクールに振舞って個性を消しているものの、チアチーとの密会の折に素顔を覗かせる場面では、同一人物とは思えないほどの感情の振れ幅を見せるのです。もしバーホーベンであればイーの人物像に関心を持ち、彼の残酷な日常を克明に描写しようとしたはずですが、アン・リーはあえてこれを隠しました。彼はあくまでチアチーの見たもののみを描写することに拘り、視点を分散させなかったのです。このバランス感覚こそがアン・リーの良さなのですが、同時に面白みのないところでもあります。彼の映画は良くも悪くも官僚的で、破綻なく丁寧にまとめられてはいるものの、全体のバランスを崩してでも描きたいものがないので面白みに欠けます。もう少し遊びがあればグッと面白くなったはずなんですけどね。
ザ・チャンバラさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2013-01-26 22:04:02)
44.主人公のタン・ウェイが魅力的。
ベッドシーンもエロい。
ただの学生が貴婦人になりすますという設定に、どうしても無理を感じるが、それを補うだけの面白さはあった。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 8点(2012-12-05 15:08:07)
43.《ネタバレ》 映画を見るまでは、「ラスト、コーション」の意味を知らなかった。(コーションは警告だから「最後の警告」とばかり思っていた) しかしラストとコーションの間に「、」がある、これは何と思って原題を見、英語のスペルを見てまちがいだったことを気づいた。そう思って改めて映画を見直すとさらに映画の真価がわかったような気がした。映画は工作員や特務機関員を扱った映画では最高レベル(私の基準)に近いし、風格がある。太平洋戦争時の中国の様子や時代背景もよくわかるし、映像も音楽も良い。いろいろな思いが伝わってくる映画だ。話題になったベッドシーンも少しも嫌みを感じさせない。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 8点(2012-11-14 06:53:04)
42.《ネタバレ》 これはとても深い映画。女の魔性と男の愚かさをここまで大胆に描出した映画を僕は他に知らない。どうして女が男を狂わせるのか、そして男は暴力をふるってまで女を支配下におこうとするのか、そんな男と女の普遍的な駆け引きが大胆でありながら何処かに上品さをも感じさせる過激な性描写と共に描き出されていく。支配と被支配、復讐と赦し、サディズムとマゾヒズム、感情と肉体、そして憎悪と愛情。疑心暗鬼と肉欲と情愛が複雑に交差する、男と女のそんな深遠な世界へとアン・リー監督はスリリングに迫っていく。最後、極限状況下で女が男にかけた「逃げて…」という言葉は、人間の本能が搾り出した、まるで光り輝く宝石のように美しいものだった。やっぱり女って光り物に弱いんだよねぇ……。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 8点(2012-04-25 23:11:20)
41.親とは見られない映画No.1。
akilaさん [DVD(字幕)] 7点(2012-02-10 16:40:33)
40.長い映画なのに飽きることがない。いくつかの美しいシーンが印象に残り、音楽も耳に残る。ただ、映画好きな人意外には「良かったから是非見てみて」とは薦められません……。特に、知り合いの女性など。
カワウソの聞耳さん [DVD(字幕)] 7点(2012-02-01 21:21:39)
39.《ネタバレ》 肉欲が主題なのに、エロだけではない映画。ラストのヒロインの「誰も得しない」選択に痺れた。憎しみと肉欲が止揚されてニヒリズムに到達している。その過程が実に丁寧に描写されており、長い映画だが全く飽きなかった。
枕流さん [DVD(字幕)] 7点(2011-12-24 22:33:34)
38.《ネタバレ》 もうちょい全体を短くしてエロシーンを控えめにできれば
映画としての評価は上がると思う。エロが売りだったのだろうが…。
虎王さん [DVD(字幕)] 6点(2010-11-26 02:32:12)
37. こういう映画を見ると、映画を鑑賞するものとしての自分の低レベルを痛感させられてしまう。駄目だなあ、つくづく。
ヒロインが好みじゃないという時点で、完全に気持ちがソッポむいてしまうのは本当にどうにかならないものかと。
 何か化粧したほうが野暮ったくなるという点だけが非常に珍しい女優さんでした。
 あと、自分自身が少数派に属する人間だからこそ、決して他人の嗜好を非難すまいと固く誓ってるんですが、暴力による「愛」をロマンチックに描写するのって何だかなあ。もちろん、そういう形があることと、この映画のように受け入れる女性がいることを否定するつもりは無いんです。
 ただ、今この瞬間も勘違いした男の「愛」のためにDVにさらされている女性たちの事を考えると…………………………
rhforeverさん [DVD(字幕)] 6点(2010-08-23 11:36:27)
36.誰も信用できないという特異な環境、特異な立場にある男が、唯一人間らしくいられるのがある女との肉欲にまみれたひと時。演劇からスパイ活動へ派生し、常に偽りの自分でいなければならない女が最も正体を知られてはいけない男との肉欲の世界の中で本当の自分を見出してゆく。嘘が蔓延する世界の中でお互いを求め合うという唯一の真実。だからセックスはこの映画の中で最重要。当然そのシーンは「最重要」であることを訴えるようにセンセーショナルさを伴うことになる。それはわかる。でもセンセーショナルさそのものを得るためのセックスシーンになってはいまいか。規制の厳しい中国の監督が前作ではゲイの世界を描いて見せた。今回もタブーに挑戦するのだということが目的の一部になってはいまいか。見せ方がそう感じさせる。もうひとつ。男と女のあれこれはうまく描かれているのだろうけど、その時代その場所の恐怖と緊張が乏しすぎる。この設定ならばもっとドキドキしたものにならないと。それにしてもタン・ウェイはたいしたもんだ。処女の顔も娼婦の顔もできちゃうんだもんな。それとも女は化粧と衣装でなんにでもなれるのか。
R&Aさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2009-12-15 15:53:07)(良:1票)
35.《ネタバレ》 アン・リーの作品は、しばらく見ていなくて、前回見た「恋人たちの食卓」とテイストが全然違っていてビビった。
 ストーリーは、どこかで見た、どこかで読んだような既視感があるのだが、映像美や役者の演技で魅せている。やりすぎという意見もあるが、Hシーンのトニーは、どこか性格の破綻した、または、孤独にさいなむ人の表情、心理がよく出ていて、うならせられる。
 エキストラに、イー夫人や同級生に似た人物がちらちらと見受けられる。イーが逃げて行った後のウィンドウ越しに映る買い物をしている夫人は、一瞬、イー夫人に見える。最後の自転車こぎも、たぶん意図的だと思われるのだが、振り向きざまの表情が、ワンの初体験の相手となった同級生に似ている。(ただの気のせいか?)。
 3輪自転車の座席の上からの風車のシーンが切なすぎる。
MARTEL1906さん [DVD(字幕)] 9点(2009-11-21 01:11:59)
34.アン・リーの作品はそれほど多くは見てませんが、面白いと思ったのはこの映画だけです。大人の映画です、久々に良く出来た見ごたえある力作でした。主役の男女トニー・レオンとタン・ウェイですか、初めて見ましたがどちらもいい感じで大熱演!!
白い男さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2009-09-21 22:49:04)
33.《ネタバレ》 すごい作品だと思います。
今までアジア映画に興味がなくて、トニーレオンという俳優さんも、ただ甘めなお顔の男優さんとしか思ってなかったのですが。これはすごい。この役はものすごく大変だったのではないでしょうか…。死ぬ思いで演じたのでは。確かにタンウェイもなかなかだと思います。でもこれは女からするとまだ理解できるんです。が、トニー。すごいです。
作品中のsexシーンがやりすぎという意見も多いようですが、あれがないと何のことかさっぱりわかりません。他の方も、女は子宮で考える生き物、とおっしゃってますが、まさしくそのとおり。エロいとかそういう次元ではない、本能のようなものだと思います。
男性にはわかりにくいのでしょうか…。
作品中で、チアチーというよりも、タンウェイ自身がどんどん変わっていくのがわかるのにドキドキしました。目じりと二の腕がどんどん色っぽくなる。
観るのに体力の要る作品です。長いし。
Catherineさん [試写会(字幕)] 9点(2009-08-23 22:14:10)
32.タン・ウェイはとてもよかった。品があって美しい。しかし、脱ぐ必要はなかった。この映画において、あんなにSEXシーンをAVのように見せる意味があったのだろうか?女優としてこんなことまでさせられて大丈夫?という方に頭がいってしまい、ストーリーに全く関係ないことを考えてしまった。残念。
如月CUBEさん [ビデオ(字幕)] 6点(2009-08-20 16:55:23)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 51人
平均点数 7.22点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
411.96%
535.88%
61223.53%
71325.49%
81427.45%
9611.76%
1023.92%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.75点 Review4人
2 ストーリー評価 7.80点 Review5人
3 鑑賞後の後味 6.40点 Review5人
4 音楽評価 7.80点 Review5人
5 感泣評価 7.25点 Review4人
chart

【ゴールデングローブ賞 情報】

2007年 65回
外国語映画賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS