シャレード(1963)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > シャレード(1963)
 > (レビュー・クチコミ)

シャレード(1963)

[シャレード]
Charade
1963年【米】 上映時間:113分
平均点:7.35 / 10(Review 94人) (点数分布表示)
公開開始日(1963-12-21)
ドラマサスペンスコメディ犯罪ものロマンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-04-01)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督スタンリー・ドーネン
助監督マルク・モーレット
演出加藤敏(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
キャストオードリー・ヘプバーン(女優)レジーナ(レジー)・ランパート
ケイリー・グラント(男優)ピーター・ジョシュア
ウォルター・マッソー(男優)バーソロミュー
ジェームズ・コバーン(男優)テックス
ジョージ・ケネディ〔男優・1925年生〕(男優)スコビー
ピーター・ストーン(男優)エレベーターの男(ノンクレジット)
ジャック・マラン 〔男優・1919年生〕(男優)
スタンリー・ドーネンエレベーターの男(ノンクレジット)
ピーター・ストーン海兵隊員(ノンクレジット)
池田昌子[声]レジーナ(レジー)・ランパート(日本語吹き替え版【DVD/フジテレビ/テレビ朝日/日本テレビ】)
佐々木勝彦ピーター・ジョシュア(日本語吹き替え版【DVD】)
長島雄一バーソロミュー(日本語吹き替え版【DVD】)
福田信昭スコビー(日本語吹き替え版【DVD】)
廣田行生テックス(日本語吹き替え版【DVD】)
中博史ギデオン(日本語吹き替え版【DVD】)
佐々木梅治(日本語吹き替え版【DVD】)
桑島法子(日本語吹き替え版【DVD】)
中村正[声優]ピーター・ジョシュア(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
富田耕生バーソロミュー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
島宇志夫スコビー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
小林清志テックス(日本語吹き替え版【フジテレビ/テレビ朝日/日本テレビ】)
永井一郎ギデオン(日本語吹き替え版【フジテレビ】)/バーソロミュー(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
滝口順平(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
黒沢良ピーター・ジョシュア(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
小松方正バーソロミュー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
渡部猛スコビー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
瑳川哲朗ピーター・ジョシュア(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
坂口芳貞スコビー(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
西川幾雄ギデオン(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
林勇(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
久保田民絵(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
原作ピーター・ストーン(原案)
脚本ピーター・ストーン
音楽ヘンリー・マンシーニ
ドミニク・フロンティア(アコーディオン演奏)(ノンクレジット)
作詞ジョニー・マーサー主題歌「シャレード」
作曲ヘンリー・マンシーニ主題歌「シャレード」
撮影チャールズ・ラング〔撮影・1902年生〕
製作スタンリー・ドーネン
ユニバーサル・ピクチャーズ
配給ユニバーサル・ピクチャーズ(初公開時)
CIC(リバイバル時)
美術モーリス・バインダー(タイトル・デザイン)
衣装ユベール・ド・ジバンシー(オードリー・ヘプバーンの衣装)
編集ジム・クラーク
録音ボブ・ジョーンズ[録音]
その他ヘンリー・マンシーニ(指揮)(ノンクレジット)
あらすじ
スイスのスキー場にバカンスにやってきていたレジーは、ダンディな紳士ピーター・ジョシュアに出会う。彼に少し惹かれたレジーだが、一旦はパリに戻ることに。ところが、家に帰ると夫の姿はなく、家財道具などがすっかりなくなっている。途方に暮れているところにジョシュアが現れ、さらに電話で夫が殺害されたことを知る。米大使のバーソロミューによると、夫は第二次大戦中に仲間と結託して軍の25万ドルを横領していたとのこと。しかも夫は大金を独り占めしていたのだ。みつからない25万ドルをめぐってレジーは命を狙われることに。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
94.《ネタバレ》 殺害された夫の秘密や、隠し金を巡って襲い掛かる怪しげな男たち、誰が裏切り者なのか、本当の味方は誰なのか等、ミステリー・サスペンス要素は満載なのに、恋愛要素が挟み込まれ、殺されかけても次は普通に会話してたりして、間延びして緊張感がありません。
ただ、ラストで本性を現した人物との攻防は本気度が感じられて良かったです。
オードリーのファッションも素敵でした。

それにしても、オードリー・ヘップバーンの相手はオッサンという決まりでもあったのでしょうか。
お相手にしては年を取りすぎだから、オードリーから積極的に迫っていくのに違和感を感じました。
nanapinoさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2020-07-24 14:33:16)★《新規》★
93.亡き夫の残したという25万ドルの正体には興味をそそられるし、終盤のチェイスも緊張感があってよかった(ゲーリー・グラントという俳優を私がよく知らなかったため、犯人が誰なのかも最後まで分からなかった)。でも、肝心のオードリー・ヘプバーンの魅力はイマイチ。状況に流されるばかりで主体性を感じないからか。「ローマの休日」が素晴らしすぎた。
次郎丸三郎さん [DVD(字幕)] 6点(2020-04-28 22:56:24)
92.《ネタバレ》 サスペンスと思いがちだけどコメディー要素も強いです。
オードリーヘップバーンもおしゃれな衣装で目立ちすぎ。
そんなきれいな格好だったらすぐに見つかっちゃうでしょ。
犯人はジョージ・ケネディが殺された時点で予想できちゃって結局その想通りだったけど面白かったです。
ume0214さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2019-03-19 21:48:56)
91.おしゃれでゴージャス。
時代が変わった今見ても、ため息が出る。
素敵!としか言葉が出ない。
ヘプバーンさんの完璧なヘアスタイル、お帽子。
そしてもちろんジバンシーのお洋服。
日本では質素な暮らしの公開当時は、こぞって憧れたことでしょう。

DVDの整理していたら出てきた本作。
観たはずなのに何一つ覚えてなかった(笑)
お陰で新鮮な気持ちでドキドキ鑑賞できました。

グラントさんがニコニコおちゃめなところも見どころ。
多少の無理がありますがそれもご愛敬。
この時代のお宝作品。
たんぽぽさん [DVD(字幕)] 8点(2019-01-25 16:55:08)
90.《ネタバレ》 二転三転するサスペンスで、何が真実なのか、誰が犯人なのか、ヒロインと一緒に見ている者も翻弄される。
ラストもオシャレにオチているし、後のお手本となるような映画と言えるかも。
それでも、オードリーのヒロインにあまり魅力を感じなかったので、それほど引き込まれはしなかったしリピート鑑賞したいとも思わない。
オードリーは「ローマの休日」が良すぎたか。
飛鳥さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2018-01-19 21:20:28)
89.《ネタバレ》 オードリーヘップバーン&ケーリー・グラントという美男美女で送るサスペンスドラマ。
随所にウィットが効いたアメリカンな会話も楽しいが、いかんせんサスペンス要素が強すぎて、銃とか死体とか
ごろごろ出てくる映画が嫌いなおいらには個人的に点数は低め。
でもまぁ名作だけあって完成度は高く、最後まで真犯人が分からないという展開で引き込まれる。ちょっとひねりすぎな気もするが。
あまりにも複雑すぎて見ていて疲れる現代映画を味わいすぎてお腹いっぱいになったら、こういう古い名作をみるのもまたオツなもの。
mhiroさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-04-03 19:16:54)
88.現代において観ると何とも違和感がある。
オードリ・ヘップバーンの魅力によって何とか最後まで辿り着くが、物語には全く入り込めない。これが本格サスペンスと言えるのだろうか。アイドル映画のような作品だと感じた。
simpleさん [地上波(字幕)] 3点(2017-01-07 17:33:04)
87.ストーリーはとても面白いのだけど、ロマンティックコメディ的な要素が、ユーモアというより滑稽に感じてしまうところが多かったかな・・・。スーツのままシャワー浴びるシーンとか「どうや!ロマコメやってるで!」感が強すぎて(笑)。それでもオードリー・ヘップバーンがとにかく綺麗でかわいい。わざと意地悪してビックリさせたり怒らせたりしてみたい。・・・ハッ、結局自分もこの映画のロマコメ要素に惹かれてしまっている・・・。
ゆうろうさん [DVD(字幕)] 7点(2016-11-06 11:10:59)
86.オープニングは素晴らしい。ストーリーはちょっとひねりすぎな感があって、やや強引・緊張感のない場面もあり、もう少しシンプルでもよかったかな。やっぱりキスシーンのヘプバーンのあごのラインは最高。
nojiさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-10-24 07:30:09)
85.前にも観たことのある映画ですが、ケイリー・グラント+サスペンスで「北北西に進路を取れ」とごちゃまぜになっていました。オードリー・ヘプバーンと聞き覚えのあるテーマ曲ははっきり覚えているのですが、ストーリー自体はあまり印象に残らないそこそこのサスペンス映画です。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-09-18 20:14:51)
84.2014.03/25 3回目鑑賞。何といっても楽しい?殺人事件と謎々の数々、これに尽きる。アメリカ流会話術にも恐れ入る。『歳を重ねると昔の映画がより懐かしく、より心地よく、そしてその時代の感性を更に磨く。+1点』
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2014-03-25 16:01:01)
83.《ネタバレ》 純粋な娯楽として大いに楽しめる傑作サスペンス。

ヘップヴァーンのサスペンスと言えば「暗くなるまで待って」も面白いのだが、やっぱり「シャレード」の方が楽しくて好きだったりする。
なにしろ「北北西に進路を取れ」のケイリー・グラントのコミカルなキャラクターが楽しい。

ヘプヴァーンとグラントのやり取りは本当に飽きない。
疑心暗鬼が薄れたり高まったりの繰り返しもドラマを盛り立てる。
地味にジェームズ・コバーンまで出ているのも忘れがたい(当たり前だけど若っけえ)。

冒頭からセンスの塊のようなオシャレなオープニング、ヘップヴァーンの颯爽とした登場シーン。神オープニング。

今回のヘップヴァーンは色っぽいなあ。
オレンジを取るエロイ「ゲーム」で見せる艶めかしさ、パジャマ姿で髪を後ろに結ぶヘップヴァーンの可愛さ。

ストーリーは真犯人をめぐって様々な関連人物が登場するが、一人、また一人と消えていき最も信頼していた男にも裏切られるような展開はハラハラドキドキだ。
でもドーネンのユーモアに溢れた演出であまり殺伐とした空気はない。
なのに一切ダレる事なく楽しんでしまった。

ラストの劇場におけるクライマックスも面白いアイデア。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2014-01-21 23:33:56)
82.お洒落な「昔の」ミステリーという感じ。
こういう、変に凝った展開のない、直球な作品が評価された時代が羨ましいというか。
懐古主義者ではないが、今の時代は良くも悪くも複雑すぎる。
Sugarbetterさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-11-30 20:15:27)
81.《ネタバレ》 早朝の郊外を通り過ぎる列車、そこから一つの死体が転がり落ちる。死体の顔がアップになった所で軽快なリズムに合わせオープニングクレジットが映し出される。実にインパクトのある幕開けです。オープニングのヘンリー・マンシーニによる名曲と、モーリス・ビンダーによるモダンなタイトルデザインも実に洒落ている。
ストーリーもやや強引さはあるものの、最後の最後まで犯人候補をミスリードし、この時代にありがちなものの観客がホッとできるハッピーエンドに落ち着かせてくれる辺りの脚本は秀逸です。
恐らく『麗しのサブリナ』や『ローマの休日』での純朴な少女の印象が強かったオードリー・ヘップバーンが新たなイメージに挑んだ作品でしょうが、彼女がどうしても未亡人に見えないのはまあご愛嬌。と言うかミセス(Mrs)にすら見えないぞ。最後にミス(Miss)と呼ばれて「ミセスって言ってんでしょ!」とセルフパロディまでかましたのには笑いました。
民朗さん [DVD(字幕)] 8点(2013-06-11 23:09:36)
80.「ヒッチコック映画よりヒッチコック的な映画」といったらいいかな。ラブ・サスペンス・ユーモアの要素がたっぷり詰まった傑作で、ハラハラドキドキのテンポも程よい。脚本・監督がうまいのはもとより、主役良し、脇役良し、音楽良し、タイトルデザイン良し、加えてファッションの魅力あり。J・コバーンの死体のシーンはちょっとドッキリで、これも良し。ダイハツから同名のクルマが発売された時はもちろん買いましたよ。バックナンバーは「333」じゃなかったけど・・・。
風小僧さん [CS・衛星(字幕)] 10点(2013-05-25 22:22:27)
79.古き良きハリウッドが生み出した傑作。113分というのは当時としては少々長尺ながら、ロマンチック・コメディ、小粋な台詞、サスペンス、スリラー、どんでん返しと、エンターテインメント要素が詰め込まれている。二転三転するケーリー・グラントの正体も、最後の最後で実は……となってオチに繋がる。テンポも悪くないし、娯楽映画として今見ても十分なクォリティ。
TERRAさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2013-05-15 21:19:18)
78.サスペンスといってもちょっと軽いタッチをねらったんでしょうな。命狙われてるわりにオードリーけっこう呑気だもん。J・コバーンのマッチ攻めなんてあいつ結構キレててそうとう怖いと思うんだけど。んーそれにオードリー何故にC・グラントにそんなにもご執心?今作でも相手はぐっと年上、父親に見えちゃう。等々、いまいち気持ちが乗れなかったのでした。オードリーのコメディエンヌぶりがなかなか冴えてる葬儀の場面はくすっと笑えましたが。
tottokoさん [ビデオ(字幕)] 6点(2013-02-06 17:51:30)
77.《ネタバレ》 あらまー、まんまと騙されたぁ(笑)ラストはかなり意表を突かれました。劇場の床番号?を一発で当てるという神業wをしてのけたケイリー・グラント。うむ、やっぱりかっこいい!というかダンディだ(感心)。でもスーツのままシャワーあびたりと、結構変な人(笑)を好演。濃ゆい悪役の面々もさすがの存在感。そして、の、オードリー。最高にきれいだし、ちょっとおてんば娘なキャラがよーく似合ってる。おまけにジバンシーの衣装もグッド(家財道具が無いはずなのに…なーんて野暮なことは無しヨ)もうC・グラントにメロメロなオードリーが超かわいい! つかこんな役のC・グラント、マジでウラヤマシイネ(苦笑)。今から50年前(!)の本作。そんな古さを全く感じさせない映画でした。大変面白かったデスハイ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2013-01-16 13:34:52)
76.テーマ曲と3人の悪党がいい感じ。ちょっとマヌケなところが憎めません。それに、「2度おいしい映画」なところもいい。オチを知った上でもう一度最初から見ると、別の楽しみ方ができます。伏線の張り方とか、いささかご都合主義のところとか。ただし、この作品のヘプバーンにあまり魅力は感じられません。何が悪いというわけではないけれど、けっこう当たり前の行動をしているだけ。「美人は3日で飽きる」の典型かと。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2012-08-21 00:18:08)
75.《ネタバレ》 最後まで誰が犯人なのかわからなかった。気軽に楽しめる良作だった。
ホットチョコレートさん [地上波(字幕)] 7点(2012-08-13 06:28:35)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 94人
平均点数 7.35点
000.00%
100.00%
200.00%
311.06%
411.06%
51010.64%
61515.96%
72425.53%
82021.28%
91414.89%
1099.57%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.33点 Review6人
2 ストーリー評価 8.45点 Review11人
3 鑑賞後の後味 7.90点 Review10人
4 音楽評価 8.12点 Review8人
5 感泣評価 9.33点 Review3人
chart

【アカデミー賞 情報】

1963年 36回
オリジナル主題歌ヘンリー・マンシーニ候補(ノミネート)「シャレード」(歌曲賞 として)
オリジナル主題歌ジョニー・マーサー候補(ノミネート)「シャレード」(歌曲賞 として)

【ゴールデングローブ賞 情報】

1963年 21回
主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)オードリー・ヘプバーン候補(ノミネート) 
主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)ケイリー・グラント候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS