超劇場版 ケロロ軍曹2 深海のプリンセスであります!のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > チ行
 > 超劇場版 ケロロ軍曹2 深海のプリンセスであります!
 > (レビュー・クチコミ)

超劇場版 ケロロ軍曹2 深海のプリンセスであります!

[チョウゲキジョウバンケロログンソウツーシンカイノプリンセスデアリマス]
2007年【日】 上映時間:80分
平均点:5.00 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
SFコメディアニメシリーズものファミリーTVの映画化漫画の映画化
新規登録(2008-02-25)【ジャッカルの目】さん
タイトル情報更新(2020-11-30)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督山口晋
佐藤順一(総監督)
演出山口晋
渡辺久美子ケロロ軍曹
小桜エツ子タママ二等兵
中田譲治ギロロ伍長
子安武人クルル曹長
草尾毅ドロロ兵長
川上とも子日向冬樹
斎藤千和日向夏美
桑島法子メール
辻希美マール
藤原啓治ポール森山/ナレーション
平松晶子日向秋
岡本玲レイ
広橋涼東谷小雪
原作吉崎観音
脚本横谷昌宏
音楽鈴木さえ子
作詞横谷昌宏「メールのうた」
渡辺美里「その手をつないで」
作曲伊秩弘将「その手をつないで」
沢田完「KERO`T MARCH~ソラミミングリッシュであります!」
鈴木さえ子「メールのうた」
編曲沢田完「KERO`T MARCH~ソラミミングリッシュであります!」
鈴木さえ子「メールのうた」
主題歌渡辺美里「その手をつないで」
角田信朗「KERO`T MARCH~ソラミミングリッシュであります!」
ビクターエンタテインメント「KERO`T MARCH~ソラミミングリッシュであります!」(レーベル)
挿入曲桑島法子「メールのうた」
渡辺久美子「よきにはからえ!」
小桜エツ子「よきにはからえ!」
中田譲治「よきにはからえ!」
子安武人「よきにはからえ!」
草尾毅「よきにはからえ!」
製作角川歴彦
テレビ東京(「超劇場板ケロロ軍曹2」製作委員会)
角川書店(「超劇場板ケロロ軍曹2」製作委員会)
角川映画(「超劇場版ケロロ軍曹2」製作委員会)
サンライズ(「超劇場版ケロロ軍曹2」製作委員会)
プロデューサー角川歴彦(エグゼクティブプロデューサー)
制作サンライズ(アニメーション制作)
配給角川映画
作画山口晋(絵コンテ)
美術旭プロダクション(美術・背景協力)
録音鶴岡陽太(音響監督)
その他IMAGICA(デジタル&フィルムラボ)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 マールとメールに関する情報が少ない上に我がまま放題でイマイチ可愛くない。主要キャラ以外ほとんど登場人物(エキストラ含め)がいないので、物語のスケールは結構でかいのに終始コジンマリした(悪く言えばしょぼい)感じが続く。また、1作目のときもそうだったのだが、ケロロたる所以のパロディやギャグも乏しく、主人公がケロロである必要性がなくなってしまっている。TVで十分かな。
しぇんみんさん [DVD(邦画)] 5点(2008-12-17 14:15:53)
1.これを映画館で見たこども達はがっかりしたのではないだろうか。テレビアニメより格段につまらないのである。笑い、パロディがもっと欲しかった。ケロロという素晴らしい素材を生かし切っていないので、主人公をドラえもんやピカチュウに変えても通じてしまうような話である。映画版ということで何か特別なことをしなければ、という作り手の思いが強すぎ、それが悪い方に出た作品。
ジャッカルの目さん [DVD(邦画)] 5点(2008-03-02 13:12:11)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 5.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
52100.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review1人
4 音楽評価 5.00点 Review1人
5 感泣評価 5.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS