ミストのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ミ行
 > ミスト
 > (レビュー・クチコミ)

ミスト

[ミスト]
The Mist
2007年【米】 上映時間:125分
平均点:6.40 / 10(Review 263人) (点数分布表示)
公開開始日(2008-05-10)
ドラマホラーミステリー小説の映画化
新規登録(2008-03-10)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2014-11-14)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督フランク・ダラボン
助監督K・C・コーウェル
グレゴリー・ニコテロ(第二班監督)
キャストトーマス・ジェーン(男優)デヴィッド・ドレイトン
マーシャ・ゲイ・ハーデン(女優)ミセス・カーモディ
ローリー・ホールデン(女優)アマンダ・ダンフリー
アンドレ・ブラウアー(男優)ブレント・ノートン
トビー・ジョーンズ(男優)オリー・ウィークス
ウィリアム・サドラー(男優)ジム・グロンディン
ジェフリー・デマン(男優)ダン・ミラー
フランシス・スターンハーゲン(女優)アイリーン・レプラー
クリス・オーウェン(男優)ノーム
デヴィッド・ジェンセン〔男優・1952年生〕(男優)マイロン
アレクサ・ダヴァロス(女優)サリー
ネイサン・ギャンブル(男優)ビリー・ドレイトン
堀内賢雄デヴィッド・ドレイトン(日本語吹き替え版)
宮寺智子ミセス・カーモディ(日本語吹き替え版)
日野由利加アマンダ・ダンフリー(日本語吹き替え版)
古澤徹ブレント・ノートン(日本語吹き替え版)
茶風林オリー・ウィークス(日本語吹き替え版)
辻親八ジム・グロンディン(日本語吹き替え版)
佐藤利奈ビリー・ドレイトン(日本語吹き替え版)
小室正幸(日本語吹き替え版)
佐々木敏ダン・ミラー(日本語吹き替え版)
原作スティーヴン・キング『霧』(扶桑社刊『スケルトン・クルー1 骸骨乗組員』所収)/『霧』(『闇の展覧会―霧』所収)
脚本フランク・ダラボン
音楽マーク・アイシャム
製作フランク・ダラボン
ディメンション・フィルムズ
製作総指揮ハーヴェイ・ワインスタイン
ボブ・ワインスタイン
特殊メイクグレゴリー・ニコテロ
ハワード・バーガー
K.N.B. EFX Group Inc.
ジェイク・ガーバー
特撮K.N.B. EFX Group Inc.(特殊効果)
カフェFX社(視覚効果)
グレゴリー・ニコテロ(クリーチャー効果)
美術グレゴリー・メルトン(プロダクション・デザイン)
ハワード・バーガー(クリーチャー・デザイン)
グレゴリー・ニコテロ(クリーチャー・デザイン)
録音マーク・A・マンジーニ
エリオット・タイソン
字幕翻訳松浦美奈
その他ジェイク・ガーバー(パペット操演)
スティーヴン・キング(スペシャル・サンクス)
あらすじ
メイン州の田舎町。凄まじい嵐が過ぎ去った翌朝、 買出しに来た住民で賑わっていたスーパーマーケットは まったく視界が利かなくなるほどの霧につつまれる。 霧の中には得も言われぬ恐ろしい〝何か〟が潜んでいた…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
223.《ネタバレ》 真っ白な霧の中から触手が。スーパー内で恐怖の極限に達した人々の様子を赤裸々に描き出したシチュエーション・モンスターパニック。援けがちょっとばかし遅かった…酷すぎる結末。余韻を残す静寂なED曲。エイリアンものでこれほど引き込まれたのは初めてかも。さすがは「ショーシャンクの空に」のフランク・ダラボン監督、スティーブン・キング原作。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 8点(2013-01-19 22:51:55)
222.《ネタバレ》 なにこれどう点数つければいいんだか分からん。ただでさえ宗教信者はタチが悪いのに、極限状態だと更にタチが悪くなるってことが分かってよかった。てっきり「全て」主人公の妄想で、夢オチEDだとばかり思ってたのに。
悲喜こもごもさん [DVD(字幕)] 7点(2013-01-19 02:24:13)
221.《ネタバレ》 これはただのエイリアン系のB級映画。そう、エンディングまでは。
この映画をB級映画として観れば7点は付けられるかもしれないが、スティーブン・キング原作フランク・ダラボン監督作品として観てしまったら0点。
壮絶なエンディングによってただのB級映画が映画史に名を残す映画になったのは間違いない。しかしこの絶望感は受け入れられない。極限状態における心理描写が素晴らしいとか宗教的だというレビューもあるけど、そんなものはもはやどうでもいい(だって途中経過はB級映画だもん)。「セブン」みたいな結末は必然性があって受け入れられるが、この映画には最低限の倫理がない。。
しかし!映画としては、多くの衝撃を与え議論を巻き起こしたいう意味で成功しているのではないだろか
amierさん [DVD(字幕)] 0点(2012-12-26 21:30:12)
220.《ネタバレ》  監督フランク・ダラボン・原作スティーヴン・キングということで、かなり期待してみました。実際、初めのうちは悪くなかったと思います。主人公の男も、脇を固める俳優も結構いい雰囲気です。が、「虫」が出てきてからちょっと変わりました。エイリアン等を見てでさんざん鍛えられている映画ファンにとって、あんなちゃちな「虫」、しかも何種類いるかよくわからないような「虫」ではガックリきてしまいます。すごみのないものを出すくらいなら、むしろ姿を見せない演出のほうがよかったんじゃないでしょうか。エンディングを含めてストーリーはたいへんよくできているので、残念です。
海牛大夫さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-09-22 17:33:58)
219.主人公が大活躍するご都合主義的なストーリー展開を想像していると見事に裏切られます。それはもう見事に。これほど先の展開が読めない映画を久しぶりで観ました。それだけでもこの点数の価値は十分にあると思います。
kainyさん [地上波(吹替)] 7点(2012-09-07 12:00:59)
218.《ネタバレ》 ラストまではハラハラドキドキで面白かった。
宗教女や弁護士の言動にイライラ、無意味に虫を懐中電灯で照らす行動にイライラ、
銃に手を伸ばすシーンでノー!ノー!とやかましくわめきたてる行動にイライラ、
そしてまず窓危ないんだから女子供はバックルームに避難させとけよ!とイライラしながら見ていたが、
それでも面白かった。
しかしラストはもはやギャグである。
主人公は息子の為に最善を尽くしてないように見える。
車なんてそこらにいっぱいあったんだし
ガソリン移し換えや車の乗り換え等も出来ただろう。
どう考えても「やるだけやった」にはならない。
結局何のためにあのスーパーを脱出したの?
あの場から逃げたかっただけ?
主人公は奥さん失って精神的に追い詰められてたのか?
いずれにせよ主人公より息子が不憫過ぎる。
もっと頑張れ親父!

nokkyさん [DVD(字幕)] 5点(2012-08-25 01:13:55)
217.《ネタバレ》 見えない霧の中に得体の知れない何かが潜む恐怖・・・つかみはOK  
あっさり異様なイカの足?のようなものが出てきた時点でちょっとがっかり・・・
この時点でビジュアル面に目がいってしまい、どうしようもないグロテスクホラーに感じてしまいました。
しかし、見ていくにつれ、この作品に潜む恐怖とは、"怪物"ではなく恐怖に陥ったときの人間自体であることに気付きました。
思えば、最初に出てくるモンスターぺアレント的なおばさんからして、すでに人間の見苦しい姿にほかなりません。
そして、最後のどうしようもない絶望感での終わり方はなかなか個性的。
こういうラストはなかなか持ってこれないと思います。
問題は収束し、主人公は生き残ったのに、主人公にとって最悪の終わり方・・・言ってみれば死んでいたほうがまだマシ。
面白かったですが、正直、広く一般には薦められない作品です(^^;
牛若丸さん [DVD(字幕)] 5点(2012-08-19 17:46:15)
216.《ネタバレ》 普通の映画は主人公たちの行動が正しい選択なんだけど、この映画では逆というのが面白い。
ただし映像は少しショボい。
たんたかたんさん [DVD(字幕)] 6点(2012-05-19 01:08:31)
215.《ネタバレ》 外の強すぎる怪物と戦う映画ではなく、中で起こるドラマを中心に、極限状態に置かれた人間を描いた映画。外があんな事になればただでさえ面白いはずだけど、集団の中に偶然にも宗教おばさんがいたことで、その面白さが跳ね上がった。ラストは賛否あるようだけど、単純に、惨状を目撃し精神的に追い詰められた人間が取る行動として説得力があったし、逆に5人全員が助かる展開では物足りなさを感じたかもしれない。このオチだからこその満点。凄い映画を見ちゃったな~。
リーム555さん [DVD(字幕)] 10点(2012-05-13 10:02:54)
214.《ネタバレ》 胸糞悪いバッドエンドは嫌いではないが、「あの判断」に対する納得はできなかった。例えあの先に絶望しかなくても最後まであきらめて欲しくはなかった。彼のこれからの人生を想像すると、懺悔と後悔を繰り返す生き地獄のようなものになってしまうのかなあ。もし彼自身の人生をあきらめてしまうような事になったら本当に救いがない。精神的に負荷の強い映画でした。
コロチンさん [DVD(字幕)] 7点(2012-05-02 10:28:41)
213.《ネタバレ》 未曾有の嵐に見舞われたメイン州西部。やがて謎の濃い霧によって街は覆い尽くされ、住民はパニックに陥る。脱出を試みた人々は次々と何者かに襲われていき…。霧の中に潜む謎の生物や窮地に迫られた時の人間の残酷さなど、心理的な恐怖を存分に味わえます。見終わった後、他人の意見を聞きたくなります。
nyarameroさん [DVD(字幕)] 9点(2012-04-24 15:01:26)
212.《ネタバレ》 ダメだ、、、とにかく気持ち悪い  虫系の映画(そんなカテゴリーあんのか?)は、ほっっんとに苦手   おまけにこれ程までに「バッド」エンディングは  どうなんでしょうか?  最初の謎な雰囲気はいいとしても  後味の悪さでこれ級なものって あったっけ??   何か結局のところ 訳わかんない内に 終わってた的な(突き放しもいいとこな)  そんな印象でゴザイマス
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 2点(2012-04-21 23:31:55)
211.《ネタバレ》 OPから霧が広がっていくまでのテンポが良く、不穏なサイレンと、霧の中にいる「何か」を想像、期待させる演出が上手い。その正体は、良くも悪くも意表を突くものでした。しかしこの映画の見どころはその状況下で起こる人間の心理と行動の描写だと思います。本当に恐ろしいのは、外にいる異次元の怪物ではなく、それを神の裁きだと受け入れ、生け贄を差し出そうと言い出す人間ではないか。カーモディの言う「神の裁き」とはこの映画の中で、人間の愚かな行為に対する罰、代償に見たてていると思います。この原因になったのは人間が行った行為の結果で、カーモディのエスカレートする言動も、単純に彼女の異常なまでの宗教論かもしれないが、もしかすると町の人々の彼女に対する態度だったり、思いやりの無さが招いた苛立ち、孤独感からなのかもしれない。あくまで解釈に過ぎませんが、劇中でカーモディの性格は分かるし、好きになる人はいないのでは?最後にカーモディは生け贄に差し出すどころか、「みんな殺せ!」と明らかに個人的な怒りを露わにします。そういう人間の気持ちの無さが招いたのかもしれない。ラストは原作と大きく違う様です。デヴィッドは子供の為に一人外に出た女性と子供達の無事な姿を目にします。デヴィッドが犯した最大の罪は、生きる事を諦め、死を選んだ事でしょう。彼はこの先その事を後悔して一人生きていかなければならない、それが「神の裁き」なのかもしれません。神の裁きは人間には過酷でとても計り知れない。ラストに流れる音楽とあまりにも悲痛な結末の余韻に、しばらく席を立てなかった。
mikiさん [CS・衛星(字幕)] 10点(2012-04-07 13:15:49)
210.《ネタバレ》 ○なんか良く分からない設定の映画だったが、画面に引き付けるだけの演出はさすが。ただ、宗教女が騒ぎ出してからそれが鬱陶しくて白けた。○モンスターに関しては、気持ち悪いのは良いが、あまりオリジナリティがなく残念。あと、最後までどんな生物かわからないように隠してほしかった。○話題となったエンディングだが、4発で5人が殺せる方法が分かっただけに残念。してやられた感もそれほどなく、ただただ後味が悪いだけ。それなりに面白かったが、もう観ないでしょう。
TOSHIさん [DVD(字幕)] 4点(2012-04-01 20:08:40)
209.《ネタバレ》 扇動された人々が兵隊さんを生贄にしてしまうシーンは確かに恐怖を覚えましたし、〝怪物に殺させないで〟という妙な言い回しの約束から息子を殺さなければならないという展開はショックを受けますし(あざとくもある)、登場人物たちの生死が予測できないのもドキドキさせられますが…いかんせん肝心のミスト(霧)の描写がいただけません。人間の集団心理の怖さなどは何もこの異次元の題材で選択すべきものではなく、霧で閉ざされた視界の恐怖をどこまでも追求すべきであったと思います。例えば、シャッターを開けると襲ってくる触手のCGの粗さや、あのシーンの緊張感の無さはよろしくないですし、ラストの霧中にただ一人取り残された主人公も〝息子を殺してしまった〟という状況が衝撃的なだけであり、車外を取り巻く霧の恐怖が蔑ろにされています。詰まるところ展開としての〝驚愕のラスト〟を狙っているだけとしか思えないのです。
ミスター・グレイさん [DVD(字幕)] 5点(2012-02-03 18:36:00)
208.《ネタバレ》 面白かった。

この映画、虫みたいなヤツとか触手とか出てきた瞬間「待て待て、これじゃキングだろw」とか突っ込みまくったりした。ちなみに宇宙人とか出てきて最終的には全員死ぬか主人公だけが人類の生き残りになるとかやるんだろうなキングだったらさ、とかバカにしてみたりもした。そしたらホントにキング映画でやんの。

で、キングなのに中盤から様子がおかしい。なんかだんだんクリーチャーがどうでも良い立ち位置にどかされて、キモいおばちゃんが存在感を放つ。で、このおばちゃん、キリスト教とか宗派とか全然関係ないただのキチガイだったりする。いくつかのレビューに宗教とかキリスト教とかがテーマという記述があるが、宗教でもキリスト教とか全然無関係で、アメリカ人とかも関係ない。あんなアメリカ人見たことないわと思ったりした。映画で変人が出てくると何でも一般的なアメリカ像にしてしまうのはとても日本的だなと。アメリカ人がアメリカ人に見せるために作ってるんだからそんなわけ無いでしょ。

だけど、そういうことよりもこの映画を観ていて恐ろしかったのは、だんだんあの地震を思い出し始めたことだ。地震の後、原子炉が崩壊していた。この映画の絶望感とは比較にならない諦観が自分を押しつぶしてしまったのを思い出す。で、あの当時やはりあのおばちゃんのように、「何が何だかよくわからないインチキな知識で周囲を扇動し始める人」が現れた。あのおばちゃんは現実にいっぱい居た。

恐怖感が耐えられる限界値を上回ると、ああいう形で諦めを形にしてしまう人もいる。人間の本質ではないが、数割のそういった人が実在するのも事実だ。そういった人たちが諦めた人間同士でそのヒエラルキーを構築し始めるのは驚愕だった。そう言う意味でとてもリアルな映画だった。

で、ラストに今まで思っていた事へ剛速球で回答がくる。「なんか自衛隊とか米軍の方が強い様な気がするけどキングだし猛威ふるっちゃってるな」とぼんやり思っていた。そしたらホントに米軍が見事解決しちゃってる。そう言うエンディングか。あのキチガイおばちゃんが居なければ、こうならなかっただろうな。今だってそうだけど、その立場にそぐわないのに他人が生きるのを諦めさせようとする人間と、そうでない人間はいつでも戦っているんだ。
黒猫クックさん [DVD(字幕なし「原語」)] 7点(2012-01-03 07:19:47)(良:1票)
207.《ネタバレ》 なぜか何度も観たくなる怪作です。
いやーな結末ですし、基本モクモクだし。。。
テンポ良く、緊張感を保ちながら、観たこともないものを見せてくれた!
ってことかも知れません。
『ホラーは嫌いだから観ません』って言うには、ちょっともったいない佳作です。
ろにまささん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2011-11-11 01:53:36)
206.いきなり本題に突入していくのは好きです。宗教絡みのシーンもアメリカならではで良かった。ちょっとラストのあっけなさが残念。
nojiさん [地上波(字幕)] 6点(2011-09-13 22:29:51)
205.《ネタバレ》 なんとも後味が悪いというより、苦い‥‥。

原作は未読ですがキングを信じていたので(笑)、ラストを見たときは、「キングなのにこんなラスト、アリ?!」とショックを受けました。が、そうですか、原作のラストとはまったく違っていたんですね‥うんうん、納得。

後味が苦いのがいけないのではありません。ただ、キングだったらもっとやってくれるだろ~に、という期待というより信頼があるのですよ。
もっとナニをやってくれるかと言えば、それは安易なアン・ハッピーエンドは、安易なハッピーエンドと同程度に失望するけれど、キングはどちらの安易な道も選ばない。まったく違うものを見せてくれる、という信頼ですね。

この映画が安易なアン・ハッピーエンドだとは言いませんが、このラストのせいでテーマやメッセージがわやくちゃになってしまってますがな。
まったく正解が見えない恐怖と混乱の中で、それでも頑張る人間性を否定してどうする?運やタイミングがすべてかよ。
と、グレる気持ちになりますがな。
キングなら、たとえアン・ハッピーエンドなラストだとしても、もっとテーマに骨太で人間的なものを伝えてくれるハズ。

このラストだと、観客側は、あまりにも救われない気持ちを、主人公達の行動の落ち度を見つけて数え上げる事をして、なんとか気持ちの落としどころをみつけるしかないんじゃないの?
そんなのって、ど~なのかなぁ。映画のラストとしては失敗じゃないの?
と、思うわけですよ。

それでもラスト以外は、ヨカッタ。
CGがチャチとかも思わなかったし、むしろ姿を見せない相手だから得体の知れない恐怖がかきたれられるってモンです。なんでも精巧にCGを作ってご披露すればいいってもんじゃない。
その証拠に、『サイレント・ヒル』のモンスターは全然怖くない。チラッと見せられても『サイン』の宇宙人も怖くない。チャチとは思わんけど(笑)。
要は見せ方。臨場感。ですね。
まぁモンスターに特に期待してないだけかもしれませんが。

なのでラストには大不満ですが、6点を計上します。
原作読んでみよ。
りりらっちさん [DVD(字幕)] 6点(2011-09-02 01:50:25)
204.ラストをどう捉えるかで、評価の分かれそうな作品。
最初は自分も顔をしかめたのだが、集団心理サスペンスと観ればこの形もありなのかなと。
ただ序盤からの流れは、完全にB級モンスターパニック映画の作りで、
登場人物たちの各描写がそれほどじっくり描かれているというわけでもないし、
正直心理サスペンスのほうには気持ちが傾かなかった。狙い所の面白い作品だとは思うけど、
納得できない人がいても不思議ではない。興味のある方は一度ご鑑賞あれ。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 5点(2011-09-01 20:46:31)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 263人
平均点数 6.40点
031.14%
183.04%
220.76%
372.66%
4249.13%
5269.89%
64617.49%
76625.10%
85621.29%
9124.56%
10134.94%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.36点 Review36人
2 ストーリー評価 7.06点 Review45人
3 鑑賞後の後味 4.68点 Review47人
4 音楽評価 5.92点 Review26人
5 感泣評価 4.76点 Review25人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS