それいけ!アンパンマン/ハピーの大冒険のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ソ行
 > それいけ!アンパンマン/ハピーの大冒険
 > (レビュー・クチコミ)

それいけ!アンパンマン/ハピーの大冒険

[ソレイケアンパンマンハピーノダイボウケン]
2005年【日】 上映時間:70分
平均点:9.00 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
アドベンチャーファンタジーアニメシリーズものファミリー小説の映画化TVの映画化
新規登録(2008-03-24)【目隠シスト】さん
タイトル情報更新(2021-03-08)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督矢野博之
戸田恵子アンパンマン
中尾隆聖ばいきんまん
増岡弘ジャムおじさん
佐久間レイバタコ
山寺宏一チーズ
鶴ひろみドキンちゃん
肝付兼太ホラーマン
島本須美しょくぱんまん
柳沢三千代カレーパンマン
かないみかメロンパンナ
長沢美樹クリームパンダ
西村朋紘SLマン
千葉繁ドクター・ヒヤリ
滝沢ロコみみせんせい
坂本千夏ちびぞうくん
原えりこピョン吉
中村ひろみウサ子
豊嶋真千子ハピキチ
ともさかりえハピー
相沢まさきハピジイ
原作やなせたかし
脚本米村正二
音楽いずみたく
近藤浩章
鈴木清司(音楽監督)
作詞やなせたかし「アンパンマンのマーチ」「勇気りんりん」「つよさとは何?」「悪いはすてき」
作曲三木たかし「アンパンマンのマーチ」「勇気りんりん」
やなせたかし「つよさとは何?」(名義「ミシェル・カマ」)
編曲大谷和夫「アンパンマンのマーチ」「勇気りんりん」
主題歌やなせたかし
三木たかし
ドリーミング「アンパンマンのマーチ」「勇気りんりん」
挿入曲ドリーミング「つよさとは何?」
中尾隆聖「悪いはすてき」
製作加藤俊三
トムス・エンタテインメント
日本テレビ
企画奥田誠治
制作東京ムービー(アニメーション制作)
配給東京テアトル
作画前田実(作画)(キャラクターデザイン/作画監督)
編集鶴渕和子
鶴渕允寿
その他東京現像所(現像)
あらすじ
不思議な大木『ドデカツリー』に住む少年ハピーは、強さに憧れてアンパンマンに弟子入りします。しかしアンパンマンはいつものように無償ボランティアにいそしむ毎日。ハピーはおもしろくありません。そんなとき、バイキンマンから悪魔のささやきが…。“強さ”の意味を問う劇場シリーズ第17作目。ゲスト声優・ともさかりえの、見事な吹替えもみどころ。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 アンパンマンの映画は短編、長編含めかなりの数を見ました。その中で一番のお気に入りになったのが一番最近レンタルしたこの作品です。

バイキンマンが悪だくみをする→アンパンチで撃退、という単純ないつもの流れとは違い、今回はアンパンマンが普段しているパトロールをより密着して(すごく過酷なんです)、ぼろぼろのマント(よく見るとつぎはぎで、毎日バタコさんが繕ってるんです)、その強さの本質は?など、普段アンパンマンのアニメを見てるだけでは見えないところがずっと細かく描写されています。アンパンマンというキャラクターがかもし出す太陽のようなあたたかさ、すべてを赦す優しさ、こんなに深いお話だったのか、と実感しました。「助けてあげたり、顔をあげたり、アンパンマンはあげてばっかりだ」というセリフ、ものすごく心に残りましたよ。

映画のゲストキャラは女優さんがされることが多いですね。本業の声優さんではない分いつもはゲストキャラの声に若干の違和感を覚えることが多いのですが、今回はともさかりえさんがすごく上手にハピーというキャラを演じておられました。
のえるあいさん [DVD(字幕なし「原語」)] 10点(2011-12-07 22:05:46)
1.《ネタバレ》 必殺技アンパンチで悪者をやっつけるアンパンマン。少年ハピーはアンパンマンに憧れます。僕もアンパンマンのようにかっこよく、強くなりたい。どうしたら強くなれるの?僕を強くしてよ!ハピーはアンパンマンに問いかけます。でもアンパンマンは応えてはくれません。「僕は強くなんかないよ。みんなが応援してくれるから頑張れるだけなんだ」ハピーにはその言葉の意味が分かりませんでした。しかしアンパンマンのぼろぼろのマントが彼に教えてくれました。誰かを守りたいと思う気持ちが“強さ”だということを。“力”は目的ではなく、手段に過ぎないことを。愛こそが強さなんだ。ハピーに届いたアンパンマンの想いは、自分にも伝わってきました。思わず涙腺が緩みました。宮沢賢治の『雨ニモ負ケズ』の人物像にも通じるアンパンマンは、理想とする人間の在り方だと思います。綺麗ごと、所詮絵空事と切り捨てたらダメな気がする。アンパンマンのような立派な人にはなれなくても、小さなアンパンマンを心の隅に留めて置くことなら、自分にも出来るかもしれません。
目隠シストさん [DVD(邦画)] 8点(2008-03-24 18:40:19)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 9.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
8150.00%
900.00%
10150.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review1人
2 ストーリー評価 10.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 10.00点 Review1人
4 音楽評価 10.00点 Review1人
5 感泣評価 8.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS