真夜中のカーボーイのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > マ行
 > 真夜中のカーボーイ
 > (レビュー・クチコミ)

真夜中のカーボーイ

[マヨナカノカーボーイ]
MIDNIGHT COWBOY
1969年【米】 上映時間:113分
平均点:7.37 / 10(Review 134人) (点数分布表示)
公開開始日(1969-10-09)
ドラマ青春もの同性愛もの小説の映画化ロードムービー
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2020-08-15)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョン・シュレシンジャー
助監督バート・ハリス(第二班監督)
キャストダスティン・ホフマン(男優)ドブネズミことラッツォ
ジョン・ヴォイト(男優)テキサスのジョー
シルヴィア・マイルズ(女優)キャス
ブレンダ・ヴァッカロ(女優)シャーリー
バーナード・ヒューズ(男優)タウニー
ジェニファー・ソルト(女優)アニー
ルース・ホワイト〔女優・1914生〕(女優)サリー
ボブ・バラバン(男優)ニューヨークの男子学生
ポール・モリセイ[監督](男優)パーティの客
M・エメット・ウォルシュ(男優)バスの乗客(ノンクレジット)
ウォルド・ソルト(男優)TVショーに出てるジョー・パイン(ノンクレジット)
橋本功テキサスのジョー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
穂積隆信ドブネズミことラッツォ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
富田耕生ダニエル(日本語吹き替え版【テレビ朝日/TBS】)
鈴木弘子シャーリー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
大木民夫タウニー(日本語吹き替え版【テレビ朝日/TBS】)
田中亮一ニューヨークの男子学生(日本語吹き替え版【テレビ朝日/TBS】)
鳳芳野(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
鈴木れい子(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
伊武雅之(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
飯塚昭三(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
村松康雄(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
緑川稔(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
麻上洋子(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
玄田哲章テキサスのジョー(日本語吹き替え版【TBS】)
野沢那智ドブネズミことラッツォ(日本語吹き替え版【TBS】)
戸田恵子シャーリー(日本語吹き替え版【TBS】)
滝沢久美子アニー(日本語吹き替え版【TBS】)
小島敏彦(日本語吹き替え版【TBS】)
平林尚三(日本語吹き替え版【TBS】)
島香裕(日本語吹き替え版【TBS】)
藤城裕士(日本語吹き替え版【TBS】)
広瀬正志(日本語吹き替え版【TBS】)
巴菁子(日本語吹き替え版【TBS】)
片岡富枝(日本語吹き替え版【TBS】)
郷里大輔(日本語吹き替え版【TBS】)
原作ジェームス・レオ・ハーリヒー
脚本ウォルド・ソルト
音楽ジョン・バリー〔音楽〕
主題歌ニルソン"Everybody's Talkin' (うわさの男)"
撮影アダム・ホレンダー
ディック・クラティナ(カメラ・オペレーター)
トム・プリーストリー・Jr(ノンクレジット)
製作ジェローム・ヘルマン
ケネス・ウット(製作補)
衣装アン・ロス〔衣装〕
ヘアメイクディック・スミス(メーキャップコンサルタント)
編集リチャード・P・シリンシオーネ(編集助手)
日本語翻訳木原たけし(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
その他フレッド・C・カルーソー(プロダクション・マネージャー助手)
水野晴郎(邦題)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
134.《ネタバレ》 体が不自由なラッツォはともかくジョーは普通に働けよと思ったな。
でも楽して生活したいって夢は誰にでもあるもんだし一概にジョーの考えが悪いとも思えない。
最終的には夢破れたジョーがカウボーイの衣装を捨てて普通に働こうと考えを改めたのは希望のあるラストだった。

どちらかというとジョーの方が献身的な感じだが二人の関係も良いね。
絶望的な状況で明るい曲が流れるシーンはなかなか好きだ。
ジョーは孤独だったんだろうね。

二人の演技はすごい良かったな。
ジョンヴォイドって知らなかったけどいい役者だな。
Dry-manさん [DVD(字幕)] 6点(2019-12-09 05:07:01)
133.いつになったら、面白くなるのかと思って観てたのですが。特に面白くも感動もなかったです。
SUPISUTAさん [DVD(字幕)] 2点(2017-05-20 19:54:06)
132.《ネタバレ》 タイトルで西部劇かと勘違いして見始めたが、全然違ってずっこけた。
夢を抱いて都会に出てきた田舎者をジョン・ヴォイトが好演。
その垢抜けなさと素朴さがにじみ出ていた。
ダスティン・ホフマンもさすがの存在感で、大都会での掃き溜めにうごめく二人の閉塞感はすごいが、肝心のストーリーに面白みがない。
世間知らずな青年が現実の厳しさにぶち当たったということ。
そんなに固い友情を結ぶような出来事もなかったように思うし、ペテン師との絆の強さが腑に落ちない。
夢の破れ方もなんだかあっけないような。
恋人をレイプされた過去があるようだけど、その描き方も中途半端な印象で、それならなくてもよかったかも。
飛鳥さん [DVD(字幕)] 4点(2015-02-26 22:37:27)
131.《ネタバレ》 田舎から都会に出てきて、夢破れ現実的になりつつも、これまでの人間性は捨てきれず、そして新たな未来がちらつく...
単純そうで複雑な映画。ある程度の芸術性を認めれば評価は高いが、ストーリーそのものが気持いいかどうかは微妙だ。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-02-01 12:01:41)
130.《ネタバレ》 アメリカン・ニューシネマを語るにあたって、この映画を外すわけにはいかないでしょう。主人公が最後に死ぬのがニューシネマの半ばお約束みたいなもんですが、この映画のダスティン・ホフマン=ラッツォぐらい惨めでやるせない死にざまは空前絶後なんじゃないですか。 「俺、ションベン漏らしちゃったよぉ(泣)」、もうこのシーンはジョン・ボイトになり変ってラッツォを抱きしめてやりたいくらいです。でもこの結末には確かに深い虚しさが漂っているけど、私にはそこはかとない希望の光を感じられるのです。ジョン・ボイトも自分のアイデンティティだったカウボーイ衣装をゴミ箱にほうり込み、陽光あふれるフロリダで地道に働き新しい人生を始める事が暗示されている様に思います。他のニューシネマ作品とは違ってアナーキーさは薄くて、弱者への優しい視点が感じ取れるのも好きです。二ルソンの名曲“Everybody's Talkin”の使い方も良いですしね。
S&Sさん [映画館(字幕)] 9点(2014-06-11 21:04:51)
129.《ネタバレ》 その昔に観た時は、夢を描いて上京した田舎者が現実の厳しさを思い知る映画でした。約30年を経たらただの無計画にしか見えませんでした。どうしようもない男二人の友情も、悲しい描写以上のものを残さない。「ニューシネマ」と呼ばれる作品の多くは、現代的には掘り下げが浅く見えます。本作も過去の作品になりました。住み慣れた土地を離れる時のセンシティブな心情描写や主演二人の演技は評価します。点数は再見時のものです。
アンドレ・タカシさん [地上波(字幕)] 4点(2013-08-20 00:35:40)
128.ジョン・ヴォイドとダスティン・ホフマンの素晴らしさよ。
Balrogさん [DVD(字幕)] 7点(2013-01-08 23:03:12)
127.《ネタバレ》 なんというか、主人公たちの行動があまりにも現実を見ていないというか、まともに「この環境から逃げ出したい」と思って闘っているように全く見えないので、ただ適当に流されているだけのまとまりのない作品になってしまっているように見える。

■「女の相手をして金を稼ぐんだ」とか、言ってるわりにまともにそれをやる技術も持っていないし、どうしたいんだかさっぱりわからない。もっと必死に働いているのに、不運や軽蔑等でまったく泥沼から抜け出せないというのなら分かるが、これだと何がしたいのやら。なぜ名作と言われるのか理解できない。ニューシネマの時代は、どん底に落っこちて暗いまま終わる作品ならばよかったのであろうか・・・
θさん [DVD(字幕)] 5点(2013-01-02 23:22:37)
126.アメリカンニューシネマの後味とは違う、商業化した後味の悪さを、記憶している。
みんな嫌いさん [DVD(字幕)] 5点(2012-10-06 09:48:57)
125.《ネタバレ》 田舎から安易で馬鹿な夢を抱いて のこのこニューヨークに出てきたジョーを待ち受ける都会の厳しいこと、冷たいこと。うぅ、観ていてつらい。「カウボーイなんかに引っかかるのはゲイくらいなもんだ」とホフマンに看破されて半泣きのジョーが滑稽やら哀れやら。でもジョー、お前いい奴だなあ。ラッツォへの途切れない友情に涙、涙。
tottokoさん [ビデオ(字幕)] 7点(2012-01-31 14:37:36)
124.アメリカン・ニューシネマを代表する一本。主役二人のキャラがとても人間臭くて、
ダスティン・ホフマンとジョン・ヴォイトがそれぞれ好演してます。
決してドラマティックな展開があるわけではなく、ラストも途中で読めてしまうのだが、
二人の男の友情をさりげなく描いており、嫌みのないところがいい。この手の映画には珍しく、
演出がちょっと凝っていて面白かった。ほろ苦い切なさも感じさせてくれる佳作。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 6点(2011-11-26 04:52:46)
123.《ネタバレ》 こんなに素晴らしいオープニングの映画は他にない。NilssonのEverybody's Talkingが本当にいい。
Mazelo Nostraさん [DVD(字幕)] 10点(2011-09-08 00:43:46)
122.《ネタバレ》 あまりにも愚かな若者たちと、あまりにも冷たすぎる都会の話。観賞後は気分が沈むこと間違いなし。
eurekaさん [DVD(字幕)] 8点(2011-08-23 13:29:42)
121.女を相手に売春して都会で儲けようと田舎から出てきた青年。
この甘い考えは、すぐに夢と消える。
都会で待っていたものは、孤独であった。

都会に向かうバスの中で、青年はラジオに耳を傾けながら、甘い夢を見ている。
この時に流れる音楽もそれを盛り立て、観ているこちらもわくわくしてくる。
だが、都会で待っていたものは、これ以上なく辛い現実だった。
その描写があまりに現実的で、こちらも気分が滅入ってくる。

そんな孤独な都会で、一人の男と知り合い、そこに友情が生まれる。
しかし、その友人も病に倒れてしまう。
なんとも救いようのない話で、ハッピーな気持ちになれないのが難だが、肉体労働で地道に稼ぐことを決心した青年が、最後でちょっとした希望を見せてくれた。

都会を目指した青年の孤独と希望を描いた、ロードムービー的要素を併せ持つ、ほろ苦い青春ドラマの名作。
にじばぶさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-08-15 19:00:25)
120.所々面白い映像はあったが、名作といわれる所以がわからなかった。
長谷川アーリオ・オーリオさん [DVD(字幕)] 5点(2011-06-04 17:59:14)
119.《ネタバレ》 冒頭のNY行きのバスの車中がいいですね。ジョーの無邪気に車中の人達に話しかける表情と主題歌の優しいメロディがいい。しかしこの主題歌がNY到着後はピタリと止まる。

2人が出会って以降は彼らが真面目に働くでもなくどんどん夢から遠ざかっていく厳しい現実や都会の冷たさをこれでもかと見せる。また、ラッツォの悪化していく体調は確実に救いの無いラストを予感させますが、不器用な人間臭さとユーモアのある2人の描写がそれらを上手く和らげています。ジョーが冒頭から唯一の友であるかのように頬を寄せて耳を傾けていたラジオを手放すのはラッツォに真の友情を感じたからなのか。

悲劇が待ち受けていたマイアミ行きのバスの車中のラストはどう解釈すべきかと思いますが、冒頭以来の主題歌の優しいメロディが流れている。ジョーは初めて真面目に働くという意思表示をする。冒頭の車中の無邪気さとは対照的な表情を浮かべるラストの車中のジョーに人間的な成長を感じたいと思う。厳しいがそこに希望を見出したいラストでした。
とらやさん [DVD(字幕)] 7点(2011-05-22 15:21:10)
118.《ネタバレ》 「へー、NHK(BS)でもこういうエロい場面流すんだなぁ」という点に関心があったぐらいで興味本位で観たところこれがちょっとしたアタリ映画だった。恋人が強姦され、それがトラウマとなっている部分の映像はなかなかのもんだった。この監督けっこうやるじゃん!頑張ってるじゃん、と思った。ストーリーはむちゃくちゃいいってわけじゃないけど、ジョーの人間臭さ、ダメっぽさで食いつかせてくれる。自分では「俺ってイケてるよな」と思い込んでいる垢抜けないあの主人公に、ジョン・ヴォイト(←よく知らない俳優)の顔立ちがピッタリだった。ダスティン・ホフマンのほうが知名度高いし名優なんだろうけど、自分の中では彼よりもジョン・ヴォイトが印象に残ったかな。あとオダニエルだったか、あのマジキチのおっさんがありがたそうに拝んでいるピカピカ光るアレが、今話題の"トイレの神様"ってやつなのか。あの場面もかなりキテたなぁ~!w 作品の映像センスにプラス1点で。
☆Tiffany☆さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-03-22 16:50:38)
117.やっと努力のベクトルが正しい方向に向かうのに・・・救いがないなあ・・
東京ロッキーさん [DVD(字幕)] 7点(2011-03-10 18:00:39)
116.くだらないが、おもしろかった。つい2回目もみたくなる。ジョーの実直でまっすぐなところに好感がもてる。ジョーがゲイのところに連れていかれてトイレに神様まつられていたあたりのシーンはおもしろかった。
ホットチョコレートさん [地上波(字幕)] 7点(2011-02-22 22:15:56)
115.亡き映画評論家の双葉十三郎さんは、映画に関する名言を数々残されましたが、この映画に関しては、確か一言で「ゴミ箱の中のロマンチシズム」って表現されていたんです。観た後で、ホントにうまい事言うなあ~、さすが映画評論のプロだな~って感心した記憶が。そうなんですよ、「一寸の虫にも五分の魂」があるんです!「三つ子の魂百までも」(←これはちょっと違うし)大都会東京に住み始め既に約20余年ですが、スッキリした華やかな大通りを大手を振って歩くより、敢えてゴミゴミした裏道徘徊を僕が好むのは、この映画を思春期の頃観た影響なのかもしれません。♪エブリバディトーキン~♪
放浪紳士チャーリーさん [地上波(吹替)] 8点(2010-12-18 11:07:14)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 134人
平均点数 7.37点
000.00%
110.75%
232.24%
310.75%
442.99%
51611.94%
61914.18%
72417.91%
82014.93%
92115.67%
102518.66%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.27点 Review11人
2 ストーリー評価 8.56点 Review16人
3 鑑賞後の後味 8.33点 Review15人
4 音楽評価 8.87点 Review16人
5 感泣評価 8.25点 Review12人
chart

【アカデミー賞 情報】

1969年 42回
作品賞 受賞 
主演男優賞ジョン・ヴォイト候補(ノミネート) 
主演男優賞ダスティン・ホフマン候補(ノミネート) 
助演女優賞シルヴィア・マイルズ候補(ノミネート) 
監督賞ジョン・シュレシンジャー受賞 
脚色賞ウォルド・ソルト受賞 
編集賞 候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1969年 27回
作品賞(ドラマ部門) 候補(ノミネート) 
主演男優賞(ドラマ部門)ジョン・ヴォイト候補(ノミネート) 
主演男優賞(ドラマ部門)ダスティン・ホフマン候補(ノミネート) 
助演女優賞ブレンダ・ヴァッカロ候補(ノミネート) 
監督賞ジョン・シュレシンジャー候補(ノミネート) 
脚本賞ウォルド・ソルト候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS