Menu
 >
 >
 > 酔いどれ詩人になるまえに

酔いどれ詩人になるまえに

Factotum
2005年【仏・独・スウェーデン・米・ノルウェー】 上映時間:94分
平均点: / 10(Review 7人) (点数分布表示)
ドラマ小説の映画化
[ヨイドレシジンニナルマエニ]
新規登録(2008-04-01)【+】さん
タイトル情報更新(2008-04-08)【+】さん
公開開始日(2007-08-18
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ベント・ハーメル
キャストマット・ディロン(男優)ヘンリー(ハンク)・チナスキー
リリ・テイラー(女優)ジャン
マリサ・トメイ(女優)ローラ
フィッシャー・スティーヴンス(男優)マニー
エイドリアン・シェリー(女優)ジェリー
カレン・ヤング(女優)グレース
マイケル・イーガン(男優)タクシー会社の事務員
原作チャールズ・ブコウスキー「勝手に生きろ!」(河出書房新社 他)
脚本ベント・ハーメル
ジム・スターク
挿入曲ヨハネス・ブラームスSinfonie Nr. 3 in F-Dur op. 90(交響曲第3番ヘ長調作品90)
製作ベント・ハーメル
ジム・スターク
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
7.ただただダメな男伝説。ブコウスキーさんかマット・ディロンかマリサ・トメイのファンじゃないと見応えないかも。私はマットの大ファンなので甘点でこの点。
movie海馬さん [映画館(字幕)] 5点(2012-07-18 01:29:43)
6.《ネタバレ》 運よくブコウスキーのドキュメンタリーと続けて見ることができたために、作り手の意図もよくわかったし、ディロンが良く勉強して役作りしたこともわかった。
ブコウスキーオールドパンクとセットで見て初めて良さを感じる作品ですたぶん。
とにかく似ている!ディロンが似ています。肩をすくめたような姿勢といい、穏やかで人を食った物言いといい。
この映画だけを見ると、「ここに至るまでのブコウスキー」と「この先長い人生を生きたブコウスキー」が無いために、社会不適応者でアル中の30男の日常、というだけなのであんまり面白くはない。
が、「6歳から11歳まで父親にムチで殴られた少年」が、「天才詩人としてカルト的人気を集めて74歳で白血病で死ぬことになる」までの「中間」の風景をそのまま切り取ったものであるとして見てみて初めて価値を持つのだと思う。被虐待児の成長後の姿ともいえるし、また天才の不遇時代の姿でもある。その意味では映画としては未完成、ブコウスキーファンにしか消費されない…ともいえる。
「まだ何者にもなっていない時代のある男性」として見ることで、ブコウスキー本人が言っていたように「種火を消さないことこそが重要」という人生訓として見ることができなくもないが(本人は成功訓とか人生訓とか垂れるわけはないが)。実際、滅茶苦茶な生活をしていてもチナスキーが作品を出版社に送り続ける(ポストに入れる)場面は一貫して挿入されている。
さて現実のブコウスキーのしゃべり方は「ブルー・イン・ザ・フェイス」で見たルー・リードにそっくりであった。これは逆で、ルー・リードが真似たというのが正しいのだろうたぶん。出身地も生息地も全然違うのに、話の内容も似ているし、目をつぶっていたら間違えそうなほど似ていた。ルー・リードが故意に真似ていないとしたらとても不思議だけど、共通しているのは「諦観」のようなものだ。
ミッキー・ローク主演作のあまりの不出来ぶりに腹を立てていたブコウスキーに見せたかったディロンのそっくりさんぶり。おっさん喜びすぎてあの世で心臓発作でも起こしかねないな。
パブロン中毒さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2009-03-09 14:44:15)(良:1票)
5.救いようもないし、同情の余地もない飲んだくれのダメ人間を見守る映画。
ちょっとした小ネタがたまに笑えるものの、とても退屈な内容なのになんとなく見れてしまうのはマット・ディロンの存在感のオカゲなんでしょうか。
こんなダメ人間に教訓垂れられても・・・。一生懸命見るものではない、ダメのガイドライン。感情移入したら負け。
すべからさん [DVD(字幕)] 5点(2009-02-13 10:32:11)
4.一つのことを貫いたとしても他のことがあれじゃーね(笑)
マリモ125ccさん [DVD(字幕)] 5点(2009-01-19 19:15:17)
3.職場から次の職場へ、酒場から次の酒場へ・・・いわば酔いどれロードムービー?
マット・ディロンがいい感じのダメっぷりです。酒もたばこも、もういいよって感じになるので禁酒禁煙する前に見ると逆にいいかもしれません。成功してからなら苦労話だけど、このままならどうしようもない男。原作の予備知識が無かったので、ラストでほっとしました。どんな生活をしても何かを貫くって、ただごとではないですね。
ETNAさん [DVD(字幕)] 6点(2008-12-09 17:10:13)
2.《ネタバレ》 こんなことを言っては身も蓋もないが、この映画って、チャールズ・ブコウスキーのファン以外には全く面白くないのではないか?まともな人の目からすれば、ただのダメ人間でしかない酔っ払いの日常をただダラダラと見せられているだけなのだから。しかし、ブコウスキーの小説を一度でも読んだことのある人ならば、これこそが本当に観たかったブコウスキー映画ではなかろうか?実際、『バーフライ』でのミッキー・ロークのあのみっともないモノマネ演技に比べたら、マット・ディロンのチナスキー像は実にもう本物のブコウスキーらしい。あの歩き方、あの喋り方。ブコウスキー爺さんが生きてたら喜んだだろうか?とにかく、本作を観てチャールズ・ブコウスキーの存在を知ったならば、是非彼の小説や詩を読んでみることをオススメする。
フライボーイさん [DVD(字幕)] 6点(2008-10-25 23:56:55)
1.《ネタバレ》 昔からマットディロンのカッコよさにシビれているのだけど、どうも彼の素材の良さをきちんと撮れている映画がなく、マットがそのまま中年になってしまったのは少し悲しい。
この映画もマットディロンでなければ観なかっただろうけど、かなりダレダレ気味の映画です。最後に一応オチらしきモノはあるのだが、それも含めて感情移入しにくい映画だ。
ドラッグストア~でも書いたけど、マットディロンのファンでなければ最後までの鑑賞はキツイ。
マットファンだけを対象に商売になるほど今のマットに商品価値があるのかも疑問だし。
「CRUSH」のマットディロンはもっと見たいと思った。
やはり彼は光っている脇役のほうが、いいのかもしれない。
主演で見るより「もう少し見たい」と思わせるマットディロンの起用法が、正解なのかもしれない。音楽でいえばベーシストかな。
コウさん [DVD(字幕)] 4点(2008-10-02 22:34:54)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 7人
平均点数 5.43点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4114.29%
5342.86%
6228.57%
7114.29%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2018 JTNEWS