アイム・ノット・ゼアのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > アイム・ノット・ゼア
 > (レビュー・クチコミ)

アイム・ノット・ゼア

[アイムノットゼア]
I'm Not There.
2007年【米・独】 上映時間:136分
平均点:5.92 / 10(Review 12人) (点数分布表示)
公開開始日(2008-04-26)
ドラマオムニバス音楽もの伝記もの
新規登録(2008-05-02)【ジェイムズ・ギャッツ】さん
タイトル情報更新(2019-06-15)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督トッド・ヘインズ
ルイス・モリン(第2班監督)
キャストケイト・ブランシェット(女優)ジュード
ベン・ウィショー(男優)アルチュール
クリスチャン・ベール(男優)ジャック / ジョン牧師
リチャード・ギア(男優)ビリー
ヒース・レジャー(男優)ロビー
リッチー・ヘヴンス(男優)アーヴィン
ジュリアン・ムーア(女優)アリス・ファビアン
シャルロット・ゲンズブール(女優)クレア
ブルース・グリーンウッド(男優)キーナン・ジョーンズ / パット・ギャレット
ミシェル・ウィリアムズ(女優)ココ・リヴィングトン
デヴィッド・クロス〔1964年生〕(男優)アレン・ギンズバーグ
クリス・クリストファーソン(ナレーター)
原作トッド・ヘインズ原案
脚本トッド・ヘインズ
オーレン・ムーヴァーマン
音楽ランドール・ポスター(音楽スーパーバイザー)
作詞ボブ・ディラン"I'm Not There"他
作曲ボブ・ディラン"I'm Not There"他
撮影エドワード・ラックマン
製作ジョン・スロス
クリスティーン・ヴェイコン
製作総指揮アンドレアス・グロッシュ
スティーヴン・ソダーバーグ
ジョン・ウェルズ
配給ハピネット・ピクチャーズ
特撮ルイス・クレイグ(特殊効果スーパーバイザー)
ルイス・モリン(視覚効果スーパーバイザー)
あらすじ
詩人、アウトロー、天才児、フォークシンガー、俳優、ロックンローラー・・・六つの人格の物語が織りなす、アメリカン・ロックの生ける伝説、ボブ・ディランの伝記。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
12.《ネタバレ》 ディランのファンでなければ「なんのことやら」の映画かも。自分はディラン好きなので音楽を聴くような感覚でそこそこ楽しんだが「映画」としては正直辛いかもしれません。
kaaazさん [DVD(字幕)] 6点(2015-02-06 22:35:42)
11.6人が1人を演じるというのが自分にはちょっと理解できませんでした…
akilaさん [DVD(字幕)] 3点(2011-01-16 00:30:07)
10.《ネタバレ》 ボブ・ディランそれは私にとっては「地獄の黙示録」の怪しいオープニング曲を歌ってる人。
そしてあまりに多くのアメリカ人に愛されてるらしい人。カレを大嫌いだという人がいない人。
そういう人やモノってあやしいと思うことにしましょう。圧倒的多数の人が好きだと思うものなんて、あやしくなくてなんなんでしょう。
そんなボブ・ディランのことを大好きな人たちが作ったコレですけど、まーウィキペディアくらいは引いてから見たほうがいいでしょう~。そいでないと確実にワケがわかりません。
ウィキペディア済みであっても、さらにワケのわからないリチャード・ギアのパートですが、ようするにボブ・ディランが好きだったというビリー・ザ・キッド幻想ですよね。
ここのパートと、黒人少年のパートは完全に「ボブ・ディランの勝手な妄想」なわけで、この作品では「妄想」もカレの人格の一部だとしているのですね。
まっそうやってディランて人は面倒をケムにまいて生きてきたらしいので映画もそういう感じなので、私は「ケム」部分を「これはケム」として認識したうえで「だいたいこういうことがあった」部分に注目してしまいます。
特に、ほかのパートと比べて非常に浮いているのがヒース・レジャーのパートで、ほかの役者に比べて体格もリッパすぎるし、やっていることがあまりに「生々しい」です。ツマとの不仲だの親権だの裁判だの離婚判決書だのと、「ビリー・ザ・キッド」を夢見る吟遊詩人的世界とはかけはなれています。
私はこれがカレの本質であって、あとのものは全部情けないヒース的部分を「ケム」するためだと言ってもいいのではないかとすら思う。もしもこの作品にヒース部分が無かったとしたら、「ザ・夢見る吟遊詩人」で済んでしまいそうではないか。
口から出まかせの言葉をテキトーにアドリブでギターに乗せたら「すごい詩を書くやつ。」と尊敬されてしまった…と言ってはファンに殺されそうですね。
なんでか知らないけど欧米では「詩が書けるやつ」がスゲーという伝統文化があります。なんか女にモテちゃうというような。たぶん識字率がけっこう低いとかディスレクシアの人がたくさんいるということと関係あるのかも。私は「詩が書けるやつ幻想」と呼びたいが、この作品を見るかぎりボブ・ディランはそれを利用して、そして被害者にもなったのかもしれぬ、と思いました。
パブロン中毒さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2009-11-21 17:47:40)
9.奇抜すぎます!ただでさえ深すぎて難解な詩の曲が多いボブ・ディランなのに人種も性別もさまざまな6人の役者に、たった一人の人物の思想や人生観を演じさせるというのは新鮮な感じで悪くは無いんですが、彼を知らない人にはよけい複雑で何のこっちゃサッパリ分からんとバッサリ斬られそう!?なドキュメンタリー・タッチに仕立てた冒険的試作品でした。
白い男さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2009-11-15 00:39:00)
8.前の人も何人か書かれてるけど、ファン以外に理解できるのか?と思った。良くも悪くも熱心なファンが作ったという感じ。6人の俳優が演じ分けるという演出自体は面白いと思うんだけど、時系列もバラバラ、一部意味不明(個人的にはR.ギアのパートが、何を表現しているのかまったく理解できなかった)。ディランファンで彼をよく知っている人なら、これらの演出も「あー、アレね」ってわかるんだろうけど、名前と顔と有名な曲何曲か知ってるくらいではさっぱりさっぱり。ファン以外には極めて不親切。  ファンでも、経歴をこれから調べ始めるというビギナーレベルの人には勧められないかなー。原動力にはなるかもしれないけど、これで理解できるかと言ったら大きな間違いかと。
通りすがりのクラゲさん [DVD(字幕なし「原語」)] 4点(2009-07-22 21:52:58)
7.《ネタバレ》 う~ん何だか凄く惜しい・・
演者は全員が素晴らしかった。特にケイトとヒース、良かったです。

この映画独特の手法は好き嫌い分かれるでしょう。
僕は少し感情移入しづらく感じました。

ただ前の方コメントにもあるように、最期に本人の映像を映す演出は必要だったのか。
あれをやられると、観終わった後あの映像だけがあまりに強く頭に残る。

音楽はもちろんのこと映像が美しいので雰囲気モノとして楽しむのがいいかも。
おーるさん [DVD(字幕)] 4点(2009-06-24 23:30:17)
6. なんだかどういうスタンスの映画なのか最後まで見てもわからなかった。ボブ・ディランをモデルに6人が演じるという予備知識だけで観たのですが、その6人が同一人物なのか、別人なのか、どこで切り替わるのか、割とぼやかして描かれているので終始混乱。
 一つのストーリーというより、ボブディランオムニバスなんですよね、たぶん。でも適当に見てても映像のきれいさ、音楽の良さ、セリフの面白さ、キャストの多彩さでそれなりに楽しくみれます。ボブ・ディランが大好きな人ならきっともっと楽しめるでしょう。
すべからさん [DVD(字幕)] 7点(2008-12-14 20:36:47)
5.ボブ・ディランというアメリカを、現代を、代表するアーティストの様々な存在性を、人種、性別を越えた6人の俳優が演じるという、奇抜な伝記的映画だった。

正直、ボブ・ディラン自体のことをよく知っているか、知っていないかでは、この映画の“面白味”には大いに差が生じるだろうと思う。
かく言う自分も、色々な映画や漫画などで彼の名前を認知している程度に過ぎず、どれほどこの作品の真髄を捉えられたかというと、首を傾げるしかない。

しかし、それでも巧みな演出と6人の俳優たちの個性的な表現力、そして全編に流れるボブ・ディランの楽曲によって、生ける伝説である希代のアーティストの類い稀な存在性は、大いに感じることができたと思う。

まあ何と言っても、ケイト・ブランシェットが凄い。
女優が、実在する男性を演じるなど、それは流石に無理があるんじゃないかと思っていたが、その表現力は圧倒的だったと思う。
実際、ボブ・ディランの言動を見聞きした経験はないが、ブランシェットが全身から発する繊細さと危うさは、まさに彼のそれなのだろうと疑わなかった。
同じくより現実に近いボブ・ディランを演じたヒース・レジャーとケイト・ブランシェットの目つきや佇まいが、根幹的な部分で同じだったことも驚いた。

これから、ボブ・ディランのことを少しずつ知っていこうと思う。
鉄腕麗人さん [DVD(字幕)] 6点(2008-10-25 09:43:48)
4.単なるボブ・ディランのこれまでの生涯を振り返るだけのつまらないドキュメントではなく、独自の工夫を凝らしたクリエイティブな作品であることは評価できます。その手法が成功したかどうか微妙ですが。
ケイトブランシェットは素晴らしい。一番ボブディランを体現していました。ヒースレジャーも、最初の黒人の男の子も良かったです。劇中ずっと流れているボブ・ディランの音楽が最高です。彼に興味を持たない人は観ないほうがいいでしょう。
Balrogさん [映画館(字幕)] 7点(2008-07-03 18:43:01)
3.ボブ・ディランについては少し知っている程度で鑑賞しました。一人のミュージシャンを、個性的な6人の俳優が演じる不思議なストーリー展開を期待したのですが、ストーリーが全然つながらず物語に乗り切れずじまいでした。
カワウソの聞耳さん [DVD(字幕)] 5点(2008-06-11 22:54:22)
2.《ネタバレ》 素晴らしい!!! ディラン・ファン以外にわかるのかな?って不安もあるけど、当時を見事に再現しつつ再構成されてて堪能しました。ディラン本人が公式伝記として認めたってのもよくわかる。選曲最高だし、なんといってもケイト・ブランシェット!!!、言うことございません。「エリザベス」今作「クリスタル・スカルの王国」と今年は彼女を堪能する年なのかな? DVD化されていない「ビリー・ザ・キッド」のエピソード出されると観たくてしょうがなくなってくるんで1点減点(後にちゃんと発売されましたが、そのままにしときます)しましたけど… 冒頭とエンディング近くに2回バイクシーンが挿入されるのは「アラビアのロレンス」意識したんでしょうな。こりゃ間違いなくDVD出たら買ってしまいます。重箱の隅つついたような解説付きでお願いしたいですね。
shintaxさん [映画館(字幕)] 9点(2008-06-10 16:17:55)
1.ボブ・ディランの、一種の伝記。とても変わった形式で、ディランという人に迫っている。あっちこっちに場面がふっとぶし、ややファン向けな部分もあるが、難解さはなく、ボブ・ディランの歴史や印象をつかむことができる。彼を変に神格化していないのもいい。まあ、僕は彼の人間がどうかなんて知るより、音楽を聴くほうが好きだが。(とか何とか言ったって、他のドキュメンタリー映画はたくさん観てる)劇中、ディランの曲がたくさん聴けたのがうれしい。選曲もよくて、映画館の大音量に感無量だった。僕はこの2時間、音楽と雰囲気を楽しんだ。俳優陣もそれぞれいい感じで、やっぱりケイト・ブランシェットが似てる上にうまくていい。何でもできるのだな、この人は。あと、ヒース・レジャー・・・。急逝が残念。
ジェイムズ・ギャッツさん [映画館(字幕)] 9点(2008-05-05 12:45:03)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 12人
平均点数 5.92点
000.00%
100.00%
200.00%
318.33%
4216.67%
5216.67%
6325.00%
7216.67%
800.00%
9216.67%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 Review0人
3 鑑賞後の後味 Review0人
4 音楽評価 10.00点 Review2人
5 感泣評価 Review0人
chart

【アカデミー賞 情報】

2007年 80回
助演女優賞ケイト・ブランシェット候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2007年 65回
助演女優賞ケイト・ブランシェット受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS