ひぐらしのなく頃にのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ヒ行
 > ひぐらしのなく頃にの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

ひぐらしのなく頃に

[ヒグラシノナクコロニ]
Shrill Cries of Summer
2007年上映時間:106分
平均点:3.86 / 10(Review 21人) (点数分布表示)
公開開始日(2008-05-10)
ホラーサスペンスシリーズもの犯罪ものミステリーゲームの映画化
新規登録(2008-05-02)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2020-06-18)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督及川中
キャスト前田公輝(男優)前原圭一
飛鳥凛(女優)園崎魅音
松山愛里(女優)竜宮レナ
あいか(女優)古手梨花
小野恵令奈(女優)北条沙都子
三輪ひとみ(女優)知恵留美子
谷口賢志(男優)富竹ジロウ
米山善吉(男優)前原伊知郎
星ようこ(女優)前原藍子
田中幸太朗(男優)入江京介
渋谷正次(男優)
川原亜矢子(女優)鷹野三四
杉本哲太(男優)大石蔵人
原作07th Expansionゲーム「ひぐらしのなく頃に」
竜騎士07ゲーム「ひぐらしのなく頃に」
脚本及川中
音楽川井憲次
主題歌島みやえい子「WHEEL OF FORTUNE (運命の輪)」/「ディオラマ」
製作入江祥雄
企画成田尚哉
配給ファントム・フィルム
特殊メイクピエール須田
美術石毛朗(装飾)
録音深田晃
照明宮下昇
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
21.体調が良かったので、最後まで見れました。 途中でみるのを止めてここに投稿できない作品も結構あるので最後まで再生して、投稿出来て良かったです。
紫電さん [DVD(邦画)] 0点(2019-08-18 14:27:28)
20.自分はゲームをプレイ済なのでなんとか見れたが、そうでなければ何がなんだか分からないと思う。原作と比べてホラー的な演出が過度に表現されている。ストーリーを視聴者に理解させようとする努力がほとんどなくて、単に怖い雰囲気を味わってくれと言わんばかりの映画だった。
もんでんどんさん [インターネット(字幕)] 5点(2014-08-07 01:40:27)
19.《ネタバレ》 ゲームもマンガもアニメも知らないで見たが、これ自体で完結させようという気が全くないようで、疑問点が山積したまま特に解決もせずに終わってしまう映画だった。ただし最後に主人公が実現しなかった可能性を想いながら死んでいったというのはある程度納得のいく終幕である。

ほか実質的にこの映画の最大の魅力は、やはり各年代の美少女が4人も揃っているという出来過ぎの設定である。かなりの年齢差を感じるがみな中学生ということらしく、うち園崎魅音役はもとから好きで見ていたわけだが、この映画では竜宮レナ役もかなりいい感じで、これは見て得したと思えた。また神前の舞いの場面など見ていると、古手梨花役も適切なキャスティングだったと思える。
そういった美少女の中に転校生の立場で入るのが鑑賞者自身と思えるようならよかったのだが、その代わりに、演技はともかく見た目からしてバカな男が主人公として登場するのはかなり残念なことだった。バカを隠すために冒頭では無理に格好付けていたようだが、馴染んでくると地のままのバカが表に出たように見えている。次回もほぼ同じキャストとのことで健闘を期待したい(というか実際はDVDを連続して見たが)。
なお「嘘だ!」に対してはどちらかというと好意的である。直後に汗がタラーリというのもマンガ的で笑った。点数は美少女に免じて少し甘く付けておく。
かっぱ堰さん [DVD(邦画)] 4点(2014-06-09 20:33:09)(良:1票)
18.《ネタバレ》 コミックは読んでいたけど、この映画化は失敗か。
自主映画レベルの演技と演出で、「嘘だ!」の文字には口あんぐり。
メインキャストにも惹きつける魅力が乏しい。
ストーリーは映画化するなら独立した作品として完結させるべき。
原作や続編を待たないとわけがわからないようなら、それは失敗作といえるのでは。
未解決のまま放り出された感があって、これではスッキリしない。
続編を見るのが前提の作りなら、制作サイドが勝手すぎる。
そんな続編だったら意地でも見たくない。
飛鳥さん [DVD(邦画)] 1点(2013-01-19 23:07:28)
17.《ネタバレ》 学芸会以下。役者の芝居もだけど、絵のとり方やストーリーの進行も下手すぎ。この監督は「うめく排水管」以外は全然ダメだなあ。基本0点の出来なんだけど、エンドロールで主人公のメモを一枚づつ見せる演出だけは気に入ったので、その分の1点。
コウモリさん [CS・衛星(邦画)] 1点(2011-10-04 00:44:06)
16.アニメ版と比べるのは筋違いかもしれないが、各自の演技力不足が、どうにも歯痒い。雰囲気は決して悪くないだけに、惜しい。

「誓」の方が平均点が高いならば、ここは次回作に期待か。
aksweetさん [DVD(邦画)] 4点(2010-07-24 04:35:12)
15. 一応コミックだけはずいぶん前に読んだんだけど、まあ原作に忠実っちゃあ忠実なんじゃないでしょうか。要は主人公や女の子達の拙い演技に我慢できるか? 演出のバカバカしさに我慢できるか? ってことなんでしょう。話題の「嘘だ!」は、ある意味ショッキングだよね。空中に文字まで出るからねぇ……。
 それより何より、この手の映画を見ていていつも気になるのは、映画として一本の“作品”を作る以上、やはり最後は何らかの決着を着けるべきではないか? ということ。連ドラや毎週連載のコミックならいざ知らず、続編まで2年も掛けるんなら尚のこと映画なりの解釈で良いから決着は必要だろう。
 こんな宙ぶらりんな結末では、観終わった後に観客が「嘘だ?」って言いたくなるよなぁ。
TERRAさん [DVD(邦画)] 4点(2010-06-15 19:05:51)
14.《ネタバレ》 コミックもゲームも未経験です。確かに主要キャストの演技力は不足していますし、わざとらしい演出などが気になる部分もありますが、閉鎖的な村というコミュニティの中での秘密の共有や、外部の人間が狙われていくというシチュエーションは非常に怖いなと思いました。そこに神的なものが絡んでくるので、まさに日本的なホラーに仕上がっていると思います。主役の森山未来似の男の子も、過去にいじめられていた経験から村に越し、再び外部の人間として自らが首を突っ込んだことにより孤立してゆく恐怖を絡めて、なかなか頑張っていたと思います。しかし下に書いてる方もいるように色気のある美少女が沢山出ていて、いい雰囲気になる所でお預けくってばかりなので実に悶々としますね(笑)オチも含めてシナリオとして破綻している部分も多く、観終わっても「結局何が事実で誰が犯人?」というのも分からず終い。霊的なものも絡むのか人的なものだけなのか、そこらへんは次作で明らかになるのでしょうか?ロケーション、OPの映像共に雰囲気があり、この1作だけでは評価しずらい部分も多いのですが、次作への期待を込めて、7点をつけます。誰にも聞かれてませんが個人的には巫女役の子が好きです。
まさかずきゅーぶりっくさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2009-09-12 13:21:22)(良:1票)
13.《ネタバレ》 『嘘だ!』に3点
N.Y.L.Lさん [DVD(邦画)] 3点(2009-09-09 16:21:22)
12.主人公の演技のヘタさとヒロイン二人の演技がイラっとする。
これ夢オチなんですか?
杉本哲太はいいもん?わるもん?
なんかよくわからなかったですー。
「嘘だっ!」に笑った。。
bokugatobuさん [DVD(邦画)] 3点(2009-09-07 03:29:50)
11.だめだ。だらしなく口をあけたままの主人公がバカっぽくて見てられない。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2009-04-30 01:48:57)
10.《ネタバレ》 原作を知っているのでどうも違和感は拭えませんが、まあこれはこれで面白かったです。でも……まだ使うんだ、「正解率1%」のコピー… やめといたほうがよかったね…
えむぁっ。さん [DVD(邦画)] 6点(2009-04-23 17:14:22)
9.《ネタバレ》 難解な作品でも無理矢理解釈するのが好きなのですが、今回はサッパリ解らない。頭を抱えました。針おはぎで出来た主人公の頬のキズがいつの間にか消えていること、竜宮レナの瞬間移動、濃すぎる霧等、圭一の妄想路線から物語を読み解こうと考えたのですが、真相まで辿り着けません。不明な部分が多すぎる。これならいっそ、全部主人公の夢と捉えた方がスッキリする。美少女率が異様に高いこと、超モテモテなこと、キスだろって場面でことごとく寸止め。全ての“在りえない”シチュエーションに納得が行く。でもまさかこんなオチではないでしょうし、素直に解答編となる次作『誓』まで待つことにします。ちなみに話題の「嘘だ!」シーンは個人的には気に入りました。演出として面白い。ただ、これでレナが鬼の血筋でも何でも無かったらインチキな気がしますけど。序盤の甘酸っぱい描写のムズムズ具合が後半のホラーと妙にマッチ。結構自分は好きです、こういうの。でも本作単独で評価するならこれくらいです。 (2010年7月15日追記)やっと本作の解答編『誓』のDVDを鑑賞しました。でもレンタル旧作になるのを待っていたら、本作の記憶が薄れてしまったので、もう一度本作を借り直して2作連続鑑賞することに。こんなことなら、『誓』が新作のうちに借りときゃよかった。
目隠シストさん [DVD(邦画)] 5点(2009-04-21 20:53:48)
8.とりあえずあのヒロイン二人は脱ぐべきだ。
no_the_warさん [DVD(邦画)] 3点(2009-04-20 22:32:07)(良:1票)(笑:1票)
7.《ネタバレ》 映画しか知らないし低評価なので期待しないで見てみたら、以外と入り込めました。
少なくともエクスクロスや案山子より数段面白かったです。
[のどかな村のダークな秘密的ホラー]は国内外の小説・映画に数多くあるけど、この手のストーリーはラストの秘密解除が肝心要。
驚愕のスティーブン・キング調になりえるか、そこらの漫画になるか、どっちか。
この映画は私的にちょっとキング寄りかな、、、。
主人公の少年の魅力が乏しいのは残念ですけどね。
続き見たいけど、なんか自分が考えてるストーリーと違うような雰囲気だから微妙。
木村家の娘さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2009-04-17 15:34:02)
6.《ネタバレ》 原作・アニメとも未読。
本作では何も解決しないので、何がやりたかったのか全く分からない。
続編には多少期待したい。
しかし、「嘘だ!」はある意味斬新・・・
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 4点(2009-04-07 00:37:18)
5.《ネタバレ》 「嘘だ!!」・・・あれは酷い。それはさておいて、本編も無理矢理感が強くしっくりこないです。主人公はベテランの藤原竜也か松山ケンイチに演じてもらいたかったかな。北条沙都子役の小野恵令奈は可愛かったです。村の再現は良くできており、シリアスな場面も何度かあり、緊迫感ありました。続編の公開が決まっております。あまり期待はしていないが、たぶん観ると思います。
マーク・ハントさん [DVD(邦画)] 7点(2009-01-07 11:14:39)
4.コミックもゲームも未経験ですが、名前は聞いたことあったので
どんなもんかと見てみたところ。
うーん何なんだろうこの重々しい雰囲気かつ理解できない展開。
なんだか祟り系なのだとしたらもっと的しぼらないと、ひぐらし
専門家にしか理解できない映画になってます
K2N2M2さん [DVD(邦画)] 3点(2008-12-22 18:36:42)
3.《ネタバレ》 監督は「富江」の人かぁ…。かなり不安な気持ちで鑑賞した。…あれ、口の動きとセリフが合ってないんですけど?う~ん、キャストがイマイチ可愛くないなぁ。竜宮レナの口癖が、なぜか後半まで封印されてるぞ。残酷描写が少ない。あっ、文句ばっかりになってしまった。まぁ一番の見所は竜宮レナの「嘘だ!」だろう。あれは役者の演技力不足を補う為なのか?1分近く爆笑しました。監督のセンスはある意味、最高である。とにかく、「嘘だ!」は一見の価値有りです。
真尋さん [DVD(邦画)] 5点(2008-12-15 01:18:54)
2.ゲームプレイ済みの上での感想です。

OPがカッコいいですね。
あと雛見沢村の雰囲気は、よく再現されていたと思います。

それ以外は、正直、失笑の連続でした。
キャストやストーリーも、色々と空回りしています。

原作を知っている方は、別物として割り切って見たほうが楽しめるかもしれませんね。
抹茶御膳さん [DVD(字幕)] 3点(2008-12-08 16:38:48)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 21人
平均点数 3.86点
014.76%
129.52%
200.00%
3628.57%
4523.81%
5314.29%
629.52%
729.52%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review1人
2 ストーリー評価 3.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review1人
4 音楽評価 6.50点 Review2人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS