幸せになるための27のドレスのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 幸せになるための27のドレス
 > (レビュー・クチコミ)

幸せになるための27のドレス

[シアワセニナルタメノニジュウナナノドレス]
27 Dresses
2008年【米】 上映時間:107分
平均点:5.81 / 10(Review 31人) (点数分布表示)
公開開始日(2008-05-31)
ドラマラブストーリーコメディロマンス
新規登録(2008-05-15)【ギニュー】さん
タイトル情報更新(2017-05-26)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アン・フレッチャー
助監督エレン・H・シュワルツ
キャストキャサリン・ハイグル(女優)ジェーン・ニコルズ
ジェームズ・マースデン(男優)ケビン・ドイル
ジュディ・グリア(女優)ケイシー
エドワード・バーンズ〔1968年生〕(男優)ジョージ
マリン・アッカーマン(女優)テス
エレン・H・シュワルツ(女優)ウエイトレス#2
岡寛恵ジェーン・ニコルズ(日本語吹き替え版)
檀臣幸ケヴィン・ドイル(日本語吹き替え版)
浅野まゆみテス・ニコルズ(日本語吹き替え版)
咲野俊介ジョージ(日本語吹き替え版)
佐藤しのぶ【声優】(日本語吹き替え版)
楠見尚己(日本語吹き替え版)
亀井芳子(日本語吹き替え版)
落合弘治(日本語吹き替え版)
脚本アライン・ブロッシュ・マッケンナ
音楽ランディ・エデルマン
作曲ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト"Clarinet Concerto 2nd Movement"
挿入曲マイケル・ジャクソン"Don't Stop 'til You Get Enough"
エルトン・ジョン"Bennie and the Jets"
チャカ・カーン"Love Has Fallen on Me"
撮影ピーター・ジェームズ[撮影]
製作ゲイリー・バーバー
ロジャー・バーンバウム
ジョナサン・グリックマン
製作総指揮ロバート・F・ニューマイヤー
配給20世紀フォックス
美術シェパード・フランケル(プロダクション・デザイン)
編集プリシラ・ネッド=フレンドリー
スタントゾーイ・ベル(スタントダブル)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
31.《ネタバレ》  オチの良さありきというか、それがやりたい一心で映画撮ったんじゃないかと思えるような品なんですが……
 自分としては、過程も含めて楽しめましたね。

 例えば、話の流れとしては冒頭の「タクシー運転手とのやり取り」が面白くて、もしや彼が恋人候補かとも思える感じなのですが、ちゃんと配役や演出でケビンこそが「ヒロインと結ばれる王子様」だと分かるよう作ってあるんです。
 上司のジョージを(良い人だけど、何か違う……)と観客に思わせる辺りも絶妙で、たとえヒロインが彼に恋い焦がれていても、最終的に結ばれるのはケビンの方なんだろうなと、予想も出来るし、納得も出来ちゃう。
 「先が読める展開」「安易な脚本」ではあるんだけど、ちゃんと丁寧に作られていたと思います。

 主人公カップルに「結婚式が大好きな女性」と「結婚式が嫌いな男性」を据えて「相性最悪かと思われた相手が、実は運命の相手だった」というラブコメ王道の魅力を描いている点も良い。
 それと「ドレスを着たままおしっこする際は、誰かの補助が必要」とか、男性からすると(そうなんだ)と思える場面があるのも良いですね。
 女性向けのラブコメ映画だからこその、意外な魅力って感じです。
 「要領が良くて、周りに愛される妹」「それに対する、姉としての複雑な感情」を描いている点も、女性主人公ならではって感じがして、これまた楽しめちゃいました。

 終盤、主人公が妹の結婚をぶち壊して憎まれ役になる訳だけど、そこで親友がキチンと「こんなの間違ってる」と諭してくれるのも良いですね。
 観客が主人公から心を離してしまうのを繋ぎ止める効果があり、ラブコメの親友キャラとして、良い仕事したなって思えました。
 アン・フレッチャー監督は「あなたは私の婿になる」(2009年)も良作でしたし、こういう細かい部分の作り込みが自分好みなんでしょうね、きっと。

 そんな本作の欠点は……
 「姉妹が仲直りする場面に、無理がある」って事でしょうか。
 ここに関しては、些細な部分ではなく、映画の中で重要な部分だと思うので、ちょっと看過出来ないです。
 妹のベスは、彼女なりに色々考えて「ジョージに相応しい女性になろうとした」と告白するんだけど、具体的に何か努力したという訳じゃないので、説得力に欠けるんですよね。
 その辺に関しては、作り手側も気になったのか「実は仕事をクビになったばかりだし、元カレに振られていたりで、妹も挫折を経験していた」「妹は妹で、姉にコンプレックスを抱いていた」と、様々な要素を用意してはいるんですが、どれも和解に至る決定的な材料とは思えず、残念でした。
 せめて「喧嘩の切っ掛けになった母親のドレスについて、妹が謝る」って場面があれば、印象も変わったかも。

 とはいえ、冒頭にて述べた通り「ブライズメイドを務めてあげた友達27人が、ドレスを着て結婚式に来てくれた」というオチが凄く良かったもので、鑑賞後の満足度は高め。
 (これまでの主人公の行いは、無駄じゃなかったんだ……)って感慨を抱けるし、映画のクライマックスと共に完結する構成が美しかったです。
 新聞記事に擬したエンドロールも御洒落だし、ラスト数分で一気に評価を高めてくれた一本でした。
ゆきさん [ブルーレイ(吹替)] 6点(2021-03-16 22:46:47)(良:2票)《新規》
30.《ネタバレ》  ラブコメの王道をいく作品。安心してみていられる心地良さがあります。テンポが良く、笑いもほどよく、下品なネタもほとんどない。
 『ブライズメイド』という日本ではあまりなじみのない職業。ですがすごくわかりやすいストーリーのおかげで、『ああ、そーゆー職業があるのね。』とすんなり受け入れられます。
 『主人公のジェーン、仕事が出来る上司に片思い。だけど妹に上司をとられてしまう。自分にちょっかいをかけてくるのは嫌味なライター。二人は会えばケンカばかり。だけどいつの間にか惹かれあう二人。』なんでしょう。このベタな展開は。でもラブコメはベタなほうが良い。
 『酒場で意気投合し、大盛り上がり。結ばれちゃう二人。その直後、ファミレスで暴露記事を目にして天国から地獄へまっさかさま。』こーゆーお約束の展開は、ラブコメが確実に盛り上がる鉄板の演出です。
 共感しづらい点があるとすれば2つだけ。1つめは、『何も仕事やめなくていいじゃん。』作品のテーマに沿っての結論なんでしょうが、仕事とプライベートをきっちり分ければ済む問題。ジェーンにとってのブライダルの仕事って天職だと思います。それを否定して欲しくはなかったです。
 2つめは、『妹、簡単に姉と仲直りしすぎ。』確かに妹にも悪い部分はありましたが、結婚を破談にされたのに、わりとあっさり姉と仲直り。あまりにも無難にまとめすぎちゃいましたね。
 それにしてもこの映画って、映画よりむしろ連続テレビドラマにしちゃったほうが、面白いかもです。 
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2017-11-23 13:23:55)(良:1票)
29.《ネタバレ》 まぁあれですね、ちとやりすぎなところが見受けられるけど、波乱がありそうでない(笑)から実に安心して観られます。なんだかんだいって最後の船の上での告白シーンとかやっぱりいいなぁ~、と思ってしまうわけで。キャサリンも綺麗だし、妹ちゃんのビッチぶりもなかなかだった。でも一番気になったのは、ジョージ(社長さん)のおバカさんというかおまぬけっぷり。そんなにすぐメロメロになるかぁ? でもなぁ、ああいう女の人に男は弱いからなぁ(苦笑) かなり無難で毒の少ない内容なのでカップルでのご鑑賞にオススメ致しマス
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-02-04 10:15:31)
28.最初から展開は予想できますが、安心して見られます。結婚を控えたカップルにも良いかも。ジェームズ・マーズデンは目が魅力的です。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 7点(2012-10-20 08:58:46)
27.悪くないが近年氾濫しているラブコメの一種で判を押したような汎用のストーリー。繰り返しになるが悪くはないので、見る順番の問題でひょっとしたらリアルタイムに見れば評価は変わったかもしれないが、のちの同種作品でより出来のいいものを見てしまった後では、特にヒネリもなく新鮮みの無さを感じずにはいられなかった。
Arufuさん [DVD(字幕)] 6点(2011-11-24 13:23:47)
26.普通のレベルの映画です。嫌いな人もあまりいない内容でしょうが、あまりにも無難すぎます。
正直全くひねりがない予想通りの展開にストーリーは進んでいきます。
何も考えずに、ネットでもしながら、日本のドラマを見る感覚で、吹き替えで見るのがちょうどいい映画かも知れません。あとは、アメリカの結婚式のことがわかっていいかもしれませんね。
日本の結婚式出席なら、2、3着のドレスを着回しでしょうから。
シネマファン55号さん [DVD(字幕)] 5点(2011-04-15 17:23:17)
25.《ネタバレ》 意外に評価が低いけれど、良作だと思う。主人公が絶世の美女じゃないところがいいのかもしれない。【ネタバレ注意】婚約発表の場でやり過ぎたところを、友人がやり過ぎだと指摘するところがいい。妹が、たんに嫌な性格ってだけではなかった描写があったのもいい。ただ、減点はしないが、邦題がいまひとつ。
mohnoさん [DVD(字幕)] 7点(2011-02-08 23:08:45)(良:1票)
24.《ネタバレ》 甘ったるすぎる邦題に敬遠していたが、ハイグル様のお姿を拝見したくなりやっと視聴。中盤までは当初思っていたより良かったです。ハイグル様の素敵なコメディエンヌっぷりはやはり素晴しい。が、妹を破談させる/上司とのキスのなどの主人公の行動にはギモン。それにより、主人公に対して一気に共感もてなくなってしまいました。後半脚本かえて作り直そうぜ・・・!
wetbさん [地上波(字幕)] 5点(2011-02-08 18:54:59)
23.グレイズアナトミー繋がりで観に行ったんですけどw
えー、なんか、ストーリーが全然入ってこなかったです。。
良く覚えてない。し、ラブコメだったけど
別にそんな笑えなかった様な。

結婚を意識している未婚の女性

とかが観たらもっと良い感想が書けたのかもしれないですけど
ホントごめんなさい,良く覚えてないです。

面白くなかったです。すいません。
Peccoさん [映画館(字幕)] 3点(2010-07-25 01:15:51)
22.《ネタバレ》 出来過ぎている話しではありますが、安心して見られます。「ノー」と言えないアメリカ人がいるなんて、びっくりでした。
HRM36さん [DVD(字幕)] 6点(2010-05-13 07:51:14)(良:1票)
21.《ネタバレ》 NYのマンハッタンを舞台に社長秘書として働くジェーンの恋愛模様を描いたラブコメ。Katherine Heiglは特別美人というわけではないけど(あくまでも女優の中ではという意味で)、そこはかとなく品があって知的な感じがかなりの好印象。ストーリーは序盤切なさがうまく表現されていて感情移入しやすいけれど、起承転結の転あたりからの展開が個人的にしっくりこなくて、最後もなんとなく微妙に終わってしまった印象。すっぱ抜いてやろうと近づいたケビン、とにかく無神経なジョージ、自己中で自由なテス、追い詰められてついに爆発したジェーン、と主だった人物たちの悪い面がクローズアップされる場面が多いものの、基本はみんな悪意のないいい人たちばかりで、ゆえに最後はハッピーエンド。それにしても途中までは結構よかったのに、最終的には特に印象に残らない映画に落ち着いてしまったのが残念。また、「27 Dresses」というタイトルにするほど、27着のドレスが生かされていたようにも思えないし、そもそもなぜに27着?
にゅ~さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2010-03-07 20:19:13)(良:2票)
20.提供はツ○ァイかオー○ットか?と思うほど、WOWOWの「Let's 婚活ムービー!」特集そのまんまの内容に苦笑い。まさにちょいと遅めの婚活まっただ中の独身女性の妄想をかき立てる王道ストーリーで、ネタバレレビューを読まずとも先が読める読める。ある意味「SATC」同様、着せ替えごっこが女子心をくすぐる、夢見るオトナ女子向け娯楽映画。
lady wolfさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2010-01-27 15:17:57)
19.切ない主人公が次第に輝いていくのが楽しい。
りえりえさん [DVD(字幕)] 6点(2010-01-23 23:13:37)
18.《ネタバレ》 人の結婚式を、自分は地味なポジションからサポートし続けて、だけど本当は自分の幸せも・・・っていう映画なのかな?って思ってたのですが、実際、内容そのものはその通りなのですが、思っていたのと全然違うよ!って。現代版ジェーン・オースティンみたいな、けなげな女性の物語だと思ってたんですが、主人公を始めとして登場人物全員性格が悪くて見ていて不愉快で仕方ありませんでした。あれ、妹より主人公の方がむしろ性格悪いわ。言いたい事を言えない代わりに嫌がらせって。妹の場合は生きてくための本能的な処世術ですもんね。「言いたい事は包み隠さず言いましょうね」って映画だからって、それを伝えるためのエピソードがネチネチした不快なエピソードで組み立てられているのが嫌な気分。それぞれの性格の悪さにきちんとケリが付くワケでもないですしねぇ。ストーリーは読めまくりながら、これほどイライラするってところまでは読めませんでした。現代ニューヨーク版『分別と多感』は、利己的人間大集合、ロマンスなんてちっとも見えてきやしませんでした。
あにやん‍🌈さん [ブルーレイ(字幕)] 3点(2009-12-31 01:50:44)
17.ラブコメの王道で、陳腐な展開ながら質は上々。こういった映画の中では、だいぶ上位ランカーだと思います。主人公の女性の切なさがひしひし伝わってきました。
ぬーとんさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2009-12-30 05:56:50)
16.主役2人の職業は馴染み無く、ブライダル業界の日本との温度差は
結婚→離婚→結婚→離婚→・・・と繰り返すのが当たり前の欧米ならではかなと。
とはいえ、興味深く楽しめました。

ひで太郎さん [DVD(字幕)] 6点(2009-08-20 16:22:19)
15.《ネタバレ》 楽しめました。皆さん言ってはりますが、ホントに王道。妹がとっても嫌な子に見えました。特に思い出のドレスにハサミを入れるなんて!!!ラストで、過去に自分で決めたブライドメイド衣装でブライドメイドをさせられてる人達の列に笑わされました。逆に、日本にはそのシステムがないだけに理解しがたいドレスを無理やり着せられちゃうユニークなシステムがちょっとうらやましかったりしました。王道だけど、とっても面白かったです!!
リノさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2009-08-11 18:08:18)
14.《ネタバレ》 評価低くてびっくりしてしまいましたが、わたしは結構楽しめました。ベタなのはいうまでもありませんが。キャサリン・ハイグルはよく見ると正統派美人ですね。これからを期待したいです。最後ジェームズ・マースデンがキスの前にみせる表情がすごく好き。男はこうでなくっちゃ。というわけで、J・マースデンの歌に+1で。彼は本当に歌がうまいですね。ミュージカルに出演しないのでしょうか。「魔法にかけられて」でもほとんど歌ってなかったけど。
はちかつぎひめさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2009-07-23 18:08:38)
13.《ネタバレ》 すごく期待したわりには、本当に普通で残念。悪くはないけどすごく良くもなくな作品。
みゅうみゅうさん [DVD(字幕)] 5点(2009-06-13 22:58:16)
12.ラブコメの王道と言えば、王道だけど捻りが欲しいね。
ジェーンの友達ケイシーを演じたジュディ・グリアが良かった。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 5点(2009-05-28 23:28:44)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 31人
平均点数 5.81点
000.00%
100.00%
200.00%
326.45%
426.45%
5825.81%
61135.48%
7412.90%
8412.90%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.50点 Review2人
2 ストーリー評価 5.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 6.33点 Review3人
4 音楽評価 5.00点 Review2人
5 感泣評価 7.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS