ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ユ行
 > ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン
 > (レビュー・クチコミ)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

[ユニバーサルソルジャーザリターン]
Universal Soldier the Return
1999年【米】 上映時間:83分
平均点:3.72 / 10(Review 25人) (点数分布表示)
アクションSFシリーズもの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2016-11-09)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ミック・ロジャース
助監督アルバート・チョー
キャストジャン=クロード・ヴァン・ダム(男優)
マイケル・ジェイ・ホワイト(男優)
ザンダー・バークレイ(男優)
ジャスティン・ラザード(男優)
ビル・ゴールドバーグ(男優)
ダニエル・フォン・バーゲン(男優)
ミック・ロジャース(男優)(ノンクレジット)
大塚芳忠(日本語吹き替え版)
菅原正志(日本語吹き替え版)
荒川太郎(日本語吹き替え版)
仲野裕(日本語吹き替え版)
高乃麗(日本語吹き替え版)
塚田正昭(日本語吹き替え版)
伊藤栄次(日本語吹き替え版)
小島幸子(日本語吹き替え版)
加瀬康之(日本語吹き替え版)
小形満(日本語吹き替え版)
乃村健次(日本語吹き替え版)
原作ディーン・デヴリン(キャラクター創造)
脚本ウィリアム・マローン
ジョン・ファサーノ
音楽ドン・デイヴィス[音楽・1957年生]
撮影マイク・ベンソン〔撮影〕
製作ジャン=クロード・ヴァン・ダム
クレイグ・ボームガーテン
製作総指揮マイケル・I・ラックミル
ダニエル・メルニック
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
特撮K.N.B. EFX Group Inc.(特殊効果)
編集ペック・プライアー
スタントトロイ・ギルバート
ミック・ロジャース(ノンクレジット)
その他マイケル・I・ラックミル(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
25.冒頭からいきなり水上バイクでのチェイスが始まって、おっ、と思わせるけれど、これはあまりストーリーには関係なく、ただこのシーンからわかるのは、ユニソルの世界でも早くも(早すぎるが)世代交代、ヴァンダムもユニソルから普通の人間になって、そろそろ引退ですかねえ、と。
ではいっそ、ホワイトカラーになるのか、その後、会議の場らしいところにヴァンダムが同席しているのですが、まーこれが実に似合わないこと。もっともらしい顔をして座っているけれど、チンプンカンプンです、というのがヴァンダムの顔に現れていて、いやこれは表情というより元々こういう顔をいているんだからしょうがないけれど、とにかくこのヒトには会議は似合わない。誰か眠気スッキリガムでも差し上げておくれ。
で、人工知能がユニソルどもを率いて反乱を起こし、ヴァンダムがそれに立ち向かう、ってな趣向なんですが、こういう映画になると何だか、人工知能までが「脳ミソまで筋肉でできてるんじゃないか」と思えてきて、正直、どっちもどっち。かくして、大雑把な戦いが繰り広げられます。
当然のように当然のごとく、主人公像への掘り下げなど望むべくもなく、はたまたSFとしての面白味も乏しく、そうなると、自ずと見どころは少なくなる訳ですが(汗)、単なる筋肉男のシバキ合いと割り切って意外に派手なアクションをぶちまけてるのは、ちょっとした潔さ、ではあります。
それにしても、「ユニソル」などという中途半端な略称、こんなの使うのは日本人くらいかと思いきや、英語圏でも使うんですねえ。
鱗歌さん [インターネット(字幕)] 6点(2021-08-09 16:22:43)★《新規》★
24.《ネタバレ》 シリーズ1作目から続けて観たんだけど、オープニングにアップで映ったヴァン・ダムの老け顔にびっくり。蓋を開けたら、その老け顔のまま老けたアクションしか出来ない人になっていた。動きが鈍く、武道をやっている人に見えない。1作目に引き続きヒロインに魅力なし。撮影も編集も下手くそで、蹴りを入れて間を置いてから吹っ飛ぶようなシーンが何カットかありましたよ。ダメのほとんどはスタッフの責任でヴァン・ダムが気の毒。そんな気になるのも「その男ヴァン・ダム」を観たからかな。次回作では「無かった事」にされた本作。同じスタッフでない限り、こんな駄作の続きを作りたい奴はいない。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 1点(2011-06-24 01:29:25)
23.《ネタバレ》 期待してたユニソル・リジェネレーションが個人的に散々だったのと、記憶を頼りに書いているのでちょっと甘目かも。リュックがパパになって軍に復帰してるも、前作の展開からどうしてそうなったまでは深く語られてない。当時に観た印象としては酷評までいってなかったのは確実。
シバラク・オバマさん [DVD(字幕)] 5点(2011-05-07 21:37:37)
22.アクションシーンと最後の爆発シーンは楽しめました。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 4点(2009-09-07 20:16:05)
21.《ネタバレ》 ヴァン・ダムを愛することにかけては誰にも負けないつもりの小生ですが、この映画だけはずっと見逃したまま(というか、実は見るのが怖かった・・・笑)。しかし、某地方TV局で放映したものを録画し、とうとう見ることと相成ったわけです。

冒頭、ミシシッピーとおぼしき沼沢地での水上チェイスシーンで、何より銃撃であがる水柱が絵的に格好良く、さすがスタントやアクション場面の第二班監督として場数を踏んだミック・ロジャースだけのことはあるわい、とニンマリ。こういうディテールひとつで、アクションシーンはがぜん活きてくるんだよなぁ! 

と思っていたものの、その後はまさに“陸に上がったカッパ”のごときヘナヘナと勢いを失い、「自我を持って暴走するスーパーコンピュータ」だの、圧倒的に強大な敵(演じるのは、せっかく主演した『スポーン』があの結果で“あぼーん”されたマイケル・ジェイ・ホワイトだ)を倒すのに超低温でナニしてどうこうだの、『ターミネーター』シリーズから安易に設定の数々をパクるに及んで、ああ、やっぱり・・・と、脱力。初期のヴァン・ダム作品も確かに相当チープだったけれど、それでも、“いかにヴァン・ダムのアクションを美しく見せ(=魅せ)るか”を考え、工夫する設定や演出が凝らされていた。けれどここでのヴァン・ダムは、ただ右往左往するだけのデクノボウでしかない。そしてその結果、他の方もおっしゃっているように、爆発シーンだけで予算も吹っ飛んだかのような、後は予算も才能もけた違いのメジャー大作を安っぽく模倣したイミテーションに堕してしまっている(せめてTVリポーター役のヒロインだけでも、もう少し魅力的であれば・・・)。

まあ、それでも、アメリカでも劇場未公開のDVDリリースのみといった最近のヴァン・ダム作品に比べたら、まだマシじゃんだって? とんでもない! たとえばリンゴ・ラムや、古くからの盟友シェルドン・ルティックなどの監督と組んだいくつかの作品は、かつてのヴァン・ダム作品の輝きが垣間見られたものだ(特に『レプリカント』!)。それだけに本作の志の低さこそが糾弾されてしまるべきだろう。

あの、『その男ヴァン・ダム』という自己言及的なメタ映画でひと皮むけた存在感を見せてくれた今こそ、真の復活を切に望んでいるのは小生だけではあるまい!(だけか?)。起て! ヴァン・ダム!!
やましんの巻さん [地上波(吹替)] 4点(2009-09-04 17:17:17)
20.ラストの爆破は見物でした。
真尋さん 7点(2004-09-21 10:48:47)
19.安い音楽に萎えました。
ザ・チャンバラさん 2点(2004-08-05 16:12:07)
18.前作より面白いと思う。最後のセスとの戦いはかなり見ごたえあって好きです。ヴァン・ダムさんの回し蹴りは誰よりも美しいと思います。ストーリーは謎な部分があったが、そこでツッこんだりせずに観たほうが良いです。ヴァン・ダムさんより敵役のマイケル・J・ホワイトがカッコよく見えてしまったのが欠点(か?)
machoさん 8点(2004-06-28 00:03:20)
17.続編として見るならいろいろ不満はあるが、続編として見なけりゃまあまあのヴァンダム映画。
腸炎さん 7点(2004-05-31 20:12:21)
16.う~ん。。
アンナさん 2点(2004-02-04 15:50:46)
15.なぜユニソルのヴァンダムが、冷酷非道な殺人マシーンから目覚め人間の心を取り戻したの? で、普通の人間に戻ったくせに、パワーアップしたユニソル2500を倒しちゃうんだからユニソルってなんだったの? そもそも続編のくせに、主人公がパワーダウンする設定に矛盾を感じなかったの? わからん。
tantanさん 3点(2003-11-12 00:32:22)
14.どうしようもないね。タダでも見るべきじゃなかったよ。
ディーゼルさん 1点(2003-10-04 12:24:02)
13.最後の爆発シーンに金を掛けすぎたな、きっと。設定は面白いのに膨らませられなかったのが敗因。
つめたさライセンスさん 4点(2003-07-07 18:36:37)
12.リターンしなくていいのに。
悪殺さん 3点(2003-05-14 18:47:56)
11.やっぱりジャングロードの映画は演技がわざとらしい
もっちゃんさん 5点(2003-04-05 20:28:23)
10.ザ・リターンか~、戻らなくてもいいのに・・・。
眼力王さん 2点(2003-01-24 00:44:56)
9.前作は期待の上に鑑賞したので、期待を裏切られた感がありました。しかし本作は、ほぼ期待通り…ではなく、期待しなかった通りの出来なので、それなりに面白がることも出来ました。特にスーパー・ユニソルのセスを演じた人が凄くカッコ良いです。しかし、何でユニソルのヴァン・ダムが普通の人になってんの? これだったら無理に前作の続編にしないで、「新ユニバーサル・ソルジャー」とかにすれば良かったのに…。そういうことで、4点献上。
sayzinさん 4点(2003-01-12 18:54:17)
8.書き込むのは遅いですが、公開すぐに映画館でみましたパンフのグラサンにGP01FBとはいっているんですがこれってガンダム試作1号機ですよね(笑)クロード・ヴァン・ダムとガンダムをかけてるしそこに7点映画に1点
ガンダム好きさん 8点(2002-12-24 15:01:16)
7.普通の人間になってんじゃん。どこがユニバーサルソルジャー?
M・R・サイケデリコンさん 2点(2002-10-28 19:31:29)
6.1作目も好きにはなれなかったのですが、これは・・・・・
イマジンさん 2点(2002-09-21 17:15:16)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 25人
平均点数 3.72点
014.00%
1312.00%
2728.00%
328.00%
4416.00%
528.00%
614.00%
728.00%
8312.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS