ワン・ミス・コールのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ワ行
 > ワン・ミス・コール
 > (レビュー・クチコミ)

ワン・ミス・コール

[ワンミスコール]
One Missed Call
2008年【米・日・独】 上映時間:88分
平均点:3.35 / 10(Review 17人) (点数分布表示)
公開開始日(2008-07-19)
ホラーサスペンスリメイク小説の映画化オカルト映画
新規登録(2008-07-03)【尻軽娘♪】さん
タイトル情報更新(2017-05-30)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督エリック・ヴァレット
キャストシャニン・ソサモン(女優)ベス・レイモンド
エドワード・バーンズ〔1968年生〕(男優)ジャック・アンドリュース刑事
アナ・クラウディア・タランコン(女優)テイラー・アンソニー
レイ・ワイズ(男優)テッド・サマーズ
アズーラ・スカイ(女優)レアン・コール
ジェイソン・ベギー(男優)レイ・パーヴィス
ミーガン・グッド(女優)シェリー・バウム
デーブ・スペクター(男優)ゲイリー
ローラ・ハリング(女優)ベスの母(ノンクレジット)
マーガレット・チョー(女優)ミッキー
小松由佳ベス・レイモンド(日本語吹き替え版)
宮内敦士ジャック・アンドリュース刑事(日本語吹き替え版)
園崎未恵テイラー・アンソニー(日本語吹き替え版)
弓場沙織レアン・コール(日本語吹き替え版)
木下浩之レイ・パーヴィス(日本語吹き替え版)
浦山迅テッド・サマーズ(日本語吹き替え版)
原作秋元康「着信アリ」(角川ホラー文庫)
脚本大良美波子(オリジナル脚本)
音楽ジョニー・クリメック
ラインホルト・ハイル
撮影グレン・マクファーソン
製作スコット・クルーフ
アンドリュー・A・コソーヴ
ブロデリック・ジョンソン
マンフレッド・D・ヘイド(共同製作)
ゲルト・コーチリン(共同製作)
スティーヴン・P・ウェグナー(共同製作)
製作総指揮アンドレアス・ティースマイヤー
ジョセフ・ローテンシュレイガー
特殊メイクマイク・エリザルド
スペクトラル・モーション社
美術ローレンス・ベネット(プロダクション・デザイン)
編集スティーヴ・ミルコヴィッチ
あらすじ
物語は聖ルーク病院の火災から始まる。救出された一人の少女…。時は移り、心理学専攻の女子大生ベスは、親友たちの連続した謎の死に、悲嘆に暮れながらも疑念を抱いていた。そして、もう一人、最愛の妹の死に納得出来ないでいる刑事ジャック。二人は出逢い、事件の裏に潜む驚愕の事実に向け少しずつ近付いていく。果たして、悲しくも恐ろしい事件の真相とは? 邦画「着信アリ」をハリウッドがリメイク。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
17.《ネタバレ》 当時のCMやパッケージは怖いけど、そうでもなかった。主人公の女性だけなぜ助けてもらえたのかな。
civiさん [地上波(吹替)] 4点(2012-09-22 20:32:29)
16.DVDのパッケージが一番インパクトあって本編より気味が悪いって
どういう事!?力いれるとこ違うっしょ。これは無いだろ!と思ってたオリジナルの終盤でのオチ、意味不明さ加減まできっちりリメイクしなくとも良かったのにね。
シネマブルクさん [DVD(字幕)] 1点(2012-05-02 21:45:45)
15.《ネタバレ》 う~んやっぱりむこうのヒトは「悪魔」という方向に理解するんですね。
悪魔はカミサマとセットなので、結局「幽霊」や「怨念」はどっかに行ってなくなっちゃう。
悪魔は神様の反対物としてすでに〝ある〟ので、存在する理由が必要ないわけですが、幽霊は「怨念」があって初めて存在する。
いったい何をそんなに恨んでいるのか、どんなにひどい目にあったのか、日本人が幽霊を怖がる理由はそこにある。
逆に、「とにかく存在する」という悪魔に対しては、積極的に怖がることが、できません。だって、唯一の創造神を信じているわけじゃないからさ。
和製ホラーを輸出してリメイクした場合に、もっとも違和感が出るのはこういうところじゃないかと思う。みなさん、悪魔、そんなに怖いですか?怖くないよね。
大笑いするのはデーブ・スペクターが3秒くらい写っていることで、セリフは二言。デーブが英語をしゃべるとすごい違和感がある。
パブロン中毒さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2010-12-20 17:27:29)
14.《ネタバレ》 「着信アリ」は観ていません。
ホラー系の映画はあまり観ないのですが、ちょっと気になったので鑑賞しました。
結果...面白くありませんでした。
全てにおいて中途半端な気がします。
ジャック(刑事)が可哀想…それだけです。
かずまるさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2010-02-15 17:18:40)
13.基本的には日本版の着信アリと同じような展開だったが、この外国版はダメだなぁ。テレビ番組のシーンは何?モヤがかかりすぎで見えないし苛々させられた。事の発端(原因)と結末が意味不明。そして全然恐くない。日本版も基本は意味不明だったけど、ジリジリくる恐さがあったのでまだマシだった。
ひまわりさん [CS・衛星(字幕)] 2点(2009-11-03 22:31:05)
12.怖くないし、ストーリーもない。それは言いすぎか…。ストーリーはほとんどない。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 2点(2009-09-29 01:33:48)
11.《ネタバレ》 ん~、怖くない。元ネタもそうだったけれど、どうにも感情移入できない。発想は面白いのだから、もう少し頑張って欲しいなぁ…。
それにしても、目が口の女やら、小憎らしくってデカイ赤ん坊やら、そのあたりのアイテムが笑えてしまう。笑えてしまうホラーの悲しきこと…。
ぽこた(ぺいぺい)さん [DVD(字幕)] 4点(2009-09-22 19:39:31)
10.《ネタバレ》 うーーーーーん・・・怖いと言えば怖いけど そうでもないと言えばそうでもない(苦笑)。結局最後はどうなったのか?事の始まりは何だったのか??   ちょっと判りにくい内容でアリマシタ
Kanameさん [DVD(字幕)] 3点(2009-09-10 22:42:27)
9.「着信あり」の方は途中まで怖かったから多少評価するけど
リメイクのこちらは怖さが殆ど感じられない。
制作費のムダだったかもね。
gyu_yanさん [DVD(字幕)] 3点(2009-09-08 11:24:34)
8.「着信アリ」もたいして面白くなかったが、リメイクしたこちらもたいして面白くない。
真尋さん [DVD(吹替)] 4点(2009-04-04 19:32:18)
7.《ネタバレ》 面白かったです。細部は違うけど、着信メロディをはじめ色々と原作との共通点も多くて愛あるリメイクと感じました。猫巻き添えにしたからー1点かな!
えむぁっ。さん [DVD(吹替)] 7点(2009-03-21 04:49:15)
6.《ネタバレ》 見てしまった…。
そして着信アリを見て思った事をまた思ってしまった…。
(詳しくは着信アリで)
自分のミスを棚に上げて-1点。
玉葱さん [映画館(字幕)] 3点(2009-01-28 16:56:57)
5.《ネタバレ》 「リメイクホラー」 の中でもかなり評価は低いかな リメイクはやはりオリジナルを観てはなりませんね 当り前だけど内容はほぼ同じ ラストが少し違うだけだから この作品は、オリジナルもあまり怖くなかった まあ 携帯は誰でも持っているから少しはリアルな感じがありますけど・・・ オバケ 呪い 怨み も時代に合わせて行くんだな~ ビデオ・パソコン・携帯 次はなんだろう
ジダン・ソゼさん [DVD(吹替)] 2点(2008-12-21 04:25:02)
4.《ネタバレ》 この映画が、着信アリのリメイクとは知らずに見た。本当は、ハプニングを前から見ようと思っていたが、植物が関係することをコメントを読んで知り、行く気がなくなってたしまった。(ネタばれしたら面白くない映画はコメントは見ない方がいいね。)この映画の主人公の女性が雰囲気があったし、このサイトのコメントも読んでいなかったので、入ることにした。僕としてはまあまあ楽しめた。映画を見ていて、これは日本的な幽霊だなあと思い、日本版のリメイクだと察知出来た。ただ、着信アリは見たことがないので新鮮な気持ちで見られた。私なら次のような変更を加えたくなった。1.外国のホラーものはもうちょっとエロスを感じられる要素が必要だと思う。2.子供が悪魔に魅入られて、合体する場面を作る。3.あれだけ能力のある悪魔の子供がいるのだから、兄弟の子供に聖なる力を授けたい。4.もちろん、その兄弟が壮絶な戦いをする。5.自分の妹を亡くした刑事が弱すぎる。もうちょっと骨のある男にしたい。もちろん、主人公の女性と...などなどいくつかのアイデアが浮かんだ。


matanさん [映画館(字幕)] 5点(2008-08-05 11:29:29)
3.《ネタバレ》 最近氾濫している音で驚かすホラー物。良い所と悪い所をそれぞれ上げると、良い所は役者さん達が結構頑張っていたと思います。シャニン・ソサモンはいかにもホラーが似合う女優さんといった感じで、雰囲気出てました。悪い所は純粋に話の筋が面白く無かったです。ホラーとしては駄目なのかもしれませんが、もう少し超常現象に対してベスには足掻いて欲しかったです。あと病院の扉に子どもの顔がめり込む演出は普通に笑って仕舞いました。ホラーなのに。
民朗さん [映画館(字幕)] 3点(2008-08-01 01:01:53)
2.オリジナルは未見。携帯電話のメモリーから被害が拡大していくって発想は携帯依存症の人が多い今の世の中のには向いてて面白いですね。ただ、友達がいなくてメモリ登録が無い人だとそこで止まっちゃうんでしょうかね? 死の予告電話を受けた人が見る亡者たち(?)や幻覚(?)、ノイジーなビジュアルはありがちで見飽きてきたかな。目を開けたり閉じたりしてる人(幻覚?あっち側の人?)の目が口になってたりしたのは福笑い的で面白かったけど。 話的には無難といえば無難な作りですがテンポが悪いのが残念。
ロカホリさん [映画館(字幕)] 4点(2008-07-20 18:05:10)
1.パロディたっぷりのプレミア試写会で見てきました。デイブ・スペクターさんがハリウッド俳優という襷をかけて出てきて、彼のキャラをしても少し恥ずかしそうなイベントでした。映画は俳優も頑張っているし、音楽や映像も怖がらせようとしているのはわかるのですが、いかんせんストーリーがどうしようもなく駄目。原作が駄目なのもは映画化をしてもリメイクしても駄目という見本です。試写会でデイブさんが「私が出てくるシーン。トイレに行ったりしたら見はぐります。くしゃみをしても見はぐるかも」と話していたのが面白かったので+1です。
omutさん [試写会(字幕)] 1点(2008-07-10 04:03:39)(笑:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 17人
平均点数 3.35点
000.00%
1211.76%
2317.65%
3423.53%
4529.41%
5211.76%
600.00%
715.88%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS