Menu
 >
 >
 > グミ・チョコレート・パイン

グミ・チョコレート・パイン

2007年【日】 上映時間:127分
平均点: / 10(Review 20人) (点数分布表示)
ドラマ青春もの音楽もの小説の映画化
[グミチョコレートパイン]
新規登録(2008-09-10)【TM】さん
タイトル情報更新(2014-01-05)【イニシャルK】さん
公開開始日(2007-12-22
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ケラリーノ・サンドロヴィッチ
キャスト石田卓也〔俳優〕(男優)大橋賢三
黒川芽以(女優)山口美甘子
柄本佑(男優)山之上和豊
金井勇太(男優)タクオ(小久保多久夫)
高橋ひとみ(女優)賢三の母
山崎一(男優)賢三の父
峯村リエ(女優)タクオの母
浅野和之(男優)タクオの父
中越典子(女優)女教師
竹中直人(男優)楽器屋
鈴木慶一(男優)カメラ屋
ピエール瀧(男優)丹波風の男
田中哲司(男優)レコード店店員
峯田和伸(男優)AV男優
マギー(1972年生まれ)(男優)2007年のカワボン
内田春菊(女優)窓口の女
甲本雅裕(男優)2007年のタクオ
大森南朋(男優)2007年の賢三
犬山イヌコ(女優)ジャイガー
松田まどか(女優)モロ子
緋田康人(男優)魚屋
森下能幸(男優)教師
森岡龍(男優)カワボン(川本良也)
山西惇(男優)ノイズバンド「自分BOX」のG.バイラス
原作大槻ケンヂ「グミ・チョコレート・パイン」(角川書店)
脚本ケラリーノ・サンドロヴィッチ
音楽ゲイリー芦屋
配給東京テアトル
美術尾関龍生(装飾)
その他メディアボックス(宣伝)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
20.《ネタバレ》 これ、予想外と言っては失礼だろうけど、かなりの良作。
大槻ケンヂの世界観そのままなんだろうけど、その分、切ないくらいリアリティがある。
そして、細かい描写がいちいち現実的で良い。

思春期の恋愛って個人差はあるけれど、少なからず恥ずかしい思い出、ほろ苦い思い出って、ほとんどの人の心に残っているんじゃないだろうか。

「あの頃、あのコにこうしていたら、こう思いを伝えていたら、あの後どうなっていただろう・・・」って思うことって、結構な大人になってもあったりする。
その疑問がこの映画では、うまいこと紐解けたりしていて、スッキリする。

だって、実際には青春の遠い記憶であって、解決しないことが多いから。
「カタルシスが得られるような青春映画じゃない」みたいなことが、本作の冒頭で述べられているが、案外、カタルシスが得られた気もする。

原作は大槻ケンヂだが、ひっかかるのは、あくまで男性視点というところだ。
青春時代の思い出って、男性はいい大人になってからもずっと心に残っているものだが、女性は意外と現実的で、そんな10代の頃のちょっとした思い出をひきづっていない人が多いと思う。
少なくとも、私個人の体験で言えば、そうだ。
勿論、青春時代の細かな思い出を、大切に心にしまってくれている女性もいるかもしれないけれど・・・

いや、そういう女性が一人でも多くいてほしいというのは、私の希望的観測であって、現実はそうでもないだろうなぁ。。
にじばぶさん [DVD(邦画)] 7点(2015-01-01 02:38:58)
19.こんなバカ映画に危うく泣かされるとこでしたよ。
序盤はいまいち山口美甘子の良さが理解できず、死んだとか言われてもピンと来なかったんだけど、逢瀬を重ねていくうちにじわじわ来る。
もし後で死んだことがわかる構成だったら、こんなにもじわじわ来なかったかも知れないけど、じわじわ心の準備が出来たのでなんとか泣かずに済みました。
尾崎豊は盗んだバイクで走り出すけど、僕はどちらかと言うと盗んだブルマでお尻出す大槻ケンヂの甘酸っぱい青春に共感する。
それが彼の伝えたかった苺大福の苺の甘さなのかも知れない。
制服の山口美甘子は微妙だったけど、私服の山口美甘子はなんとも言えないエロさを醸し出しつつ親近感を芽生えさせ、やがて聖子ちゃんカットで遠い存在になってしまうという唐突で我侭な変化に僕は翻弄され、完全に魅了されてしまいました。
あと、ブルマの山口美甘子はどう考えてもただのエロ動画のはずなんだけど、何故だか溢れてくる涙を堪えるのに必死でした。
いい大人がブルマで泣いたら駄目だと思ったので頑張りましたよ。
見終わった後、無性におしるこが飲みたくなるいい映画ですね。
もとやさん [DVD(邦画)] 9点(2013-02-03 17:57:29)
18.原作の大槻ケンヂの冴えない青春時代を、ケラ流のアレンジで映像化。
高校生の悶々とした思いは、心当たりのある人も多いだろう。
あの頃がほろ苦い後悔と共に思い出されて、こそばゆくなるような作品。
飛鳥さん [映画館(邦画)] 5点(2013-01-06 00:55:21)
17.《ネタバレ》 「これって、あの、デートってやつかなぁ。」って、賢三は山口に電話で聞くわけです。わかるわ、そういうの。でもオレは、そんなこと、怖くて聞けませんでしたけどね。共感できるところも多いのですが、少し話が荒っぽい?というところも。もっとディープらしい原作をいつか読んでみたくなりました。
なたねさん [DVD(邦画)] 5点(2012-04-15 16:27:40)
16.主人公が痛々すぎて、薄目で見てしまったシーン多数。
ということは、自分の青春に思い当たる部分が多々あるということ。
しかし、だからといって映画として共感できるわけじゃない。
むしろ、主人公にはどうも感情移入できないし、ヒロインも好きになれない。
青春時代の悪い部分に限定してスポットを当てられても、真実味は感じないということ。
ストーリーの根幹となる「事件」についても、納得できない終わり方だし。
まかださん [DVD(邦画)] 4点(2010-11-14 23:41:26)
15.《ネタバレ》 結局、この作品ってグミなのかチョコレートなのか パインなんだろかって考えてみたんだが、答えは簡単!!『パインなんである。』   あまくもあるが、実は酸っぱい。実に酸っぱい 甘酸っぱい青春時代&恋物語のフラッシュバック。そして結局、現在に至っては誰一人として幸せ掴んだ風の者は居ない。青春時代の甘酸っぱさにさんざん笑かせてはもらったものの、終わってみれば胸が痛い。その不思議な感覚にはもうメロメロ。 しかし、その不思議な感覚を上手く説明出来ない自分がもどかしくって情けないったらありゃしない。まあいいや、お気に入りのシーンは レコード店での万引きシーンであったと言っておこう。ジャイガー最高であったと言っておこう。せっせとナニに励む賢三の背後にいたのが美甘子ではなくってオカチメンコだったってシーンであったと言っておこう。必死で美甘子を追ったつもりだったのに、振り返らせてみればあのオカチメンコだったってシーンだったって事を言っておこう &そん時の賢三の怒りに震えた表情こそ最高であったって言っておこう。^^  最後になりますが、ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督の作品に至っては、今のところ、ほぼ漏れなくマキバオ・・× もとい犬山イヌ子さんが付いてきます。監督はかなり犬山イヌ子さんを信頼されている模様です。そりゃそうです 毎回納得できますもんね イチキューハチマル、おいしい殺し方など然り。けども、自分的には罪とか罰とかはまだ観れていないので、非常に楽しみ残しております。幸せを感じます。
3737さん [DVD(邦画)] 9点(2010-11-11 20:08:28)(良:1票)
14.この映画の黒川芽以みたいな子、いないかな~!
eurekaさん [DVD(邦画)] 8点(2010-11-03 18:05:35)
13.まず、私は大槻ケンヂの原作本が大好きです!(特にグミ編)
そしてその映画化と聞きDVD化を楽しみにしていたのがこの映画でした。

映画も原作ファンでも中々楽しめる内容でした♪
初見の方ならばかなり新鮮な内容だったのではないだろうかと思います。


ここからは原作も含めた「グミ・チョコレート・パイン」(以下グミチョコ)の魅力について書きたいと思います。

一般的に青春映画というと、そのほとんどが部活などにその情熱を捧げるスポ根作品、あるいは学生ながらに素敵な恋に青春をかける恋愛作品に分けられるとするならば、この作品はどちらかというと、後者の恋愛作品といえるでしょう。

ただ、個々で描かれている主人公とヒロインの間にはとても埋められそうもないヒエラルキーが存在するのです。
そこの描かれ方が原作含めこの映画の一番面白いところなのではないかと思います。


日本人は確かに国民としては平等に扱われているかも知れませんが、
日本の高校には確かに見えない(恋の)カースト制度存在すると思います!

そして、今までの青春映画ではそのカースト制度のスードラ、すなわちモテない帰宅部に属する学生たちが表に出る事はほとんどありませんでした・・・。

そんな彼らにスポット当てただけでも、グミチョコの存在意義はあります!

ただ、そんな彼らに本当ならばクラスの南ちゃん(この作品の山口美甘子)が振り向いてくれるはずもないのが現実です。
だって同じクラスには男前でスポーツも出来るたっちゃんみたいな男子がいるはずだから・・・。

でも、この作品では「映画」というファクターで主人公の大橋賢三と山口美甘子が心の通う友達(ここ重要!)になってしまうのです。恋のカースト制度に反旗をひるがえしたわけです。

なんて素晴しい☆

ただ、若干映画版だと主人公である大橋賢三の悶々とした感が、オナニーシーンだけで済まされているのが残念でした。
原作だと彼はもっと病んでいます・・・。黒いマントの男とか出てくるんだけどな。
あえて言うならばそこが若干残念でした。


でもこの映画には間違いなく、美男美女、運動部という言葉では決して語られないであろう悶々とした青春が描かれています。

ある意味独特の存在感を放つ青春映画です。
観て損はないと思います!
吉祥寺駅54号さん [DVD(邦画)] 5点(2010-07-12 21:24:11)(良:2票)
12.《ネタバレ》 この映画はダサい。けれどその輝くばかりのダサさ爆発こそがまさに描かれる1986年という時代そのものでもある。ふがいない少年たちと80年代型美少女を徹底的にカッコ悪く描くケラリーノ監督は、確信犯だ。『ビーバップハイスクール』や『ウォーターボーイズ』みたいなカタルシスなんてこの映画にはないと冒頭で宣言するとおり、彼は物語が青春映画らしい熱をおびかけるそのたびにいちいち水をさす。たとえばヒロイン美甘子を侮辱するクラスメイトに飛びかからんとする主人公賢三の一世一代の怒りの鉄拳は、勢い余った拍子に行動を起こす前に蹴つまずき、不発のまま人体模型と共に砕かれる。あるいはそれに続く学校を去る美甘子を追う場面でも、賢三のその一直線な情熱は間の悪い写真屋や自転車のアクシデントによって脱力的に二度三度と中断され、阻まれてしまう。そうして照れ隠しのようにドラマチックな定石をことごとく避けた上でやっとこさっとこ描かれる別れのシーンは、けれどありきたりな飾りを排したその愚直さゆえ逆にストレートにしみじみと胸に迫る。『ニューシネマパラダイス』と自嘲する8mmのシーンもまた然りだろう。そんな中、賢三と美甘子のたった一度きりのデートのシークエンスだけはひたすら真摯に描かれるというのがなんとも心憎い。夜明けの色にすら気づかず夢中で語り合う二人。暁の空の下、人生はグミ・チョコレート・パインだと笑いながらチョコレートの数だけ進んでいく美甘子とジャンケンにすら勝てず足踏み状態の賢三は、彼らの未来の姿でもある。ラスト、死んでオナニーできなくなるのはイヤだ!というプリミティブかつアホ丸出しな雄叫びを上げて生き続けていく道を選ぶ1986年の賢三。バカバカしくもリリカルなその疾走はまたもやここぞという時に蹴つまずく。それを見つめる2007年の賢三もまた、チョコレートの歩数のその先で死を選んだ美甘子の背中には未だ遠くおよばぬままだ。けれどそんな賢三の姿を一体だれが笑えるだろうか。2、30年も生きねえよ、と若さのままにうそぶいていた彼が、それでも生き続ける人生。それが彼の答えだ。やさしくおだやかなその表情は、私たちに静かに物語る。このくだらない人生にも、それでもちゃんと生きる意味はあるのだ、と。人生七転八倒!
BOWWOWさん [DVD(邦画)] 9点(2009-09-28 19:20:40)(良:1票)
11.ちょっと泣きそうになった。学生時代、映画ばかり観ていた。ロメロにカーペンター。学校の連中はつまらない奴ばっかり。友達なんかいない。でも好きなコはいる。一度も話したことのない女の子。20年後、風の噂で彼女が死んだことを知った。自殺らしい。でも彼女はぼくのことを1ミリだって覚えていなかっただろう。ぼくはもう地元を離れ、結婚していた。つまらない大人になっていた。でもぼくは、彼女の笑顔を忘れない。あれ、何の話だっけ?『グミ・チョコレート・パイン』。そう、それはぼくの物語に他ならない。
フライボーイさん [DVD(邦画)] 7点(2009-08-17 21:39:13)(良:2票)
10.「グミ・チョコレート・パイン」私の地元では「グリコのおまけ、チヨコレイト、パイナツプル」だった。当時は考えもしなかったが、今考えると7文字、6文字、6文字でほとんど変わりがなかったのね。誰にでもあることだと思うが、あの時告白してればよかったなっていう後悔。これを見て自分の青春も思い出してしまいました。 黒川芽以演じる山口美甘子はすごいいいですね。なんか自分の考えを全て見透かされているような感じがなんとも言えません。それはそうと自分の部屋があるだけ羨ましいですね。六畳二間で4人暮らしだった私はおかずすら隠す場所がなかったなぁ。
茶畑さん [DVD(邦画)] 7点(2009-05-16 23:51:58)
9.《ネタバレ》 「ニューシネマパラダイスみたいでしょ」手紙の真相が明らかになった際に、大森が観客に語り掛ける件は、照れ隠しであると同時に、“実際はそんな美談じゃないんだよ”という警告でもあると感じました。想い出は美化されるもの。時を重ねるほど、今が厳しいほど、そうなる気がする。例えば山口美甘子が病気ではなかったら。主人公が今に満足していたらどうか。甘酸っぱくてほろ苦い青春の1ページは、誰の胸にも眠っているもの。ただそれだけです。そう、それだけ。そう思い込まないと現実に負けてしまいそうになる。あのとき告白していれば…なんて絶対に考えちゃダメです。そう自分に言い聞かせて涙を拭きましょうよ(泣笑)。それにしても黒川芽以は素晴らしい。何がって、そりゃあのスタイルが。もうパーフェクト。自分は細い女性が好みですけど、あの絶妙のふっくら感にメロメロ。眩しい笑顔と心地よい声、親しみ易い性格。そりゃ主人公じゃなくても惚れる。黒川芽以は最高でした。その他の配役もよく合っている。そして皆上手い。石田と大森の見た目の違和感も、話し方を合わせる事でカバーしていました。主人公と自分は、ほぼ同年代。自身の高校時代を鏡に映したような痛痒い映画で、リアリティ満点でしたが1箇所だけ気になった点が。それは○ナニーシーン。音楽を取り入れるのはいい。聴覚も有効活用するなんて見所がある。好きな女をおかずにしない心意気も買いたい。でも無防備ぶりには呆れます。母親に見つかるなんて、戦場で撃たれたと同じ。周りに細心の注意を払うのは初歩の初歩。それが同居オ○ニーの醍醐味でもあります。敵の存在を察知するための仕掛け、最悪見つかった時の言い訳の準備、終わった後の罪悪感を薄めるためのアイテム等、オナ○ー道は奥が深い。ただ抜くだけだと思ったら大間違い。そう簡単には有段者になれません。ってどんな締めだ。
目隠シストさん [DVD(邦画)] 8点(2009-05-06 19:26:20)(笑:1票)
8.妙に生々しい青春と妙に嘘っぽい現在。
この人80年代ぽさだすの上手いなぁ。
現在も80年代ぽいけどw
とまさん [DVD(邦画)] 6点(2009-04-15 15:27:07)
7.おいらも母親に見られていたのかな。
みみちゃんさん [DVD(邦画)] 8点(2009-01-30 00:52:43)(笑:2票)
6.ケラさんは、この映画を撮ることになった時、大槻ケンヂに「(原作と内容を)変えるよ」と言ったらしい。できあがった作品を見た大槻ケンヂいわく「大林宣彦の漂流教室ほど(原作と)変えられてなかった」とのこと・・・この言い回しからすると、大槻ケンヂ的にはこの映画、あまり納得できていないと思われる。僕も、この映画、原作は未読だけど、あまり評価できない。感情移入できる登場人物がいないし、人に対する暖かさがない。でも、設定は悪くない。キャスティングもいまいちピンとこないけど、柄本佑はよかった。原作は気にかかるけど、まあ読まなくてもいいか。
フラミンゴさん [DVD(邦画)] 3点(2009-01-29 15:35:34)
5.《ネタバレ》 いかなる高校生を描く青春映画よりも、ずば抜けて高校生らしさがある。
「あのときこうしていれば」というエロい高校時代の後悔は、美しいが醜い。
no_the_warさん [DVD(邦画)] 9点(2009-01-26 01:07:13)
4.この世代の人はどんぴしゃなんだろーなぁ。情けないけど共感してしまう青春映画でした。
しっぽりさん [DVD(邦画)] 7点(2009-01-21 21:33:51)
3.青春って、いいっすね。
たいがーさん [映画館(邦画)] 9点(2008-12-29 22:18:25)
2.《ネタバレ》 クラスに友達もほとんどいないというリアルにいけてない高校時代は笑えます。笑いにもキレがあるし、言えなかった言葉なんかはその時点では甘酸っぱいものだと笑えます。情けないのもしょうがない。全ては若さゆえと笑い飛ばせます。
しかし、それと並行して映し出されるのは成長することなく、ますますいけていない彼らの20年後の現在。そこはもはや苦味だらけ。そんな彼らを映し出す映画に、冒頭で語られる通り、カタルシスなどはなかった。彼らにとって何かが変わってもよかったはずの初ライブのことなんて、その他の苦々しい後悔の前では思い出されることもなかった。
ウォーターボーイズ、スウィングガールズみたいな青春は羨ましいが、やはりあんな美しい青春を手に入れられるのはほんの一握りのさわやかで前向きな人たちだけ。こんなイケてない青春をまざまざと見せつけてくれる映画はなんとも愛おしいです。
根拠のない前向きさなど用意されていないしみったれコメディに胸をしめつけられました。笑うしかないでしょ。
黒川芽衣の古臭いまでの無垢な可愛さは貴重です。キャスト陣も抑えた奇妙っぷりが光る人が多く、皆さん素晴らしかったです。
すべからさん [DVD(邦画)] 8点(2008-09-20 02:46:56)(良:4票)
1.《ネタバレ》  内容が馬鹿馬鹿しくたって、演劇人の作品っぽいクセのある作風(個人的にはあまり好きではありません)であったって、オオケンの原作をケラが監督し音楽を電気グルーブが担当しているんですから、あの1980年代中盤からのナゴムをリアルタイムで経験している人間にとってはたまらなく愛おしい作品です(主人公達とほぼ同世代なんで非常にシンクロする部分も多いんですよね・・・・・)。

 かつてサブカル文系人間だった方は、懐かしさと共に過去の自分のしょうも無い考えや言動がフラッシュバックしてきたりする恐れがありますので覚悟して観て下さいねw
TMさん [DVD(邦画)] 7点(2008-09-11 11:21:37)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 20人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
315.00%
415.00%
5315.00%
615.00%
7525.00%
8420.00%
9525.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 4.00点 Review1人
4 音楽評価 5.00点 Review1人
5 感泣評価 4.00点 Review1人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS