弾突 DANTOTSUのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 タ行
 > 弾突 DANTOTSUの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

弾突 DANTOTSU

[ダントツ]
Pistol Whipped
2008年上映時間:100分
平均点:5.00 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
公開開始日(2008-09-13)
公開終了日(2009-03-25)
アクションサスペンス
新規登録(2008-09-18)【M・R・サイケデリコン】さん
タイトル情報更新(2016-11-25)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ロエル・レイネ
助監督ディッキー・ビアー(第二班監督)
演出ディッキー・ビアー(スタント・コーディネーター)
マイク・スミス[スタント](スタント・コーディネーター)
キャストスティーヴン・セガール(男優)
ランス・ヘンリクセン(男優)
ブランチャード・ライアン(女優)
大塚明夫(日本語吹き替え版)
小川真司〔声優・男優〕(日本語吹き替え版)
佐藤正治(日本語吹き替え版)
沢海陽子(日本語吹き替え版)
内田直哉(日本語吹き替え版)
田口昂(日本語吹き替え版)
脚本J・D・ザイク
撮影リチャード・クルード
製作スティーヴン・セガール
ジョー・ハルピン[脚本](共同製作)
J・D・ザイク(製作補)
製作総指揮ドナルド・カシュナー
フィリップ・B・ゴールドファイン
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
スタントJ・J・ペリー
トロイ・ギルバート
あらすじ
酒とギャンブルに溺れ、妻子にも捨てられた元刑事マット。そんな彼の前に、ある日謎の老人が現れ、多額の借金を買い取ると言う。ただし、条件は暗殺。街に蔓延る悪を消し去ることだった。それは、警察には果たせない正義の処刑人であるかのような仕事だったが、その裏には更なる巨悪が潜んでいたのだ。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.《ネタバレ》 ギャンブルに溺れた元刑事が殺し屋に。一番信頼していた人が、一番の裏切り者だった。見事な手さばきと射撃を堪能できる作品。仕事の依頼はまだ続くのかよーというラスト。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 6点(2014-06-30 00:22:03)
5.意外に面白い。いつもの無敵アクションに、正確無比な射撃(実戦で外しまくり)も加わり、セガールの魅力が充分に堪能できました。
真尋さん [DVD(吹替)] 6点(2013-09-19 18:22:20)
4.《ネタバレ》 セガールさん、最近どの作品も似たり寄ったりで今ひとつかな?と思っていたら、これは結構面白い。
まぁ、あらすじも何も目新しいことはほぼ皆無。落ちぶれたダークヒーローもセガールおじさんには似合わない。でも、そこそこノンストップで楽しめたから久々に5点以上献上できます。
それと謎の老人。おぉ、「ミレニアム」のブラック刑事じゃぁないですか、懐かしい。私にとっては「エイリアン」より馴染みのあるTVシリーズでしたから。
子役も可愛いですね。いい感じです。
ただ、一番の不満はラストの銃撃戦。セガールさん、乱射し過ぎ。アンタ、マッチ棒の頭すれすれに撃って発火させられるほどの射撃の腕前なのに、何でそんなに撃ちまくってんの?

ところで、「スティーブン・セガール、芸能生活20周年記念作品」って何だか違和感あるなぁ…
タコ太(ぺいぺい)さん [DVD(字幕)] 6点(2010-03-14 12:45:44)
3.《ネタバレ》 セガール映画は大好きなんです。
無敵のセガールがたまりません。
今回は珍しく(?)腕に銃弾を受けました。しかも貫通しています。
それでも我らがセガールは怯みません。
次のシーンでは何事も無かったかのように腕を使います。
流石です!
でもね、もっともっと暴れて欲しかった。
善悪問わずバッタバッタなぎ倒して欲しかった。
それがセガール映画じゃないの?
今回は消化不良でした…。
かずまるさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2010-02-08 16:21:36)
2.最近のセガール映画には共通する無駄にたくさんの人が殺されてますが、いつもよりセガールらしさは感じられました。ですが奈何せん脚本が。始まって10分もせずにお前はギャンブルに溺れた落ちこぼれだ、闇の仕事をやれ、っつーのは無理がありすぎで相変わらず顔がむくんでいるセガールは見るに堪え難い。闇の仕事をしてるくせには人前に堂々と出て目的の人物殺してるし腕を銃で撃たれても何分か経つと何事もなかったかのような演出はこれも最近のセガール映画らしいし全てがねぇ、都合が良すぎるんだよねぇ。。
M・R・サイケデリコンさん [DVD(字幕)] 3点(2009-07-19 01:47:12)
1.《ネタバレ》 セガール様の作品は好きです。が、、、あまり動きのないというか「らしい」アクションシーンがあまりなかったような気がします(やはり歳をとってしまったということなのでしょうか…) 全体的に暗い雰囲気もあいまってあまり楽しめなかったデス
Kanameさん [DVD(字幕)] 4点(2009-04-24 21:38:32)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 5.00点
000.00%
100.00%
200.00%
3116.67%
4116.67%
5116.67%
6350.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS