感染列島のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 カ行
 > 感染列島の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

感染列島

[カンセンレットウ]
Pandemic
2008年上映時間:138分
平均点:4.08 / 10(Review 49人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-01-17)
サスペンス医学ものパニックもの
新規登録(2008-11-25)【尻軽娘♪】さん
タイトル情報更新(2022-01-31)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督瀬々敬久
キャスト妻夫木聡(男優)松岡剛
檀れい(女優)小林栄子
国仲涼子(女優)三田多佳子
田中裕二(男優)三田英輔
池脇千鶴(女優)真鍋麻美
カンニング竹山(男優)鈴木浩介
光石研(男優)神倉章介
キムラ緑子(女優)池畑実和
嶋田久作(男優)立花修治
佐藤浩市(男優)安藤一馬
金田明夫(男優)高山良三
馬渕英里何(女優)鈴木蘭子
三浦哲郁(男優)小森幹夫
藤竜也(男優)仁志稔
正名僕蔵(男優)田村道草
小松彩夏(女優)柏村杏子
太賀(男優)本橋研一
夏緒(女優)神倉茜
田山涼成(男優)
諏訪太朗(男優)
宮川一朗太(男優)
山中聡(男優)
田中美晴(女優)
笠菜月(女優)
脚本瀬々敬久
音楽安川午朗
主題歌レミオロメン「夢の蕾」
撮影斉藤幸一
製作朝日新聞社(映画『感染列島』製作委員会)
東宝(映画『感染列島』製作委員会)
小学館(映画『感染列島』製作委員会)
電通(映画『感染列島』製作委員会)
TBS(映画『感染列島』製作委員会)
ホリプロ(映画『感染列島』製作委員会)
毎日放送(映画『感染列島』製作委員会)
プロデューサー平野隆
配給東宝
美術金勝浩一(美術監督)
編集川瀬功
録音井家眞紀夫
照明豊見山明長
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
49.《ネタバレ》  こちらでの評価が芳しくなかったので期待していなかったのですが、予想以上によくできていました。
 ドラマとして誇張されている部分はあるにせよ、このご時勢に見ると絵空事とは思えません。
 大都市が廃墟みたいに荒廃しちゃっているのはやりすぎだと思いますが、病院内の様子っていうのはこれに近い状態があるのではないでしょうか。
 感染源疑いのある人への差別。非難。学校でのいじめ。院内感染。買占め。軽症者は自宅療養。命の選別。ブレイム病棟の専属スタッフは家にも帰れない。ワクチンも治療薬もないので、対症療法しかできない。
 この映画ではすべてフィクションとして描かれていたことが、コロナ禍においてそのほとんどが現実のものとなってしまいました。もしこの映画の公開当時に見ていたら、『そんな馬鹿な』と一笑に付していたかもしれないです。
 映画としても非常によく出来ています。
 まず冒頭のフィリピンでの新型鳥インフルエンザがミスリードとして効いています。これによって、中盤明かされる真実に少なからず衝撃を受けることになります。
 劇中感染症で亡くなる人物に規則性が無いことも重要。夫、父、母、恋人、医療従事者と多岐にわたります。そしてそれぞれの家族の悲しみがそのたびに映し出されます。こういったひとつひとつの家族のドラマを描いている点は高く評価できます。
 パニックものとして誇張しすぎている部分はありますが、買占めに殺到する人々の様子はやけにリアルで恐ろしい。
 感染源の調査や主演二人のラブストーリーに時間を割きすぎたせいで冗長になってしまった感は少なからずあります。
 余計なものを排して純粋なパニックものとして2時間以内にまとめていたら、歴史に残る傑作になっていたかもしれないです。
 
たきたてさん [DVD(邦画)] 8点(2021-04-26 01:12:53)
48.面白くなかったなぁ。全く記憶に残りそうにない。
アキラさん [インターネット(邦画)] 3点(2020-11-19 14:24:16)
47.《ネタバレ》 この時期だからとわざわざ見るものでもないようだがとりあえず気楽に見た。冒頭で、山中の村にヘリコプターが飛んで来たところで「アウトブレイク」(1995米)かと思ったが、村人を教会に誘導して焼き殺すのかと思ったらそうでもなく、どうやら劇中のWHOはまともな組織だったらしいことがわかった。
その後は細かい突っ込みどころが非常に多いがそれなりに現実味がなくもない。検査(劇中ではキット)の結果は絶対ではないとか、軽症者は自宅療養というのはまさに今現在の問題である。都市封鎖のような強硬手段は日本などにできるはずないと思っていたら、最近「いわゆるロックダウンに類する措置」というのが語られるようになって洒落にならなくなっている。ほか鳥インフルの関係で老教授が、禽舎がしっかり手入れされていると褒めたのは他人事ながら嬉しくなる場面だった。ちなみに医療関係者に向かって「人殺し」と叫ぶ人物がいたが、人殺しはマスコミの方だったではないか。
一つ真面目なことを書くと、南の島で老教授が、宿主を殺して自分も死ぬウイルスと人間は同じことをしていると問題提起したのに続けて、人間とウイルスの共存というような考え方を述べていたが、それぞれ重要そうでありながら方向性がずれた印象があって理解困難だった。

ところで非常に気に障ったのは、日本は天罰を受けるべきだ、というわけのわからない信念が制作側にあったらしいことで、BLAMEなどという悪意ある名前をわざわざ他国に言わせていたのは激しい不快感を催した。劇中の感染拡大は2011年1月から始まっていたが、現実の2011年3月に起きた大災害で多くの人々が亡くなったのも天罰だったと思うのか。最終的には日本人限定で1120万人も殺した上で、やっと今回は許してやるとでも言いたげな態度が極めて腹立たしく、そんなに日本が憎ければ、日本(宿主)と一緒に日本映画も滅ぶ映画を作ってみせろと言ってやる(共存は拒否)。
物語的にも安手のドラマでいちいち泣かせにかかるのが煩わしい上に138分もあるのではたまらない。点数を何点つけるか考えるのも面倒臭いので切りのいいところで0点にする。
なおキャストとしては国仲涼子がひときわ可愛く見えたが、その夫が何だこれはという感じの男で好印象が相殺された(子役は可愛らしいので悪くない)。

[2020/4/18追記] 当初は書かなかったがその後に強く思ったのは、来るべき危機に警鐘を鳴らす体でありながら、実は災難に乗じて日本社会を崩壊させたい願望が制作側にあるのではということである。今になってみれば、日本限定で人口の1/10が失われるなど極めて非現実的で作為的だということがよくわかる。日本限定の天罰だなどと言い訳すれば正当化できるわけでもない。
点数をさらに落としたいがゼロより下には下がらない。
かっぱ堰さん [インターネット(邦画)] 0点(2020-03-23 20:29:00)
46.《ネタバレ》 不要不急の外出は控えて、とのお達し。であればと、Amazon Primeで本作を視聴しました。本作に限らず、あまたの感染ものは、確かに警鐘を鳴らしていたのだと思うが、しかし。じゃあ、だからワタシはどうしていればよかったのだろうって、途方に暮れますね。本作について。マスコミ的な要素が少なかったのが残念でした。ワタシ、今一番恐いのは、ヒステリックに「冷静な対応」を叫ぶテレビ番組です。
なたねさん [インターネット(邦画)] 5点(2020-02-24 21:09:47)(良:2票)
45.《ネタバレ》 まあ、ぶっちゃけ嶋田久作さんが持ってきたんだけど、

プラットホームで携わった人が後々倒れたりするのとか、うまいなって思った。

目から血は、痛い。

妻夫木さんが海外に行った時の、これはゾンビ映画だなと思ったシーンがなかったらよかったかな。

あり得ないとは思いつつも、何回か泣きました。
新しい生物さん [インターネット(邦画)] 6点(2017-12-17 03:59:24)(良:1票)
44.《ネタバレ》 途中眠たくなーる眠たくなーるの光線がビシビシ飛んできました。日本国がウィルスにやられて瀕死状態とゆう緊迫ドラマなのに、しかも序盤でもうその状態になりかけてるとゆう早いテンポなのにです。不思議です。ただ、爆笑問題の田中の家族のシーンには、さすがに泣けました。おかーさん、殺したらあかんやろ。お涙頂戴のためとはいえ、ひ、ひきょう。泣くやんけ、そこは。映画はそんな感じなんですが、医者は本当に大変な職業だなといつも思うんです。金儲けや名誉だけでは絶対選べない職業、誰かをなんとかしてあげたいとゆう情熱が、心のどっかにないと無理。だってリスクありすぎじゃないですか。勤務は不規則だし、病気になる確率も高いし、患者がひどいことになったら、叩かれるし。常に重要な選択を迫られる。それは整形外科から産婦人科医にいたるまで、みんなそうだと思うのです。ほんと尊敬します。ってな事を後半は考えながら観てたので、なんとか最後まで眠らずに観れました。正直、ラストの思い出でけっこう長めなシーンは、おいおい、まだ続くのかーとウンザリしましたし、最後のいい風セリフでしめるのも、いいんやけど、それやるなら、そのセリフは結構前半に出さなあかんのとちゃうんかなー、最後のラスト近くで出たセリフをまた最後にもってくるのは、さっき聞いたってなるし、なんか変。まー、でも泣いちゃいましたので、評価甘めです。
なにわ君さん [DVD(邦画)] 5点(2016-01-12 19:55:50)
43.期待して見ていたのですがいつまでたっても面白くならずに終わりました。
なんで芸人を出演させるかも分からないし、全体としてどうでもいい恋愛シーンがあったりでひどい。
MSさん [地上波(邦画)] 1点(2014-03-01 21:00:13)
42.つまらない・・・・
KINKINさん [DVD(邦画)] 3点(2013-12-23 12:01:02)
41.期待通りの“駄作ぶり”に、怒りなんて感じる間もなく、なんだか安堵感すら覚えた。
小松左京風のタイトルからして、てっきりそれなりに売れた原作小説の映画化と思いきや、完全なオリジナル作品だった。
いや、オリジナルという表現にはあまりに語弊がある。国内を騒がした“パンデミック”に対しての危機感に便乗して、1995年の米国映画「アウトブレイク」をパクろうとした映画なのだから……。
「アウトブレイク」は言わずと知れた傑作なので、言い方は悪いがそれをパクること自体は、もはや問題ないと思う。
問題なのは、そのパクり方があまりに「下手糞」過ぎることだ。

なにも世界的な娯楽映画に勝ってほしいとか、主演の妻夫木聡にダスティン・ホフマンを彷彿とさせる演技を見せろとか、そんな無理難題を言いたいわけではない。
せめて、いい“お手本”があるのだから、多少工夫が無くてもいい所をしっかり真似て、なぞるぐらいはしてくれよと言いたい。
ここまで大筋を似せておいて、どうしてただ模倣することすらできないのか。本当に理解に苦しむ。

何もかもが悪いのだろうけれど、やはり最も目に余るのは、脚本の稚拙さだと思う。
どのキャストも、他の作品ではそれなりに良い演技も見せてくる俳優ばかりだったと思うが、発される台詞の一つ一つが嘲笑を禁じ得なかった。
俳優というものは、脚本や演出によってこうも素人臭くなるものかと、改めて思い知った。

どうやっても「良い映画」にはなり得なかったのかもしれないが、題材はやはりタイムリーなだけに、もう少し「マシな映画」に仕上げることはいくらでも出来たと思う。

檀れいが、選択の余地無く生存の可能性が断たれた人たちの呼吸器を無表情で外していくシーンは、描き方によってはもっと印象に残る名場面になったはずだし、国仲涼子の旦那役で登場する爆笑問題・田中裕二の決して上手くない泣き演技には、幼子役の子役の助力もあり泣かされてしまった。

ほんの少し真っ当な“センス”さえあれば、これほどまで“悲劇的”なことにはならなかったと思う。

あまりに不味くて我慢ならなかったので、間髪入れず口直しに「アウトブレイク」を見直した。面白過ぎた。
「アウトブレイク」の面白さをより引き立たせることにおいては、最高の映画だと思う。
鉄腕麗人さん [CS・衛星(邦画)] 1点(2013-10-01 22:48:59)
40.《ネタバレ》 新型インフルエンザ発生→日本中に蔓延→人々が次々病死→数ヵ月後ワクチンが開発されて沈静化。このストーリーをただ淡々と観せられるだけの映画です。というよりも朗読を聞かされているに近い感覚。
いっちぃさん [地上波(邦画)] 3点(2013-09-20 21:09:06)
39.《ネタバレ》 これコメディでしょ?
笑えないコメディ、観戦劣等バンザイ!
ろにまささん [地上波(邦画)] 1点(2013-03-01 22:07:34)
38.銀座を廃墟にするようなパニック映画に恋愛劇は不要と思う。人々の生きるか死ぬかの戦いを描けば十分面白くなると思う。しかし、制作者側はむしろ恋愛ありきだったってのがビンビン伝わってくる。人気の若手俳優が主演するんだから恋愛しないなんて有りえないでしょ!!と叫んでるようなストーリー。ならばせめてパニックに恋愛がマッチするように努力したらいいのに、結果は違和感ありすぎな水と油な出来。もう救いようがないとしか言えません。
次郎丸三郎さん [DVD(邦画)] 0点(2013-02-02 18:34:43)
37.安っぽいラブストーリーが含まれているためか、全体として陳腐な作品になっている。捻りの無いラストは大変に残念で、映画にした意味がほぼ無い。
クロさん [地上波(邦画)] 2点(2013-02-01 19:21:44)
36.《ネタバレ》 見ちゃいましたよ、ついにコレ。まぁ色々唖然とするシーンが多かったけど、何が一番腹が立つかといえば、重篤状態の少女の治療中にわざわざノートPC持ってきて、元恋人と漫然と話してるシーン。違うだろと。血清療法やるなら他のスタッフに連絡してもらえば良いでしょ。医療現場でそんなイチャイチャするもんじゃ無い。ルターの「明日地球が滅びるとも、君はリンゴの木を植える」の意味がわかってやてっるのだろうか?また封鎖された病院の表玄関へ、家族や弔問は普通にいけるのに、街の荒廃具合はなんですか、あれ。地球滅亡クラスに都市部機能は麻痺してるはずなのに、みんな普段着で見舞いに来ちゃいました。退院もひとりで歩いて帰りますって。映画ですから、矛盾はたくさんあっても良いけど、もう少し順序を考えて演出すれば良いのに、それぞれのカットのみで自己満足するからこうなる。
hibari_21stさん [地上波(邦画)] 2点(2013-01-31 13:01:18)(良:1票)
35.ウィルスだけでは長時間ひっぱれず色々と出てくるがどれもこれもイマイチ。
邦画のレベルの低さを思い知らされる。
脇役の人はひどい死に方で、重要な人は綺麗なまま治るか、綺麗なまま死ぬ。
・・・って、なにそのウィルス(笑)
虎王さん [地上波(邦画)] 4点(2013-01-31 00:41:46)
34.《ネタバレ》 これはキツイ映画ですなぁ~(笑)ウイルスが日本を襲うと言うテーマは面白いのに何でこんなふうになっちゃうんだろうね。患者が次々と亡くなってるのにへこんだりイチャイチャしてる場合じゃないでしょ。あなたたち医者失格ですよ。ま、邦画だからこのレベルでもしかたないか。でももうちょっと真面目に映画つくってほしいもんだね。
イサオマンさん [地上波(邦画)] 3点(2013-01-31 00:13:49)
33.人情と説教に偏りすぎた感染映画で、バランスの悪さ居心地の悪さを感じずにはいられない作品。邦画パニックって自象とドラマが分離したこんな作品しかない気が... 前半は物語・ビジュアルともに緊迫した雰囲気があっただけに残念。あと檀れいは「武士の一分」「美しい隣人」のような虐げられる役でこそ映えるのね。。
j-hitchさん [DVD(字幕)] 4点(2012-07-22 01:54:43)
32.未知の新型ウィルスを題材にした、邦画発のパニック映画。
主役二人に重厚さがまったく足りないのが、作品の質を落としているのは間違いないんだけど、
それ以上にシナリオ、演出の完成度が低い。優秀な日本人は主役二人しかいないみたいで、
まさに獅子奮迅の活躍ぶりなのだが、それがリアルさを感じさせない要因の一つになり、
そのくせ多くの登場人物たちを配したせいで、各人間描写が薄っぺらになってしまった。
さらに民放の安っぽい恋愛ドラマのようなシーンや演出があり、
緊張感がまったく伝わってこないという三重苦。どうしてこんな風になっちゃうのか。
根本的なセンスの問題なのかな。
MAHITOさん [DVD(邦画)] 2点(2011-08-06 04:05:25)
31.これはひどかったですね。
新型インフルエンザの感染により、死者が出てゆく様子をたんたんと流すだけ。しかも、新型インフルエンザで死ぬ人って、こんなに悲惨な死に方なの?って、疑問符のついてしまう映画。最後まで見ていることが、苦痛でした。
G&Gさん [DVD(邦画)] 2点(2010-12-19 10:28:47)
30.《ネタバレ》 これは酷かった。。。
とにかく一部役者の演技が凄まじく低レベル。台本丸読みな演技を見せられたら苦笑いするしかないですね。
ストーリーも破綻してます。
感染した医師がそれを知りながら治療にあたるなんておかしいでしょ?普通。
しかも感染の可能性があるにもかかわらず突然海外行っちゃうし。
死亡する人と回復する人が最初から居たなら「なぜ回復できたのか」調べるでしょ?
それと銀座やらなんやら崩壊した町が映りますがこれも唐突過ぎて。。。
主人公と医師がいつのまにか崩壊した銀座で立ち話。
誰もいないのになぜ?電車動いてたか???
ラストも復興した日本(今の日本を空撮)を映してましたが、あれだけ廃墟と化したんだからこの絵はおかしいだろうと。
それなら必死に復興作業を行う人たちと国民を映すべきだ。
所々被害状況をコメントで入れていたけど明らかに手抜き。
映像で見せられない、伝えられないなら作るなと言いたいです。
爆笑問題田中一家が妙にリアルでそこだけが唯一の見所。
「これだから邦画は。。」と揶揄される原因がこの映画を見てよくわかりました。
しっかりしろ!と言いたいですね。
ゆたさんさん [DVD(邦画)] 3点(2010-10-16 15:29:03)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 49人
平均点数 4.08点
024.08%
136.12%
2816.33%
3816.33%
4816.33%
5714.29%
6510.20%
748.16%
848.16%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.25点 Review4人
2 ストーリー評価 3.71点 Review7人
3 鑑賞後の後味 4.83点 Review6人
4 音楽評価 5.33点 Review3人
5 感泣評価 4.75点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS