アイ・ラヴ・フレンズのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > アイ・ラヴ・フレンズ
 > (レビュー・クチコミ)

アイ・ラヴ・フレンズ

[アイラヴフレンズ]
2001年【日】 上映時間:113分
平均点:4.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(2001-10-27)
ドラマ戯曲(舞台劇)の映画化
新規登録(2008-12-10)【鳥居甲斐守】さん
タイトル情報更新(2018-05-13)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督大澤豊
キャスト忍足亜希子(女優)山科美樹
落合モトキ(男優)山科優太
藤田朋子(女優)山科遥
萩原聖人(男優)柴田真
田村高廣(男優)松本庄吉
久保明(男優)
佐々木すみ江(女優)
石倉三郎(男優)
脚本大澤豊
撮影岡崎宏三
プロデューサー中橋真紀人(エグゼクティブプロデューサー)
照明下村一夫
その他ジェネオンエンタテインメント(DVD販売元)
あらすじ
難聴という障害にもめげず、古都京都でカメラマンとして活動する女性・山科美樹。夫とは死に別れたものの、息子の優太、義理の妹のはるかと三人で元気に暮らしている。そんなある日、美樹と優太は造園会社に勤務する柴田真という青年とふとしたことがきっかけで知り合いになる。子供に対する優しさの中にも、どことなく殻に閉じこもっているような真の態度に違和感を覚える美樹。やがて美樹は真の引き起こした8年前の事故のことを知るようになるのだが・・・。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 主役の女優さんが難聴という障害を負っているからといってレビューで手加減してもしょうがないんでざっくり言わせていただきますけれども、前作「アイ・ラヴ・ユー」と比べると正直いまいちな内容でした。何というか、ストーリーの軸が明確でないというか、キレイに作り過ぎたという感じがします。理想を求めるのも結構なんですが、世の中そんなに物分かりのいい人ばかりなのかと・・・。藤田朋子の演じる役が結構重要な役どころのはずなんですけど、ただ無理やり明るくしようとしているようでフィットしてないなあ。本人の演技力のせいなのか、演出のせいなのかは不明ですが。
鳥居甲斐守さん [CS・衛星(邦画)] 4点(2009-01-26 23:47:40)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 4.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
41100.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 4.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 4.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS