ヘルライドのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヘ行
 > ヘルライド
 > (レビュー・クチコミ)

ヘルライド

[ヘルライド]
Hell Ride
2008年【米】 上映時間:84分
平均点:4.00 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-01-17)
アクションドラマバイオレンス
新規登録(2008-12-16)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2016-11-13)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ラリー・ビショップ
助監督マイケル・スタインバーグ〔監督〕(第2班監督)
キャストラリー・ビショップ(男優)ピストレロ
マイケル・マドセン〔男優〕(男優)ジェント
エリック・バルフォー(男優)コマンチ/ビックス
ヴィニー・ジョーンズ(男優)ビリー・ウィングス
レオノア・ヴァレラ(女優)ナダ
マイケル・ビーチ(男優)グッディ・トゥーシューズ
デヴィッド・キャラダイン(男優)デュース
デニス・ホッパー(男優)エディ・ゼロ
石塚運昇ピストレロ(日本語吹き替え版)
沢木郁也ジェント(日本語吹き替え版)
乃村健次ビリー・ウィングス(日本語吹き替え版)
沢海陽子ナダ(日本語吹き替え版)
長克巳デュース(日本語吹き替え版)
池田勝エディ・ゼロ(日本語吹き替え版)
勝生真沙子(日本語吹き替え版)
湯屋敦子(日本語吹き替え版)
脚本ラリー・ビショップ
製作ラリー・ビショップ
マイケル・スタインバーグ〔監督〕
製作総指揮ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
クエンティン・タランティーノ
配給ムービーアイ・エンタテインメント
美術ティム・グライムス(プロダクション・デザイン)
スタントバディ・ジョー・フッカー
その他クエンティン・タランティーノ(プレゼンター)
あらすじ
バイカー・チーム「ヴィクターズ」と、その抹殺を狙うチーム「666」との間に起きる血で血を洗う抗争。その裏には、昔惨殺された一人の女と、その死とともに隠された一つの金庫の秘密があった。タランティーノが放つ、60年代バイカーフィルムへのオマージュ。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.チョイ悪オヤジならぬ極悪オヤジどもの傍若無人ぶり“のみ”がひたすら描かれる、暑苦しさナンバーワンの映画。と言ってもオヤジばかりが出てくる映画ではなくて、お色気丸出しのオネーチャンが次々に出てきて、腰をふったりキャットファイトを演じたり。これまた暑苦しいばかり。要するにこの映画のテーマは、マッチョへの憧れ、マッチョへの幻想(あるいは幻影、あるいはもはや、幻覚か)。バイクを乗り回し、殴り合い、撃ちあう。オネーチャンが腰をふって迫ってきても、鼻の下を伸ばしたりはせず、余裕綽々。うーむ、すべてワタシにはマネのできないことばかりだナー。恐れ入るばかりでございます、だけど別に、こういうマッチョぶりに対して憧れる訳でもないので、正直、ついていけませぬ。でもいいじゃない、この、非日常の世界にみなぎる生気。何か知らんが、(とりあえず)明日への活力。内容がワケわからない分、映画を短くまとめているのも良心的だし(笑)。オヤジどものやんちゃな生きざまを、観よ。
鱗歌さん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2010-04-22 22:03:39)
4.人気ないですね~。ストーリー重い割には薄っぺらですね~。やっぱ、この監督が作るとハチャメチャですね~。
という訳で、何を訴えるとか主張するとか関係なしのノスタルジックなB級作品。あまりに単純明快。そのくせ謎っぽく仕立ててる部分もある。ちょっと中途半端だったかな?
ぽこた(ぺいぺい)さん [DVD(字幕)] 5点(2009-09-27 11:03:59)
3.《ネタバレ》 ストーリーがもうひっちゃかめっちゃかで映像だけそれらしく撮って繋げればいいやって感じでした。
バイカー映画に対するオマージュ云々とメイキングで語っていましたが、確かに1シーン1シーンは綺麗だし雰囲気醸しだしてると思います。
しかしながら映画ってそんなもんじゃないだろうと思うのですよ。
核となるストーリーがしっかりしてないと観客は置いてけぼりを食うのです。
映画だからご都合主義でも良いと思う。でも、さすがに主人公が走ってる途中で恋人(?)と偶然会ったり、その女に矢で腹を一突きされ血まみれになってるのに、次のシーンでは普通に出てきたり。。。
監督がしたり顔で「バイカー映画に欠かせないのは女だ」と語っておりましたが、そんなこだわりよりストーリーをもっとしっかりしたものにしないと単なるピンナップ映像になりますよ。正直「映画」に対する冒涜とも思えます。
ラストも埋められていた金庫に何が入っていたのか不明だし。。。
これは映画ではなくピンナップ映像集ですね。
そう思えばレンタル代も納得がいきます、はい。
ゆたさんさん [DVD(字幕)] 2点(2009-09-13 09:05:26)
2.全米黙殺て・・。あまりにつまんなかったからすぐに打ち切りになったから?そんなコピーにしちゃったんだぁ。。まぁ支離滅裂なストーリーでいきなり話が始まっちゃうもんだから何が何だか全く分からず途中からああ復讐劇なんだなぁとやっと分かる始末でただバイオレンスさが目立つだけのアクションシーンや銃を使った派手なシーンもなく淡々と進むのは残念。タランティーノ&ワインスタイン兄弟が製作総指揮を担当しても「キル・ビル」のようにうまくはいかないのね。
M・R・サイケデリコンさん [DVD(字幕)] 3点(2009-08-29 23:48:33)
1.《ネタバレ》 まあ、雰囲気を楽しむだけでしょうか?バイクはかっこいいです。
よりさん [DVD(字幕)] 3点(2009-08-08 23:03:10)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 4.00点
000.00%
100.00%
2120.00%
3240.00%
400.00%
5120.00%
600.00%
7120.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS