その男ヴァン・ダムのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ソ行
 > その男ヴァン・ダムの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

その男ヴァン・ダム

[ソノオトコヴァンダム]
JCVD
2008年ベルギールクセンブルグ上映時間:96分
平均点:6.23 / 10(Review 30人) (点数分布表示)
公開開始日(2008-12-27)
アクションドラマコメディ犯罪もの
新規登録(2009-01-05)【M・R・サイケデリコン】さん
タイトル情報更新(2013-05-06)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マブルク・エル・メクリ
キャストジャン=クロード・ヴァン・ダム(男優)
カリム・ベルカドラ(男優)
ジヌディーヌ・スアレム(男優)
フランソワ・ダミアン(男優)
山野井仁(日本語吹き替え版)
咲野俊介(日本語吹き替え版)
後藤哲夫(日本語吹き替え版)
脚本マブルク・エル・メクリ
製作総指揮ジャン=クロード・ヴァン・ダム
字幕翻訳松浦美奈
あらすじ
人気はあるのに作品に恵まれないまま年老いていくアクション俳優ジャン=クロードヴァンダム。愛娘の親権をめぐり係争中の彼は、金策のために立ち寄った郵便局で強盗事件に巻き込まれてしまう。そして、ちょっとしたきっかけで犯人扱いされてしまい事件は思わぬ方向に… 果たして、現実は映画のように上手くいくのか? ヴァンダムが本人として出演する自虐的作品。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
30.もっとぶっ飛んだ内容かと思いきや、意外とヨーロッパらしい上品なコメディだった。バンダムが普段のアクション映画では見せない、庶民(といっても映画スターだけど)の顔を覗かせているので、親近感が湧くこと間違いなし。残念ながらストーリーはあんまり面白くない。しかも話のスケールが小さい。ほぼ郵便局の周りだけで話が完結する。これならバンダムの独白をずっと聞いてたほうが、よっぽど面白かったような気が……。コンセプトの面白さに免じて、おまけで7点。
54dayoさん [インターネット(字幕)] 7点(2022-02-07 01:07:19)
29.《ネタバレ》 ヴァンダム迫真の独白は心に迫るモノがあったのですが、
映画としての出来はこの点数が精一杯。

冒頭の巻き戻しを筆頭に、脚本はそれほどでも・・・
やはりB級という感想。

同じアクションスターでありながら、シュワちゃんやスタローンとどこが違うのか、
と考えてしまいました。

運命?生まれもっての華?人との巡り合わせ?

様々な要素が入り交じっているんでしょうね。

見終えた後、なんとも言い難い気持ちになってしまいました。
kirieさん [インターネット(字幕)] 4点(2018-05-16 11:06:16)
28.ヴァンダムの名はよく耳にしていましたが、まともな鑑賞はこの作品が初。本当は著名な作品を観てから手を付けるべきなんでしょうね。彼を良く知らない私でも過去のヒーローの悲哀は伝わりました。映画でなら即ぶっ飛ばすはずの強盗に抵抗できないヴァンダム、銃を突き付けられ、言いなりのヴァンダム、なんてみじめ。終盤、ついに華麗なハイキック炸裂!!と思ったら幻!?よくぞここまでカッコよく描かないことを徹底したものですね。良い役が回らなくなってからも相変わらず俺たちの国の英雄扱いされてるのが、何気にきついと思います
次郎丸三郎さん [DVD(吹替)] 6点(2017-11-28 22:35:21)
27.《ネタバレ》 ​嗚呼ヴァンダム。セルフパロディだとわかりつつも、その薄い色の画面の中で映る空しき俳優の姿に涙せずにはいられない。序盤はまるでコメディのように見えるが、そのサスペンス的展開に気がつけばどんどん引き込まれていく。仕事がセガールに取られたり、ジョン・ウーの話になったりと笑える所も多い。
ただ、作中の彼はヒーローではない、ただ巻き込まれた一人の哀れで、ちょっと有名な中年だ。お得意のハイキックにド派手な音は付かない。
そんな彼が空くもファンである強盗の一人との説得で人質を全員解放に成功する。ただ彼は死んでしまい。ヴァンダムも理不尽にも捕まってしまう。
彼の真摯な性格と現実とが重ならない。
それでも信頼してくれる家族がいることでヴァンダムは前に向かっていけるだろう…ってこれ、フィクションなんだけどなぁw
笑えて、ドキドキして、切ない映画だった。
えすえふさん [DVD(吹替)] 7点(2016-01-28 19:27:12)
26.《ネタバレ》 『サンセット大通り』に『許されざる者』と、主演俳優自身のキャリアをモチーフにして作られた映画は数多くありますが、それらの企画は、あくまで現実を色濃く投影させた架空の役柄を演じるにとどまっていました。他方、本作ではヴァンダムがヴァンダム自身を自虐的に演じており、従来のメタ設定映画とは次元の違う企画だったと言えます。。。
本作で描かれるのは、自分の弱みをすべてさらけ出すヴァンダムという男の姿。虚構の世界ではスーパーヒーローを演じてきたが、現実世界ではチンケな強盗すらまともに倒すことができないという身も蓋もない事実を物語の基礎とし、「今の私は仕事でもプライベートでも完全に行き詰まっています」というヴァンダムの告白が随所に散りばめられています。全盛期におけるヴァンダムの粗野な態度やナルシスト発言を知る私にとって、それはかなり衝撃的な姿でした。特に驚いたのが中盤におけるヴァンダムの独白シーンで、自分がいかにして成功し、そして失敗したのかという彼の正直な告白には胸を打たれました。涙がこぼれそうにさえなりました。同時に、ここまでの長ゼリフを表情のアップのみでもたせてしまったヴァンダムの演技力の高さにも感銘を受けました。ドラマ畑の俳優であっても、ここまで見せられる実力者は限定されてくるのではないでしょうか。。。
また、本作については『ロッキー・ザ・ファイナル』との共通項も見いだせるのですが、『ロッキー~』がアクションスターとしてのスタローンのイメージの再構築だったのに対して、本作はアクションスター・ヴァンダムの完全破壊の領域にまで達しています。これをやってしまうと二度とアクション映画には出られなくなるかもしれないという、それくらいのリスキーな企画だったわけです。まさに企画と心中する覚悟で本作に臨んだヴァンダムの姿には、熱いものを感じさせられました。。。
ただし、問題もあります。『狼たちの午後』を思わせる強盗団の物語が妙によく出来ており、中盤以降はかなりシリアスになってくるので、この映画は悲哀溢れるコメディをやりたいのか、直球勝負のドラマをやりたいのかが見えなくなってしまうのです。どういう姿勢でこの映画を見ればいいのかを途中で見失ったために、後半部分ではドラマに感情が乗らなくなってしまいました。
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 7点(2014-02-15 15:48:24)
25.《ネタバレ》 Gaumontの笑えない引いてしまうロゴが嫌でした。でも「顔見えただけで何で犯人? 警察バカ?」と思ったら、やっぱヴァンダムがやっちゃてて…と思ったら…という演出は付き合える範疇でしたし、カメラワークに「おや?」と思ったら天井に登って行く演出もそこで独白する事ごとも引き込まれました。「なんで有罪?」と呆気にとられましたが、ラストカットがとても気に入りました。あの受話器の感じとか目の感じ、ヴァンダムに対する印象が変わりました。この人、劇中で自分の英語が下手と言ってたけど、英語がもっと上手だったら単純なアクション系ばかりじゃなく味のある役も貰えるのでは? アクションから少し離れた良い話にもっと出て欲しいと思いました。顔がどこかフリオ・イグレシアスに似てるとこありますね。
だみおさん [DVD(字幕)] 7点(2013-07-26 20:14:12)
24.ヴァンダム今でも充分かっこいいし、応援していきたくなりました。
ケンジさん [DVD(字幕)] 5点(2013-03-18 18:07:07)
23.《ネタバレ》 ヴァンダムが非アクションな演技をしている。
なんか可哀想なストーリーが、現実なのか嘘なのかわからない。作り込まれた映像美にドキュメンタリズムを排除した優しさがあるのに、なんかヴァンダムに容赦ない。
どの程度ヴァンダムが可哀想なのかホントのところが謎めいて虚実入り交じったこの話で、一番うろたえてるのは誰か。
ヴァンダムではなく、見てるオレだった!

どうすんだよヴァンダム。この後どうすんの?って、って思わずヴァンダムを調べると、2012の新作に超重要キャラとして登場するらしくて安心した。

マジで安心した。
黒猫クックさん [DVD(吹替)] 7点(2012-05-20 17:24:38)
22.その男●●。この●●に入るべき名前が“ヴァン・ダム”で本当にいいんだろうか。ちょっとシャレになってないんじゃないだろうか。大きなお世話です。でも心配。冒頭の長廻し、普通なら肉体派の身体能力の見せどころ、それを逆に、「ああキツイ」とオチをつける。本当にキツそう。もっともこの作品、ヴァン・ダムがヴァン・ダム役で出ているとは言え、時間が行ったり来たり、視点が代わり、場合によっては顛末まで差し替わってしまう、そういう作り込んだ構成が、フィクションであることを念押ししています。しかし完全なフィクションとも言え無さそうなトホホなところが、この作品の魅力でもある訳ですが。ただ、構成を作り込んだ割に、撮り方はちょっと雑なのでは? 長廻しが、単なる「あのスター、ヴァン・ダムなんだから、うまく演技するでしょ、まかせとこ」みたいな。前半は結構笑って観てられたんですけど、後半、ズルズル行ってしまった感が。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-02-25 18:49:02)
21.こんな設定なんだから、いっそ徹底的に明るく楽しく馬鹿馬鹿しくやったらいいと思うのですが・・・何を中途半端に格好良く作ろうとしているのかという感じです。力の置き方を誤っています。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 2点(2012-01-28 22:00:24)
20.《ネタバレ》 かつて金曜ロードショーや日曜洋画劇場でよく目にしたヴァンダム。老いさらばえた元肉体派ハリウッドスターに与えられたのは、オッサンになってしまった自らを省みるという役回り。冒頭の皮肉感満載のアクションシーンになぜか胸が高鳴り、スポーツ選手であれば後進の育成を担えるものの、肉体の替えが利かないアクションスターがすがれるのは、それでも自らの肉体のみ。現役であったことの証明として満を持して披露される回し蹴りと独白が本作のハイライトです。本作を観終えて、『ユニバーサルソルジャー』『ストリートファイター』を観返そうかと思いながら、また今度でいっか、となってしまうところもまた、ヴァンダムな気がします。
さめがいさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-07-17 21:31:07)
19.もはや「落ち目」となって久しいハリウッドのアクションスター、ジャン=クロード・ヴァン・ダム。
スター俳優として下降の一途を辿る自身の境遇を自虐的に描いた映画に、彼自身が主演するという今作の情報を得た時は、興味はかき立てられた反面、「ヴァン・ダムも落ちるところまで落ちてしまったのか……」と昔から彼の映画に親しんだ者として少し寂しく思えた。

しかし、必ずしもそうではなかった。想像以上に良い映画だったと思う。

「自虐的」という言葉はまさにその通り。むしろそんな言葉では足りないくらいに可笑しさを越えた辛辣さがこの映画に溢れていた。
右も左も分からないベルギー人俳優が、文字通り己の体一つでハリウッドの“スター”へとのし上がり、時代の流れとともに忘れ去られていった。それを当の俳優自身が真正面から演じる様には、想像を超えた哀愁が満ちていた。

誰かの言葉か、何かの映画の台詞か忘れたが、「ハリウッドは、人を噛んで吐き捨てる」というような言い回しがあった。まさにそれを地でいくようなヴァン・ダムの人生を、彼自身が独白するような映画だった。

ただし、そこに表れていたのは、落ちぶれたスター俳優の無様さだけではなかったように思う。

ベルギーからハリウッドに渡った時から、無くすものなど端からなく、正真正銘のゼロから歩んだ自らの道に対するアクションスターの意地。
そして、大衆から落ちぶれて見えるのであれば、それすらも自らがパフォーマンスして見せようとする表現者としての意地。
そういう一人の俳優の冷めやらぬ熱情を感じずにはいられなかった。

この映画は、一人のアクションスターのドラマであり、ドキュメンタリーであり、類い稀なエンターテイメントだと思う。
鉄腕麗人さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2011-05-18 15:38:03)
18.何ていったらいいのやら・・・。

同じアクションスターでも格差が大きいですね。彼のアクションも良かったのに・・。今から再ブレイクは厳しいけど、がんばって欲しい

ラスウェルさん [DVD(字幕)] 5点(2011-04-18 00:16:21)
17.《ネタバレ》 JCVD本人には、充分にコメディセンスがあるということがわかった。
自分が「出稼ぎベルギー人」であることを宣言したような作品。
…けど、20年に渡ってハリウッドのB級作品に出続けたカレは、もう純粋な意味で「出稼ぎベルギー人」ではなくなっていたみたいなんだ。
ヨーロッパ人のメンタリティを持つはずのカレが、セピア色の画面では到底ごまかしきれない強烈な「ハリウッド臭」を発してしまっていると、私は思う。
増毛や、顔と体の「お直し」をしている人特有のこの感じ。
ヨーロッパの俳優は「お直し」をしない。
銀行強盗シーンがとてもつまらなく、JCVDの回想シーンの自虐ギャグだけが非情に面白く、残念。
カレにとって、ハリウッドで仕事をして生きていくことは、日々銀行強盗の人質に取られているような緊張感や不条理と共に過ごすということであったのだろう。
右や左に駒のように動かされて、言われたとおりにするだけで、自由がなく、自分の意思は無いものとされる。
だから「銀行強盗の人質」だったので、その重苦しさを思う存分表現したのであろう。
けど、犯人役の設定が非情すぎて観客はこの「不条理」についていくのが大変…う~んほとんど無理。
この一作でちょっとスッキリしただろうから、次はもっと楽しめる自虐コメディを作れるんじゃないかな~出資者さえいれば。
パブロン中毒さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-02-02 21:16:25)
16.劇場の予告特報(キックボクサー?)で「機動戦士・ヴァンダム!!!!!」というツンドラ必至な激寒コピーを目にして以来、実に二十年も経ってしまった訳だが。

何と、ヴァンダム作品を観るのは今作品が初めて。

うーん。「ヴァンダム初見作品が、この作品でイイのだろうか」と、往年のファンからすれば新参者の末席を汚してしまいそうな私であるが、恐る恐る鑑賞に至った訳です。が……非常に楽しめてしまいました。

脚本、演出、演技が、ヴァンダム初心者の私にも十分理解できるような、驚愕に値する自虐っぷり。

この映画、チャック・ノリス、ルドガー・ハウアー、セガール、ついでにシュワルツネッガーやスタローン辺りに無理やり観せて、感想を聞いてみたい。

そして、この「マジなのか完全フィクションなのか、微妙」な作品の妙味を味わって欲しいと、思った。

名作。
aksweetさん [DVD(字幕)] 8点(2010-07-28 03:59:21)
15.《ネタバレ》 ヴァンダムいいね~。ハード・ターゲット / ボディ・ターゲット / タイムコップ / ダブルインパクト / ユニバーサルソルジャー。

後半近くまではパロディで笑えるんだけど、後半以降はちょっとしんみりしたシーンが多め。どこか暗い影を持つヴァンダムらしいっちゃらしい。

途中、別視点で同じシーンの反復があった分マイナス1点。
シバラク・オバマさん [DVD(字幕)] 6点(2010-07-17 17:21:56)
14.《ネタバレ》 チャック・ノリス、セガールに次ぐB級アクション御三家のヴァン・ダム先生。

彼の映画は何本か見ましたが、アクションの実力はあるもものカット割りが多く、どれも中途半端な印象。

そんな中途半端で落ちぶれていくアクションスターとしての自虐ネタが満載で、アクションないけど、意外と面白かったです。

他の皆さんも書かれているように、なんだか彼を応援したくなってきますね(笑)
私が見た彼の映画の中では一番面白かったです。あくまでもヴァン・ダム先生の映画の中ではですが(笑)




かすおさん [DVD(字幕)] 7点(2010-07-17 16:42:43)
13.《ネタバレ》 フィクションである。でも、そのストーリーには主演男優のリアルが織り込まれていると思わせる構成になっていて、観ていて複雑な気分になる。ヴァン・ダムって人にはアクションスターとして中途半端な印象を持っていて、ほとんど出演作を観て来なかった。だから「大作から見放された落ち目の役者」という役を実名で演じていることに素直に同情してしまった。50歳という年齢は、アクションスターとしてそろそろ限界だろうし、アクションしか売り物が無ければ役者人生はまさに終焉。リアル・ヴァン・ダムもそんな意識を持っていることが何となく伝わってきて、ともかく哀しくなる。個人差はあるだろうが、誰もがどこかの時点で感じる人生の黄昏を、アクションスターの賞味期限という分かりやすい型に嵌めて見せられる。ヴァン・ダムの長い独白シーンがある。カラテを愛した少年時代から、夢を捨てずにハリウッドで成功するまでの起伏を淡々と振り返るうちに、いつの間にか涙をこぼすヴァン・ダム。役者ヴァン・ダムとリアル・ヴァン・ダムが交錯する名シーンだと思います。こんなの見せられると、自分は人生の意味を考えずにはいられなくなるし、彼を応援したくなってしまう。ずるい。ラストシーンにも少しホロっとしました。いい映画です。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2010-06-03 00:48:45)
12.《ネタバレ》 なんたって原題は「JCVD」ですからん、そりゃもうヴァンダム一色!
でも、なんだか情けないオヤジになってるぞ。どうしたヴァンダム!テレビ東京推奨?のヴァンダミング・アクションはどうした!そんな強盗一気に蹴散らせ!と、とにかく自然とエールを送りたくなります。
途中出て来るタバコを落とす蹴りと、最後に強盗にくれてやる蹴りはやっぱり流石のキレ。寂しげだけど、なんかカッコいいな、ヴァンダム。
単なるセルフパロディじゃなく、演出的にも一工夫凝らし、十分楽しめる作品でした。
タコ太(ぺいぺい)さん [DVD(字幕)] 7点(2010-03-14 01:49:06)
11.冒頭からの自虐ムードに若干わびしさを覚えたが、意外と面白かった。落ち目アクションスターとしての自分の見せ方をよく分かっているヴァンダムの役者魂が感じられる佳作。今時好きな俳優にヴァンダムを挙げるのはちと恥ずかしい・・と思っている人にこそ観て欲しい。例えばこの作品をスタローンやシュワちゃんがやったら白々しくて目も当てられないが、ヴァンダムだからこそこの哀愁が絵になるわけで、なかなかどうして絶妙なポジショニングを保ってる俳優であることに気づかされる。
lady wolfさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2010-02-19 21:55:48)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 30人
平均点数 6.23点
000.00%
100.00%
213.33%
300.00%
426.67%
5620.00%
6516.67%
71136.67%
8516.67%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.66点 Review3人
2 ストーリー評価 6.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 7.00点 Review1人
5 感泣評価 6.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS