白い巨塔のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 白い巨塔
 > (レビュー・クチコミ)

白い巨塔

[シロイキョトウ]
1966年【日】 上映時間:150分
平均点:6.71 / 10(Review 51人) (点数分布表示)
公開開始日(1966-10-15)
ドラマ法廷もの医学ものモノクロ映画小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-04-12)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督山本薩夫
キャスト田宮二郎(男優)財前五郎助教授
東野英治郎(男優)東教授
田村高廣(男優)里見助教授
小沢栄太郎(男優)鵜飼教授
船越英二(男優)菊川教授
滝沢修〔男優〕(男優)船尾教授
藤村志保(女優)佐枝子
小川真由美(女優)(女優)ケイ子
岸輝子(女優)正子
加藤嘉(男優)大河内教授
清水将夫(男優)河野弁護士
石山健二郎(男優)財前又一
見明凡太朗(男優)岩田大阪医師会会長
松下達夫(男優)裁判長
加藤武(男優)野坂教授
下條正巳(男優)今津教授
鈴木瑞穂(男優)関口弁護士
須賀不二男(男優)葉山教授
早川雄三(男優)安西第一外科助手
高原駿雄(男優)佃第一外科医局長
杉田康(男優)金井講師
夏木章(男優)河合教授
潮万太郎(男優)鍋島
北原義郎(男優)乾教授
長谷川待子(女優)杏子
滝花久子(女優)黒川きぬ
平井岐代子(女優)田舎の婦人
竹村洋介(男優)柳原第一外科助手
伊東光一(男優)川西
河原侃二(男優)村井
浜世津子(女優)時江
白井玲子(女優)里見の妻
村田扶実子(女優)佐々木よし江
谷謙一(男優)
小山内淳(男優)事務長
原作山崎豊子「白い巨塔」
脚本橋本忍
音楽池野成
撮影宗川信夫
製作永田雅一
企画財前定生
伊藤武郎
配給大映
美術間野重雄
編集中静達治
録音奥村雅弘
照明柴田恒吉
あらすじ
浪速大学医学部第1外科の財前助教授は、東教授の退官後の次期教授を目指している。しかし、財前のスタンドプレーに嫌悪感を示す東教授は、他大学から次期教授を選出するよう画策を始める。その動きを察知した財前は、医学部長鵜飼を取り込み、積極的な工作を進める。そうした中、財前は同期の里見助教授から依頼され、噴門部癌の患者を診察する。肺結核の過去の病巣らしきレントゲン像を巡って、財前と里見の意見が分かれる…。大学医学部の権謀術数を描いた山崎豊子の代表作を映画化。8年後に、田宮財前は、テレビドラマ化もされる。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
51.<原作未読、ドラマ版も未見>このたび2003年版の再放送があったのでとりあえず録りためておいて、まずは映画版を観ようと思った次第。田宮二郎はもちろんとして小沢栄太郎がいいな~。好きだな~。この二人(と加藤嘉)は1978年のドラマ版でも同じ役で再起用されているが、それも納得のハマり具合。ストーリーは次期教授選がメインで、裏工作に奔走するおっさんたちを見て楽しむ映画といった感じ。医療ミスについてはおまけ程度だからドラマ版で観るとして、教授選だけでも一本の映画として十分に見応えがあった。これはこれで満足だ。
リーム555さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2014-02-02 23:06:15)
50.唐沢版のリメイクを何度もみてるので、ストーリはあらかじめ把握。演技と演出を見ることになるが、今でも十分鑑賞に耐え得るほどむしろ現代の俳優以上の演技をいにしえの名優はみせてくれている。田宮二郎はもはや財前。
タッチッチさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2014-01-04 00:05:59)
49.財前教授の総回診です。山崎豊子も当初はこの映画までの部分で完結しようとしたらしいですね。当時の読者から猛反対を受け続編を書いたとか・・教授選挙と医療裁判というそんなに複雑でもないストーリーなのですが時間が全く足りないのは、それだけ原作が深いんでしょうね。白い巨塔は小説も映画もドラマも全て素晴らしい出来だと思います。
東京ロッキーさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2013-10-17 16:55:27)
48.原作山崎女史が亡くなられたので視聴、確かに古さは否めないが、一人一人の役柄というか迫力が違います。田宮次郎なんかはすごい。しかし、残念ながら、映画ということで、時間が限られているのと、続編小説部分がなくやはり物足りないですね。しかし、いまだにおもしろい佳作。
minさん [DVD(邦画)] 7点(2013-10-01 21:53:02)
47.《ネタバレ》 伝説的二枚目ドクター・田宮財前のモノクロ医療法廷ドラマ。互いの派閥の命運を懸けた方々手回しによる次期教授選出票争奪戦、医療誤診裁判の法廷で語られる一言一句に一喜一憂する原告被告両軍の表情。その切羽詰まった緊迫感がよく表現され引き込まれました。裁判には勝ったが改めるべきはその高慢な気性。「フンモンガン」、「ソーカイシン」など医療専門的用語続出。山崎豊子原作の本格社会ドラマの金字塔、不朽の名作。
獅子-平常心さん [DVD(邦画)] 8点(2013-03-31 00:45:26)
46.《ネタバレ》 タイトルバックが実際に開腹手術をしているところを撮っているのにはびっくりです。この映画はその他の手術シーンも実写でカメラに収めていて、現代では絶対に不可能なことでしょう。モノクロだからまだましですが、けっこうグロいです。78年のTV版に衝撃を受けた年代ですので、「あれ、財前五郎はガンで死ぬんじゃなかったっけ?」と拍子抜けしましたが、本作は原作の正編だけの映画化だったんですね。 とは言え、上映時間2時間半でもかなり駆け足で物語を進行させていると言う印象はぬぐえないかな。それでも、田宮二郎のド迫力には終始圧倒されてしまいました。 でもやはりTV版をもう一度観たくなりました、ビデオ屋で探してみよう。
S&Sさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2012-07-28 23:07:37)
45.素直に面白いと思える。田宮二郎の迫力。
Balrogさん [DVD(邦画)] 6点(2012-03-14 00:54:29)
44.2008.11月鑑賞。時代を席巻した作品の映画化である。本もTVも映画も読まず、見ずの私にとって楽しみな作品であった。しかし40年たった今では・・・。
ご自由さんさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2012-01-10 22:09:23)
43.強烈にアクの強い主人公、財前教授の役を田宮二郎が好演。
見応えのある医療ドラマに仕上がっている。150分と長い映画だが、
原作自体が長編なので、ストーリーの展開はやはり少々駆け足気味なところが難点か。
同じ田宮主演のドラマ版のほうの出来が良かったので、どうしても比べてしまうけど、
シナリオはうまくまとめているのではないかと思う。橋本忍はやっぱりすごいと実感。
演技派揃いのキャスティングも見所で、重厚感たっぷりの日本映画でした。
MAHITOさん [DVD(邦画)] 7点(2011-11-22 04:58:10)
42.《ネタバレ》 白い巨塔と言えば財前五郎、財前と言えば田宮二郎、まさに映画の財前と役者田宮が重なってしまうほどだ。
白い巨塔は、私が学生の頃見た山崎豊子原作最初の映画であり、それまで物の裏側まで見ることのなかった私には、強烈な映画となった。
野心に燃え傲慢不遜な財前、東教授ならずともまったをかけたくなるだろう。そこに渦巻く策略、利用できるものは何でも利用し、用済みともなれば捨ててしまう、医大病院の裏側の汚れた部分を見事に描いている。
この映画の後のテレビドラマも、もちろん見た。田宮二郎だけでなく、小沢栄太郎 、加藤嘉も映画と同役で、映画で描ききれなかった細部や続編を付け加え、より完成されたものとなった、。
ESPERANZAさん [映画館(邦画)] 6点(2011-02-26 06:32:09)
41. 古い映画ですがよくできた映画でした。少し展開が急すぎるな、と思ったのはドラマを先に見てしまったせいかもしれません。
海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2010-10-16 18:09:44)
40.かなり濃い内容でかつしっかりと纏められていました。原作は未読、唐沢版TVドラマのみ視聴していますが、あの内容が面白さをそのままに2時間半の中に詰め込まれている感じがして、ほとんど不自然さも受けませんでした。
もんでんどんさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2010-09-17 15:25:03)
39.ドラマも小説も読んだことないけど2時間半があっという間に過ぎたので、かなり楽しめたのだと思います。それにしても田宮二郎はかっこいい。かなり嫌みな男なのに応援してました。加藤嘉をはじめとして登場人物がそれぞれすごい存在感でした。観て良かったです。
ぽじっこさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2010-08-07 23:56:42)
38.《ネタバレ》 自分的に、自分の生まれる前に制作された作品で、当然リアルタイムで観ているはずもなく、以前テレビでみた唐沢版のほうが印象として強く、今回は「あ、これがオリジナル」なんだぁ的状況で鑑賞致しました。 率直な印象 田宮さん男前やなぁ 手術シーングロイなぁ 白黒で映像が古いなぁ(当たり前だけどw) あれ?財前先生病気にならないんだ… この展開は後のTV版のときに付け加えられたものだそうで知りませんでした  かなり当時は話題になった映画だそうで、高度成長期の日本を感じさせる内容であったかとオモイマス
Kanameさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2010-08-05 08:14:59)
37.《ネタバレ》  この映画を見て、正義というもののあり方をつくづく考えました。
確かに、この原作、映画が製作された段階では医療ミス、特に大学病院での医療ミスが隠蔽される傾向があり、それを糾弾するこの作品の立場は正義だったかと思われます。
しかし、この映画で訴えられるような、患者側優位の正義が主流になっていった結果としての現在の状況はどうでしょうか?
 医者に対する訴訟が頻発に起こされ、あまつさえ刑事責任さえ問われて医者が留置される事態さえ起こっています。
 その結果として産婦人科等の開業医は減少の一途をたどり、また訴訟されることを回避しようとする病院側の意志も相まって、救急車による患者のたらい回し等、深刻な事態が発生し、大勢の命が危険にさらされてるわけで。
 もちろん山崎豊子さんや、この作品に、そういった現状の責任を問うほど単純じゃありませんけれど、そのような事態を招いた流れに加担した一人として、現状に対するご意見を是非伺いたいと思います。
 非常に複雑な問題を一面的な「正義」で描くのってどうよ?
 また、東教授親子が実に不愉快でした。
人間が他人を嫌うのは別に理屈じゃなく、どうしようもないことです。
しかし、自分の感情を正当化するために相手を悪と決めつけ、自分を正義として行動するその姿には、吐き気を感じさせるほどの醜さを感じました。さらに一番恐ろしいのは描いている山崎さん自身が、その醜さに気がついてないことですね。
(誤診以前には特に財前に巨悪とまで言われるほどの行動は無かったこと、東が通常どおり、財前を後継者に指名していれば、そもそも買収等の悪事も行う必要が無かったことに注目!。どうも山崎さんは、下層階級からの成りあがり者を嫌い醜く描く傾向がありますね)
 ※ 最近、ヒロインを演じる女優に魅かれて見た医療ドラマに深く感じるところがあり、そのためにかなり偏った見かたになっているかもしれません。ご容赦を
rhforeverさん [DVD(邦画)] 4点(2010-03-29 12:02:56)
36.個人的に、原作は国内外の作家で最も尊敬する山崎豊子さんの最高傑作、田宮版ドラマはTVドラマ史上の最高傑作であり、本サイトの制限字数内はもとより、一日や二日では語り尽くせないものがあります。150分に収めると通り一遍になってしまうのは止む無しとしても、肩に力が入り過ぎている田宮二郎に対する違和感と、唯一、人物像を逸脱していた小川真由美演ずるケイ子が物語の質を下げている点が残念です。
JAPANESE. 551さん [DVD(邦画)] 5点(2009-10-11 01:29:09)
35. これはもう山本薩夫のベストといっていい代表作で、出てくる多くの俳優陣たちにとっても、これを代表作の一つにあげないといけない。まず主演の田宮二郎。そのオーバーアクトぎみの軽々しい演技は、勝新太郎の『悪名』シリーズでたっぷりおがめるわけだが、ここでは彼自身とダブるともいわれる強烈な出世欲が前面に出て、しばしば滑稽なほど生な人間像が画面に充溢した。傑作なのは石山健二郎。黒澤明の『天国と地獄』では、いい味をだしていたけれども、スタッフを悩ますところもあったらしい。こっちのほうが実に生き生きしてる。東野英治郎に、田村高廣、小沢栄太郎、下條正巳......。藤村志保もこの頃が一番美しい。それから加藤嘉と滝沢修の堂々たる演技がすばらしい。伊福部明の弟子にあたる池野成も、このなんとも重苦しい音楽が、映画音楽としての代表作だろう。ちなみに、DVD版では選択を決定するたびに、「ただいまより、財前教授の総回診が始まります」という劇中のアナウンスがはいる楽しい趣向になっている。
goroさん [DVD(邦画)] 10点(2008-07-03 04:14:31)
34.《ネタバレ》 2003年フジテレビのドラマ版が面白くて、遅ればせながら映画版を鑑賞することに。本作は原作正編の完全映画化。財前の医療過誤訴訟の1審結審までを描いています。続編を含めたテレビドラマを観ている身としては、いささか物足りなさはあるものの、よくぞこの長編を2時間半に収めたなと感心します。モノクロ映画ならではの強みか、オペのシーンがリアルに描かれていたことにも驚きました。
目隠シストさん [DVD(邦画)] 7点(2008-02-17 19:14:26)
33.《ネタバレ》 こうしたドロドロな人間ドラマという奴が苦手で、どうしたものかと思いながら鑑賞していたが、随所随所に見応えのあるポイントが用意されていて楽しめた。とりあえず田宮二郎の格好良さ、冒頭の開腹シーン、関西医師会副会長の細かい露悪さ、ヘンテコな大阪弁描写、等、楽しめました。勧善懲悪でない現実的ダメダメ感の濃いラストも、私好み。
aksweetさん [DVD(邦画)] 7点(2008-02-09 22:43:36)
32.「白い巨塔」はかなり前に原作を読んだきりで、映像作品は本作が初めてでした。原作自体が長大かつストーリー性の濃いものでしたから、映画版は粗筋を追っかけるのがやっとで、人物描写まで充分手が届ききらなかったように感じられます。特に、財前と対を成す存在のはずの里見の内面がまるで見えてこないのが弱いですね。これは田村高廣の演技が硬く思えるせいもあるかな。とはいえ物語の面白さだけでも充分楽しめる作品なので、「白い巨塔」に初めて触れる人にはこれがいいかなとも思います。続きが見たかったり、もっと掘り下げたやつが見たくなったら、原作かドラマをどうぞということで。
KYPAさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2007-02-16 21:50:14)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 51人
平均点数 6.71点
000.00%
100.00%
200.00%
335.88%
411.96%
547.84%
61121.57%
72039.22%
8815.69%
911.96%
1035.88%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.33点 Review3人
2 ストーリー評価 8.20点 Review5人
3 鑑賞後の後味 7.20点 Review5人
4 音楽評価 7.00点 Review2人
5 感泣評価 7.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS