トワイライト~初恋~のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > トワイライト~初恋~
 > (レビュー・クチコミ)

トワイライト~初恋~

[トワイライトハツコイ]
Twilight
2008年【米】 上映時間:122分
平均点:5.66 / 10(Review 38人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-04-04)
アクションホラーファンタジー青春ものロマンス小説の映画化
新規登録(2009-01-13)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2017-08-05)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督キャサリン・ハードウィック
助監督アンディ・チェン〔スタント〕(第2班監督)
キャストクリステン・スチュワート(女優)ベラ・スワン
ロバート・パティンソン(男優)エドワード・カレン
テイラー・ロートナー(男優)ジェイコブ・ブラック
ビリー・バーク〔男優〕(男優)チャーリー・スワン(ベラの父親 フォークス警察署長)
アシュリー・グリーン(女優)アリス・カレン(エドワードの義姉)
ニッキー・リード(女優)ロザリー・ヘイル(エドワードの義姉)
ジャクソン・ラスボーン(男優)ジャスパー・ヘイル(エドワードの義兄)
ケラン・ラッツ(男優)エメット・カレン(エドワードの義兄)
ピーター・ファシネリ(男優)カーライル・カレン(エドワードの義父)
エリザベス・リーサー(女優)エスメ・カレン(エドワードの義母)
エディ・ガテギ(男優)ローラン(ジェームズに従う放浪ヴァンパイア)
サラ・クラーク(女優)レネ・ドワイヤー
ホセ・ズニーガ(男優)モリーナ
ステファニー・メイヤー(女優)ベジタリアンサラダを注文する女性(ノンクレジット)
ネッド・ベラミー(男優)ウェイロン・フォージ
マイケル・ウェルチ(男優)マイク・ニュートン(ベラの男友達)
ジャスティン・チョン(男優)エリック・ヨーキー(ベラの男友達)
クリスチャン・セラトス(女優)アンジェラ
キャム・ギガンデット(男優)ジェームズ
レイチェル・レフィブレ(女優)ヴィクトリア
ジル・バーミンガム(男優)ビリー・ブラック(ジェイコブの父親)
アナ・ケンドリック(女優)ジェシカ・スタンリー
櫻井孝宏エドワード・カレン(日本語吹き替え版【DVD】)
細谷佳正ジェイコブ・ブラック(日本語吹き替え版【DVD】)
田中正彦チャーリー・スワン(ベラの父親 フォークス警察署長)(日本語吹き替え版【DVD】)
井上倫宏カーライル・カレン(エドワードの義父)(日本語吹き替え版【DVD】)
甲斐田裕子ヴィクトリア(日本語吹き替え版【DVD】)
桐谷美玲ベラ・スワン(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
ウエンツ瑛士エドワード・カレン(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
岩崎ひろしチャーリー・スワン(ベラの父親 フォークス警察署長)(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
小島幸子アリス・カレン(エドワードの義姉)(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
弓場沙織ロザリー・ヘイル(エドワードの義姉)(日本語吹き替え版【日本テレビ】
野島健児ジャスパー・ヘイル(エドワードの義兄)(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
志村知幸(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
家中宏(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
佐古真弓(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
阪口周平(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
坂詰貴之(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
原作ステファニー・メイヤー「トワイライト」(ソニーマガジンズ)
脚本メリッサ・ローゼンバーグ
音楽カーター・バーウェル
挿入曲リンキン・パーク"Leave Out All the Rest"
レディオヘッド"15 Step"
撮影エリオット・デイヴィス
製作ウィック・ゴッドフレイ
配給アスミック・エース
特撮ILM/Industrial Light & Magic(視覚効果)
ジェイミソン・スコット・ゴエイ(視覚効果スーパーバイザー)
衣装ウェンディ・チャック
スタントJ・アーミン・ガルザ二世(カメラ・カー)
パット・ロマノ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
38.《ネタバレ》 アクションも演技もかなりショボイですが、世界観と雰囲気が良いので幻想的な視点で鑑賞すればそれなりに楽しめます。しかしふと我に返ると所詮は女子高生とイタイ男の恋愛話なので底が浅いことに気づかされます。そもそも論ですが、外見が若くてイケメンというだけで100歳のジジイが女子高生をたぶらかしているのがこの物語の奥底に眠っている真実ですので、、精神的に幼いエドワードってどうなの?なんて悩んでしまったりもします。(難しく考えすぎか?)

アプローチとしては「ぼくのエリ」のほうが無理がなくて好ましかったように思います。トワイライトシリーズは映画として洗練されているとは言い難いですがシリーズの中では一作目が一番面白いと思います。
アラジン2014さん [インターネット(字幕)] 5点(2015-11-06 12:31:55)
37.全く興味のなかった作品だったが、完結編の予告を見て、今更ながら興味を持ったので鑑賞してみることに。なるほど、たしかに人気の出るだけのことはあるなと。たしかに古今東西、数え切れないくらいヴァンパイア映画は作られてきた。この手のラブロマンスもあったかもしれない。しかしこれほどまでにストイックで、「愛」というものにこだわり、貫き通したものはそうそうないのではなかろうか。愛しているから、永遠に一緒にいたいからヴァンパイアになることを望むヒロイン。愛しているから、苦しめたくないからヴァンパイアにさせない彼。この対極の愛の形が、嫌が上にも観る側の心情に強く訴えかけてきます。下手をすると、腐女子の少女漫画な世界になりそうなところを、本質的な部分がブレていないので、ちゃんと一般層に対応出来る仕上がりになっているところも評価できます。ただ欲を言えば、映画史に残るような名シーン、名セリフみたいのがあれば良かったかなと。はい。
Dream kerokeroさん [DVD(字幕)] 6点(2013-01-27 11:57:26)
36.《ネタバレ》 可も無く不可も無く。
ドラマだと競争が激しすぎて最後まで行かれないと踏んでの映画化だったのだろうか。
正直テレビドラマの面白さを映画の重厚さが上回れない典型的な例になってしまったのでは無いだろうか。

ドラマで1シーズン完結でやってもらえたらボックス買いしてたかもしれない。題材はそれくらいズキュンと来たのだが。
黒猫クックさん [DVD(吹替)] 5点(2012-11-27 13:07:45)
35.《ネタバレ》 霧の町に引っ越してきた少女・ベラは、転入先の学校で不思議な雰囲気を持つ美男子・エドワードに出会う。次第に惹かれ合うベラとエドワードだったが、エドワードには重大な秘密があった―。美少女がイケメンのヴァンパイアに恋してしまうという、かなりベタな話ですが、キャラクターにそれぞれ個性があって楽しめました。特にヴァンパイア一家が素敵で、始めての人間の訪問にみんなで頑張って料理を作ったり、ベラを狙うヴァンパイアから一生懸命守ろうとする姿にグッときました。ただ邦題の「~初恋~」は正直ダサイと思います。
nyarameroさん [DVD(字幕)] 7点(2012-05-01 11:53:24)
34.100年近くも生きてきた爺、いやバンパイアが17歳の女の子に恋するかね。しかも、その行動はガキとほとんど代わり映えしないし。人は何年生きようと人以外の何者にもなれないだろうか。
一応、シリーズものなので次も観るだろうけど、あまり観る価値はないなぁ。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 4点(2012-04-01 21:54:10)
33.《ネタバレ》 小説版にはまれる人はいいのでは…。という感想しかないかな。友人に付き合ってみましたがどうしてよいかわからない時間でした。
そもそもなんだっていきなり吸血鬼が普通の女の子すきになっちゃうのが唐突すぎてわかんないです。かわいいから?
まあ恋に理屈はないってことでしょうか?
私はエドワードがベラを背負って部屋からぴゅーって外へ飛び移るシーンで大笑いしてエドワードファンの友人に超~顰蹙かいました。すみません。
ぺーこさん [DVD(字幕)] 3点(2012-03-11 16:33:31)
32.《ネタバレ》 展開が早いな、と一番初めに思った。
ラブな感じが足りないというか、
そんなすぐに敵やっつけちゃうんだとか、
キャラやストーリーはおもしろいんだけどなんか物足りない。

ベラもエドワードも表情の変化が乏しいなあと思いました。
お互い好きあってるはずなのにその感じが伝わらない。

終わりも不完全燃焼だったけど、
シリーズものらしいので次回に期待・・・かな。

らんまるさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-02-27 01:59:58)
31.吸血鬼達の登場シーンは敵味方どちらもかっこいい。ただ主人公の女の子に終始イライラ。
まったく感情移入できませんでした。思ったほど少女漫画でもないしかといってアクションも中途半端なのはいただけない。
とまさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-02-14 22:02:01)
30.《ネタバレ》 100歳を越えた男が17歳の少女に夢中になっても「色ボケ」とか「エロジジイ」と言われないのね。私はその半分も生きていないが「エロオヤジ」って言われそうです。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2011-08-25 21:32:31)
29.少女漫画顔負けの甘いセリフもあり、好きな方にとっては胸キュン必至です!バンパイアとの恋というお話は大好きなのですが、エドワードが好みではなかったので…好みな俳優さんだったらツボだったかもしれません。
それと、先生が白すぎます(笑)。
*まみこ*さん [DVD(字幕)] 5点(2011-02-14 00:01:33)
28.《ネタバレ》 友人から原作をすすめられ、ヴァンパイアものなんて..いいよ、と思いつつ借りて読んだらおもしろくて止まらなくなり、はまりました。映画を見たら、なんか雑でエドワード役のロバート・パティンソンも確かにちょっとダサい、けど不思議と魅力があるのです。この映画、変わった経歴をもっています。もともと「女性向けの映画はヒットしない」というハリウッドの常識にならい、小作品として作られたのに原作と共に世界中で人気が出て3作目ではハリーポッターと肩を並べるまでに。原作の魅力は深い人物設定と描写によるリアリティ、結構大胆なストーリーの展開です。(うわぁ~、こんなことになちゃった!!このあとどうなるのよ~!!)という気持ちの連続で文庫9冊分を読みきりました。そして映画にすると4~5作分となるこの長さを、俳優がふけないうちに(ヴァンパイアは歳をとらない!)撮影し終えるため、撮影→編集→公開をすごい巻きでおこなっています。巻き重視なのが雑さの理由。そしてレンタルDVDにも付いてる、解説用音声(字幕つき)ではロブ、ベラ役のクリステン、監督のキャサリンの3人が撮影の時ああだった、こうだったと話しているのですが、これが楽しい。もはやコメディです。特にロブはふざけてはしゃいでばかり。3人笑いすぎだと思います。ジェイコブ役のテイラーも混ざってほしかった!この解説を見てしまったら、ロブの髭剃りあとが青いことなど小さいことだ、という気にさせられました。この脱力型英国人に私は参ってしまいました。野球のシーンで地面に落ちた時にほんの一瞬見せる笑顔がロブの素顔ですね。映画を見てからまた原作を読むと頭の中での映像化がより鮮明になり、私はさらに楽しめました。
まーごさん [DVD(字幕)] 8点(2010-12-20 13:45:11)
27.もうエドワードの顔と表情がダメでした・・。全体的に暗い雰囲気で、特に見せ場もなく終わります。
nojiさん [地上波(字幕)] 3点(2010-11-24 20:06:18)
26.エドの髭の青いトコがちょっと苦手…。
真尋さん [地上波(字幕)] 4点(2010-11-21 10:14:35)
25.《ネタバレ》 良くも悪くも、まさしく「少女漫画」そのものですよね。この作品(シリーズ)の主軸は、あくまでも主人公ベラの一途な恋心、その思いにあり、こういうスタイルって実はハリウッド映画では珍しいと思う。そこにアメリカのティーンエイジャーたちが飛びついたんじゃないかしら。人間とヴァンパイアの禁断の恋といっても、ヴァンパイアの描き方はこれまでの吸血鬼とは違ってほぼ人間そのもの(肌が白すぎるぐらい?)。派手さはないけれど、とってもシンプルなストーリーで、誰しもが経験、あるいは憧れるようなピュアな恋愛を繰り広げているので、ヒットしたのもうなずける。ただ、ワイヤーアクションまるだしなのがちょっと気になった。
あろえりーなさん [地上波(吹替)] 5点(2010-11-16 16:34:46)
24.《ネタバレ》 まず、TV吹き替えの主人公2人が最悪だったんですが、
ストーリーは淡々と展開して、アメリカ版ヴァンパイアものって感じですね。
軽いノリと童話のような世界がうけたのかも知れないですが、
なんか80年代のPV観てるみたいな懐かしさも感じました。(笑)
まあ深みは全く無いですが、背景が大自然なんでそれなりに見れました。
でもチャチなワイヤーアクションには閉口ですがね。
森のpoohさんさん [地上波(吹替)] 6点(2010-11-13 00:01:58)
23.《ネタバレ》 映画館でこのシリーズの最新作のための宣伝ダイジェストを観たのがきっかけで一作目から観ることにしました。自分には珍しく、自分のレビューを書く前に他の方々のレビューを拝見しましたが、なるほど、「少女漫画みたい」と書かれてるのを見てとても納得しました。鑑賞前の段階ではもっとアクション要素の強い種の映画だと思っていたので、個人的にはそこで大変な肩透かしを食らいました。この映画に好印象を持とうと思うならもう一度、今度は「少女漫画」とを期待して鑑賞しないとダメですね。

さてそういう目線で改めてこの映画について考察してみると、ああいうある種なよっとした恋愛ドラマは観る人が見れば生唾モノなのかもしれない。個人的には『純粋で毒々しい恋愛』という表現がピタリくるんじゃないかと思いますが、この恋愛は実際いろいろと歪んでますよね。男は本能的には女のことを食糧としか思っていないし、女は自分と違う生物に対して恋心を抱くという・・・。
自分はあまりラブストーリーは観ないタイプなので、物足りませんでしたが。

全体的な点でダメ出しをするなら、原作がどれほどの内容なのかは知りませんが、展開が早すぎる気がしてならない。最初エドワードのことを訝っていたベラが、どの時点から彼に好意を抱き始めたかとか、エドワードにしてみても最初は学校を休むくらいベラを避けていたのにその後はなんだかんだ言いながらベラにベタベタしすぎ。「オレの近くには来ないでくれ」ってどの口が言ってんだ、とツッこんでしまった。一歩間違えたらただのストーカーのお話です。

ストーリーの中身に対する自分の予想と現実が相当乖離していることに気づいてしまったので、続編を見るかどうかは検討中。スッキリしないからたぶん観るんでしょうけど。
観る人を選んでしまう映画だとは思いました。
TANTOさん [DVD(字幕)] 4点(2010-10-27 17:56:38)
22.ラブロマンスものは久しぶりに観たかな。
ベラは大人っぽくて綺麗だったけどエドワードが美少年って?

内容はなかなか面白かったです。10代の娘に文庫本進めてみました。
hinasakusuさん [DVD(字幕)] 7点(2010-09-26 13:45:52)
21.《ネタバレ》 一言で言っちゃうと、ゴシックホラー+ラブロマンスってところかな?
ヒロインがゴシック顔なんですよ!(注:褒め言葉です。正統派美少女なのです)

何だか日本の少女マンガにありそうな設定で、終始ニヤニヤしながら観てました(笑)
吸血鬼と人間の女の子のプラトニックな恋愛で、二人とも美形なので、本当にもう美しい・・・!
要所、要所のカットもそのまま少女マンガのワンシーンにありそうな構図で、私は『ときめきトゥナイト』という昔の少女マンガを思い出しちゃう始末。
CGやアクションシーンは、どうしようもなくダサかったけど、ロマンスものだからこんなものかと無理やり納得。

ティーンの頃、少女マンガにときめいていた人には絶対オススメです!!
ななのじさん [DVD(字幕)] 6点(2010-08-25 17:58:05)
20.かなりつっこみどころ満載で、真面目な話なんだと思うんですけど、下手するとウケ狙い?な感じが否めない映画でした。白塗りのヒーローも違和感があって、少し滑稽な感じがしました。。そして小説の映画化のようなので、仕方ないのかもしれませんが、なにしろ展開が早い・・というか、無理にまとめた感があります。でも少女マンガ好きの自分としては、けっこう面白かったです。 ストーリー詳細を知るために小説を読んでみようかな、と思います。
Fayさん [DVD(字幕)] 6点(2010-08-15 19:54:23)(良:1票)
19.最後まで飽きることなく見ることが出来た。吸血鬼達のミステリアスな部分が魅力的に見えてしまった。超人野球シーンは笑った!
こういう禁断の愛(?)的なストーリーかなり好きです。頑張れー!って応援したくなっちゃう。
ひまわりさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2010-08-08 10:22:34)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 38人
平均点数 5.66点
000.00%
100.00%
200.00%
3410.53%
4513.16%
5718.42%
61026.32%
7821.05%
8410.53%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.85点 Review7人
2 ストーリー評価 5.62点 Review8人
3 鑑賞後の後味 5.85点 Review7人
4 音楽評価 6.00点 Review7人
5 感泣評価 3.50点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS