ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > エ行
 > ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
 > (レビュー・クチコミ)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

[エヴァンゲリヲンシンゲキジョウバンハ]
Evangelion: 2.0 You can (not) advance.
2009年【日】 上映時間:108分
平均点:7.07 / 10(Review 135人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-06-27)
アクションSFアニメシリーズものTVの映画化
新規登録(2009-03-09)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2021-05-16)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督摩砂雪
鶴巻和哉
中山勝一(副監督)
庵野秀明(総監督)
増尾昭一(特技監督)
助監督轟木一騎(総監督助手)
緒方恵美碇シンジ
三石琴乃葛城ミサト
林原めぐみ綾波レイ
宮村優子【声優】式波・アスカ・ラングレー
山口由里子赤木リツコ
石田彰渚カヲル
立木文彦碇ゲンドウ
坂本真綾真希波・マリ・イラストリアス
山寺宏一加持リョウジ
清川元夢冬月コウゾウ
子安武人青葉シゲル
岩男潤子洞木ヒカリ
長沢美樹伊吹マヤ
関智一鈴原トウジ
岩永哲哉相田ケンスケ
麦人キール・ローレンツ
結城比呂日向マコト
大原さやかネルフ職員
山崎和佳奈
野田順子オペレーター
室園丈裕
金丸淳一
原作庵野秀明
GAINAX(原作協力)
脚本庵野秀明
樋口真嗣(脚本協力)
音楽鷺巣詩郎
作詞宇多田ヒカル「Beautiful World -PLANiTb Acoustica Mix-」
岩谷時子「恋の季節」/「ふりむかないで」
星野哲郎「三百六十五歩のマーチ」
作曲宇多田ヒカル「Beautiful World -PLANiTb Acoustica Mix-」
いずみたく「恋の季節」
宮川泰「ふりむかないで」
編曲鷺巣詩郎「今日の日はさようなら」/「翼をください」
宇多田ヒカル「Beautiful World -PLANiTb Acoustica Mix-」
主題歌宇多田ヒカル「Beautiful World -PLANiTb Acoustica Mix-」
挿入曲林原めぐみ「今日の日はさようなら」/「翼をください」
製作スタジオカラー
企画庵野秀明
プロデューサー庵野秀明(エグゼクティブ・プロデューサー)
大月俊倫(エグゼクティブ・プロデューサー)
制作スタジオカラー(アニメーション制作)
配給クロックワークス
スタジオカラー
轟木一騎
東宝(2020年リバイバル)
東映(2020年リバイバル)
作画貞本義行(主・キャラクターデザイン)
山下いくと(主・メカニックデザイン)
樋口真嗣(イメージボード)
鶴巻和哉(画コンテ)
渡部隆(デザインワークス)
増井壮一(画コンテ)
小西賢一(原画)
佐藤順一(画コンテ)
吉成曜(原画)
庵野秀明(デザインワークス)
前田真宏(イメージボード/原画)
黄瀬和哉(原画)
本田雄(作画監督/デザインワークス/原画)
松原秀典(作画監督/デザインワークス/原画)
増尾昭一(原画)
錦織敦史(画コンテ/作画監督補佐)
今石洋之(原画)
山下明彦(原画)
高村和宏(原画)
橋本敬史(原画)
美術加藤浩[美術](美術監督)
その他スタジオカラー(宣伝)
日本テレビ(協力)
東北新社(協力)
円谷プロダクション(協力「帰ってきたウルトラマン」)
GAINAX(宣伝協力)
轟木一騎(宣伝)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
135.前作に続き中学生の息子と鑑賞。

相変わらずの疾走感でしたが何とか付いていくことはできました。ただ、シンジの苦悩はわかるものの、イジケて逃げてしまうことにはどうしても合点がいかなかったし、使徒との戦闘シーンで流される童謡には???となりました。
そして次々出てくるエヴァに混乱し、誰が何号機乗りなのかわからなくなったのには困ってしまいました。
りょうちさん [地上波(邦画)] 6点(2021-02-07 18:31:54)
134.《ネタバレ》 ほぼ門外漢ながら前作でおおっ!と思ったが、今作は二回りぐらい下の評価になってしまった。
あいかわらずのムチャクチャな展開は良いとしても、主人公の駄々こねやらでテンポがさがってしまった。
アスカやマリといった新キャラは評価するけど、最後のほうの童謡二連発もいただけない。
mhiroさん [地上波(邦画)] 6点(2021-01-26 21:32:43)
133.《ネタバレ》 あぁ置いていかれたなぁ、今回は。
キャラクターの個性を感じさせてくれて、いよいよと思ったら、なにやら不穏な空気。
童謡・唱歌今日の日はさようなら、翼をくださいは独特の世界観に引いてしまいました。
おもいっきり独特の世界観を走ってるので、お見事なんですが、わたしの口はあんぐり。
ぼくは何を思えばいいんだろ?的な。
これが万人受けするとは意外だなぁとおもいつつ、次の続編に進まざるを得ませんね、こりゃこりゃ。
ろにまささん [地上波(邦画)] 5点(2020-11-01 01:51:28)
132.《ネタバレ》 ワケわからないけど、なんか凄まじかったです。第1作よりは絵の印象もクリアで分かりやすく、駆け足の短縮版のような印象もさほど感じませんでした(慣れただけかもしれませんが)。一昔前の日本の歌謡曲や唱歌がいくつも出てきましたが、まったく違う意味を帯びていくのが凄くて、怖くもあった。
前作を見ていて、使徒の形状が個体ごとに違うのが不思議だったけど、けっこう虫とかに似てますから、あれはあれで自然進化の結果なのでしょうね。幾何学的な形状も、きっとハチの巣が正六角形になったりするのと同じ必然的なものなのだろうし、相手の側に浸潤したり寄生したりするのも、ウィルスとか癌細胞みたいな能力なのかなと思いました。
一方のエヴァは、たんにサイバネティクスとして身体を拡張させるだけでなく、互いにシンクロすることで人間のほうに影響がフィードバックして、人間の側を変容させてしまうのですね。これも、ガンダムのニュータイプより説得性のある理屈だと思いました。この結果、ガンダムのアムロと同じく、「少年の成長」という次元を超えて「人類の進化」の物語になってきている。悪魔の子孫であったはずの人間が「人間を超える」というところまで話が進んだ感じでしょうか。しかも、それはあらかじめ計画されてたっぽいですね…。
使徒との闘いは、けっして日本だけの問題ではなく、むしろ欧米社会が負うべき課題だという背景も見えてきました。ガンダムの場合も「ジオン」と「シオニズム」のアナロジーを思わせるところがあったけど、この物語も、実質的にはバチカンを中心とするキリスト教世界の問題なのでしょうか。バチカンが旧約聖書や死海文書の真実を隠ぺいして「福音」という嘘をついてきた話だとすれば、かなり『ダヴィンチコード』に近いと思えます(『ダヴィンチコード』のほうが後の作品ですが)。やはり、とても面白い物語ですけど、ここまできたら最終話を見なければ評価しにくいので、とりあえず点数は暫定値とします。
まいかさん [地上波(邦画)] 7点(2020-08-28 07:53:28)(良:1票)
131.年上の女性や勝気な女性にイジメられてみたいマゾな気持ちが8割くらい、それでも女性を守りたい気持ちが2割くらい。といったところでしょうか。昨今の男性の願望としては、まあ、標準的なものでしょうね(・・・?)
「序」がイマイチ見どころに乏しい作品だったのに比べると、ようやく物語に起伏が生じ、映像にも見応えが出てきて。正直、細かいところは何が何やら・・・ではあるんですけど(スミマセン、歳なもんで)、物語にエンジンさえかかれば、私のようなオジサンも含めて、観る者をグイグイ引っ張ってくれます。
やはり頑固で理不尽なオヤジくらい、物語に貢献する存在は、なかなかありません。
鱗歌さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2020-08-10 18:06:06)
130.あの唄はなんなんだ?馬鹿にされてんのかとおもたよ。コロナだから、時間が余っている人は見れば良いよ。
センブリーヌさん [インターネット(邦画)] 6点(2020-07-04 23:53:40)
129.最近3作まとめて放送があり改めて3作まとめて観たのでレビューを書くよ!と数日前にまずは序のレビュー書いたんですが、その続きを書くのを忘れてました。
という事でこの破なんですが、この3作の中で一番観る価値があるのはこいつではないでしょうか?
序はあまりにもテレビや旧劇場版と変化がないですし、Qは逆にやりすぎです。

わざわざ見る価値のあるバランス!とでも言えばいいんでしょうか。
新シリーズのエヴァの中で一番観る価値がある一本だと思います。

新キャラの希波・マリ・イラストリアス、好きです笑
Qでなんとなく彼女がどんなキャラかわかった気がしますが…メガネでオタクっぽく斜にかまえてて巨乳で声が坂本真綾。
これを嫌いになる事は物理的に不可能です。
あばれて万歳さん [インターネット(邦画)] 7点(2020-06-04 22:29:29)
128.《ネタバレ》 テレビシリーズ、旧劇場版はリアルタイムから数年の周回遅れで鑑賞済だけれど、新劇場版は「序」を地上波で見て以来は仕事だ子育てだでまだ見てなかった・・・程度のエヴァ歴です。今回、新型コロナウィルスの感染防止のため外出自粛のさなかにYoutubeにて新劇場版シリーズ無料配信ということで、時間もあるしだったら久々に見てみるか、というわけで「序」から鑑賞。「序」は基本テレビシリーズどおりだったので、新しい映像技術で昔のエヴァを見るつもりで「破」を見てみたらびっくり。アスカは登場したと思ったら、あれよあれよと死んじゃう(?)し、レイが食事会を企画・・・!?と、どんどん予想外の展開に戸惑う。あ、「破」から完全新ストーリーなのね、とやっと気づいたくらいで終わってしまった。面白かったといえば面白かったけど、エヴァってこんな感じだったっけ、という戸惑いのほうが実は大きい。あと、合唱歌二連発は演出としてはかなりいただけない・・・。シーンに合わないBGMを流すのもエヴァ流といえばそうでしょうが、ああいうのは1作に1回限りでしょう。しかも二回目がクライマックスなので、あそこで気持ちがスーーっと作品から引いてしまったのが、本当に残念。
ころりさんさん [インターネット(邦画)] 4点(2020-04-27 08:43:55)
127.序に続いて。まだついていけてる。「Q」でどうなるか?期待と不安。
tonaoさん [インターネット(邦画)] 6点(2020-04-26 17:47:51)
126.《ネタバレ》 普通。【ネタバレ注意】テレビシリーズから大幅に改変してきた2作目ということだが、設定が大幅に変わるわけではないので、テレビシリーズ並の評価になってしまう。当時は画期的だったかもしれないが、これを新作アニメとして鑑賞したら、あそこまでの盛り上がりは見せなかったのではないだろうか。けっこう勢いに頼っているところがあると思う。
mohnoさん [インターネット(邦画)] 6点(2019-01-31 18:49:03)
125.テレビ版と大きく変わって、期待させる展開と次回予告。
ワクワクしました。
へまちさん [映画館(邦画)] 6点(2017-12-02 00:02:09)
124.冒頭のマリのシーンから興奮の連続でした。
童謡はどちらか一つでよかった気がしますが…。
Donatelloさん [映画館(邦画)] 8点(2017-07-20 17:09:52)
123.“シリーズ”に対して完全な門外漢である自分が、初めて“エヴァ”に触れたのは、2007年公開の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」。
“初対面”の感触としては、説明不足による意味不明感に対して興味は深まりつつも、登場するキャラクターたちの心象に今ひとつ寄り添うことが出来ず、「ピンとこなかった」というのが正直なところだった。

「序」の劇場公開から9年経ち、ようやくこの続編「破」の鑑賞に至る。
続編に対していい噂も悪い噂も等しく耳に入っていたが、「今年」になってようやく鑑賞に至った理由は明白である。
庵野秀明の「シン・ゴジラ」を“3回”観たからである。
「シン・ゴジラ」に衝撃を受け、今一度、庵野秀明の創造者としての“本質”に挑戦してみようと思ったからだ。


結果的には、良くも悪くも「困惑」が深まったと言える。
随所でワクワクはする。が、それに対して高揚出来るほど世界観にフィットすることは無い。それが率直な感覚である。

門外漢である自分が、「新劇場版」の2作に触れてみて感じたことは、全世界的にカルト的な人気を集めている今シリーズであるが、実のところ、この作品世界の構造はシンプルで、端から「深淵なるもの」として臨むことは間違っているのではないかと思う。
有るのか無いのか知らないけれど、物語が孕んだ設定なんてものは実際重要ではなく、もっと単純に直接的に、登場人物たちの言動に対して悲喜を感じるべきなのではないか。

世界は終末の瀬戸際、その中で「どう生きるのか?」ということを半ば強制的に問われた少年少女たちの無垢で荒々しい感情のみを、感じるべき作品なのだと思えてきた。
正直、まだ「面白い!」と言い切れるほどはこの作品世界を堪能出来てはいない。ただし、少年少女たちがこの先どういう感情を自らで生み出していくのかは大いに気になる。
そういう期待を孕みつつ、「Q」そして未確定の「シン」に臨もうと思う。
鉄腕麗人さん [DVD(邦画)] 5点(2016-10-27 22:21:06)
122.従来のエヴァの良さを引き出しつつ尚且マリの新キャラ登場で新しい世界観が見事に融合。
ここから新劇場版のリスタートって感じでエヴァの一番の絶頂かな?と感じた作品でした。
面白かったです。
また覚醒したエヴァも魅力的。最後の「翼をください」はずるいw
mighty guardさん [映画館(邦画)] 8点(2015-08-09 02:36:21)
121.エヴァンゲリオンが新劇場版として「エンタテイメント指向を目指す」とした、その一つの到達点を示す傑作。そして旧作のファンからエヴァを知らない一般の人まで含めて万人に「面白い」と言わしめた稀有な作品。マニアックな設定はちゃんと残しつつ、そう言った設定を知らない人でも楽しめるド派手な戦闘シーンの数々。そしてクライマックスの感動。庵野監督の作品で人を選ばずお勧めできる唯一の作品と言って良いです。本作でここまで完成度の高い作品を作られてしまっては、次作への期待度も高まるばかりですが、むしろ残りの作品は蛇足と言った方が良いのかもしれません。
ぴのづかさん [映画館(邦画)] 9点(2015-02-18 21:22:39)
120.前作がただの総集編だったのに比べると完全リニューアルという感じで気合が入ってた。
とは言うものの、搭乗拒否とかやってることはTVシリーズと同じなので安心感もあった。
破壊して全く別物の作品に仕上げるというよりは、素材の良さを活かしつつグレードアップさせてみた感じだろうか。
テンポも良く飽きさせない構成で、次回作も見たくなるというシリーズ2作目としては合格点のクオリティに仕上がってると思います。
あと、碇親子の為にパーティーを企画するレイとか、新キャラの眼鏡とおっぱいは最近のアニメらしくて良かった。
逆にアスカは魅力が半減してしまった印象で、ちょっと残念だった。
もとやさん [DVD(邦画)] 7点(2014-11-27 13:00:52)
119.《ネタバレ》 TV放映されていたので一気に観ました、面白かったです。
ないとれいんさん [地上波(邦画)] 7点(2014-09-22 17:30:47)
118.エヴァンゲリオンってやっぱ面白いなって思える映画。エヴァの良い部分だけを上手いこと抽出した一作。
勾玉さん [映画館(邦画)] 8点(2014-09-07 01:49:38)
117.2週続けてのテレビ放映。
旧作と比べて今のアニメ(?)っぽくなっている。面白いとは思うけど退屈なシーンも多い。次の作品に向けた期待値はかなり上がっているので、来週もまた観るか。
simpleさん [地上波(邦画)] 6点(2014-08-31 10:27:48)
116.テレビでやってるとつい観ちゃうんだよなぁ。
さて、今週は人気の高い『破』ですが、たしかにこれは面白かった。
よく私はもしシンジが少年漫画にありがちな熱血キャラだったら全然違う話になってただろうな、と妄想しますが、今作のシンジはテレビ版に比べあまり暗すぎない所がよかったんだと思います。シンジが父親に誉められるシーンがあったり、レイが食事会を企画したり、そういう人間味溢れるエピソードが増えたことにより、多くの人に共感を与えたのだと思いました。

それと、今作より登場するマリの立ち位置が好き。自由すぎる上にドジッ子だし、登場の仕方からして面白い。そして何より、シンジやアスカが戦うことの意味を見出だそうともがき苦しんでいるのに対して、一人だけ楽しんでエヴァに乗っている点が素晴らしい。「すごく痛いけど、面白いからいい!!」って言い放つ彼女は凄く魅力的なのだ。
ヴレアさん [映画館(邦画)] 8点(2014-08-29 22:00:42)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 135人
平均点数 7.07点
032.22%
142.96%
210.74%
332.22%
442.96%
5118.15%
61611.85%
73122.96%
82014.81%
92518.52%
101712.59%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.18点 Review16人
2 ストーリー評価 7.20点 Review24人
3 鑑賞後の後味 6.90点 Review20人
4 音楽評価 5.65点 Review23人
5 感泣評価 6.31点 Review22人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS