バビロン A.D.のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > バビロン A.D.
 > (レビュー・クチコミ)

バビロン A.D.

[バビロンエーディ]
Babylon A.D.
2008年【米・仏・英】 上映時間:90分
平均点:3.68 / 10(Review 19人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-05-09)
アクションサスペンスSFアドベンチャーハードボイルド小説の映画化
新規登録(2009-03-13)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2017-12-16)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マチュー・カソヴィッツ
キャストヴィン・ディーゼル(男優)トーロップ
メラニー・ティエリー(女優)オーロラ
ミシェル・ヨー(女優)シスター・レベッカ
ランベール・ウィルソン(男優)ダルクワンディエ
マーク・ストロング〔男優・1963年生〕(男優)フィン
ジェラール・ドパルデュー(男優)ゴルスキー
シャーロット・ランプリング(女優)ノーライト派教主
ジェロム・レ・バンナ(男優)キラー
ダヴィッド・ベル(男優)Kid with Tattoos
ジョエル・カービー〔男優・1957年生〕(男優)
大塚明夫トーロップ(日本語吹き替え版)
野沢由香里シスター・レベッカ(日本語吹き替え版)
田原アルノダルクワンディエ(日本語吹き替え版)
木下浩之フィン(日本語吹き替え版)
石住昭彦ゴルスキー(日本語吹き替え版)
弥永和子ノーライト派教主(日本語吹き替え版)
仲野裕(日本語吹き替え版)
魚建(日本語吹き替え版)
木村雅史(日本語吹き替え版)
星野充昭(日本語吹き替え版)
脚本マチュー・カソヴィッツ
音楽アトリ・オーヴァーソン
ハンス・ジマー(エクゼクティヴ・ミュージック・プロデューサー)
撮影ティエリー・アルボガスト
製作アラン・ゴールドマン
マチュー・カソヴィッツ
ケヴァン・ヴァン・トンプソン(ライン・プロデューサー)
20世紀フォックス
製作総指揮デヴィッド・ヴァルデス
配給20世紀フォックス
特撮BUFカンパニー(視覚効果)
その他アトリ・オーヴァーソン(指揮)
あらすじ
百戦錬磨の傭兵トーロップ。彼は国際マフィアのボスから、ある娘を6日間でアメリカに運ぶことを依頼される。これを最後の仕事にしようと引き受ける彼だったが、モンゴルの秘密の修道院で引き渡されたのは、一度も外界に触れることなく育てられた、謎に満ちた少女だった。保護者のシスター・レベッカも伴い、そこからアメリカへの決死の旅が始まるのだったが、トーロップは次々と少女の秘密の力を知ることとなり、やがて裏に隠された巨大な陰謀に気付いていくのだった。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
19.これは面白くない・・・
あれこれ設定を盛り込んでる割にはSFとしても超が付くほど中途半端。
たぶん皆がヴィン・ディーゼルに望んでいることって理屈抜きで楽しめるアクションだと思うのだけど、何故か彼は、設定(だけ)細いどうでもいいようなSF映画に主演していることが多いような気がする。
J.J.フォーラムさん [CS・衛星(吹替)] 2点(2019-11-04 11:31:33)★《更新》★
18.《ネタバレ》 宗教団体が政治利用目的で聖母マリアのレプリカを作ったら、思いがけず本物が出来てしまったという簡単なお話なのですが、完成した映画は「どうすればここまで意味不明にできるのか」と思うほどにとっ散らかっていて、もう何が何だかでした。個々の登場人物が何を考えているのか分からない、序盤はダラダラしている割に、終盤では物凄い勢いでネタが明かされて理解が追いつかない等、この映画の語り口は大いに問題ありです。。。
本作はマチュー・カソヴィッツが映画化権を取得し、5年もの時間をかけて脚本を練り上げたという入魂の作品。しかし、撮影に入ると悪天候が原因で大幅な予算超過に陥り、保険会社からの追加融資を受けるまでの状況となりました。この状況になれば映画会社は損切りを考え始めるわけで、「芸術性とかメッセージ性とかどうでもいいから、早く映画を完成させろよ」という雰囲気になってきます。一方でカソヴィッツは自己のビジョンの実現に拘り、現場は泥沼化しました。苦しい中でも会社と現場が協力しながら製作を進めればそれなりの映画になったかもしれないのですが、両者が完璧な対立関係になってしまったことが本作の出来にトドメを刺しました。フォックスはカソヴィッツから無理矢理に映画を取り上げ、監督の意向を無視して適当に編集したものが劇場公開版となったのです。。。
本作の舌っ足らず感、どこかで観たことあるなぁと思ったら、デヴィッド・リンチの『デューン/砂の惑星』でした。あちらは年月とともに熟成してカルト映画化し、現在では一定数のファンを獲得するに至っていますが、本作もカルト化する要素は充分に持っています。アクションなどの完成度を見れば映画としてのベースは非常にしっかりとしていることが分かるし、主題に関わる部分も悪くありません。宗教とテクノロジーという壮大なテーマをたった一人の少女にまで圧縮し、さらには信仰心とは何かという深淵なテーマをミシェル・ヨー一人に象徴させているのです。語り口が不十分だからこそ、観る度に新たな発見があって飽きさせず、カルトに必要な中毒性というものも備わっています。実際、私は連続で二度鑑賞してしまったし、こんなレビューを書いているうちにまた見たくなってきました。フォックスとカソヴィッツの関係を見る限り実現は難しいようですが、アラン・スミシー名義でもいいから全長版をリリースして欲しいものです。
ザ・チャンバラさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2013-07-02 22:27:52)
17.《ネタバレ》 まあ、いうほど悪くないような気もする。アクションと近未来の様子を描き出しているのが観たいっていう人にはいいかもいいかもしれません。なんか期待して観る映画ではないかも。
蝉丸さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-10-07 16:35:31)
16.《ネタバレ》 ストーリーもキャラクターにも全く魅力が見出せず、何が何やら。アクションシーンも想定外にショボイし、節操の無いコカコーラ・ゼロ・ジェットだとか、あんまりな駄作。ダメ押しにラストもワケワカメ。このヴィン・ディーゼルの残念感といったら、最初は格好良かったのに我が身の落ち目を自虐ネタにするまで堕ちたヴァン・ダムを彷彿とさせ、なんとかここで留まって欲しいと願わずにはいられない。
lady wolfさん [CS・衛星(字幕)] 2点(2012-09-24 00:42:35)
15.《ネタバレ》 全く面白くなかったです。なぜ面白くないか。中身が空っぽだからですよ。空っぽの主人公にやたらと無敵なシスター・レベッカ、理解不能キャラのオーロラに訳の分からないケンカをしてる宗教団体。もうなにがなんやらですよ。誰にも共感出来ないストーリー。特に、特殊な能力を持つとされるオーロラが一番よくわからない。特殊な能力っていっても、最後を除いて単にわめいたり、台詞で語られたりするだけで映像的にはそう見えない。え?なに、勝手に妊娠?トーロップが父親?なんのこっちゃ。退廃的近未来の世界観にだけ3点つけときます。ストーリーは0点です。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 3点(2012-06-26 13:57:50)
14.《ネタバレ》 ストーリーの根本に関わる、「なぜ少女は追われるのか」の部分がわかりにくすぎる。終盤、追われてたのは彼女ではなくその子供だったとわかってきますが、それすら追われる理由としては不明瞭で弱すぎる。彼女を捕まえて何の得があるのかという説明が全く無く、ただただ追う側と追われる側の攻防を見せられる100分。そのアクションシーンも特別すごいというようなものは無く、普通。
まあ映像はきれいだったし、時間を返せとまでは言わない。
TANTOさん [DVD(字幕)] 3点(2011-07-19 10:52:28)
13.《ネタバレ》 出てくるキャラ誰にも感情移入ができず、また魅力的とも思えず見ていて少しきつかった。オーロラちゃんも予知能力見せて超能力者設定か~と思ってたら最後はミサイルまでぶっ飛ばしちゃってなんでそこまでの能力を持つようになったのかがいまいちわからず首を傾げっぱなしでした。ひさしぶりにきつい映画を見てしまった。
ほかろんさん [ブルーレイ(字幕)] 3点(2011-06-12 16:11:53)
12.《ネタバレ》 宇宙一未来世界が似合う男ヴィン・ディーゼルがまたまた未来世界で女子供を助けるために小暴れする映画です!!!
Robbieさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2010-08-17 23:52:30)
11.《ネタバレ》 自分が好きなマチュー・カソヴィッツ監督が手掛けた近未来SF映画ということで、
期待していた作品だっただけにこの出来栄えにはがっかり。
当初は2時間以上超える大作だっだが、映画会社が興行面を重視し大幅にカットした模様。当然、監督は怒り心頭。
そんなわけでジャンプしまくりの強引な展開だし、謎は投げっ放しで放置したまま解決させてくれず、さらに釈然としないあの終わり方には唖然。アクションはふんだんに盛り込まれてるけど新鮮味はない。と散々。興行どころか作品自体を台無しにしちゃった感じです。監督の才能をこういうダメ会社が潰しちゃうんだよな。
カソヴィッツ監督もこれに懲りたらハリウッドを離れ、母国に戻りなよ。
で、いつかディレクターズ・カットを出して欲しいっす。
シネマブルクさん [DVD(字幕)] 3点(2010-03-21 12:30:26)
10.面白くないし、よく分からない。ストーリーがものすごく雑で付いてけないです。
ベルガーさん [DVD(字幕)] 2点(2010-03-20 17:10:56)
9.《ネタバレ》 面白いと言えば面白いんだけど、だから何なのと言われれば返す言葉に詰まってしまう。そんな作品です。
つまり、観てもな~んも残らない。観てる最中も、特段ドキドキハラハラすることもない。映像としては楽しめるんだけど、中身が感じられないんですね。ストーリー的にも、はっきり言って特筆すべき部分はないです。
予告編は期待させられる感じだったんだけどなぁ… 残念かも。
ぽこたさん [DVD(字幕)] 6点(2010-03-14 13:28:12)
8.よく分からない。見終わった後「がんばったな」と思ってしまった。
音楽も良くない。 期待していただけに残念。
のははすひさん [DVD(吹替)] 2点(2009-12-25 12:24:17)
7.睡魔と戦いながら観た為か、なんだか面白く感じた。無人戦闘機を銃で撃ち落としたり、ミサイルをかわしたりも何の疑問も抱かずに素直に楽しんでしまった。いや~睡魔って怖いな~♪んん~何も考えなければ楽しめる作品だったね(笑)
真尋さん [DVD(吹替)] 7点(2009-11-23 07:33:06)
6.《ネタバレ》 ミシェル・ヨーが出た時点で嫌な予感はしていましたが、その予感は見事に的中。
シスターが強い。こんなシスター見たことないです。

とにかくあまりにも急ぎすぎたストーリー展開についていけず、一度死んだ主人公が復活したときは目が点になりました。
ラストも唐突にやってきたので、置いてけぼりを喰らった感じです。


抹茶御膳さん [DVD(字幕)] 2点(2009-11-11 20:28:56)
5.《ネタバレ》 ヴィン・ディーゼルがB級の顔になってきましたな。頭空っぽの主人公に、おばさんと生意気娘では感情移入できる人なんていません。その上、ストーリーはかなり雑でなんでもありな展開に付いていけない!!言葉数やアクションも控えめだし、カメラワークが下手で何が起こっているのか分からないし、爽快感もない。ラストもボスを倒さず、中途半端に終了。これは酷い↓↓ バンナが中国人という強引な設定+実際の試合よりアグレッシブに戦っているのには笑えます☆
マーク・ハントさん [DVD(字幕)] 4点(2009-11-07 18:10:42)
4.《ネタバレ》 コメント少ないですね。私的にはおもしろかったです。最後の1分をのぞいては。で、双子はどうなるんだろう?天使と悪魔ですか、やっぱり。でも、続編はないだろうな~。
木村一号さん [DVD(字幕)] 5点(2009-11-06 23:11:58)
3.《ネタバレ》  うっわーーーっ!すげぇつまんねぇ!!
 ディーゼルさんが主演していたワイルドスピードとトリプルエックスが面白かったので期待したのですが、見事に大外れ!D.Bにナイトミュージアムにと、ここ最近の20世紀フォックスマジでヤバイ。
 内容は少女とおばさんをアメリカまで運ぶという『トゥモローワールド』そっくり。しかも少女は『特別製』なのだが、これが人の死を感じたり未来を予知するといったなんちゃってニュータイプ能力を発動させてた理由になってないし、後半なんてフィールド全開するしもう無茶苦茶。
 アクションも全然少なく、薄く浅い過去話や内容スカスカな自己陶酔演説と時間がゆっくり過ぎてゆきます。
 後半は近年稀に見るク○仕様。少女を連れ去ろうとした組織はそのまま壊滅も何もせずフェードアウト。『衛星から逃亡する車を発見、追跡は不可能です!』なんでよ!?
 銃撃戦も何もなく逃げおおせた二人(この時すでにおばさん死亡)。そしてエンド。
 もう後半お金がなくて強引にオチに持っていった気がしてなりません。『トゥモローワールドに感銘を受けた監督が自分でも同じような作品を・・・』的なノリなのでしょうか?ただあっちの方がまだ面白かった。
 後半の尻つぼみ&意味不明な展開はある意味すごい。
 僕も若干混乱して説明がうまくできませんが、まぁ一言で言うなれば『観るな!』です。
ムランさん [DVD(吹替)] 1点(2009-09-12 12:47:39)
2.《ネタバレ》 シスターが強かったり(ミシェル・ヨーなら仕方ないが)終盤が意味分からなくなる、など意味不明な点が多く、また不満も多い。それによかった部分が見つからない。
ただの少女を運ぶだけの仕事から発展していくわけですが、結局陰謀から守る普通のカンフーヒーロー物となってしまう。
おばさんの出番も少ないし、消化不良な映画でした

ヴィン・ディーゼルは個人的に期待している俳優だけに、映画のせいで評判落ちるのはやめてほしい
ラスウェルさん [DVD(字幕)] 3点(2009-09-05 15:09:48)
1.《ネタバレ》  荒廃した近未来の地球。傭兵・トーロップは、ある国際的マフィアのボスから、一人の修道女を運ぶ依頼を受ける。その報酬は今や入国不可能な祖国アメリカに戻れるパスポートと50万ドル。これを最後にと仕事を引き受けるが・・という話。

 東欧の隠れ教会から修道女・オーロラ一人。ついでにサポートのオバサンのオマケ付き。これがミシェル・ヨー。既にカンフーアクションありきの設定ですw そしてロシア、アラスカを渡り、地球をかなり移動して、なんとかニューヨークまで行くというロードムービーみたいに話が進んでいくわけです。
 途中、K-1のジェロムレバンナがこんな映画の中でも哀れにヤラレキャラかい!とか、戦闘機を銃で一機撃墜しちゃったけど?とか、追尾ミサイルに狙われても足の方が早いけど?とか・・妙な展開を繰り広げます。その中でオーロラの素性が徐々に明らかになるという流れなんですが、駅で爆発の予知とか、潜水艦でぶちキレて一騒ぎ、でも操作方法分かっちゃうとか、10歳くらいで19ヶ国語話せたとか、なんだか保菌者だとか言ってたのがどうも違う?とか、ミサイルを受けても平気の平左なのに双子の子供産んで死んじゃうの?とか、よく分からずじまいの微妙なキャラ。トーロップも一度死んで生き返らされて、最後には「お父さんになってね」と言われて、白人黒人の双子を押し付けられて終了。アナタタチハイッタイナニモノデスカ?
 結局、シャーロット・ランプリング演じる女教主様とサイボーグ?の旦那さんのバトルに巻き込まれたらしいと。
(´゚Д゚`)

 このフランス人監督の作品て「クリムゾン・リバー」「ゴシカ」くらいしか観てないんですが、なんかよく分かりませんね。少なくてもハリウッド系には向いてないような気がしますが^^; ヴィン・ディーゼル自体も、「ワイルド・スピード」のドミニク役が結構良かったんでいろいろ出るようになったんだろうけど、なんかどんどんB級作品を選んでそのままB級キャラに向かっているようで、とても心配です><
尻軽娘♪さん [試写会(字幕)] 5点(2009-05-03 22:56:57)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 19人
平均点数 3.68点
000.00%
115.26%
2526.32%
3526.32%
415.26%
5421.05%
615.26%
7210.53%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 3.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 4.00点 Review2人
4 音楽評価 4.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS