天と地とのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > テ行
 > 天と地と
 > (レビュー・クチコミ)

天と地と

[テントチト]
Heaven and Earth
1990年【日】 上映時間:119分
平均点:2.63 / 10(Review 51人) (点数分布表示)
公開開始日(1990-06-23)
アクションドラマ時代劇歴史もの小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-12-30)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督角川春樹
助監督井上文雄(監督助手)
キャスト榎木孝明(男優)上杉謙信
津川雅彦(男優)武田信玄
浅野温子(女優)乃美
財前直見(女優)八重
野村宏伸(男優)太郎義信
伊藤敏八(男優)柿崎景家
渡瀬恒彦(男優)宇佐美定行
夏八木勲(男優)山本勘介
室田日出男(男優)飯富虎昌
大滝秀治(男優)橘屋又三郎
岸田今日子(女優)侍女
伊武雅刀(男優)昭田常陸介
風間杜夫(男優)勅使
風祭ゆき(女優)沼田の妻
大林丈史(男優)村上義清
浜田晃(男優)直江実綱
石田太郎(男優)典厩信繁
沖田浩之(男優)高坂弾正
成瀬正(男優)大熊朝秀
山田明郷(男優)初狩野源五郎
西村知道ナレーション
原作海音寺潮五郎「天と地と」
脚本角川春樹
鎌田敏夫
音楽小室哲哉(音楽監督)
石川光(音楽プロデューサー)
撮影前田米造(撮影監督)
高瀬比呂志(撮影監督補)
上野彰吾(撮影助手)
坂江正明(応援撮影助手)
佐光朗(応援撮影助手)
日活(撮影協力 にっかつ撮影所)
大映(撮影協力 大映撮影所)
製作角川春樹
東映(「天と地と」委員会)
角川書店(「天と地と」委員会)
東北新社(「天と地と」委員会)
IMAGICA(「天と地と」委員会)
TBS(「天と地と」委員会)
日本テレビ(「天と地と」委員会)
バンダイ(「天と地と」委員会)
読売テレビ(「天と地と」委員会)
博報堂(「天と地と」委員会)
毎日放送(「天と地と」委員会)
配給東映
美術徳田博(美術監督)
稲垣尚夫(美術助手)
大坂和美(装飾/小道具)
柴田博英(装飾/小道具)
編集鈴木晄
録音柴崎憲治(音響効果)
照明矢部一男
赤津淳一(照明助手)
その他菅原浩志(コーディネーター)
IMAGICA(現像)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
51.ただの駄作なら捨て置くけど、歴史的駄作となれば逆に見てみたくなるのが人の性。そういう訳で観始めたけど、これはきつい…。2時間が倍くらいに感じられた。渡辺謙の降板がどうたら、そんな次元じゃない。勿体ないよなー 50億円もの大金をかけて出来上がったものがこれでは…。今さら言っても詮ないことだけど、実績のある監督に任せていれば…。和を切り取った映像は綺麗だし、エキストラ大量動員による迫力あるカット等を評価して一応3点。
リーム555さん [CS・衛星(邦画)] 3点(2019-01-06 17:04:31)★《新規》★
50.《ネタバレ》 映画としては とっても薄~~いですが
第四次川中島の合戦シーンは
ところどころ、お!と思う演出がありました

人馬入り乱れる戦場の混沌
義信の突出から勘介の討死
妻女山別働隊の到着
などなど

といっても
それぞれのシーンがバラバラで連続性がないので
それぞれの瞬間だけですが

合戦シーンの要所要所は良かったので
どうせなら川中島だけに絞って
編集とかに気を使って作りこんだら
結構な作品になったかもなー、と思います
こっちゃんさん [映画館(字幕)] 5点(2016-05-21 01:45:10)
49.《ネタバレ》 原作も大河も知らないので、比較はできないのだが、合戦シーンは雰囲気があって悪くはなかったかな。どうせならヘタな人間ドラマは無視して、攻防戦にフォーカスして作品化すればよかったのに。第4次川中島では双方で33000人が死ぬという壮絶な戦いなので、もっと激しく描いてもいいくらい。確かにエキストラはよく見ると動きがヘナチョコなんだけど、人間だし怖さがあれば当時も実際には逃げ腰の人もいたのかな?と思えば許せる範囲かな。それにしても女たちの描き方がヒドイ。特に謙信が撃ち殺すシーンには唖然。見世物のように女たちを登場させて無残に殺す意味があったのかと。
東京50km圏道路地図さん [DVD(邦画)] 4点(2016-03-15 11:29:01)
48.低評価への好奇心から鑑賞しましたが、空虚なストーリーと赤組・黒組の運動会のような合戦に言葉を失います。角川春樹のセンスとバブル期の何でもありの風潮が重なるとこうなるんですか。キャスト陣とスポンサー連に脱帽です。
ProPaceさん [CS・衛星(邦画)] 1点(2015-04-19 00:35:33)
47.《ネタバレ》 残念ながら初めての投稿が低評価の作品になりました。 私は高校生の頃本作品の大河ドラマ版を観ました。 今でも大変感動したことを覚えています。 本レビューで散々の評価(3300作品中ワースト22位!)なので「なぜ、どこが?」と少々興味半分で観ました。なるほど酷い作品でした。 大河版に比しまさに「天と地」「月とすっぽん」「雲と泥」・・・でした。 低評価理由は皆さん言い尽くされておりますが極め付けは合戦で双方膠着状態のさなか信玄の側室の八重が女騎馬隊を率いのどかなデモ行進をしたあげく「もののふども・・・」と名乗り、なんとそれを見た謙信が「おのれ小賢しい!」と火縄銃一発で撃つ、という場面です。 失笑しました。あとは推して知るべし、一事が万事場面場面に何の脈絡もなくストーリー性のかけらもありません。 こんな駄作に出演された榎木さん始め名優の方々への敬意を表し1点と致します。
yoroshikuさん [ビデオ(邦画)] 1点(2013-12-24 14:51:33)
46.公開当時、劇場で見ました。脚本が悪いのか、なんだか筋がよくわからず、ラストもうやむやで終わるし・・・。でも、日本の四季を追い続ける映像と小室氏の音楽は好きです。
いさいささん [映画館(邦画)] 5点(2012-03-18 15:29:45)
45.なんか馬群よける時に皆、歩いてないか?w
Junkerさん [映画館(邦画)] 3点(2009-02-15 01:39:57)
44.《ネタバレ》 子どもの時分にこの手の映画を映画館で見て一点の曇りもなく
「つまんねぇ」
って言えるって言うのは相当なものだと思う。演出が原始的過ぎて大笑い。文章かよ。

お薬にたよったかのようなクオリティ。マジでお金がもったいない。
黒猫クックさん [映画館(邦画)] 1点(2009-01-02 16:06:54)
43.《ネタバレ》 制作費52億円らしいですが、確かに合戦のシーンはスケールが大きいです。陣形をとっている大軍の兵士たちを遠巻きから映すのはキューブリックの「スパルタカス」を彷彿させますし、女武者隊が全滅してしまうシーンは馬の脚元を映し続け、いかにも踏みにじられている感じがよく出ています。また、霧の中から謙信の軍勢が〝オンベイシラ~(?)〟と現われる箇所も見所になっていますし、近年のアクション作品に見られるアップの連続で戦闘をごまかすような事をしていないのも好感が持てます。・・・ですが、結局のところ本作はそんなに面白く思えなかったです。それは人間ドラマが皆無に近い事や、添え物のように出てくる女たちのつまらない描写などにあると思いますが、最たる原因は本作が全編を通して躍動していないことにあると思います。例えば、謙信の成長物語であるにもかかわらず、謙信が将たる者の自身を失う、あるいは将たる者の覚悟をもつ大事なシーンにしても全くもってアッサリ処理され激情のようなものが走っていません。〝謀反を起こした配下の妻子を殺さねばならぬ〟という凄惨な場面であっても本作は迫ってこないのです。さらに、桜が散る美しい風景など風光明媚なシーンがけっこうありますが、それはそれだけでしかなく物語に生きているように思えないのです。
ミスター・グレイさん [DVD(邦画)] 5点(2008-12-26 18:39:54)
42.見る前はNHK大河ドラマにもなった原作を2時間にまとめているので、ダイジェスト的になりすぎてそれでつまんないのかと思っていたが、合戦シーンにばかり力が入っていて、人間ドラマが薄いならまだしも、その人間ドラマを全く描こうとしていない脚本には唖然。そんな脚本だから登場人物も全くと言っていいほどキャラクターとして作りこみがされてなく、これでは上杉側にも武田側にも感情移入できるわけもなく、当然ストーリーに深みなんぞこれっぽちもなく、はっきり言って角川春樹監督は合戦シーンを描きたかっただけだろう。同じ人物に何回も名前テロップをだすのはウザイし、「第一回 川中島の戦い」などというテロップはなにかのスポーツ大会のようなノリでふざけているとしか思えないし、いちばん力が入っているであろう合戦シーンもなんかダラダラな印象だし、ラストシーンも意味不明ではっきりいって大金をつぎ込んだだけの無内容の駄作映画としか言いようがない。渡辺謙が白血病のために降板した作品だが、この内容では役者が誰であろうと関係ないような感じさえする。NHKの大河ドラマ版は名作とされているみたいなので一度見てみたいが、映像がほとんど残っていないらしいのが残念。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 1点(2008-11-04 17:47:48)
41.《ネタバレ》 確かにあれやこれや端折って描くポイントも間違ってるとしか言いようが無い内容。登場人物の描き込みがまったくなされていないのもそもそも問題で、何が起ころうと誰が誰だか、何が何だかだ。こんな内容では主演が誰かなんて些細なことかもしれないが、榎本孝明がイメージに合わない。しかもやつれメイクで完全なネズミに見えてしまう。言っちゃ悪いが見栄えしません。病気降板した渡辺謙で撮られていたらなぁと、出てくるたびに思ってしまう。例え駄作でも渡辺謙で見たかった。唯一、合戦シーンは金をかけただけあってそれなりに見られる。赤と黒の軍団の色分けが美しいし、騎馬軍団が走り回っているだけで壮観です。走ってるだけで戦ってる感じがまったくないのはご愛嬌。これだけのエキストラを使って、勇壮な画が作れたならこれはこれで価値があるんじゃなかろうか。しかし信長の鉄砲戦術を武田に使わせちゃいかんよ。やられた側なんだから。
MARK25さん [CS・衛星(邦画)] 3点(2008-02-09 18:30:44)
40.金をかければこれほどの映像が撮れるんですよ~ というだけの映画。「赤と黒のエクスタシー」というコピーは上手かったが所詮は内容ゼロの角川映画だったか。一応合戦シーンは印象に残ったのでその点だけは評価し2点献上。
taxyunさん [映画館(邦画)] 2点(2007-08-06 09:09:22)
39. 「平均点ワーストランキング」に並んでいる映画がどの程度面白くないのか考えるようにしているのですが、いやー、これはひどい。現時点で22位ですが、これは10位以内に入って良いと思います。年配の人や子供は何が起こっているのか全くわからないだろうし、ある程度歴史を理解している私のようなものでも、全く楽しめない。この監督はいったい何を描こうとしたんでしょうね。
海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 1点(2007-04-01 18:06:58)
38.上杉と武田の戦いですが、この出来映えではあらすじを追うことすら不可能です。榎木孝明は、この映画よりテレビ番組「トリビアの泉」で「愛」の文字をあしらった兜をかぶり馬に跨ったときの方が圧倒的に素晴らしかったです。
ジャッカルの目さん [地上波(邦画)] 0点(2007-01-28 08:29:56)
37.角川春樹がベンハーのような作品が作りたいって、作った映画だったと思いますが、大コケでしたねえ。合戦の迫力にこだわり過ぎて内容がなくなってしまった。
ぽじっこさん [ビデオ(邦画)] 3点(2006-08-01 14:00:04)
36.本当、なーんにも無い薄っぺらな作品です。というかちゃんとした脚本があるんでしょうか? かなり説明不足なので、まず歴史にある程度精通してないと楽しみ所は見つからないでしょう。沖田浩之君なんて「おのれ、謙信奴」の一言ですし、あれが高坂昌信だったとは配役表をみるまで気付きませんでした。確かに戦国マニアからするとおかしな所は多々あるし、かといって知識が無いとさっぱりなこの映画は酷評されるのは致し方ないんですが、イメージビデオとして割り切ってしまうと結構見れてしまうのが困ったところ。俳優陣は中々豪華だし、ストーリーは平坦で深みがないからサラッと見れるし、おまけにセリフも少ないので、「無性に騎馬武者が見たい(←マニアにはそういう時があるんです)」時には重宝しちゃてます。まぁ、走り回ってるだけですけど。
よねQさん [映画館(邦画)] 6点(2006-07-30 15:12:27)(良:1票)
35.映画館で観たなあ。でもレビュー見るまで存在すら忘れていたこの映画。私は映画は結構細かく観る方(あくまで自分的には)なんですが、これほど何っっっにも(!)話の一片すら覚えてない映画はまだありません。唯一覚えているのは、赤と黒がただドドドドドドドと無意味に長~く走り回っていたことと映画館の客の「え、何これ。」って感じのどよめき。で、私も再び「え、何これ。」です。こんなに有名どころの役者が出ていたの?あ、女性もいたのか。桜吹雪?そういえば、何かの下に姉ちゃんが1人いたような・・・。テーマソング?小室哲哉?・・・ダメだ、覚えてないや。えーと確か、金だけは掛かったんだろうなと、ただ画面をボーっと眺めてたっけ。終始、客席がざわついていたからなんとか寝ないで済んだような気がする。監督誰だっけ?角川春樹?名前は知ってるなぁ、作家だっけ?違うか・・・まあどうでもいいや。強く思ったのは映画館出る時、出来ればお金返してほしいと思ったことだけ。騎馬戦に金払ったのね・・・ちぇっ。1点!
くなくなさん [映画館(邦画)] 1点(2006-06-06 23:30:39)
34.金を掛ければ掛けるほど駄作になるものもあるのだな、と思った。
zinny07さん [ビデオ(字幕)] 1点(2005-11-24 00:07:24)
33.日本映画最大の汚点。馬鹿息子による金をばらまいただけの自主制作映画。角川の悪しきCM商法の集大成。ストーリーが酷いのはこの際置いておいて、唯一期待していた合戦も何一つ見るべき所が無かった。終始ダラダラ馬が走っているだけで、激しい衝突も無ければ血飛沫も無い。しかもカメラワークがすべて同じで、何故顔のアップなり焦点を代えることで臨場感を出すといった普通の時代劇にもある事が出来ないのか。位置関係も全く分からないため、戦略について感心も無ければ納得も無い。大体、あれが戦国最強と呼ばれた武田騎馬隊の動きか! 赤黒と運動会じゃあるまいし、歴史に興味がある人には全く不快極まり無い事だろう。
まさサイトーさん [DVD(字幕)] 0点(2005-08-20 02:19:32)
32.この映画にはストーリーというものは存在しないのか?はたまた、自分の理解力が乏しいだけなのか?
アルテマ温泉さん [地上波(字幕)] 2点(2005-06-19 01:19:50)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 51人
平均点数 2.63点
0611.76%
11223.53%
21019.61%
31019.61%
423.92%
5713.73%
623.92%
700.00%
811.96%
911.96%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 1.50点 Review2人
2 ストーリー評価 0.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 0.66点 Review3人
4 音楽評価 5.50点 Review4人
5 感泣評価 0.66点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS