Menu
 >
 >
 > ルパン三世VS名探偵コナン<TVM>

ルパン三世VS名探偵コナン<TVM>

LUPIN THE 3rd VS DETECTIVE CONAN
2009年【日】
平均点: / 10(Review 33人) (点数分布表示)
アクションサスペンスコメディアドベンチャーアニメTV映画シリーズもの犯罪ものミステリー
[ルパンサンセイヴァーサスメイタンテイコナン]
新規登録(2009-03-31)【あるまーぬ】さん
タイトル情報更新(2016-10-24)【イニシャルK】さん
公開開始日(2009-03-27
公開終了日(2009-03-27)
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督亀垣一
栗田貫一ルパン三世
小林清志次元大介
井上真樹夫石川五ェ門
増山江威子峰不二子
納谷悟朗銭形警部
高山みなみ江戸川コナン
山崎和佳奈毛利蘭
神谷明毛利小五郎
茶風林目暮警部
高木渉高木刑事
松井菜桜子鈴木園子
山口勝平工藤新一
堀江由衣ミラ・ジュリエッタ・ヴェスパランド
緑川光キース・ダン・スティンガー
鈴木弘子サクラ・アルディア・ヴェスパランド
福山潤ジル・カウル・ヴェスパランド
屋良有作ジラード・ムスカ・ヴェスパランド
楠大典カイル
太田真一郎司会者
辻親八ソムリエ
古澤徹偽ソムリエ
本多知恵子クローク女性
川津泰彦SP
柳沢栄治SP
原作モンキー・パンチ
青山剛昌
脚本前川淳
音楽大野雄二
大野克夫
鈴木清司(音楽監督)
浦上靖夫(音楽監督)
作曲大野雄二「ルパン三世のテーマ」
製作日本テレビ(ルパン三世VS名探偵コナン」製作委員会)
小学館(ルパン三世VS名探偵コナン」製作委員会)
トムス・エンタテインメント(ルパン三世VS名探偵コナン」製作委員会)
読売テレビ(ルパン三世VS名探偵コナン」製作委員会)
企画日本テレビ
プロデューサー諏訪道彦
制作日本テレビ
東京ムービー(アニメーション制作)
作画平山智(キャラクターデザイン)
須藤昌朋(キャラクターデザイン)
亀垣一(メカニックデザイン/メカ作画監督)
水村良男(メカニックデザイン/メカ作画監督)
編集岡田輝満
録音浦上靖夫(音響監督)
東北新社(音響製作協力)
浦上慶子(音響制作デスク)
その他日本テレビ(日本テレビ開局55周年記念番組)
読売テレビ(読売テレビ開局50周年記念番組)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
33.《ネタバレ》 暗殺されかけた某国王女が救ってくれた少年探偵と国へ戻り
国宝を狙う怪盗を巻き込んで家族を暗殺した犯人を見つけて捕まえる話。
予想外なクロスオーバー作品ですねー。
ただ内容はいまいち。
そんな無茶な!って場面の連発でくだらなくて苦笑いしっぱなしw
あと気なったのは不二子の声がババァ過ぎw
声優の増山 江威子は当時73歳。
ちょっと声に張りがないですねぇ。
一方コナンの声優高山 みなみは45歳か・・・。
ルパンは栗貫だけど山田康雄の頃と全然違い分からなかったです。
SASUKEさん [DVD(邦画)] 3点(2015-04-10 21:34:11)
32.ふつうに面白いし、コナンくんが超ヒーローで気持ち良い。
ルパン一味の力の抜けた感じも良い。
お祭りのスペシャルとしてはなかなかのできで成功だと思う。
Skycrawlerさん [地上波(邦画)] 7点(2015-04-04 01:04:58)
31.《ネタバレ》 近年のルパンorコナンものでは双方にとってもかなりマシな出来。しばらく両方とも見る気しなかったけど、夢のタッグと聞いて見ないワケにはいかない。あの2chでもサーバーが陥落する?勢いだったとかなんとか。

絵柄をあえて統一せず泥棒と探偵、法を欺く者と法を守る者の線引きをしたたまにする。

コナンが肩が下がっている=銃を忍ばせているという指摘で、ルパンが素早くハンディカムのカメラを抜き放つシーンが好き。コナンは素早い動きに驚き、銃ではなくカメラだったので一本撮られた気分。
とっつあんが麻酔銃食らってもすぐ回復してしまうのには爆笑。まあ、岩みたいに固いフランスパンをガリガリ食べていた(2ndシーズン)人だからねえ。人間離れしてないとルパンを何十年も追ってこれませんよ。そんな銭形のとっつあん(納谷悟朗)と小五郎のおっちゃん(神谷明)が肩を並べるシーンは不思議な感動が・・・。でもキッドとルパンの怪盗対決も見たかったなあ。それが無かったのでかなり残念。

コナンの身体能力はおかしい(褒め言葉)。
ルパン一味が新一の正体を知る件は流石にやりすぎだろwww
すかあふえいすさん [DVD(邦画)] 8点(2014-12-29 21:40:46)
30.《ネタバレ》  放映時に見てはいたが、THE MOVIEの為に、復習として見てみた。
 当時から気になってとても悪印象だったのは、不二子の過剰に芝居がかった喋り方などの演出(でも絵はとてもいいんだけど)。また、長編コナンの恒例だが、有りえない級のスペクタクル。アーチ橋のくだりはもう、エンジンのお陰って事で許すしか無いが、離陸中の飛行機に(多分)走って飛び乗るのはダメだろ。その描写も無しで。(あゝ、でもあのアーチから何事も無く着地できる少年には、飛行機に飛び乗る事など訳ないのかな?)
 ルパン側がふざけ過ぎなのも、回想シーンが緑ジャケットなのも、おそらくファンサービスのつもりなのだろう。ホントはそんな部分はどうでもいいのだが。

 これもコナン物について前々から気になっていたことだが、どんなに信ぴょう性がなくても、コナンに喋らせてしまえば真実、とでも言いたげな雑な推理(というか設定)に閉口する。今回の叔父さんが甥(第一王位継承者だ!)の利き腕を知らなかったとか、弾頭を抜いたのがたった二つで、それを無造作に床に捨ててあるとか…。一体どこの国に自分で抜いた弾頭を、自分の机(作業台)の下に放り投げる女王が居るんだよ。ガキかよ。(そんな奴はこの映画の中で言うと元太くらいのもんだろう)

 一番謎なのは、ルパンファミリーが何故、高校生探偵とコナンの秘密を知っているのか、というあたりだ。お祭り企画だからといって許してしまうには、ちょっと重要すぎる部分だと思うのだが。

Tolbieさん [DVD(邦画)] 5点(2014-06-13 23:06:00)
29.《ネタバレ》 同窓会のノリで、共演してるのがよい。
no_the_warさん [DVD(邦画)] 6点(2014-01-19 00:05:41)
28.《ネタバレ》 普通に面白い作品でした。私はこの二つならどっちかと言うとルパン党になりますが、ゲスト的に扱われての出演に特に疑問も感じませんでした。むしろそんな風に陰でさりげなーく活躍する渋さがルパンの魅力だと思ってますので、この作風は好きですね。

それよりどっちかと言うとコナン側のストーリーに不満が・・・。冒頭のハンティングのシーンなんてあの時点で既に犯人の予想がついている。むしろあからさますぎて製作側のミスリードを疑ったぐらい。でもやっぱりその通りの犯人だったので少々がっかりしました。
それと伯爵役のキースという人の強引さに呆れる。実際あんな風に人ひとりを外国に連れ去ったりするだろうか。理由があるならそれをちゃんと伝えた方が簡単な気がするのだが。まあそれも製作側の意図と思えばそれまでの話なのですがね。

でもやっぱりルパンキャラの登場にはテンションが上がりますね。とっつぁんが出た時はまさに「キターッ!!」でした(笑)
コナンとルパン、コナンと不二子、コナンと次元などのやり取りは見ていてとても楽しかったです。よくできたコラボだと思いました。
TANTOさん [DVD(邦画)] 7点(2012-08-22 17:11:27)
27.《ネタバレ》 かなり微妙。もっとルパンと対決、って感じにしたほうがよかったのでは。例えば怪盗キッドとルパンで争って、それを工藤新一が追う、とか。で、最終的にはオーシャンズに持っていかれる。。。
lalalaさん [DVD(邦画)] 4点(2012-07-01 22:52:17)
26.そもそも褒められる作品ではないだろうことは分かりきっていたので、ハードルを充分に下げて観ることが出来たことは、そこそこ“見れた”要因に繋がり結果オーライだったと思う。
馬鹿馬鹿しい粗に対してわざわざ怒ることの方が、よっぽど馬鹿らしいので、良かった点を挙げたい。

“VS”となっているが、やはりどちらかというとコナン寄りのストーリー展開は、作品としてバランスが良かったと言える。
越えてきた修羅場の質と量を考えれば、圧倒的にルパンが勝るわけで、ルパンメインの土俵が展開されては、一介の名探偵であるコナンが活躍する余地などなかっただろう。
あくまでコナンの活躍がメインの土俵で、ビッグゲスト的にルパン一味が絡んでくるキャラ立て方は、そもそも無理矢理な舞台設定の中で互いの特性を上手く引き出せていたとは思う。

あと、いつもは気恥ずかしいくらいに童貞感丸出しの「名探偵コナン」の世界観の中に、「ルパン三世」のアダルティなニュアンスが僅かながら加味されていて良かった。
それに伴う、コナン側のキャラクターの精一杯のエロさ加減が、このコラボレーションによる最大の成果だったのではないかと思う。

とは言っても、やはり「楽しめる」という表現を使うにははばかれる出来であることも事実。
それぞれの作品に対して、ギリギリ「冒涜ではない」と言えるレベルであることは否めない
鉄腕麗人さん [地上波(邦画)] 3点(2012-04-09 17:18:20)
25.《ネタバレ》 ここのところのルパンの新作の駄目っぷりを目の当たりにしていると、
結構見れる作品には仕上がっている。
あくまでルパンではなく、コナンが主役っていうのが良かったのかもしれない。
とっつぁんが麻酔撃たれても、程なくして復活したのがちょっと笑えた。
バニーボーイさん [地上波(邦画)] 6点(2012-03-30 22:00:24)
24.なんとも評価し難い映画(?)しかしルパンとコナン比べちゃうと、圧倒的にルパンのかっこよさが勝ちますな。
kanekoさん [インターネット(字幕)] 5点(2012-03-01 23:54:29)
23.《ネタバレ》 相方が以前ちょこっと観たことがあったそうで、つまんないよって言うので、あまり期待しないで観始めました。が!予想外に面白かったです。相方は寝ちゃうかと思いましたが、しっかり最後まで観ていましたね。次元先生の生徒たちの活躍ぶりに笑っちゃいました。
ゆみっきぃ♪さん [CS・衛星(吹替)] 6点(2010-12-25 15:43:05)
22.《ネタバレ》 最初はダメダメだろうとあまり期待をしないで観ましたが、コナンのスパイスが効いて今までのルパンシリーズとは違った新鮮味があったと思います。ただ2つの作品の良い所が少しずつ削られている感触はありました。コナンであれば謎解き、ルパンであれば盗む手段が少しチープな感じに・・・。尺の関係もあるでしょうが、もし次回作を作るならうまく織り交ぜてもっと深いものにしてほしいですね。最後にツッコミを・・・王女様とお姫様がありえないほど似て無さ過ぎじゃー。
とむさん [DVD(邦画)] 5点(2010-09-09 01:05:10)
21.《ネタバレ》 近年のテレビシリーズルパンと比べるとだいぶマシな出来。
また地雷をつかまされるかと思いきや意外や意外案外まとまっていて最後まで観られた。
まあ活躍ぶりとしてはコナンが圧倒的な比重を占めているのでルパンファンはチョイと肩透かしか。
敵に関しても、ルパンの敵として考えると、終盤の次元のセリフにもある通り「ルパンたちの敵にしてはしょぼすぎ」なのだが、日本の一探偵にしか過ぎないコナン君を文字通り世界をまたにかけて活動するルパンたちと同じレベルで描くのは酷な話なので、まあこれくらいが妥当かと。
スパイ大作戦やカリ城のオマージュなどもあるのは御愛嬌というところか。
ま、全然対決してねぇじゃねぇかという結論に達するのだけど、あのマモーをして神と言わしめたルパンにコナン君ごときが端から勝てるわけないので、その辺は目を瞑ろう。
クリムゾン・キングさん [DVD(邦画)] 5点(2010-03-02 21:42:11)
20.《ネタバレ》  タイトルを聞いた時点で想像していたよりは全然マシだった。ヒロインとそっくりな姫様と入れ替えや国を我が物にしようとする大臣の陰謀等ベタな設定&突っ込み満載なストーリーですが、まぁ最初ですし難解な設定ブチ込むより2つの大作を融合させるのに専念したのは正解だと思うし、その結果がそれなりに活きていた所からもスタッフの努力を感じた。
 活躍具合はコナン:ルパン=7:3位かな?五右衛門出番少ないのが残念。
 ただあの二人が活躍するには悪党がショボ過ぎる。推理開始が相当番組の後半になり、尺の関係か犯人とのアクションが少ない。コナンメインなのにサッカーボールシーン無いし。
 10年以上やってるのでネタが無いのも理解するが、もう少しトリックを頑張ってほしかったかな。
 まぁ初めての試みだし、その割には良くまとまっていたと思うので見ても見なくても損は無いね。本作を見る前はこれっきりにしてほしかったですが。この調子で行くなら出来れば2、4年(オリンピックに合わせる感じ)の感覚でクォリティーアップした新作を作ってほしいですね。
 ストーリーに関係ないが、ルパンの喋りを真似する神谷さん(役的にはルパンがおっちゃんに変装してる)上手ぇ。流石ベテラン。
 最後に銭形警部の怪物ぶりが見れたのも良かった。確かにこれまでの警部のスペックを考えると麻酔程度じゃすぐ起きるね!!
ムランさん [地上波(邦画)] 6点(2010-02-14 11:29:18)
19.《ネタバレ》 中学校の頃、「ルパン三世VS名探偵コナン」という漫画を大学ノートに書いたことがありました。あ、正確にいえば「名探偵コナンVSルパン三世」でした。友人に見せたら爆笑されました。最近妻に押し入れの中にあるのを見つけられてまた爆笑されました。自分で見ても痛すぎで爆笑しました。「臭すぎる」「目がキラ付いていて笑える」「何で目暮と銭形が親友なんだ!」。ええ、わかっていますよ。自分が痛い人間であるくらい。しかしよりにも寄って俺のマンガと同じレベルのストーリー滅茶苦茶、登場人物クサクサ、おまけにメイドさんまで活躍する(僕は1990年代にすでにメイドの魅力に気づいていた→さりげなく自慢)アニメを俺が20代後半になった今全国放送流さなくたっていいじゃないですか――ー。妻は「これの原作者はてめーだろ」「こんな破綻物語はてめー以外書かない」と箸を両手に持って足をバタバタさせて笑っていました。何人の中学校の友人がこれを見て、いまわしきオタク中学生だった俺を思い出すのだろうと冷たい感傷を覚えました。■追記:どうせやるなら中学生時代の俺の作品「名探偵コナンVSクレヨンしんちゃん」「名探偵コナンVSワンピース」「名探偵コナンVSケンシロウ」もやってくれー(やけくそ)。
はち-ご=さん [地上波(邦画)] 8点(2009-05-20 01:41:21)
18.もうルパンの新作作れば良いじゃんって感じでした。ルパン勢の前じゃ流石のコナン勢も霞んでしまいますね。でもまあこんなネタになりそうなもの観ないわけにはいかないですね。ていうか観る前からネタにしかならない事は分かってたんだからそれなりに楽しみました。ネタにすらならない最近のルパンよりかはもしかしたらマシかも。よくもまあこんなグダグダなものを2時間弱でまとめたものです。ある意味凄いですよ。
ケ66軍曹さん [地上波(邦画)] 6点(2009-04-23 02:50:39)
17.最初タイトルを聞いたとき、おいおいおい、やっちまったな。と思ったのですが、結構よくできていると思います。言葉の壁や人間の限界を超えているシーンが多々ありますが、大目に見てあげましょうよ(笑)

それにしても字幕がくどい!
eurekaさん [地上波(邦画)] 6点(2009-04-19 14:18:31)
16.両者の作品世界を必死に融合しようとする努力は垣間見える。もともと水と油のような作風の2作品を一つにまとめるには、やはりそれなりの無理は必要なわけで、多少強引な展開には目をつぶるべきだ。だからコナンがあり得ない高さから着地したり、五右衛門の出番が極端に少なかったり、言葉の壁が全くないなんてことは責めまい。それよりも目暮警部と銭型警部が知りあいだったり、ルパンが小五郎に変装してたりなどのコラボ作品ならではの展開や、ルパンとコナンの劇中音楽が交互に挿入されるなどの演出でファン魂をくすぐられると良いんじゃないか。でもまあ確かに、一本の作品として見るとストーリーは薄っぺらいし、あまり面白い話ではない。それよりもうっとうしいと思ったのは「似た者どおし…」などの突っ込みテロップ。バラエティじゃないんだからさ。次回があるのかはわからんが、こういったコラボは数年に1回あると楽しいんじゃないかな。
ドラりんさん [地上波(邦画)] 5点(2009-04-18 00:50:08)
15.《ネタバレ》 ちぐはぐな画面の切り替えや言葉の壁のなさ、おなじみの無理矢理なそっくりさん登場には興醒め。しかも、外国人・・・。名探偵コナンが中心というのも気に食わないです。ランのハイキックのキレは素晴らしいし、毛利のおっちゃんも珍しく活躍したボディブローのシーンも良い。ただ、コナンのジャンプシーンはいつもながらやり過ぎ!!派遣社員の絡み等時事ネタを絡ませたりも駄目。次元先生として慕われたり、目暮警部の友人の銭形警部とかの設定は良かったかな。ゾウでも効く麻酔が効かない銭形は人間じゃないような。まぁ~コラボということで言い出すとキリがないので結論を言いますと、私がまったく受け付けない作品だということです。
マーク・ハントさん [地上波(邦画)] 4点(2009-04-16 12:41:52)
14.コナンもちあげすぎ。もっとルパンを活躍させろいバーロー。
とまさん [地上波(邦画)] 4点(2009-04-12 00:41:07)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 33人
平均点数 5.27点
000.00%
100.00%
200.00%
3412.12%
4515.15%
51030.30%
6824.24%
7412.12%
826.06%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 7.50点 Review2人
4 音楽評価 8.00点 Review1人
5 感泣評価 8.00点 Review1人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS