空気人形のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ク行
 > 空気人形
 > (レビュー・クチコミ)

空気人形

[クウキニンギョウ]
Air Doll
2009年【日】 上映時間:116分
平均点:6.52 / 10(Review 75人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-09-26)
ドラマファンタジーロマンス漫画の映画化
新規登録(2009-04-13)【すぺるま】さん
タイトル情報更新(2018-03-20)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督是枝裕和
キャストぺ・ドゥナ(女優)空気人形
ARATA(男優)レンタルビデオ屋の従業員・純一
板尾創路(男優)空気人形の持ち主、ファミレス従業員・秀雄
高橋昌也〔男優・1930年生〕(男優)元高校国語教師・敬一
余貴美子(女優)受付嬢
岩松了(男優)レンタルビデオ屋の店長・鮫洲
星野真里(女優)OL・美希
丸山智己(男優)萌の父親・真治
柄本佑(男優)浪人中の受験生・透
寺島進(男優)交番のおまわりさん・轟
オダギリジョー(男優)人形師
富司純子(女優)未亡人
山中崇(男優)岡部
裵ジョンミョン(男優)清掃員
脚本是枝裕和
音楽佐々木次彦(音楽プロデューサー)
撮影リー・ピンビン(撮影監督)
製作川城和実
バンダイビジュアル(『空気人形』製作委員会)
アスミック・エース(『空気人形』製作委員会)
テレビマンユニオン(『空気人形』製作委員会)
企画アスミック・エース
プロデューサー浦谷年良
是枝裕和
配給アスミック・エース
特撮松本肇(視覚効果)
美術種田陽平(美術監督)
西尾共未(装飾)
原口智生(人形造型)
衣装伊藤佐智子(衣裳デザイン)
編集是枝裕和
照明尾下栄治
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
75.面白くなかった。是枝監督作品とは、相性が悪いのかも。駄作・嫌悪作はないのだけれど、のれない。ぺ・ドゥナのオッパイだけが良かった。
にけさん [映画館(邦画)] 5点(2018-12-22 21:38:06)★《新規》★
74.個人的に合わなかった。
好きな人はかなり合う作品だと思う。
バッジョさん [CS・衛星(邦画)] 1点(2018-06-12 16:42:06)
73.《ネタバレ》  傑作。死を学ぶことの恐ろしさ。生を学ぶよりも厳しい。セックスなんて、はなっから相手にしていない本編はまれにみる鮮烈さで死を際立たせる。生きていることには心は気づくけど、死の概念は誰も教えてくれない。白痴的な美しさのペデュナの殺人がとても美しい。
JFさん [DVD(邦画)] 8点(2015-06-22 15:03:39)
72.《ネタバレ》 これはジャンル的にはホラーなのか?アイデアとしてはチャッキーに近い気がする。リアル版チャッキーが日常生活を送るという内容なのだが、最後まで飽きさせない取り方は、さすがは是枝監督というところだが、面白かったかどうかでいうと普通である。
シネマファン55号さん [インターネット(字幕)] 5点(2015-02-13 16:43:39)
71.これはそんなに面白くないでしょう
miumichimiaさん [DVD(邦画)] 4点(2014-09-18 01:28:58)
70.静かなる衝撃作品。
主演女優は、顔立ち、体型、潔く脱げること、透明感、そして適度にマイナー・・・この人しかいないという程のはまり役。
本作に関しては、この主演女優をよくぞ見つけたという驚きに尽きます。
一歩間違えばレンタル店であまり日の目を見ないマニアックな棚に並べられてしまいそうな題材ですが、これを芸術的な作風に仕上げたことも素晴らしい。
牛若丸さん [DVD(字幕)] 7点(2014-08-17 22:45:03)
69.《ネタバレ》 なんだかなあ。ゴミ捨て場見て”キレイ”じゃねーよ、って感じ。
うまいこと絡まってんのかなんなのか、個々にいろいろあって抱えて生きてんのよーってのは分かるんだけど、あまり心に響いてこない。
あれかな、エピソードが中途半端なのかな。

ヒロインは最高だね、ぴったり。人形みたいだし、片言も素晴らしい。
無邪気。裸がエロくないってすごいよなあ。

ARATAもかっこいいね。空気出し入れしていい?はさすがにおいおいって思った。
ヒロインがオナホ自分で出して洗うのもおもしろい。
笑えるところあるし、切ないところもあるし。

でもやっぱお腹噛みちぎっちゃうのはなあ。無邪気ゆえの行為だけども、抵抗できるだろって。
痛いの分かるけどそんな朦朧とするか、いきなりそんなことされてもなあ。展開にびっくり。

なんかこう、腑に落ちない感じ。勝手にハッピーエンドを求めてたからかなあ。
らんまるさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2014-03-11 22:46:18)
68.《ネタバレ》 是枝監督の悪ふざけなのか、自身の印象を変えたかったのか、それとももっと純粋にこれを撮りたかったのかどうかは不明ですが、2時間も観させられるのはちょっと。コメディいとしては面白かった。ぺ・ドゥナが自分で空気を入れるシーン、ARATAに空気を吹き込まれるシーンは必見。笑
なこちんさん [DVD(邦画)] 5点(2014-02-17 01:55:53)
67.え?ダッチワイフが心を持って動き出す?しかもビデオ屋で働きはじめてそこで恋に落ちる?いきなりの超展開に空いた口が塞がりませんでした。ここまで完全にコメディだと早とちりした私はゲラゲラ笑いながら観てました。
だが、この映画はそのままゆる~いコメディ映画では終わらない。板尾に正体がバレたあたりから急にサスペンスホラーになりだして、これは一体どうなるんだ?と、完全に物語に引き込まれている自分が居た。
岩松了が人形とヤル場面でまたコメディに引き戻され、人形に空気を入れたり抜いたりする場面はシュールすぎてどん引きと、なんとも忙しい展開が繰り広げられたが、要するにこれはペ・ドゥナを観るための映画である。と言い切ってしまっても良い。そのぐらい彼女なくしては成立しない映画である。
そして、これまでのシュールな展開が嘘のように美しい映像と、せつない余韻を残すラストはさすがの是枝監督作品と唸らされた。
ヴレアさん [DVD(邦画)] 8点(2013-11-04 18:16:03)(良:1票)
66.《ネタバレ》 本物の人形みたいな、ペ・ドゥナの無機質にも近い透明感。綺麗すぎて切なさが増してしまう。愛を与えるばかりで、与えられることの無かった彼女。最後に見た夢が彼女の望んだ幸福かと思うと、哀しくてやりきれない。純一にはがっかりだ。空気を抜くのはノゾミにとっては死に繋がる恐怖。相手を恐怖に晒してでも快感を得る行為に愛があるとは思えない。こんなの、酷いとしか私には思えず、だから燃えるゴミに出されても同情なんかしない。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-09-29 00:20:01)(良:1票)
65.虚しさが強く残った。
黒ネコさん [DVD(邦画)] 6点(2013-06-23 11:03:08)
64.心を持ってしまった空気人形(ペ・ドゥナ)との関わりを通じて、都会に生きる人々の孤独感や虚無感を描いた群像劇。ダッチワイフ版『A.I.』といった感じのストーリーだが、主眼となるテーマはどうやらアイデンティティ・クライシスという奴らしい。「終わりなき日常」がどーたら…とかどっかの社会学者様のご高説が聞こえてきそうなテーマだが、個人的には90年代に散々語り尽くされたトピックを今更蒸し返されている様で最後まで乗り気がしなかった。内容を要約してみても他者からの充足が得られない人間はみんな「カラッポの代用品」だと一方的に決めつけて勝手に悲壮ぶっているだけにしか思えない。そもそもこれだけ生き方が多様化している中で雑多な人々のアイデンティティの問題を押し並べて“コミュニケーション不全”というステレオタイプに収斂させてしまうのは無理がある様な気がする。昨今では若年層を中心に草食系やら絶食系やらといった新人類が台頭してきているらしいが、このまま恋愛や性愛といった生身のコミュニケーションのオワコン化が進んでいけば近い将来、未婚少子化どころか生涯童貞処女という人達さえ珍しくない時代がやってくるのかもしれない。そうなってしまえば前述の社会学者様よろしく劣等感を掻き立てるようなアジテーションをいくら繰り返した所でもはや逆効果にしかならないのは明白である。もっと普通に考えれば孤独や不安が常につきまとうのは人が生きていく上での大前提なのだから、もうそれはそういうものとして正面から見据えて受け入れるしかないように思う。結局の所どう転んでも自分自身の一番の理解者は自分自身でしかない訳で、無縁社会の到来が避けられない以上は各々で孤独を乗りこなすための生き甲斐を模索していくしかない。それは別に恋愛や性愛じゃなくても家族や他人様に迷惑さえかけなければ、趣味だろうが仕事だろうが宗教だろうがイデオロギーだろうが何でも構わないと思う。絶対主義も相対主義もクソもない。もっとシンプルに“自分の好きなもん探してそれを追いかけろ”、それでいいのではないだろうか。色々と身の丈を超えた偉そうな事を書きましたが、皆さんもおっしゃっているペ・ドゥナの脱ぎっぷり(これは日本の女優も見習うべき)と、板尾創路が風呂場で淡々とオナホールを洗うシーンの悲壮感は素晴らしかったです。あと、最後になりましたが是枝監督カンヌ審査員賞受賞おめっとさんでした。
オルタナ野郎さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2013-05-31 20:51:12)
63.《ネタバレ》 人形が心を持つというのはありふれたファンタジーだけど、ダッチワイフというのがおもしろい。
ペ・ドゥナは外国人なのに日本の映画に主役で抜擢されるだけのことはある。
他の映画で見て注目するようになったが、全然違う役どころをこなしていたので演技の幅も広いようだ。
キュートで演技もできて存在感がある上に、脱ぎっぷりもよく肝が据わっている。
それだけ揃うのは日本の女優でも限られてくるので、オファーも回ってきたのだろう。
日本人女優で見たかった気もするが、これを同等に演じることのできる女優がオファーを受けるとも思えない。
役柄も多少カタコトのほうが都合がいいし、キャスティングがどんぴしゃでハマった。
心を持ったばかりの無垢な子供のような姿が愛おしくなる。
レンタルショップの男との哀しい恋の顛末が切なすぎる。
心に空洞のある人たちに人形の吹き込む息が風に乗って広がっていくのが救い。
ヌードシーンは結構出てくるけど、艶かしいエロさというより清楚な感じさえする。
男がベッドで何度も空気を抜いたり入れたりした理由は、もう少しわかりやすい形でサジェスチョンしたほうがいいとは思った。
裏にある物語を見せないと、見る人によってはただの変態的行為に受け取られかねない。
また、ラストで過食症の女の「きれい」のひと言は、意図はわかるんだけど違和感あり。
細かく見ればいろいろ粗も出てくるが、ファンタジーであるということと、空気人形の存在感が優ってあまり気にならなかった。
飛鳥さん [DVD(邦画)] 9点(2013-01-12 00:17:02)(良:1票)
62.《ネタバレ》 以前から勧められていて、ようやく観る機会にありつけました。
前評判から自分がイメージしていたものと違い、正直全体的に暗い。
板尾さん演じていたファミレスの店員が唯一楽しみにしていた時間が、この空気人形、言い換えればダッチワイフですよね。
そのダッチワイフに心が生まれるのだから持ち主と空気人形との人間関係に注目すると思うのですが、「私は空気人形…ただの代用品…」とばかりに表に出て、日常の世界に興味を抱いていくのです。私的には持ち主から離れていくのだから、人間を毛嫌いするとばかりに思ったのですが、中年ОⅬやお爺ちゃん、レンタルビデオ屋の店員と心が通じていくのだから不思議です。
どうして彼女は板尾さんを許せなかったのでしょう。
前の恋人の代用品と思われるのが嫌だったから?
ここに出てくる登場人物のほとんどは自分を同じように代用品同様に価値観を見失っています。
いろいろな偶像劇が登場するのはいいのですが、何か、こう、これといって、意外なキャラクターが出てこないんです。
キャラクターが出てこないから、結局、なんで空気人形にしたんだろうって思っちゃうんです。
80年代に「マネキン」という、とても魅力的なファンタジー映画がありました。
デパートのマネキンが一人、主人公の男性の前だけでは魅力的な人間の女性になるという映画です。パーッと明るくなるハッピーエンドの映画でした。
この映画に同じものを求めようとは思いませんが、ラストの男を殺してしまうブラックユーモアが私にはブラックすぎてユーモアが欠如しちゃっています。
私的には、せっかく空気人形に心が生まれたのだから、もっともっと優しさを注ぎ込んであげてもよかったのではないかと思います。
そう、優しさが足りませんよね。
クロエさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2012-12-02 00:30:07)
61.ペ・ドゥナがいい。燃えないゴミと燃えるゴミの違いに納得。
たこちゅうさん [DVD(邦画)] 7点(2012-11-25 12:40:45)
60.《ネタバレ》 なんでこんなにも方々で絶賛されているのだろう。いささか自分には受け止めきれないところがあった。ただペ・ドゥナの存在は自分も認めるところではある。彼女の何でもない日常は自分にとっても何でもない日常のはずなのになぜか心に響く。画面の中にありありと生を感じた。彼女の存在感なのか演出の妙なのか。あと、たまにシュールな笑いが取り入れてあって面白かった。特に無垢な彼女の様々な勘違いとその結末。ATARAさんを燃えるゴミに出した時は笑い死ぬかと思った。ARATAさんは蛇にピアスのこともありちょっと最近自分の中で変態キャラが定着しつつあるのだが、もちろん変態キャラを演じるのはとてもうまいんだけど違うキャラも見てみたい気がするwそこは特にマイナスポイントという訳ではなく個人的な感想。最後にこの映画で最も不可解だった点を。ひとつ、レンタルビデオ店長にトイレで抱かれた下りの解釈が分からない。心を持ち人間社会に触れ、なお導いた存在意義が性欲処理の代用品だとは悲しすぎる。それ以外の描写は美しかったのにこのギャップが気持ち悪い。ふたつ、確かに人間はどうしようもない生き物だけど死んだら人形は燃えないゴミ、人間は燃えるゴミ、それしか違いはないんでしょうか。いかにも納得づくの様に描かれてるけどそもそも死んだらゴミという考えは共感とは程遠いなぁ。あとはもう少しストレートに、スッキリ描いてほしかったですね。時間は120分と結構あったが強いエピソードが数える程しか無かったから。脇の存在なども少しメタすぎました。とりあえず言いたいこと(テーマ)と言ってること(映像)のギャップがありすぎて困惑の映画でした。いや、その妙なバランスをある意味良しとするから7点も付けましたが(本当は6.5点)。p.s.誰も知らないは傑作だと思う。あの映画になくてこの映画にあるものは違和感かな。
liptontonさん [DVD(邦画)] 6点(2012-11-13 02:03:04)
59.《ネタバレ》 私も心を持った空気人形みたいなもん(たまに意味もなく街中ボーっと放浪してるし)。

というか人間なんて皆、心を持った空気人形じゃなかろうか?なんて思ったりもしました。

ペ・ドゥナ以外で演じられそうな女優が一寸思いつかない位のハマり役で、尚且つ成功している作品だと思います。
ぐうたらパパさん [インターネット(字幕)] 6点(2012-10-08 14:04:09)
58.ヌードが頻繁に登場する内容ではあるがエロが立ちすぎると失敗してしまうという困難な企画でしたが、本作はギリギリのバランス感覚でうまく成立しています。監督の卓越した演出はもちろんのこと、空気人形役にペ・ドゥナを起用できたことが大きな幸運でした。彼女は、美人ではあるが幸の薄さが漂い、スレンダーで綺麗な体なのにエロさは感じさせません。童顔の彼女が服を脱ぐ時に観客が感じるのはエロスではなく痛々しさであり、このことが空気人形の物悲しさに繋がっています。知恵の浅い監督であれば芸達者なAV女優でも使ったところでしょうが、そんなことをすればこの企画は終わっていました。性的魅力のない女優を使わねばならないということを見抜いていた是枝監督の慧眼に拍手なのです。。。
そんな感じで基礎的な部分はしっかりしており、本作は良作の部類に入ると思います。辛い日々を我慢しながら一生懸命に生きている人々のカットなど胸が苦しくなる場面も多くあり、観てよかったと思える映画でした。ただし、不十分な点もあります。この世界の人々にとって空気人形とはどんな存在なのかという点が曖昧であり、そのことが時に感情移入を妨げる原因となっていました。レンタルビデオ屋の店長は主人公を人間だと思っているのに対して、板尾さん演じる持ち主にとっては動かないラブドールのままだったりと、世界観が一定していないのです。ファンタジー部分については「これは寓話だから」と適当に誤魔化されている点が多かったのですが、この点を丁寧に作り込んでおけば奇跡の傑作になった可能性もあるだけに、このツメの甘さが悔やまれます。
ザ・チャンバラさん [DVD(邦画)] 7点(2012-10-07 01:52:17)
57.《ネタバレ》 ノゾミ役のペ・ドゥナの人選。なぜに彼女に白羽の矢が立ったのだろうか そこがひじょうに気になるところなんです。なぜに、ペ・ドゥナだったのでしょうか まずは、お乳を出せる方という前提だったのでしょうか どうなんでしょうか そこんとこ。ひじょうに気になって仕方がないところなんですよね 人選に関するエピソードや裏話など、例えばどこかに存在するのであれば知ってみたいかな なんて思いましたね。ひょっとしたらば、うちらの知らないところで ≪実は最初のオファーは佐々木希に届いてた!ところが御乳出しに関して当然NGだった≫ だとか ≪そもそも、監督はノゾミ役をローラにやらせたくってごねていた≫ だとか ≪実はノゾミ役は当初、トリンドル玲奈に決まりかけてた人選だったが、トリンドルが共演の板尾創路を嫌ってNGだった≫ だとか、そんな裏話ってどっかに落ちてはいないもんなのかな ちょっと探してみましょう さようなら。
3737さん [インターネット(字幕)] 9点(2012-09-05 21:42:58)(笑:1票)
56.原作既読。あんな短編をよくここまで。原作より好きです。いろんな意味で主人公をペ・ドゥナさんにやって頂いて正解だったと思う。美しい映像。せつない終わりも好き。
movie海馬さん [地上波(邦画)] 6点(2012-07-30 16:45:53)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 75人
平均点数 6.52点
000.00%
122.67%
211.33%
311.33%
479.33%
51013.33%
61621.33%
71216.00%
81216.00%
91216.00%
1022.67%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.25点 Review4人
2 ストーリー評価 6.50点 Review6人
3 鑑賞後の後味 8.25点 Review4人
4 音楽評価 8.00点 Review4人
5 感泣評価 7.00点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS