処刑人のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 処刑人
 > (レビュー・クチコミ)

処刑人

[ショケイニン]
The Boondock Saints
1999年【米】 上映時間:110分
平均点:6.73 / 10(Review 189人) (点数分布表示)
公開開始日(2001-02-17)
アクションドラマサスペンスシリーズもの犯罪ものヤクザ・マフィアバイオレンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2022-07-26)【envy】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督トロイ・ダフィー
キャストショーン・パトリック・フラナリー(男優)コナー・マクマナス
ウィレム・デフォー(男優)ポール・スメッカー
ノーマン・リーダス(男優)マーフィー・マクマナス
ビリー・コノリー(男優)イル・ドゥーチェ
トロイ・ダフィー(男優)バーの男(ノンクレジット)
ドン・カーモディ(男優)
ロン・ジェレミー(男優)ヴィンチェンツォ・ラパッツィ
ケヴィン・チャップマン(男優)チャッピー
山路和弘コナー・マクマナス(日本語吹き替え版)
江原正士ポール・スメッカー(日本語吹き替え版)
宮本充マーフィー・マクマナス(日本語吹き替え版)
池田勝イル・ドゥーチェ(日本語吹き替え版)
中田和宏(日本語吹き替え版)
長克巳(日本語吹き替え版)
田中正彦(日本語吹き替え版)
水野龍司(日本語吹き替え版)
浜田賢二(日本語吹き替え版)
大川透(日本語吹き替え版)
辻親八(日本語吹き替え版)
仲野裕(日本語吹き替え版)
宝亀克寿(日本語吹き替え版)
天田益男ヴィンチェンツォ・ラパッツィ(日本語吹き替え版)
糸博(日本語吹き替え版)
脚本トロイ・ダフィー
音楽ジェフ・ダナ
製作エリー・サマハ
ロバート・N・フリード
ジェームズ・ジャックス
製作総指揮アショク・アムリトラジ
アンドリュー・スティーヴンス
ドン・カーモディ
配給江戸木純
あらすじ
サウスボストン。聖パトリックの祭日に教会で熱心に祈りを捧げる二人の兄弟、コナー(ショーンパトリックフラナリー)とマーフィー(ノーマンリーダス)は敬虔なキリスト教徒。ある日バーで殴りこみにきたロシアンマフィア二人を反対にボコボコにする。次の日、仕返しに来た同じ二人組みを今度は殺害。自首した兄弟だが正当防衛と認められ釈放が決定する。そしてその晩、二人は「悪なる者を滅ぼし、善なる者を栄えさせよ」という神の啓示を受ける。目覚めた二人は「処刑人」となり、世に悪をもたらすマフィア達に制裁を下していく。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
189.《ネタバレ》 前半に比べると後半があまりにも雑。個人的には二人が釈放されるまでが見どころで後はイマイチ。にしても神のお告げを聞いたからと言って銃を乱射するというのは如何なものか。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2021-01-10 12:19:05)
188.《ネタバレ》 「神の啓示を受けた」と言ってしまったらそこらのテロと何ら変わらない。
コメディ要素もある映画なんでそれは置いといたとしても、ロコやイル・ドゥーチェは間違いなく蛇足キャラ。
カトリックの双子とFBI捜査官の3人で十分で広がりが無いストーリー。
銃撃戦も大したことないし、刺激的なオチも無い、そしてキャラクターに魅力の欠片もない。
正直つまらなかった。寝そうだった。吹っ飛んだ猫がカワイソウだった。
mighty guardさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2018-09-04 12:41:29)
187.《ネタバレ》 兄弟が執行する→現場に刑事が来る→刑事が再現・推理する 最初は新鮮に映えるもこう繰り返されるとテンポが悪く、冗長な印象が否めない。イケメンな兄弟が神の代行人として悪人を殺しまくる過激な設定は面白そうだが、ミスマッチなオープニングといい、スタイリッシュと勘違いしたキレのないアクションの数々にはタランティーノにも及ばない。ロッコがさらにテーマをややこしくさせているように見えた。詰め込み過ぎて贅肉ありすぎだ。エンドロールのインタビューで消化不良が頂点に達した。続編は見ない。
Cinecdockeさん [DVD(字幕)] 2点(2016-10-05 00:37:39)
186.《ネタバレ》  丁寧に作られた前半に比べると、後半はだいぶ何でもアリになっちゃいましたね。後半になるほど現実感は薄れ、化け物ドゥーチェや女装警官ポール・スメッカー(ウィレム・デフォー)など、キャラ押しの感が強くなります。
 最初の殺人は成り行きでしたが、不起訴になった後、今度は自分達の意思で悪人を狩っていくというストーリーが、いたって単純明快で面白いです。ただ、『悪人』の定義が本人達の中でも全然定まっていないせいで、こーゆー作品ではぜひ欲しいカタルシスが最後まで見ても得られないのが残念。
 また、個人的にはロッコが不要。彼が仲間として二人を手伝うようになったせいで、ただでさえブレ気味なテーマがよけいブレブレになってしまった感があります。その上で、三人に味方しようとするデフォーは、悪い意味でご都合主義的であり、説得力がありません。
 極めつけは悪役が悪役に徹し切れていない、悪役の華の無さにあります。不遜、不快、恐怖、非道といった悪の要素をこれでもかと盛り込んじゃうからこそ、『処刑』の爽快感が増すわけです。今作は、贔屓目に見ても足りません。悪には悪の、華が欲しい。
 ラストの街頭インタビューしながらのエンドロールはかなり好きです。正直フィクションばりばりの本編から急にドキュメンタリータッチでしめくくるので、いきなり何事かと思いましたが、このアンバランスな感じは新鮮で悪くないです。
 あれ?なんか批判的なコメントが多くなりましたが、映画としては全然面白いです(笑)
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2015-06-20 04:03:24)(良:2票)
185.ちょっと安っぽい映画。
aimihcimuimさん [DVD(字幕)] 5点(2014-08-20 01:40:23)
184.コメディ色の強い映画でしたが、原題に近い題名(片田舎の聖人達、路地裏の聖人達等)の方がしっくりするように思いました。ミシシッピー・バーニングではハックマンと共演したデフォーのFBI捜査官役(人種差別の根強く残る南部の田舎町へ救世主のごとく現れて孤軍奮闘する)がはまってましたが、今回もなかなかいい味出ていました。
ProPaceさん [地上波(吹替)] 7点(2014-08-02 15:39:59)
183.《ネタバレ》 もうゲップが出るほど観てきた“街の掃除屋”ものなんですが、これはちょっと衝撃的でしたね。だってこの映画、ほとんどコメディじゃないですか。ウィレム・デファーをあそこまで怪演させて挙句の果てには女装まで披露するんですから、もうこれは反則技です(笑)。デフォーが次元移動して犯行模様を再現してくれるののはもう大笑いでしたが、なるほどあれは『プラトーン』のパロディなんですね。それに主要登場人物に女性が皆無でそこはかとなく漂うホモチックな雰囲気、たしかに腐女子が喜びそうですね。好き嫌いが分かれそうな作風ですが、タランティーノとガイ・リッチーを足して2で割った様な中途半端なところがけっこう自分にはツボでした。続編があるみたいで、この次は絶対にデフォーがメインを乗っ取ってチャールズ・ブロンソンのポール・カージーみたいになるぞと確信してましたが、『Ⅱ』には出演すらしてないそうです。でも『Ⅲ』があったらきっと出てくるぞ(笑)。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-04-09 19:49:54)
182.デフォーの挙動が面白いけど、全体的には観終わった後の印象が薄い。
次郎丸三郎さん [DVD(吹替)] 5点(2014-01-13 11:50:00)
181.個人的に好きなジャンルの映画なのですが、本作は楽しむことができませんでした。街のウジ虫を退治して回る兄弟の物語でありながら、その出発点が社会正義なのか私怨なのかが不明確だったことがまず良くないし、暴力の深みにハマっていくことへの躊躇もないため、ドラマがまったく広がっていません。さらには、悪役となるマフィアたちの悪行の描写が決定的に不足しているために、全体としてエモーショナルな盛り上がりに欠けています。。。
兄弟の戦力設定もいい加減で、武器の扱いについては素人同然の彼らが、コテコテのマフィアとの撃ち合いで偶然勝ってしまうなど、都合の良い見せ場が多すぎました。派手なドンパチも少なく、見せ場は基本的にダイジェスト処理なのでアクション映画としての盛り上がりにも欠けます。。。
ただし、気のいいあんちゃんといった風情の兄弟の人となりには好感が持てたし、見せ場についてはボリュームに不満があったものの、個々の作りにはセンスの良さを感じました。映画ファンから愛されるに足る「色気」も存在しており、可愛げのあるB級映画だと思います。
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 5点(2013-03-10 02:11:47)(良:1票)
180.《ネタバレ》 ウィレム・デフォーとピーコートの映画。
わんたんさん [映画館(字幕)] 9点(2012-05-11 00:44:11)
179.腐女子歓喜!!!
長谷川アーリオ・オーリオさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2012-03-08 23:37:44)
178.神の啓示を受けた処刑人なのに、処刑すべき悪人のほとんどがチンピラのロッコの指示(しかも私怨)だったりするから笑える。
もちろん、そんなバカな筋書きだからこそ、こちらも気兼ねなく、優美な銃撃戦を楽しむことができるんですけど。
ウィレム・デフォーの必要以上のキレっぷりもお見事。
poppoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-08-25 16:13:37)
177.《ネタバレ》 ドンパチ系と思ったら意外に映像や演出にも力を入れている所が好きです。デフォーは仕事選べよと思いましたが(笑)。彼らが信仰しているものは、キリストとカウボーイズムを混ぜた新しい宗教というべきか。
処刑人というタイトルは映画に合っていると思う。
カップリさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2011-08-24 09:34:56)
176.《ネタバレ》 良い感じに中二病全開で面白いですが考えた方で評価はがらっと変わるので人には勧められない映画ですね。自分はどちらかと言えば彼らの意見側なので十分この映画を楽しめました。  ただロッコの存在だけ不快。意図したものなのか分からないですけどあいつだけ行動がなんかずれてる。だから死なせたのかな。
ケ66軍曹さん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2011-05-20 05:26:08)(良:1票)
175.ウィレム・デフォーのはじけっぷりが一番の見所。
akilaさん [DVD(字幕)] 6点(2011-02-20 21:57:49)
174.全体を支配する不真面目な雰囲気と無駄なセリフ。
テンポも悪く何も得るものがない映画。
幸志さん [インターネット(字幕)] 0点(2011-01-27 01:10:33)
173.《ネタバレ》 凝った演出は面白いのに、イマイチテンポが良くないのはタランティーノ映画を彷彿とさせる。好きな作風ではある。デフォーのイカレ芸は全て持ってくね!実は案外美人…?
すべからさん [DVD(字幕)] 6点(2010-10-23 14:14:46)
172.《ネタバレ》 同じ処刑人のパニッシャーと違いこちらは現実的な処刑人!
派手なアクションやドンパチは無く銃撃戦が有ればもちろん撃たれますしキズの処置も生々しく熱アイロンを使用!

ウィレムデフォーの女装には驚きました!!

プラトーンもですがどんな役でも演じきる彼は素晴らしい俳優ですね♪
トムワサビーニさん [DVD(字幕)] 8点(2010-07-12 12:24:15)
171.最初は?だけど、ここまでシンプルな内容であればいいのかな。あの白ヒゲじいさんの過去とかを膨らませたらもっと良かったか。しかしデフォーは味のある役者ですね。
nojiさん [地上波(字幕)] 6点(2010-06-14 15:24:20)
170.(TVでやってたのをPS3のトルネで録画鑑賞。)
なんやこれ無茶苦茶面白いやん、こんな面白い映画10年間も
スルーしてたなんってなんちゅうもったいないことをw
主人公の二人がカッコよすぎ、悪人には容赦ないがそれ以外の人間には
絶対手を出さないってのがすごくいいね。
意外な人物が仲間になったりするストーリーの面白さもあり、
映像センスも抜群なので見ていて最後まで楽しかった。
ラストの法廷のシーン最高。 やヴぁい、これは2見に行くしかない!
映画大好きっ子さん [地上波(字幕)] 10点(2010-05-17 21:56:57)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 189人
平均点数 6.73点
084.23%
121.06%
242.12%
321.06%
4105.29%
52412.70%
62613.76%
73619.05%
82714.29%
92814.81%
102211.64%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review10人
2 ストーリー評価 5.27点 Review11人
3 鑑賞後の後味 5.90点 Review10人
4 音楽評価 6.37点 Review8人
5 感泣評価 2.50点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS