お買いもの中毒な私!のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > お買いもの中毒な私!
 > (レビュー・クチコミ)

お買いもの中毒な私!

[オカイモノチュウドクナワタシ]
Confessions of a Shopaholic
2009年【米】 上映時間:105分
平均点:5.24 / 10(Review 21人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-05-30)
コメディロマンス小説の映画化
新規登録(2009-04-27)【尻軽娘♪】さん
タイトル情報更新(2017-04-28)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督P・J・ホーガン
キャストアイラ・フィッシャー(女優)レベッカ・ブルームウッド
ヒュー・ダンシー(男優)ルーク・ブランドン
ジョーン・キューザック(女優)ジェーン・ブルームウッド
ジョン・グッドマン(男優)グレアム・ブルームウッド
ジョン・リスゴー(男優)エドガー・ウェスト
クリスティン・スコット・トーマス(女優)アレット
レスリー・ビブ(女優)アリシア・ビリントン
リン・レッドグレーヴ(女優)酔っぱらった女性
ウェンディ・マリック(女優)
ジュリー・ハガティ(女優)ヘイリー
クリステン・コノリー(女優)
小松由佳レベッカ・ブルームウッド(日本語吹き替え版)
高橋広樹ルーク・ブランドン(日本語吹き替え版)
玄田哲章グレアム・ブルームウッド(日本語吹き替え版)
深見梨加ジェーン・ブルームウッド(日本語吹き替え版)
福田信昭エドガー・ウェスト(日本語吹き替え版)
木下浩之デレク・スミス(日本語吹き替え版)
仲野裕(日本語吹き替え版)
弓場沙織アリシア・ビリントン(日本語吹き替え版)
相沢恵子アレット(日本語吹き替え版)
音楽ジェームズ・ニュートン・ハワード
編曲ピート・アンソニー
ジェフ・アトマジアン
ブラッド・デクター
撮影デヴィッド・M・ダンラップ(第二班撮影監督)
製作ジェリー・ブラッカイマー
タッチストーン・ピクチャーズ
製作総指揮チャド・オマン
マイク・ステンソン
配給ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
特撮ILM/Industrial Light & Magic(視覚効果)
美術クリスティ・ズィー(プロダクション・デザイン)
編集ウィリアム・ゴールデンバーグ
その他ピート・アンソニー(指揮)
あらすじ
ファッション雑誌のライターを夢見るガーデニング雑誌のライター、レベッカ。彼女は極端な買い物中毒。居候している友人のアパートは物で溢れ、請求書や督促状が積みあがってゆく一方。しかもよりによってガーデニング雑誌は廃刊、勤め先即刻解雇。大量の借金を抱えたレベッカは憧れのファッション雑誌と、ついでに嫌がらせで、面接で散々な思いをした経済誌に記事を書いて送るのだが・・・
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
21.《ネタバレ》 まず主人公に魅力がないのが難点なのだが、「国の借金」という台詞から、「借金とは何か?」という本質的な話題・テーマに移行するのかと思ったら、ただのありきたりなハッピーエンドで終わってしまった。もっとヒネリが欲しかった。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(吹替)] 4点(2016-01-26 11:41:36)
20.《ネタバレ》 イントロ曲は85年のエモーション・イン・モーション リック・オケイセックです。抜群の選曲であっと思います テンション上がりましたもん。良い曲だ。あとは余談的なところで申し訳ないけど クリステン・コノリーを探せ(キャビンの) さてと彼女はいつ頃どこで出てくるのでしょうか 難易度3ってところかな? 
3737さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-04-27 21:11:11)
19.《ネタバレ》 面白い題材なのだがストーリー展開に粗が目立つ。構成・演出がコメディにしても雑過ぎる作り。大味な人物描写、行動心理に首をかしげる場面、説得力不足な場面が多々あり。
登場人物もそれなりに面白いキャラクターが揃っているだけに、料理の仕方が残念。
ブランドファッション、憧れの出版業界での仕事と恋のサクセスストーリー、題材世界的になんとなく秀作「プラダを着た悪魔」と比較してしまうが、あらゆるクオリティ面で対極。
Lagerfeldさん [DVD(字幕)] 2点(2014-05-24 12:06:09)
18.できすぎー!ファッションは素敵だけど、2日後には内容を忘れていそうなからっぽムービーでした。
HRM36さん [DVD(字幕)] 4点(2013-09-09 10:33:59)
17.《ネタバレ》 アイラ・フィッシャーは「ラブ・ダイアリーズ」の方が好きだけど、こっちの方が有名ですよね。 依存症になるほど買い物好き(ショッパホリック)な園芸ライターのレベッカが経済ライターに転身、本名を使いたくなくてつけたペンネームが「緑のスカーフの女の子」。 赤でも黒でもなくグリーンなのが誰にも親しみやすいイメージで、違う分野の人が書くと目のつけどころがちがって新鮮というのはありそう。 お仕事女子モノに恋と友情もからめて、(女性の消費は経済を活性化するものとはいえ)ためこみ型マテリアル・ガールの七転八倒をフィッシャーはハイテンションに演じてましたが、小柄な彼女が着飾ってるとちょっとゴテゴテに見え(メイン・ヴィジュアルではレベッカの身長ひきのばしてある?)、「ダイアリーズ」のイメージがあってね。 デルモ体型の人がやった方がよかったんじゃないかと。 いい俳優さんがいっぱい出てるのは楽しく、ラスト「買いたい病」を克服する彼女に拍手をおくるのが、ILMによるウィンドウのマネキンなのがファンタジックな演出。
レインさん [DVD(字幕)] 6点(2013-09-03 07:00:01)
16.《ネタバレ》 クレジットカードは恐ろしいですね~、物欲予備軍の女の子がこの「魔法のカード」を手にしてしまうと、こうなっちゃうんだろうね。でもブランドものや洋服に興味のないワタシには「あんた病気だよそれは」としか思えない。ラブコメものとしてベタベタなのは構わないが、イマイチ主役2人に華がないような、、、まぁ最後はうまくまとめましたね、といった感想でゴザイマスハイ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2013-03-06 10:42:26)
15.《ネタバレ》 お馬鹿というよりも単なる馬鹿の主人公はどうでもいいが、終盤、K・S・トーマスとジョーン・キューザックが同一フレームに入っているという貴重なシーンには感涙。点数はこの豪華ショットに対して。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2012-12-30 23:30:10)
14.《ネタバレ》 面白いんですが、原作の「レベッカのお買いもの日記」方が空気感の方が好きです。
原作のほうはロンドンが舞台で、最初から経済誌に勤めてるなど若干の違いがあります。
買い物にはだらしないものの、なんかまっすぐで憎めないレベッカがキュートです。
かずろうさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2012-07-25 23:57:25)
13.《ネタバレ》 非常用カード超わかる! それだけっす。
Peccoさん [映画館(字幕)] 6点(2011-02-26 23:53:11)
12.アイラフィッシャーはかわいいんだけど、ラブコメの主人公として何かが足りない。友人の子は光ってたがそのせいではない様に感じる。これを見る前に「ラブダイアリーズ」という映画を観たが、こちらの方が似合ってた。さらに相手役のヒューダンシー。彼もまた似合ってない。彼は二枚目より情けない男でうろたえる姿の方がよく似合う。よって主役のミスキャスト、又は力不足と言わせてもらう。ラブコメという分野は話は似たりよったり、ほぼ全てハッピーエンドで簡単そうに見えるが、主役に魅力がなければ全く面白くない。
オニール大佐さん [DVD(字幕)] 3点(2011-02-02 19:25:38)
11.ツボが違ったのか笑いどころが少ないかな
マーガレット81さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2011-02-01 00:40:33)
10.レンタル屋さんで間違えて借りました;(パッケージと中身が違ってた)家に帰ってから気づき「今さら交換してとも頼めないし…しょうがない、観るか…」が、結構、良作で得した気分にv(間違わなければ絶対借りなかった)レベッカが超キュートvバカやっちゃう姿も可愛いから嫌味がない。買物中毒でなくても、自分を輝かせてくれる何かに依存してるってありそう。その「何か」はお金の力で簡単に手に入るけど、しょせん借り物ですぐ消える。自分を本当に輝かせるのは自分の力だけど難しい。一度、簡単な方法を知ってしまうと、そちらにばかりいってしまう。買物中毒ではないけどその気持ちは分かる。多分レベッカは幼い頃に倹約家の両親に我慢を強いられ、大人になってから反動がドッと出てしまったんでしょうね~でも、もう子供じゃない。欠点を直す努力出来る歳なのです。レベッカは失敗して反省して欠点を克服しました。これは誰でもある成長過程。失敗して人を傷つけて反省して直して、より良い自分になっていく。反省せずに相手のせいにする人はいつまでたっても成長出来ない。レベッカは違いました。自分を磨いた彼女は自分の力で見事に輝きました。えらいぞvブランドに包まれていなくても、中身が輝けばいいのですv誰かのお言葉「自分がブランドになればいいのよ」ですね。ラブコメディの形をとってるけど、良質な成長物語だと思いましたv (吹替で観る方がいいと思います)
果月さん [DVD(吹替)] 8点(2010-09-08 11:49:42)
9.残念ながらストーリーもろもろ印象に残らない映画。私自身が買い物中毒では無いからか、主人公に共感が湧かない。買い物して借金して自業自得だろうと思った。
ただ、主人公が美人&スタイルが良いのとお洒落な服はファッションの参考になった。
ひまわりさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2010-08-16 21:03:43)
8.《ネタバレ》 なんのオチもなくベタなラブコメだけど、素直に楽しめました!!主演のアイラ・フィッシャーはキュートでこの役にぴったり。パトリシア・フィールドのセンスはやっぱり素敵で、ストーリーもだけど、ファッションも楽しめる映画でした。
みゅうみゅうさん [DVD(字幕)] 7点(2010-05-01 12:04:12)
7.ストーリーがものすごくベタベタで、
先の展開がものすごく読めてしまうのだけど、
これはこういうものだからまあいいかと思えるジャンルの映画です。あえて二時間使って見る価値があるかと言われたら微妙だけど、「買い物っていいよね」と思わせてくれる力はあるので、この映画を日本国民全員が見たら景気がよくなると思います。こういう映画を日本もばんばん作ったらいいんじゃないかしら。
コダマさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2010-04-05 02:45:48)
6.おすぎ評が高評価だったので、観ることに..期待通りでした、面白かったです..コテコテのご都合主義ストーリー、且つ ラブコメではありますが、脚本の出来がイイですね~ しっかり物語としてポイントを押さえているし、伏線の使い方も上手い..恋愛がメインではなく..1人の女性としての生き方について、(特に後半は)ヒューマンドラマ的展開を見せます..肩の力を抜いて観るのなら、十分堪能できるでしょう...
コナンが一番さん [DVD(字幕)] 8点(2010-02-04 12:46:19)
5.《ネタバレ》 まさに海外ドラマ「アグリーベティ」の逆版という感じの内容。
「アグリーベティ」はファッションセンスゼロの不細工な女性が一般誌に入りたかったのにファッション雑誌に。
こちらは、オシャレと買い物大好きな女性が、ファッション雑誌に入りたかったのに経済雑誌に。
どちらも、全く自分とは逆の世界で、ちょっとずれた意外な発想のおかげで活躍するという話です。
なんで、「アグリーベティ」が好きな人にはおすすめ。
シネマファン55号さん [DVD(字幕)] 6点(2009-11-24 17:44:14)
4.《ネタバレ》 面白かったです。パトリシアの衣装は本当に楽しめたし、最初に出てくるデパートの内装は「買い物行きたい!!」って気にしてくれたし、マネキンが動いたのも楽しかった。でも、ストーリーはいたって普通・・・可もなく、不可もなくって感じ。単なる娯楽映画ですね。ただ個人的に大好きなNYの街並みをBlu-Rayで観られたので、とってもワクワクしました。
リノさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2009-11-12 10:51:59)
3.おもしろかったです。何と言ってもアイラ・フィッシャーが凄く魅力的でした。あの天真爛漫な役がハマりまくってましたね。彼女が主役のラブコメが見たくなりましたね。
ギニューさん [映画館(字幕)] 7点(2009-07-06 19:17:53)
2.とっても乙女なラブコメディ。別に予想外な展開もある訳でなく、非常に分かりやすい作品。「この時代にカードで買いまくるのか(ご利用は計画的に)」とか「現実そんなにうまくいく訳ねーだろ」とか、一瞬思ったりもしたんだけど、まあそういうのは一旦横に置いといて。かなりベタな甘さも、主人公やその両親、友人らのキュートさで、より一層ピンクにシュガー・コーティングされ、チャーミング度アップな感じ。あほなポジティブさに溢れ、笑えました。頭を空っぽにしてこのファンタジーに浸かれば、どっぷり楽しめる仕掛け。ハリウッド・マーケティングの成果なのか、術中に嵌ったと申しましょうか。でももうちょっと、コラムの内容の描写が欲しかったな。コラムの内容は結構おもしろそうだったし、それが出世の鍵になってるようだったので、もう少し紹介するなり話に織り込むなりして欲しかったです。しかし編集長と主人公の出会いは、まさしく少女漫画だったな~(苦笑)。何年前の少女漫画なんだと、笑ってしまいました。
泳ぐたい焼きさん [映画館(字幕)] 6点(2009-06-07 13:47:35)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 21人
平均点数 5.24点
000.00%
100.00%
214.76%
3314.29%
4419.05%
529.52%
6628.57%
7314.29%
829.52%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review2人
2 ストーリー評価 6.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review2人
4 音楽評価 6.50点 Review2人
5 感泣評価 6.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS