G.I.ジョー(2009)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > G.I.ジョー(2009)
 > (レビュー・クチコミ)

G.I.ジョー(2009)

[ジーアイジョー]
G.I. JOE: The Rise of Cobra
2009年【米】 上映時間:118分
平均点:6.05 / 10(Review 60人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-08-07)
アクションサスペンスSFアドベンチャーシリーズもの
新規登録(2009-04-27)【尻軽娘♪】さん
タイトル情報更新(2017-05-26)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督スティーヴン・ソマーズ
キャストチャニング・テイタム(男優)デューク
レイチェル・ニコルズ(女優)スカーレット
マーロン・ウェイアンズ(男優)リップコード
シエナ・ミラー(女優)バロネス/ アナ・ドゥコブレイ
レイ・パーク(男優)スネークアイズ
イ・ビョンホン(男優)ストーム・シャドウ
デニス・クエイド(男優)ホーク将軍/クレイトン・アバナシー
ジョセフ・ゴードン=レヴィット(男優)コブラ・コマンダー
アドウェール・アキノエ=アグバエ(男優)ヘビー・デューティー
アーノルド・ヴォスルー(男優)ザルタン
クリストファー・エクルストン(男優)デストロ
ケヴィン・J・オコナー(男優)マインドベンダー
ジョナサン・プライス(男優)アメリカ合衆国大統領
ブレンダン・フレイザー(男優)ストーン軍曹(ノンクレジット)
ガンナー・ライト(男優)シークレット・サービス
小松史法デューク(日本語吹き替え版)
岡寛恵スカーレット(日本語吹き替え版)
原康義ホーク(日本語吹き替え版)
糸博アメリカ合衆国大統領(日本語吹き替え版)
楠大典ヘビー・デューティー(日本語吹き替え版)
家中宏デストロ(日本語吹き替え版)
土田大コブラ・コマンダー(日本語吹き替え版)
園崎未恵バロネス/ アナ・ドゥコブレイ(日本語吹き替え版)
阪口周平ストーム・シャドウ(日本語吹き替え版)
村治学マインドベンダー(日本語吹き替え版)
落合弘治リップコード(日本語吹き替え版)
原作スティーヴン・ソマーズ(原案)
スチュアート・ビーティー(原案)
脚本スチュアート・ビーティー
デヴィッド・エリオット[脚本]
音楽アラン・シルヴェストリ
編曲ジョン・アシュトン・トーマス
撮影ミッチェル・アムンドセン
ジョナサン・テイラー〔撮影〕(第二班撮影監督)
製作ボブ・ダクセイ
スティーヴン・ソマーズ
ブライアン・ゴールドナー
配給パラマウント・ジャパン
特殊メイク辻一弘
特撮ギョーム・ロチェロン(CGスーパーバイザー)
美術ケヴィン・イシオカ(美術監督)
衣装エレン・マイロニック
編集ボブ・ダクセイ
ジム・ミラー〔編集〕
スタントジョン・コヤマ
マット・マッコーム
その他アラン・シルヴェストリ(指揮)
あらすじ
NATOが開発した化学物質「ナノマイト」が悪の組織「コブラ」に奪われてしまう。医療用に開発されたその物質は、化学兵器としても最強のものだったのだ。そこで、秘密部隊「G.I.ジョー」に極秘任務が与えられる。「ナノマイト」を取り返し、世界の破壊を食い止めるのだ。ハイパースーツなどの最新兵器を駆使し、今G.I.ジョーの決死の奪還劇が繰り広げられる。 米国TVアニメを原作に「ハムナプトラ」シリーズのスティーヴン・ソマーズ監督が送り出す痛快アクション巨篇。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
60.1,2と立て続けに観たが、1はCGや凄まじい設定の装備に目が眩みすぎて話がなかなか頭に入らない。そもそもいろんな物が登場しすぎて意味不明なまま最後まで進んだ。CGは良かったがそれ以外ダメという映画・・・だったが2がもっとダメという
ラスウェルさん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2017-06-04 23:40:19)
59.CGに力が入ってるって言っても、もう10年近く前か。
この映画を見て思ったのは、CGって、色々と細かい部分が自然に近くできすぎていても、それがかえって不自然に思えるということ。
やっぱり人間の作るものって、実写にはかなわないものなんですね。
プラネットさん [DVD(字幕)] 6点(2017-01-27 22:45:40)
58.《ネタバレ》 ○鑑賞して1か月ほどたつが、ほとんど印象に残っていないな。○中盤のチェイスシーンこそ多少覚えているが、全編フルスロットルすぎる。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2016-01-05 19:52:55)
57.実写映画版G.I.ジョー。「どうせオモチャ会社の販促映画なんでしょ?」と舐めてかかったらこれは一体どういう事だ!中学生くらいの頃に頭の中で思い描いていた「ぼくのかんがえたさいきょうのとくしゅぶたい」が完全に映像化されているではないか!無駄に高度なVFX!無駄に壮大なスケール!無駄に既視感あふれるストーリー!すべてが完璧だ!こんなラジー賞6部門ノミネート作品に心踊らされてしまうとはなんという屈辱!
オルタナ野郎さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-12-03 16:33:15)
56.《ネタバレ》 最初のうちは誰が味方か敵か判り辛かった。スピード感が有り、見応えは有ったが、内容に深みが無かった。寡黙なニンジャはカッコ良かった。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 5点(2013-08-12 22:53:38)
55.《ネタバレ》 戦争が好きな人が作った映画なんだろうね。派手なアクションと画期的なアイテムで頭を空っぽにして観るべし。
いっちぃさん [地上波(吹替)] 6点(2013-07-12 20:35:57)
54.ひとことで言うと荒唐無稽。だがそれでいい。頭をカラッポにしてみる映画もいいものだ。つや消しの黒忍者がシブイ。イ・ビョンホンもいいアクセントになってたし、グラマーおねえちゃんが活躍するのも目の保養になり好ましいものがある。パワードスーツのハチャメチャ具合やテキトーな日本描写、和尚さんに笑える。
イサオマンさん [地上波(吹替)] 6点(2013-06-23 19:07:40)
53.中身ゼロ。子供向け。だが、それが素晴らしい。アメリカのブロックバスターはこうあるべし。パリ市内、エッフェル塔へ向かうカーチェイスの見応えは抜群でした。このシークエンスだけでも本作を観る価値があるというもの。劇場の大スクリーンで観られた方は勝ち組ですね。これだけ製作費をかけた“映像のご馳走”を頂戴出来ることがどんなに幸せなことか。映画ライフが豊かになります。有難うございます。
目隠シストさん [地上波(吹替)] 6点(2013-06-19 21:43:18)
52.《ネタバレ》 「どんどんブッこめ!」って感じで、見せ場盛りだくさんのサービス満点な映画。パリ市街地のチェイスシーンはなかなかの見せ場。人様に迷惑かけすぎなのは気になるけれど、縦横無人に走り回るパワードスーツアクションは、他の映画ではなかなか見られないものだったと思います。ただ、ストーリーの面白さと直接関係あるわけじゃないんですが、映画に登場するガジェットやセット、モニターグラフィックスのデザインがことごとく、「ちょっとダサい」のが気になりました。別にレトロフューチャーなわけでもないし・・・。こういう映画ってガジェットのカッコ良さが重要だと思うんですけど、そこがあと一歩な感じ。こういうところで、アイアンマンシリーズと決定的な差があるような気がします。クライマックスでの、リップコードの予想以上の活躍には男泣き。
ゆうろうさん [DVD(字幕)] 6点(2013-06-08 17:43:42)
51.《ネタバレ》 劇場公開時に鑑賞済み。続編が公開されるので、DVDにて再視聴してみた。結論ーあれ?意外と面白かったんだ、でした。最初に観た時はあまりパッとする印象ではなかったんですが、こうやって改めて見直してみると、気楽に楽しめるお手軽ムービーとしては十分な完成度でした。まぁ若干、CGのクオリティが低いのが気にはなりますが、そこはご愛嬌ってことで。ご愛嬌といえば南極にある敵の秘密基地。秘密基地なのに、入口が思いっきりオープンなのはウケた。ショッカーの秘密基地を思い出してしまった。あと敵の兵士。改造されて恐怖を一切感じなくなっている・・・はずなのに・・・潜水艇でのバトルで壁に激突しそうになった瞬間、やめてーっ!って叫んでいました(笑)1時間38分あたりです。カウチムービーとして楽しく鑑賞いたしましょう! PS:口笛の使い方は味があってサイコー!
Dream kerokeroさん [DVD(字幕)] 5点(2013-06-08 07:44:54)
50.原作が男の子向けの玩具であり、アメコミよりもさらに下の年齢層を対象とした作品であるため、本作の設定の粗さには文句を付けません。敵組織の目的がサッパリわからなかったり、国際社会におけるG.I.ジョーという組織の位置付けが謎だったりしますが(各国領空に自由に侵入する権限を持っている一方で、地元警察に拘留されたりする)、男の子向けのアクション大作でそういう細かいことを言うのは野暮ってやつです。しかし、本作の構成のマズさは指摘されるべきでしょう。とにかくペース配分がメチャクチャで、映画は2時間もたずに失速します。G.I.ジョー登場にはじまり(スネークアイズかっこよすぎ!)、メタルスーツによる見たこともないチェイスが繰り広げられる前半は大いに楽しめるのですが、物語にまったく起伏がない状態で緊張感皆無の撃ち合いをダラダラ続けているだけでは、後半に入ると一気に飽きが来ます。前半ほどインパクトのある見せ場を配置できなかったことも致命的で、本作はペース配分が完全に狂っています。。。
「ハムナプトラ」以降のスティーブン・ソマーズ作品はすべてこの傾向にあって、冒頭からフルスロットルで見せ場を畳みかけるものの、途中で息切れしてクライマックスでは平凡なドンパチをやってしまい、尻すぼみになって終わるということをここ10年間繰り返しています。この監督が「インディ・ジョーンズ」に憧れているということはわかります(「ザ・グリード」は当初、ハリソン・フォードが主演する予定だった)。冒頭で観客の心を掴み、冒険の世界に引きずり込むというアクション映画が心底好きなのでしょう。ただし、冒頭でハデな掴みをやれば、観客はそれ以上の見せ場を本編に期待します。スピルバーグにはその期待に応える力量があったのですが、残念なことにこの監督にはその力量がありません。だからこの人の映画はつまらない。予算制約によって冒頭に掴みのアクションを入れられなかった「ザ・グリード」がフィルモグラフィ中もっともバランスの良い娯楽作に仕上がっていることが何とも皮肉です。
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 4点(2011-11-02 23:44:35)
49.《ネタバレ》 面白かった。こういうストーリーでも大金をかけて作れば、こんなに楽しめる作品になるんだね。チープさが感じられないところがいい。でも、元フィアンセの彼女は普通の女性からなぜあんな戦士になれたのだろう? 心を操作されると体まで変化するのかな。
フラミンゴさん [DVD(字幕)] 5点(2011-02-28 10:42:34)
48.ほんと、ただのアクション映画だった。ストーリーはあってなきが如し。突っ込みどころは色々あったと思うが、記憶に残らないくらい。CG もアクションも、それを期待する人にはいいんじゃないかな。ただ、ほんとに中身がない。
mohnoさん [DVD(字幕)] 5点(2010-12-29 21:00:36)
47.ひまつぶし映画。
ダルコダヒルコさん [DVD(字幕)] 4点(2010-10-24 00:35:14)
46.《ネタバレ》 原作未見。ただ、かつて大人気だった男の子版リカちゃん「G.I.ジョー」をベースにしたアニメっていうので、この内容は当然かな?つまりは、夢と空想の世界の具現化。視覚的にはハチャメチャで当然です。
大勢の皆さんのご指摘のとおり、ノンストップでアクション全開、ただし、中身無し。ん?中身無し?いやいやそんなことはありません。御都合主義のオンパレードですけど、なんたって元はアニメなんだから。ここで問題なのは、夢と妄想の具現化がキチンとなされているのか?ってこと。その点ではかなりポイント高いです。
兎にも角にも、かなり緩めのテンションでも完全消化可能ですから、是非是非皆さん楽しんでくださいね。
ぽこたさん [DVD(字幕)] 7点(2010-10-17 23:57:07)
45.白忍者のキャスティングに、何故にイビョンホンか?!そこはケイン・コスギあたりでええやろ。あと、和尚様役はチープすぎて微笑ましい。
くまさんさん [DVD(字幕なし「原語」)] 7点(2010-09-09 21:30:50)
44.CGわんさかでありがたみなんてあったもんじゃないし、ごちゃごちゃしていて美しくない。これがハリウッドデビュー作となったイ・ビョンホンはお世辞抜きに良かったけど、彼はストーム・シャドウを東京育ちの韓国人に設定するよう要求したそうで、どうしていちいち癇に障るような事をしてくるんだろうという思いはある。英語力、知名度に加えて、ムキムキの肉体美となると同年代の日本人俳優の中から探し出すのは難しかったと思うので、イ・ビョンホンの起用自体に不満はないけど、役の設定まで変えてしまうことはないと思います。日本人として決して良い気はしない。また続編ありきの作りになっているが、次への期待よりも、消化不良感が強く残った。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2010-09-02 19:36:49)
43.《ネタバレ》 派手な描写に怒涛の展開。突っ込みたくなるほどには描写されない人物たち。元がアニメだからかどうかは分からないが、アニメのようなアングルやアクションがビシバシと続く。退屈している暇が無い映画、という意味で娯楽作品としては極めて隙がない創り方です。サイボーグ009の専売と思っていた「加速装置」を耳にした時にはおおっ!と期待したがそこはビミョーでした。肉眼で視認できないほど素早く動くというよりは、ストライドが長いから速く走れるって感じだし、スピードよりも防御用アーマーの役割が優先されてましたね。ちなみに、イ・ビョンホンのハリウッドデビュー作なんでしょうか? それなりに浮いてたってことは、それなりに存在感があったってことだ(笑)。オメデトー。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2010-08-30 22:16:07)
42.《ネタバレ》 とにかく勢いはもの凄い。それは認めよう。敵側が使う銃の凄まじいまでの破壊力や、戦闘スーツの強さなど、見ていて面白いギミックはあるものの、全体的にアクションシーンがとにかく雑で汚らしいのである。ソマーズ君に対してこういう要求はどだい無理な話なのかもしれないが、個人的にはアクションシーンというものを、もっと綺麗に、美しく描いてほしいのだ。せっかく、そういう楽しいギミックを用意しておいて、それがあまりいかされてないのは残念でならない。見終わってから、結局は「あ~、ごちゃごちゃした映画だったな~」という印象しか残らないのである。いまさらシナリオうんぬんを言うのもあれだが、特に致命的なのは善側、悪側双方共に魅力に欠けるという事実である。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 5点(2010-07-22 00:51:17)
41.《ネタバレ》 中だるみせずに、最後まで見ることができる映画。ハイテク機器なども多数出たり派手目の展開が続き、視覚的にも飽きさせない。

格闘 / 空中戦 / カーチェイス / 特殊部隊もの、あらゆるエッセンスが配合されており、手放しで楽しめた。また安易に味方を殺す、ベタな展開にならかったことも好感が持てる。
シバラク・オバマさん [DVD(字幕)] 8点(2010-07-18 13:55:30)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 60人
平均点数 6.05点
011.67%
100.00%
200.00%
346.67%
458.33%
51016.67%
61830.00%
7915.00%
8813.33%
946.67%
1011.67%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.83点 Review6人
2 ストーリー評価 4.37点 Review8人
3 鑑賞後の後味 5.50点 Review6人
4 音楽評価 4.57点 Review7人
5 感泣評価 2.80点 Review5人
chart

【ゴールデンラズベリー賞 情報】

2009年 30回
最低作品賞 候補(ノミネート) 
最低続編・リメイク賞 候補(ノミネート) 
最低監督賞スティーヴン・ソマーズ候補(ノミネート) 
最低助演男優賞マーロン・ウェイアンズ候補(ノミネート) 
最低助演女優賞シエナ・ミラー受賞 
最低脚本賞スチュアート・ビーティー候補(ノミネート) 
最低脚本賞デヴィッド・エリオット[脚本]候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS