スーパーバッド 童貞ウォーズのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > スーパーバッド 童貞ウォーズ
 > (レビュー・クチコミ)

スーパーバッド 童貞ウォーズ

[スーパーバッドドウテイウォーズ]
Superbad
2007年【米】 上映時間:113分
平均点:7.09 / 10(Review 11人) (点数分布表示)
コメディ青春ものロマンス
新規登録(2009-06-11)【らいぜん】さん
タイトル情報更新(2017-07-27)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督グレッグ・モットーラ
キャストジョナ・ヒル(男優)セス
マイケル・セラ(男優)エヴァン
クリストファー・ミンツ=プラッセ(男優)フォーゲル(マクロビン)
ビル・ヘイダー(男優)スレイター
セス・ローゲン(男優)マイケルズ
マーサ・マックアイサック(女優)ベッカ
エマ・ストーン(女優)ジュールズ
アヴィヴァ(女優)ニコラ
ケヴィン・コリガン(男優)マーク
エリカ・ヴィッティナ・フィリップス(女優)酒屋のレジ係
ジョー・ヌネズ(男優)酒屋
デイヴ・フランコ(男優)グレッグ
ステイシー・エドワーズ(女優)エヴァンの母
デヴィッド・クラムホルツ(男優)ベンジー・オースティン
桜井敏治セス(日本語吹き替え版)
日野聡エヴァン(日本語吹き替え版)
阪口大助フォーゲル(日本語吹き替え版)
川島得愛スレイター(日本語吹き替え版)
木村雅史マイケルズ(日本語吹き替え版)
脚本セス・ローゲン
エヴァン・ゴールドバーグ
製作ジャド・アパトー
コロムビア・ピクチャーズ
製作総指揮エヴァン・ゴールドバーグ
セス・ローゲン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
11.《ネタバレ》  これは友情ではなく、愛情を描いた映画ですよね。

 同性愛の一歩手前というか、とにかく仲が良過ぎて単なる友情では片付けられない二人の絆を描いたストーリーなんだけど、青春映画としても綺麗に纏まっており、非常に観易く仕上がっている。
 特に「卒業祝いのパーティーに必要なお酒を集める為、奔走する主人公達」というプロットは王道な魅力があり、誰が観ても楽しめるんじゃないかな、って思えました。

 ただ、自分としては「イケてる男子や美女が集うパーティー」なんかより、冒頭にて回想される「冴えない男友達同士で馬鹿やってる土曜の夜」の方が、よっぽど楽しそうに感じられたのですが……
 多分これ、意図的にそう描いていますよね。
 ラストシーンにて、念願叶って美女と上手くいきそうなのに、どこか寂し気に親友を見つめている主人公セスの姿も、それを象徴している気がします。
 憧れていた「美女とヤッちゃう事」「人気者が集まるパーティーに参加する事」なんかよりも、実際は「美女とヤリたいと親友相手に駄弁る日々」「パーティーには参加出来ず、内輪の友達だけで盛り上がる日々」の方が楽しかったんだと気付き、それでも「世間が認めるような一人前の男」になる為、楽しかった過去に別れを告げて、流れに任せるがまま大人になる。
 そういう切なさ、子供時代からの卒業という寂寥感が「エスカレーターを挟んだ別れの場面」から伝わってきました。

 序盤は、友達のフォーゲルの悪口ばかり言っているセスに共感出来ず(嫌な奴だなぁ……)とゲンナリさせられたのですが、後に「親友のエヴァンをフォーゲルに取られたくなくて、ヤキモチを妬いていたから」と、その理由が明かされる構成になっているのも上手かったです。
 セスの言動の陰には「エヴァンを失ってしまう」「エヴァンに見捨てられてしまう」という恐怖心と焦りがあったんだと分かり、これまで俯瞰で眺めていた主人公に、一気に感情移入出来るようになっているんですよね。
 当初は「常識人の主人公エヴァン」「傍迷惑だけど憎めない相棒のセス」という組み合わせなのかと思わせておいて、実はセスの方がメインなのだと明かされる形になっているのも、程好いサプライズ感があって良かったです。

 第三の主役と言うべきフォーゲルと警官二人組が友情を育むパートも面白くって、自分としてはこちらの方が好みなくらいでしたね。 
 元々本作はセス・ローゲンとエヴァン・ゴールドバーグの少年時代を参考にして作られた「実話ネタ」でもあるそうなのですが、セス・ローゲン当人が「大人になった今でも、馬鹿騒ぎやっている警官」を楽しそうに演じているというのも、非常に興味深い。
 本作のラストシーンは「愛し合ってる親友同士が、大人になる為に仕方無く別れてしまう」という悲劇を連想させる物なんですが、そんな切なさを与えてくれる一方で「いやぁ、大人になっても男友達同士で楽しくやれるもんだよ」と、セスがもう一つのメッセージを送ってくれているんですよね。
 少年を卒業した瞬間のセスと、大人になった後のセス、その二人を一つの物語の中で同時に描く事に成功しているし「一見するとビターエンドだが、将来的にはハッピーエンドになる」という含みを持たせているしで、本当に絶妙な配役だったと思います。

 そんな本作の難点としては、女性との恋愛描写が希薄であり、どうして美女二人がセスとエヴァンに惚れているのか理解出来ない点が挙げられそうなんですが……
 まぁ、その辺は「オタク映画」だけでなく「ラブコメ映画」のお約束でもあるので、ツッコむ方が野暮なんでしょうね。
 本作の主題は、あくまでも「男友達同士の愛情」なのだし、それに比べれば異性愛なんてアヤフヤなものという描き方をされているのは、むしろ自然な事であるようにさえ思えてきます。

 劇中におけるエヴァンの台詞「皆に知って欲しいな、人を愛する気持ちは世界一綺麗だって」も、凄く印象深いですね。
 その言葉通り「人を愛する気持ち」を全力で肯定し、観客に見せびらかしてみせたような……
 色んな意味で、子供っぽい青春映画でありました。
ゆきさん [DVD(吹替)] 7点(2019-05-02 17:29:23)(良:1票)
10.内容的にはよくある、いや昔よくあったというべきか、パーティーのためにアルコールを手に入れるというお話。こんな感じの映画が8、90年代はよくあったんだが、最近はめっきり見なかったのでなんか懐かしい気持ちで見れた。コメディとしてはもちろん、青春映画としても楽しめる映画なので、若いうちに見て自分もこんな馬鹿なことをやってみるといい思い出ができるだろう。と、ここまではまあ普通の評価で6点なんだが、それだけでは終わらない最後のシーンで+1点あげたい。
シネマファン55号さん [インターネット(字幕)] 7点(2015-01-16 17:54:13)
9.《ネタバレ》 クリスマス・イブの夜にたった一人でこの映画を見たのはいい思い出です。爽やかなクリスマスからは遠く離れた、言ってしまえば下品さが目立つ映画ですが、それが最高に面白いんだからいいんです。下品なだけで終わらずに、切ないオチがついてるのもいいんです。エンドロールの潔さは映画史に残りますね。残ってしまったという方が正しいのか… 僕はこの映画で初めてマイケル・セラ、ジョナ・ヒル、エマ・ストーンの存在を知り、3人の大ファンになってしまいました。そういう意味でも、いい思い出です。
カニばさみさん [DVD(字幕)] 8点(2013-08-24 23:55:02)
8.脚本セスとエヴァンが実名で青春そのものを描いたらしい。ふかーい友情を感じさせるラスト、切なかったです。キャスト選びが秀逸。DVDの特典映像もお勧めです!こんなもの生み出しちゃう彼らに敬意を表したいです。
HRM36さん [DVD(字幕)] 7点(2013-06-03 10:22:29)(良:1票)
7.アメグラにもアルコールを手に入れるのに苦労する場面があったっけ
Mazelo Nostraさん [DVD(字幕)] 8点(2012-04-08 20:23:53)
6.笑った!そして、ちょっと感動して、ちょっと羨ましくも思ったり。こんなパーティーないもんかね。。このデブっちょセスがグリーンホーネットになるのか。凄い痩せたんだなぁ。
チンコ画集も完成度高くて、なかなか芸術的だった。
すべからさん [DVD(字幕)] 7点(2011-02-26 22:01:26)(良:1票)
5.男子諸君はお分かりであろうが、童貞・・・それはキョーレツなパワーに満ちた素晴らしくも(しかしいつか終わってしまう)儚い時間である。ヤったことないってことを指すだけではない。その言葉に含まれる、愛や友情、笑いと涙とそしてとどまることを知らぬ、持て余した性欲を残らず拾い集めたのが本作である。元童貞たちは、この映画を観て、現役の童貞たちにエールを送りつつも、過去を思い出し、あの頃に戻りたいと遠い夕焼けに胸を焦がすのだ。
長谷川アーリオ・オーリオさん [DVD(吹替)] 9点(2010-12-20 23:40:26)(良:2票)(笑:1票)
4.《ネタバレ》 プロデュース&脚本を担当したジャド・アパトーの手腕によってコメディとしては上々の仕上がりで、かなり笑えます(特にバカ警官コンビは最高)。しかしこの内容で113分は長すぎるように感じました。前半は最高に楽しめたのですが、後半では飽きてしまいます。この手のバカ映画は90分ほどでサクっと終わるのが理想だと思います(「オースティン・パワーズ」は95分、「裸の銃を持つ男」に至ってはたったの85分)。モテないバカ男子の情けない青春物語を売りにしている割には、意中の女子から勝手に惚れられたり、粘り勝ちで良い感じになったりと意外にも恋愛がうまく進んでしまうことも違和感で、本当にモテない奴の青春はそんなに恵まれてないわけです(涙)。悪戦苦闘したものの結局女子からは相手にされず、とぼとぼと家に帰りながら「何だかんだで今日の冒険は楽しかったし、友情っていいもんだ」と実感するようなオチの方が、このテーマにはしっくりきたのでは?
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 5点(2010-08-15 15:49:06)(良:1票)
3.おバカコメディとしてはそれなりに面白かったが、期待したほどではなかった。卒業パーティーの酒を買いに行っただけなのに、次から次へと災難が降りかかるさまは笑えるが、災難と下ネタがうまくかみ合っていない印象だった。どちらもそれぞれでは面白いのだが、うまく相乗効果が生み出せていない。DVDスルーもやむをえないか。ただし、主役3人は皆うまい!特にジョナ・ヒル。
枕流さん [DVD(字幕)] 5点(2010-07-12 20:56:42)
2.余りにもブッ飛んだ邦題につられて観てしまいました。童貞戦争って 笑。
話としてはイケてない高校生が一日がかりで四苦八苦して酒を手に入れる、それだけ!ホントにそれだけです。しかしこの一日でイケてない童貞くんたちがやんわり成長するのを描くあたりは良かったですね。そこら辺に転がるティーン向け映画とは少し違った所でしょうか。
全編にわたり下ネタのオンパレードなので女性との鑑賞は控えましょう。文字通りの"下ネタ"だらけです。
民朗さん [DVD(字幕)] 7点(2009-07-23 23:04:56)
1.トレイパーカーぐらいに狙ってやってるコメディ以外はあまりみないのですが、くそ笑った、この映画。日本で全然話題になってないみたいだけど、ウェインズワールドとか、ホワイトキャッスルとかの下品で馬鹿馬鹿しい以外の何ものでもない映画が好きな方には是非見てほしいww主役3人、コメディのために生まれてきたとしか思えないほどのハマリ役。なに、あの3人揃っての情けな顔ww彼らがちょっと大人になってシリアス映画とかに出られてもまともに見れる自信ないわよワタシ。友情ってすばらしいwwもちろんストーリーについては一切触れませんよ。
らいぜんさん [DVD(字幕なし「原語」)] 8点(2009-06-13 13:17:46)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 11人
平均点数 7.09点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5218.18%
600.00%
7545.45%
8327.27%
919.09%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS