ストレンジャー・ザン・パラダイスのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > ストレンジャー・ザン・パラダイス
 > (レビュー・クチコミ)

ストレンジャー・ザン・パラダイス

[ストレンジャーザンパラダイス]
Stranger Than Paradise
1984年【米・西独】 上映時間:89分
平均点:7.09 / 10(Review 81人) (点数分布表示)
ドラマモノクロ映画青春もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2011-11-08)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジム・ジャームッシュ
キャストジョン・ルーリー(男優)ウィリー
リチャード・エドソン(男優)エディ
エスター・バリント(女優)エヴァ
サラ・ドライヴァー(女優)帽子をかぶった娘
脚本ジム・ジャームッシュ
音楽ジョン・ルーリー
撮影トム・ディチロ
製作サラ・ドライヴァー
配給フランス映画社
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
81.《ネタバレ》 【前置き】
コロナウィルス感染防止の為に施行された緊急事態宣言が解除され、久々に映画館で観た映画は「Dead Din't Die」だった。
「パターソン」が思いの外良かったので、久々の劇場体験に相応しいと思ったのだ。
だが… 残念ながら「Dead Don't Die」は正直今一つだった。
辛口のレビューを上梓しようと思っていたのだが、一風変わった作風を持ち味とした監督さんの作品をたった2作観ただけで
偉そうな批評を書くのは余りにも無礼だと思い、いわばルーツとも言える本作の鑑賞を決めた次第。

【本題】
本作と「パターソン」、笑える位に作風は変わっていないと感じた。
映画に対する監督の少し冷めた、でも愛情の有る視点も同じ。
異なるのは色が付いた事と俳優陣が豪華になった事位では。

まるで隣の気のいい兄ちゃんの生活をそのまま再現している様な話の流れ、
人が死ぬ等の事更に観る人の感情を煽る様な描写は皆無。
物語(?)は少数の登場人物が繰り出す必要最小限な朴訥且つシニカルなセリフと比較的短いカットで紡がれていく。

予備知識無しの場合、恐ろしく退屈な映画なのではないか?と思ってしまいそうだが、
絶妙な存在感の叔母さん(恐らく素人さんでは?)やヒロイン:エヴァ役を演じる女優さんのエスター・バリントを筆頭に、
何故か飽きずに最後まで見届けてしまう。
悲劇とまでは言わないけれど、落ちの付け方も面白い。

この絶妙な空気感はあざとく狙って出せる物では無い。
ジム・ジャームッシュ監督が不世出の存在で世界中の業界人から愛されている理由の一旦を垣間見た気がする。

さて、それでは"Dead Don't Die"のレビューに取り掛かる事にしましょうか。
たくわんさん [インターネット(字幕)] 7点(2020-06-11 13:14:58)《新規》
80.《ネタバレ》 極めて少人数の編成、かつ基本的に普通の室内・車内ばかりで展開される会話劇で(数少ない屋外のシーンも人気の無いそこら辺が殆ど、という)、見るからに低予算である。その会話にしても、内容的にも文字数的にもこれもホントに何の変哲・含蓄も無いというか、何とも省エネな映画だと思う。

しかし、そんな中に慎み深くも表出される登場人物の感情の錯綜が率直に非常に面白い。出色は何と言ってもエヴァで、自分が「可愛い」ことを骨の髄まで知り尽くしているが為、自分が男に対しては絶対的に優位に立てることを完全に理解している、という謂わば「猫」。やはり本作、まずドレスの件が実に味わい深く感じられるし、あと面白かったのが4人が居並んだ映画館のシーン。「その並びなの?」しかしエディとウィリーは明らかにそのつもりなので、これは必然なのである。誰もなにも喋らないが、その頭上に垣間見える火花が出るほどの感情の錯綜がこれも面白い(エヴァは多分なんも考えてないだろうけど)。終盤はテンポが上がってかなりドタバタしているが、ここも笑えた(「予感」の話とかもとても好み)。

様々な無駄を削ぎ落すことで旨味だけを際立たせた様な、真に監督の力量が知れる映画だと思う。一級品の上質なコメディ。
Yuki2Invyさん [DVD(字幕)] 8点(2020-06-08 00:43:10)★《更新》★
79.ジャームッシュ初期の作品ですが、変わることの無い彼らしいテンポと空気がある作品です。
1つ1つの台詞が短い。そして微妙な沈黙という間が繰り返される。
行間と隙間だらけの作品ですが、その行間を読み取らなければならないという小難しさも無い。
その微妙な間、行間に漂う空気に独特の可笑しさがあるジャームッシュ流コメディ。
例えば、ウィリーがエヴァにジョークを披露する。そのジョーク自体は別に面白くも無い、短いシーン。
しかし、ジョークを披露するウィリーとそれを聞くエヴァ、そこに流れる微妙な空気の可笑しさがいい。
些細なきっかけで3人がそれぞれの思いとは裏腹にバラバラになってしまう、あっけないラストも印象的。
同じく3人組がそれぞれの意思をもって別れ行く次作「ダウン・バイ・ロー」とはまた異なる余韻を残します。
とらやさん [DVD(字幕)] 8点(2020-04-26 13:53:54)
78.《ネタバレ》 若者たちが、ただ暇つぶしをしているだけの作品(笑)。
ダウン・バイ・ローと続けてみましたが、あっちの方が好きかな。
わざと王道を裏切っていくかのような、退屈さを提供していくかのような、
稀有なアウトロー映像作家なんだなと。
あろえりーなさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2019-01-15 17:46:07)
77.何度か見てる映画だけどこれは詩なんですな。
『彼がサラダがおいしいねと言ったから今日はサラダ記念日』


・・・。



この間も含めて全体が詩なんですな。
michellさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-12-16 20:54:13)
76.どうでもいいストーリーだが、何故か目が離せない。不思議な映画。
エヴァがいると楽しい、というのが伝わるが、これがまさに青春の感覚なんだろうと思う。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-07-08 20:51:56)
75.《ネタバレ》 〇ジム・ジャームッシュらしい何となく観ていられる感じはあるのだが、また観てみたいと思うような面白さはない。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2017-11-25 18:22:07)
74.白黒でかつ地味極まりないテイストだけど、なーんか独特のモノがあるよね。一回一回場面が切れていく構成もなーんか変わっていて意外にありそうでない作風。ぶっちゃけ大したことは発生していないwんだけど面白かったですハイ
Kanameさん [DVD(字幕)] 6点(2016-06-01 09:36:28)
73.《ネタバレ》 この映画一歩間違えたら大駄作になっていたでしょうな。
でもそうはならなかったのは、先ず行き当たりばったりのこの三人のキャラ。面白いし格好良いし、特にエスターバリントが可愛い。
それから余分な会話がなく、色も無く、そして "間" が良い。見る側に想像させる演出なのでしょうか。出かけて行ったとしたら次のシーンではもう帰ってきている。この辺も色々と想像させてくれます。
さらに、男2人の帽子が印象的だと思ったら、エアスターも帽子で大金をせしめるところも面白かった。
ラストで三人がバラバラになってしまうなどは最高の締めくくりでした。
全編に溢れる気だるい空気感は私の大好物です。

Jin
さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-02-14 00:26:45)
72.《ネタバレ》 ロードムービーだもの、何も起こらなくて当然。雰囲気は好きだし、好きなショットもあるし、何度か笑った。でもなあ、いくらなんでも退屈なんじゃないのか?ヒロインはとても魅力的で、彼女が画面に映っているだけで興味をそそられたけど、男連中には一秒たりとも興味を持てなかった。絶妙にバランスが悪い。このバランスの悪さが映画のすべてなんだろうなあ…。好きだし、嫌い。そんな感じ。
カニばさみさん [インターネット(字幕)] 6点(2015-07-05 21:46:22)
71.なんなんだ?この分かりにくさ。訳が分からん。分からないときは他の人の感想を読んだら、誰か一人はうまく説明してくれてるんだけど、それもない。それなのになんか面白い。なんかいいんだよね。おもしろい!観終わるとうれしくなってくる。だれかが、書いてたけど、やっぱりあの彼女のたんたんとした、それでいて優しい、しっかりした魅力。これが中心にある。そして最後の結末や、全体を通じての二人の男の可愛いバカさ加減。人生って皮肉なものだねってことか。観てよかった。
さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2014-10-03 18:56:22)
70.素直に退屈だった。。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 5点(2014-09-21 01:32:44)
69.パーマネント・バケーションを見てガッカリしたので期待しないで見ましたが、ストーリーはそれなりに面白い映画でした。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-08-23 18:52:14)
68.予備知識ゼロで見たのですが、喜劇だったんですね。ラストの飛行機が勢いよく飛び立つシーンは、今でも思い出すだけで笑えます。それに最後まで引き込まれたのは、ひとえにヒロインが魅力的だったから。単に美人なだけじゃなく、寡黙ながらも芯が強そうで、サバサバしていて少し薄幸そう。旅立った彼女がどうなったかを見届けたい(もしくは見守りたい)と思うのは、おそらく主役の彼だけではないでしょう。というわけで、おおいに楽しめました。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2012-12-27 22:25:48)
67.おもしろかった。たびたび沈黙のシーンがあるが、あえて言葉では表現せず視聴者に想像させているところがうまい。
ホットチョコレートさん [地上波(字幕)] 7点(2012-09-02 12:19:29)
66.《ネタバレ》 結局誰も何もしないんですが、その登場人物におつきあいするがごとく、じーっと動かない、正面から撮らない、突然気まぐれっぽくシーンが終わる、という撮影と編集のコンセプトが凄いし、そのまま作品全体を通してしまったぶれなさっぷりも凄い。このインパクトがすべてですね。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-09-01 23:11:51)
65.《ネタバレ》 この雰囲気、ちょードツボに入りました!! とにかくゆっるーーーーーくて、シューーーーーールな空気でずーっと進行して、しょうもないオチで終わります笑。
まず最初のワンカット、エヴァが空港で佇むモノクロのシーン、この時点でもうハマるなって直感的にわかりました。以降も全てのカットが大当たり。たまにちょっと笑えるとこもあって最高。
てかこんだけ何も起こらないのに退屈じゃないって、なぜ? 理屈では分からないけど、とにかく「画」の持つ空気感がすごく僕にフィットしましたね。
この映画は退屈だと思う人もいるでしょう、本当に大した事は起こらないので笑。まあ雰囲気とかがマッチするかしないかで受け取り方が変わってくる気がします。
僕にとっては、TOP3に入るくらい好みの一本でしたね。マジで出会えてよかった。最高の一本です!!
TK of the Worldさん [DVD(字幕)] 10点(2012-05-03 17:45:13)
64.ひたすら眠かったです。すみません評価高い中気がひけますが。。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-03-19 17:24:17)
63.なんか、無口なんだけど時々ぽそっと口にする科白がじわっと面白いクラスメートがいたのを思い出した。そんな感じ。全編観終わっても煙に巻かれたような気分だけれど、いやな気持ちではなかった。エスター・バリントがクールで綺麗だし。
tottokoさん [映画館(字幕)] 6点(2012-02-20 17:45:27)
62.何が起こるわけでもないし、沈黙のシーンも多いけど雰囲気が好き。あっけないラストもこれならありか。
nojiさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-02-04 02:29:35)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 81人
平均点数 7.09点
000.00%
100.00%
222.47%
333.70%
400.00%
5911.11%
61316.05%
71619.75%
82227.16%
91012.35%
1067.41%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.50点 Review2人
2 ストーリー評価 7.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review2人
4 音楽評価 10.00点 Review1人
5 感泣評価 5.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS