ワイルド・スピード/MAXのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ワ行
 > ワイルド・スピード/MAX
 > (レビュー・クチコミ)

ワイルド・スピード/MAX

[ワイルドスピードマックス]
Fast & Furious
2009年【米】 上映時間:107分
平均点:5.40 / 10(Review 35人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-10-09)
アクションサスペンスシリーズもの犯罪もの
新規登録(2009-06-24)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2019-07-13)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジャスティン・リン
助監督アルバート・チョー(第二班助監督)
テリー・J・レナード〔スタント〕(第二班監督)
ミック・ロジャース(第二班監督)
キャストヴィン・ディーゼル(男優)ドミニク
ポール・ウォーカー(男優)ブライアン
ミシェル・ロドリゲス(女優)レティ
ジョーダナ・ブリュースター(女優)ミア
ジョン・オーティス(男優)カンポス
ラズ・アロンソ(男優)フェニックス
ガル・ガドット(女優)ジゼル
サン・カン(男優)ハン・ルー
ドン・オマール(男優)リコ・サントス
シェー・ウィガム(男優)スタジアック捜査官
グレッグ・コリンズ(男優)
楠大典ドミニク(日本語吹き替え版【DVD】)
高橋広樹ブライアン(日本語吹き替え版【DVD】)
甲斐田裕子レティ(日本語吹き替え版【DVD】)
園崎未恵ミア(日本語吹き替え版【DVD】)
後藤哲夫カンポス(日本語吹き替え版【DVD】)
咲野俊介フェニックス(日本語吹き替え版【DVD】)
小川真司〔声優・男優〕ペニン捜査官(日本語吹き替え版【DVD/テレビ朝日】)
大塚明夫ドミニク(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
藤原啓治ブライアン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
本田貴子レティ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
若本規夫カンポス(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
山野井仁フェニックス(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
檀臣幸スタジアック捜査官(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
林真里花トリン捜査官(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
魏涼子ミア(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
西凜太朗リコ・サントス(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
平田広明ハン・ルー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
東條加那子ジゼル(日本語吹き替え版)
原作ゲイリー・スコット・トンプソン(キャラクター創造)
脚本クリス・モーガン[脚本]
音楽ブライアン・タイラー〔音楽〕
編曲ロバート・エルハイ
撮影アミール・モクリ
製作ニール・H・モリッツ
マイケル・フォトレル
ヴィン・ディーゼル
配給東宝東和
特撮ダブル・ネガティブ社(視覚効果)
リズム&ヒューズ・スタジオ(視覚効果)
デニス・ベラルディ(視覚効果スーパーバイザー)
コリン・ストラウス(視覚効果スーパーバイザー)
グレッグ・ストラウス(視覚効果スーパーバイザー)
美術アイダ・ランダム(プロダクション・デザイン)
デヴィッド・レイザン(美術監督スーパーバイザー)
衣装サーニャ・ミルコヴィック・ヘイズ
編集クリスチャン・ワグナー〔編集〕
スタントジミー・オルテガ
あらすじ
LAでの連続トレーラー強盗によって指名手配中のドミニクは、逃亡先のドミニカ共和国でも、輸送車強奪を繰り返していた。そんなある日、彼は、LAにいる妹のミアから思いもよらぬ衝撃的な知らせを受け、危険を承知でLAに舞い戻る。一方、FBI捜査官となったブライアンは、凶悪な麻薬組織を追っていた。そしていつしか、2人の行動は交錯し、互いに絡み合うことに…。 第1作のオリジナル・キャストが再び顔を揃えた人気カー・アクション・シリーズの第4弾。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
35.ドミニクとブライアンのコンビが復活し、面白くなりそうなはずなのにストーリーが平凡なのかいまいち乗り切れなかった。
なんか全体的にシリアス路線になっちゃってて1作目とは全く別の作品みたい。
ラストのトンネルでのカーチェイスにしてもCG感丸出しでがっかりだった。
ヴレアさん [インターネット(字幕)] 4点(2019-08-02 22:46:31)★《新規》★
34.前作の東京で、製作側も「脱線し過ぎた」と思ったのか原点回帰。
たろささん [インターネット(字幕)] 7点(2018-09-28 21:19:17)
33.最新作「アイスブレイク」鑑賞後に視聴。2と3はドミニクが出ていないようなので、とりあえず飛ばして第四作。最新作に比べて話のスケールは小さくなるが、それはしょうがない。まあまあ楽しめました。
kaaazさん [インターネット(字幕)] 7点(2017-04-30 04:31:51)
32.《ネタバレ》  レースシーンは相変わらずの迫力。
 ストーリーの平凡さも相変わらず。
 悪役がぱっとしないのもいつも通り?
 よく言えば安定感があります。
 ドミニク・ブライアン・レティ・ミアと、“1”の面々も登場しますし。『とーきょーどらいぶ』とのつながりがちょっとだけあるのも何か嬉しいですね。
 悪く言えば新しさが皆無。
 『悪党のドライバー選びでレースをする。』『悪党のドライバーになる。』『ラスト逆転する』
 流れとしては『2』の流れに近くて、それを『1』のメンバーでやった感じでしょうか。
 映像は少し面白くなってきたかもしれません。
 『坑道レース』はあんま見たことないですし、ナビシステムを無視しまくる前半の演出も単純だけれど面白い。
 ただちょっと面白いだけで、それぞれのレース、カーチェイスが、ストーリーを盛り上げるために効果的に働いていないのがもったいないです。もしこの迫力のレースに、『必然性』が加われば、映画そのものがもっと盛り上がりそうな気がします。
 ついでに言うなら、ドミニクやブライアンがレースで他を圧倒するシーンなんかも織り交ぜて欲しい。
 レース映画ならではの高揚感や優越感を共有したい。
 『この二人がドライバーだから』っていうメリットをもっと感じたいのです。
 スピード感はあっても、高揚感が足りないのです。
 ラストのオチは凄い好き。まだ見ていませんが、『MEGA MAX』への期待が高まります。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2016-08-31 16:10:38)
31.懐かしさを中心としたストーリーでは、新たな観客をつかむのは難しいかと思います。その反面、アクション映画としてはカーチェイス以外の部分も改善されてきていますので、7作目まで来た現在への進化がうかがえます。
shoukanさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2016-06-18 23:39:44)
30.《ネタバレ》 やっぱり面白い。順番を無視しても全然楽しめる。ぶっ飛びすぎてないカーアクションが逆に新鮮。
ぷるとっぷさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-03-21 18:41:03)
29.単なる走り屋のノーテンキ映画かと思っていたら、いつの間にか辛気臭いストーリーになっていました。それはそれで面白いのですが。ハイライトはやっぱり、やたらと長い洞窟内を爆走するシーンでしょう。動体力学を無視したような走りっぷりに、フィクションっていいなとあらためて実感しました。しかし今後、自動運転システムが発達してきたら、件の洞窟内のような場所をどんなふうに走るのでしょうか。チェスの世界ではすでに人間が完敗し、将棋の世界でも人間の優位が怪しくなっています。ドライビングの世界でも、いつしか人間の腕を上回る日が来るのでしょうか。しかしどれほど高度にプログラムされても、動体力学には勝てないと思いますが。
眉山さん [インターネット(字幕)] 7点(2015-11-07 16:11:02)
28.ブライアンとドミニクのコンビはやはり良いですね。マシンと仲間が大事!という信念には筋が通っています。問題のカーレースシーンですが、冒頭のタンクローリー・中盤の一般道路への割込みは無茶とはいえ迫力がありました。終盤のトンネルは何が起こっているのか、私の家のテレビではほとんど分からず残念でした。
次郎丸三郎さん [DVD(吹替)] 7点(2015-11-01 14:49:46)
27.なんだかんだいってもヤッパリ面白いシリーズ。女がやたら綺麗なのも嬉しい。。シリーズの順序がよく判らず順番バラバラに見てるので同窓会みたいな感じです。タイトル判りやすいようにパート2とかパート3とか書いてもらいたいですね。

話変わりますが、悪役のジョンオーティス(カンポス)って、カリートブリガンテの従兄弟さんですよねーww
アラジン2014さん [インターネット(字幕)] 6点(2015-10-22 20:39:34)
26.《ネタバレ》 ○正直このシリーズにあまりハマってないながらも鑑賞。○冒頭から巻き込まれた運転手がかわいそうだと感じ、早速感情移入できず。○こんなやつらの信念だとか何とか抜かしている辺り寒い。どう見てもコメディとかにした方が良いと思うんだが。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2015-05-17 18:10:30)
25.《ネタバレ》 冒頭のトレーラーを襲うところが面白さのピークで、ラストの坑道を走るところはCG丸出しで凄くつまらなかったです。4~6作目のうち、ミア(ジョーダナ・ブリュースター)が最も可愛く撮れていたのは、この4作目でした。
DAIMETALさん [DVD(吹替)] 4点(2014-08-12 10:20:54)
24.もうポール・ウォーカーが車乗れると分かった時のうれしそうな顔が忘れられない

なんか犯罪捜査より改造車で飛ばすなら何だってしそうな部分ばかりが思い浮かぶ。
おかげでかっこいいカーレースを拝むための映画でした。サスペンスなんてなかったに等しい
ラスウェルさん [DVD(字幕)] 5点(2014-06-05 00:26:31)
23.なんかシリアスなんですけど・・・。しかも、ヴィン・ディーゼルがシリアス演技をしようとしてる・・・。しかもカーアクション不足・・・。せっかく彼が復帰するので、思いっきり車バカのおバカ映画にしてほしかったなあ。ただ、ラストのラストでやっとおバカ解禁になったみたいで、次作にも手を出してしまいそう。ある意味、制作側の思うツボですね。
ころりさんさん [CS・衛星(字幕なし「原語」)] 4点(2013-08-12 12:35:01)
22.競争シーンがなんかよく判りませんが、爽快で楽しかった。続編(MEGA MAX)の内容に少し期待が持てそうなラスト。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 6点(2013-03-03 11:56:22)
21.《ネタバレ》 これまでの3作とは違い、刑事捜査ものみたいな内容になってます。4作目ということもあって、新路線が必要との判断でしょうが、カーレースのシーンはその分控えめな印象。冒頭のタンクローリー回転シーンとか、やりすぎるぐらいのアクションを見せてはくれるのですが、いかにもCGといった感じで、実写派の人には不評かも。でも坑道?のシーンは割とスピード感あって良かったと思います。
あろえりーなさん [地上波(吹替)] 5点(2012-11-11 21:01:09)
20.《ネタバレ》 ワイルドな男たちによるカーアクションシリーズ第4弾。第1弾の主演キャスト4人組が揃い踏み。しかしここまでのシリーズ4作全て観て共通して言えることは、カーアクションの迫力は大だが物語をほとんど楽しめていません。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2012-02-07 00:38:12)(良:1票)
19.ここまでの3作、結構楽しませてもらったのですが・・・ここに至って失速しましたかね。冒頭のスタントに期待が高まったものの、すぐに「もう全面的にCGに頼っちゃいまーす」という割り切りが見えてきて。ラストの方ではちょっとマッドマックスごっこみたいなところがあってニヤリとさせるも、やっぱり映像はCGへ。第1作の二人を出演させてみるも、もはや二人の関係には、緊張感も面白みも無いし。あと、中盤の路上レースのシーンで、カーナビ画面を使ってシチュエーションを“解説”しちゃったのは・・・この手法、確かにわかりやすいんですけどね。でもお手軽過ぎ、ですよね。
鱗歌さん [地上波(吹替)] 5点(2012-01-07 09:58:08)
18.《ネタバレ》 動いてるトラックからガソリンを盗むより止まっているトラックとかガソリンスタンドから盗むほうがよっぽど簡単でしょうに。
いっちぃさん [地上波(吹替)] 5点(2011-10-21 23:00:50)
17.こういう映画を観て、是か否か自答し断然「是」だと感じてしまう自分は、結局のところハリウッドの大味なアクション映画が大好きなんだろうなと再確認してしまう。
映画作品として質が高いとは決して言えず、粗も突っ込みどころも満載だけれど、「面白い」と思ってしまうんだから仕方がない。

今作は、一応シリーズ第4作目という位置付けだけれど、ヴィン・ディーゼルをはじめとするオリジナルキャストが復活し、ストーリー的には第1作目の続編という色が強い。
PART2の「X2」も決して悪くは無かったけれど、全体的に薄っぺらな印象を覚えたことも否めなかった。
その最大の要因は、やはり“ヴィン・ディーゼルの不在”に他ならなかったと思う。
まともに彼の出演映画を観たことは無かったけれど、想定通りの大味な演技が、想定外に愛着を持たせる稀有な俳優だと思った。
ポール・ウォーカー演じるシャープな主人公と、ヴィン・ディーゼルの荒々しくも哀愁のあるキャラクター性が、絶妙な塩梅で混ざり合っていることこそが、この映画の魅力だろうと思う。

そして第1作、第2作が、ストリートレースに興じるヤンキーたちの延長線上の活躍に過ぎなかったのに対し、今作は良い意味で文字通り“暴走”し、アクションヒーロー映画として開き直ってしまっている点が素晴らしい。
これまでの軽妙さを捨て去り、ハードボイルドさえ感じる古き良きアクション映画の世界観が今作には溢れ出ている。

まあとにもかくにも、更なる続編を作る気満々で映し出されたラストシーンを観ながらニヤニヤが止まらなかった時点で、僕にこの映画を批判する余地は無い。
鉄腕麗人さん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2011-10-04 14:51:44)(良:1票)
16.ミシェル・ロドリゲスが冒頭で死んじゃうのがとても残念でした。主演の二人は犯罪者とFBI捜査官なので完全には相容れないが、お互いの車好きとドラテクへのリスペクトがあって、それが本作のオリジナリティでもある。だから、何事も車を走らせて解決する。格闘技者が「拳で語り合う」ようなモンです。だから、明快だけどストーリーに深みは無い。「サーキットの狼」みないなモンです。余談ですが、私は外国車に魅力を覚えない人で、このシリーズは日本車をチューンして走らせるところに見どころを感じています。DVD特典によると、ポール・ウォーカーは本当に日本車贔屓らしい。本作でもGT-Rとインプレッサのステアリングを握ります。でも、同じくDVD特典によると、日本車を使っているリアルな理由は壊しても財布が痛まないからのようです。つまり日本車は安くて速いのです。
アンドレ・タカシさん [DVD(字幕)] 5点(2011-08-05 21:19:39)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 35人
平均点数 5.40点
000.00%
100.00%
212.86%
325.71%
4514.29%
51131.43%
6720.00%
7822.86%
812.86%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.00点 Review3人
2 ストーリー評価 4.00点 Review4人
3 鑑賞後の後味 4.66点 Review3人
4 音楽評価 4.00点 Review2人
5 感泣評価 2.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS