ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ウ行
 > ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~
 > (レビュー・クチコミ)

ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~

[ヴィヨンノツマオウトウトタンポポ]
Villon's Wife
2009年【日】 上映時間:114分
平均点:6.11 / 10(Review 28人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-10-10)
ドラマラブストーリー小説の映画化
新規登録(2009-06-28)【すぺるま】さん
タイトル情報更新(2017-09-01)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督根岸吉太郎
演出飯島奈美(フードスタイリスト)
キャスト松たか子(女優)佐知
浅野忠信(男優)大谷
室井滋(女優)巳代
伊武雅刀(男優)吉蔵
広末涼子(女優)秋子
妻夫木聡(男優)岡田
堤真一(男優)
光石研(男優)
山本未來(女優)
鈴木卓爾(男優)
新井浩文(男優)
水上竜士(男優)
宇野祥平(男優)
原作太宰治「ヴィヨンの妻」(新潮文庫刊)
脚本田中陽造
撮影柴主高秀
製作亀山千広
杉田成道
フジテレビ
プロデューサー石原隆〔製作〕(エグゼクティブプロデューサー)
配給東宝
特撮IMAGICA(Visual Effects)
美術種田陽平(美術監督)
矢内京子
鈴村高正(装飾)
赤松陽構造(タイトルデザイン)
衣装黒澤和子(衣裳デザイン)
編集川島章正
録音柿澤潔
照明長田達也
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
28.テレビ局の匂いが売る嫌な映画。
miumichimiaさん [DVD(邦画)] 5点(2014-08-27 00:03:34)
27.《ネタバレ》 雰囲気あります。クソ亭主なのにどこか憎めない浅野忠信のキャラが良い。太宰が投影する死にたがり男子は線の細い美少年なんだろうけど、それをやってしまっていたらナルシスティックないけすかない作品になっていただろう。そして、凛とした松さんに惚れた。
すべからさん [DVD(字幕)] 7点(2014-04-10 01:43:53)
26.何が不満なの?
michellさん [地上波(邦画)] 8点(2013-01-26 01:21:58)
25.《ネタバレ》 ドロボーしてタダ酒呑んだくれてあげくの果てに不倫相手と心中未遂、どうしようもないダメ亭主の小説家・大谷を支えるカラ元気の気丈な妻。2人のドロドロ破滅人生が冷淡に容赦なく描かれていて、観るに耐えないほどに重苦しく痛々しいです。暑苦しいテンパの広末。
獅子-平常心さん [DVD(邦画)] 6点(2012-08-21 21:59:06)
24.浅野忠信の太宰・アル中っぷりが良。映画全体の雰囲気もいい感じでした。大人の愛だね。
すたーちゃいるどさん [DVD(邦画)] 7点(2012-06-25 16:29:00)
23.太宰治ファンを当てこんだ、見え透いたあざとさが鼻につきます。前半はセリフまで原作どおりだったりするのに、後半になると一転してオリジナルな展開。それも太宰本人のエピソードをデフォルメしたようなストーリーで、原作を破壊していきます。原作に堤真一(弁護士)なんて出てきません。妻夫木は出てくるが、あんな好青年じゃありません。もっと太宰作品らしい、人間くさいキャラです。それに、大谷にさくらんぼを「まずそうに」食べさせ、サチに「グッドバイ」と叫ばせ、ラストは原作どおりのセリフで幕。まるで落語の「三題噺」を見ているようでした。ただし、広末が意外によかった。あの風貌も、カゲやトゲのあるところも、よく似合ってました。こういう役をもっとやれはいいのに。
眉山さん [CS・衛星(邦画)] 4点(2012-06-03 17:06:42)
22.太宰ファンはどう評価するのか知らないけれども、太宰好きでもない私のような者には、嫌ったらしい後味しか残らなかった。それ以上に、どうも描かれる世界が浅薄だ。そもそもこの作り手の根岸吉太郎という人の作品が、これまで観て来たかぎり、どれも語り口はいいし、受けねらいもうまくはまって、評論家氏によるランキングは高いのだけれども、私個人の感想としては、どうも嫌ったらしくて、後味が悪い。ひょっとすると、そんなところは、まさに太宰的で、ぴったりなのかもしれない。
goroさん [DVD(邦画)] 5点(2012-02-25 07:23:14)
21.松たか子、がんばっていたけどいまひとつという印象でした。観たのはつい最近なのに、ほとんど内容を忘れてしまいました。つまり、あまり面白くなかったということですね。
ramoさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2011-12-28 11:44:19)(良:1票)
20.浅野さんと広末さんの演技があんまり好きでは無いので だったら見るなって話ですよね 美人がダメ男を好きになる作品って多いと思うんですが何でなんでしょうね?
マーガレット81さん [CS・衛星(邦画)] 4点(2011-06-05 22:37:27)
19. 原作既読。原作の時は気にならなかったんですが、いざ映像化されてみると、死にたがってるくせに、妻や子を持つ生き方のだらしなさがちょっと。
 ただ、原作の内面的な部分はかなり上手に再現されてるとは思えますが、好きだとか、
何度も見たいと言う作品じゃないですね。
rhforeverさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2011-06-02 11:52:55)
18.《ネタバレ》 妻夫木くん演ずる青年が中途半端に消えてしまってことが非情に残念。経済的余裕もあって将来だって安泰しているということならば、あっさり退散などせずに、もうちょっと頑張ってみてもよかったんじゃないかな  自分のために。愛のために。佐知を幸せにするために。
結果、佐知は大谷の元へと戻った。その後幸せを実感できる瞬間って訪れるのだろうか 期待できるのだろうか いやあ、できないだろう。大谷さんじゃ。
ちなみに、その大谷さんって浅野忠信でしたが、この役 浅野さんでなくてもよかったように感じる。なんか さま~ずの大竹でもよかったような気がする。(なんか勝手なイメージなんですが。) でも別におちゃらけて言っているわけではない。本気でそう思ったんですが。
3737さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2011-04-12 22:52:04)(良:1票)
17.《ネタバレ》 男(大谷)の心情がさっっっっっぱり!!理解できなかったので、彼への感情移入も、彼に対する周囲の対応への理解も難しすぎます。窃盗・不倫・アルコール依存に心中騒ぎと人間のダメなところを掻き集めたような男に魅力を感じられずに、それが障壁となって話に入っていけませんでした。
彼がなぜそんなにダメダメなのか。そのダメさに一体全体どれほどの意味があるのかというところが全く描写されませんでした。結局彼を通じて何が言いたかったのか。彼を支える立場の佐知(=松たかこさん)も夫に不平を漏らすことは一度二度程度で、甘やかすばかり。不倫相手と心中しようとした人間に対してあの態度はあまりに不自然。不自然なら不自然なりに、そういう行動にはどんな意味があるのか示してしかるべきなのだけど、それもない。そんな時代だったってことなのか??理解するには原作を読むべきだろうか。というか、理解のために原作を読むべきと思わせてしまう段階で映画としては終わってると思います。
TANTOさん [DVD(邦画)] 4点(2011-03-17 14:41:36)
16.丁寧に撮ってるし、俳優も豪華。 でもつまらない。そういえば文芸映画ってつまらないの多いな。
紫電さん [ビデオ(邦画)] 4点(2011-02-10 21:52:05)
15.堕落した男についていく女。
この構図をシンプルに描いている。
浅野忠信と松たか子が初めて組んだ主演作というだけで、もう両者のファンにとってはそれだけで十分なわけだが、両者共に持ち味を発揮しているのが更に良い。
にじばぶさん [DVD(邦画)] 6点(2011-01-13 23:14:06)
14.松たか子はこの作品でいくつも賞をとったらしいがまあそういうもんなのかなあと納得。
長谷川アーリオ・オーリオさん [DVD(邦画)] 5点(2010-12-16 17:19:10)
13.結局何を伝えたかったのかよく分からなかった...
映画さん [DVD(邦画)] 3点(2010-11-06 21:35:31)
12.松たか子はあんまり好きじゃなかったが、この作品で見直した。文才あれど人格劣等感の塊のような男をひたすら圧倒する、無学な女の眩しいほどの精神の健全さを好演していた。20年ぐらい歳を取ってからもう一度観たい。
lady wolfさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2010-10-29 22:05:09)
11.《ネタバレ》 〈原作未読〉夫婦の再生という風に自分は観ました。「存在の耐えられない軽さ」を思い出しました。自分に尽くす奥さんがいるから、外でも浮気をする浅野は、奥さんが飲み屋で働き人気者になり、自分は寝盗られるんじゃないか、と自分のコアである奥さんが心配でしょうがない。しかし奥さんの方はそんなことより、生活を守ろうと旦那のそんな心配に少しも気づかない。それが浅野には奥さんが腹に一物あるのでは、とうつる。広末との心中もそんな、みんなからもてる彼女のまぶしさに自分が醜く見えて、不安に思えて、行ったのだろうと思います。ラストの方で堤と松との間に何が起こったかははっきり示されませんが、松はそこで浅野の広末との心中に精算がついたものと思い、最後の「あなた!」につながるのだと思いました。太宰治の本は高校の頃、一冊読んだきりですが、こういう内容の小説なら読んでみようかな、なんて思いました。
トントさん [DVD(字幕)] 8点(2010-10-25 11:57:25)
10.《ネタバレ》 男たちはみな自信喪失、活気がない。女は働いて金を得る喜びを知ってしまい、元気。その沈む男と浮く女の対比。椿屋に堤君が訪れたシーン、見合いしてきて松たか子への未練がつのり、料理屋にまで来てしまうってのも情けないが、メンメンと語りかけようとするといちいち客の呼び出しが邪魔に入る。しかし松さんのほうはもう社会で働く喜びでいっぱい。しょんぼり・いらいらする大のオトナの堤君、シャッキリせんかいと言いたくなる。またその状況を背中で聞いている妻夫木君のうじうじぶり。戦後の男女の対比を一筆で描いていて面白かった。男は女を大事に扱うってことでメンツ・誇りを感じていたのだが、それは女にとってはさほど嬉しいことではなかったってこと。夫がしくじった心中の薬をもてあそんではみたものの捨て去り、ヒロインはパンパンの口紅を塗っても生きようとする。戦後を描くと今まではだいたい闇市の沸騰する喧騒のエネルギーがベースになったものだが、これでは脱力している男に沿ったような静けさがベース。描かれた男女の対比はさして目新しくはなかったものの、それがこの静けさの中で展開し、浮き上がる女によりスポットが当たるようにしてあるのが新鮮だった。
なんのかんのさん [DVD(邦画)] 6点(2010-10-05 09:50:11)(良:2票)
9.《ネタバレ》 旦那と妻の人生哲学を吟味する映画だと思いました。旦那が「体がだるくなるような素直さを持っている」と形容する妻は、決して特別な存在ではない。空気を吸ってご飯を食べて子供の世話を焼く毎日。彼女の素直さとは、そんな生活に一片の疑問も覚えないことであり、実生活に於ける強さでもある。それは思索を繰り返して断続的な絶望に苛まれる旦那の繊細な神経から見ると、信じられないくらい図太い生命力に満ちているのだろう。人類を旦那側と妻側に二分するなら、自分などは間違いなく旦那側に入ってしまうタイプ。なので本作の松たか子は、頭があがらない怖い存在であると同時に憧れでもあります。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2010-09-23 23:24:10)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 28人
平均点数 6.11点
000.00%
100.00%
200.00%
313.57%
4414.29%
5414.29%
6725.00%
7725.00%
8414.29%
913.57%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS